血液検査、副甲状腺ホルモンpth-iの数値が高値で150もあります。
カルシウムは9.2で…

血液検査、副甲状腺ホルモンpth-iの数値が高値で150もあります。
カルシウムは9.2です。
リンpは3.1です。
副甲状腺をエコーで見たりアイソトープシンチグラフティ検査をしても腫れや腫瘍が見つかりません。
骨密度も全く異常なしでした。
ただ、CTで見たら腎結石が両方の腎臓に大きいものが2、3個ずつあり、尿管結石も何度か繰り返しています。
副甲状腺に腫れや腫瘍が見つからないので、手術はできず様子見になりましたが、更年期か分かりませんが毎日だるいし汗もかきやすいです。
このまま放っといて良いのでしょうか?pthだけが高くて結石の体質っていうのは何か病気じゃないのでしょうか?注意したほうが良い食べ物はありますか?よろしくお願いします。
補足40代前半の女性です。

特発性高カルシウム尿症(腎型)だよ~原発性副甲状腺機能亢進症ではなく2次性副甲状腺機能亢進症だから副甲状腺に腫瘍がないんだよ~VAIBS

心臓血管内科部門長「心筋梗塞が若者に増えてきている。
中には18歳で心筋梗塞にな…

心臓血管内科部門長「心筋梗塞が若者に増えてきている。
中には18歳で心筋梗塞になる方もいる?若者に増えている心筋梗塞……その理由は (1/2)心筋梗塞とは、心臓の血管の動脈硬化が進行して、血管内に血液が流れなくなり心筋細胞が壊死(えし)する状態のこと。
胸に強い痛みがあり、30分以上に及ぶこともある。
厚生労働省の「患者調査」によれば、心筋梗塞と狭心症を含む虚血性心疾患の患者数は約80万人。
男性が約46万人、女性が約34万人。
約10年前までは患者数が増えていたが、ここ4、5年は横ばい傾向にある。
患者の平均年齢は男性65歳、女性75歳だ。
ところが最近、特に男性において、若年化しているという。
「20代の患者もおり、中には18歳という例もあった。
私が医者になったばかりの20、30年前は、20代、30代で心筋梗塞になる人はまずいなかったのですが」と国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)の心臓血管内科部門長の安田聡さんは驚く。
その理由として、「若い男性の生活習慣が劣化していることが一因」と安田さんは警告を発する。
「コンビニやファストフード店があふれ、特に若い男性は手軽に食事をすませる生活習慣が身についてしまっている。
~省略~ソースhttp://bizmakoto.jp/makoto/articles/1306/18/news013.html放射線との因果関係は不明ですが、広島、長崎原爆で被ばく線量が多い人ほど脳卒中や心臓病による死亡率が高いことが放射線影響研究所(放影研、広島市・長崎市)が発表している。
厚生労働省によると、広島原爆、長崎原爆による放射線が原因で病気になり、国が認めた場合に医療費を国が全額負担する制度があります。
原爆症認定といいます。
原爆症を積極的に認定する条件の中に心筋梗塞が含まれています以下の病気を積極的に認定する(1)悪性腫瘍(固形がんなど)(2)白血病(3)副甲状腺機能亢進症(4)放射線白内障(加齢性白内障を除く)(5)放射線起因性が認められる心筋梗塞(6)放射線起因性が認められる甲状腺機能低下症(7)放射線起因性が認められる慢性肝炎・肝硬変

安田医師は放射線のことなど言っていないのに強引に結びつけるのは名誉毀損でもあります福一と放射線被害による疾病増加を結び付けたいならまともなソースを提示しなさいといっても提示できる訳無いです。
なので個人ブログレベルか貴方のように無関係な物を強引にくっつけるしかないわけです

私は、糖尿病です。
尿検査でケトン体がいつもプラス1から3まで何年もでてますなん…

私は、糖尿病です。
尿検査でケトン体がいつもプラス1から3まで何年もでてますなんとかケトンをなくしたいのですが何かいい方法あったら教えて下さい。

既にご存知かとは思いますが、ケトン体は脂肪燃焼の副産物として作られるものですから、糖尿病(高血糖)だけが要因ではありません。
逆に、糖尿病起因でケトン体が出ているとしたら、相当、高血糖状態が継続している可能性があり、非常に危険ですよ。
まず、ケトン体の原因をつきとめることが重要です。
検査前に激しい運動していませんか?過度なダイエットしていませんか?甲状腺機能亢進症はありませんか?

生活習慣を かえていないのに 痩せる原因はなにが考えられますか?

生活習慣を かえていないのに 痩せる原因はなにが考えられますか?ストレス、悩みなど心的な要因が考えられる場合 どうしてなのかも 知りたいです。
補足ストレスなどで、心拍数が増えて 代謝が上がり痩せることはないのですか? また、女性が恋愛をすると ホルモンの影響で痩せることはありますか?

生活習慣を かえていないのに 痩せる原因(1) 食事摂取量の低下によるもの(1)-1 精神的要因による食欲不振 うつ病、神経性食思不振症、精神疾患、自律神経失調症、過労など。
拒食症(1)ー2 嚥下困難による食事摂取量低下 ・・・嚥下障害 口腔内疾患・・・・ 虫歯、口内炎、舌炎、入れ歯不適応食道疾患・・・・ 食道ガンや胃の噴門ガンなど(1)ー3 悪心、嘔吐消化器 肝臓疾患・・・・胃潰瘍、胃炎、胃ガン、肝臓疾患中枢神経疾患・・・・脳腫瘍、高血圧性脳症などその他つわり、薬物中毒など(2)食物の吸収障害 栄養の異常喪失、 摂取した食物が消化管の働きの悪さで吸収できない。
吸収不全症候群、腸疾患、潰瘍性大腸炎、蛋白漏出性腸症、膵炎(3)食物を吸収しても、代謝が悪い、つまり利用が悪い糖尿病、慢性肝臓障害など(4)エネルギー増加増大のもの(4)-1 消耗性疾患悪性腫瘍、白血病、慢性感染症など(4)-2 内分泌疾患甲状腺機能亢進症・・甲状腺とバセドー氏病,副甲状腺機能亢進症、副腎機能低下症、下垂体機能低下症,褐色細胞腫など(4)ー3 中毒薬物、アルコール、鉛いろいろあります。
>ストレス、悩みなど心的な要因が考えられる場合 どうしてなのかも 知りたいです。
ストレスや悩みだけでは痩せません。
それに伴う食欲低下、拒食、嘔吐が痩せの原因になります。
補足です。
>ストレスなどで、心拍数が増えて 代謝が上がり痩せることはないのですか? 逆です。
心拍数が増えて代謝があがるのではなく、代謝が上がるから心拍数が増えます。
ストレスでは代謝は上がりません。
>女性が恋愛をすると ホルモンの影響で痩せることはありますか? 恋愛で痩せるのは、ホルモンの影響というよりは、心因で食欲が低下するからです。

仕事終わってから動悸があり中々収まらず不安になり病院に行きました。
脈が100以上…

仕事終わってから動悸があり中々収まらず不安になり病院に行きました。
脈が100以上だけど心電図はさほど異常じゃないと。
で処方された薬はデパス、調べてみると精神安定剤的な薬…私は心臓に問題があるのかと思ったのですがこの薬で動悸が収まるのでしようか?収まらなければパニック障害の薬に変えると。
精神的問題は自分では無いと思いますが。
44歳女です補足私はただ単に動悸を納める薬だと思っていたのですが。
デパス飲めば動悸は収まるのですか

補足への追記参考:↓デパスの作用、副作用、どんな方が使う薬か書いてあります。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179025.html心電図に異常がなければ、疲れや、その日の体調、精神面(怖いテレビを見た、好きな異性に突然、会った)などです。
脈拍は1分間に60~80が正常と言われていますが、それが100以上に(頻脈)なりますと動悸を感じます。
また60以下になりますと(徐脈)で動悸を感じ始めます。
(個人差ありです)誰でも動悸はあります。
動悸でデパス処方は精神面から来ると判断したのでしょうが、その医師は信頼できません。
何故なら、パニック障害の人でデパスを飲んでいる人は沢山います。
私もそうです。
>収まらなければパニック障害の薬に変えると。
変えるも何もデパス自体がパニック障害に有効な薬です。
繰り返しになりますが、動悸はその日の体調や疲れで起きます。
私としましては心電図に問題がないようでしたら大丈夫かと思います。
しかし長い間、続くようでしたら他の病気も考えなければなりません。
心臓以外が原因の動悸鉄欠乏性貧血、慢性骨髄性白血病、甲状腺機能亢進症、低血糖症、褐色細胞過換気症候群、心臓神経症、発熱、起立性低血圧症など。
もしこれ等の病気が否定されましたら、何の問題もございません。
精神安定剤というのは医者としては処方しやすいものです。
抱えきれないほど出す医者もいますので、精神面が安定されているのであれば、安定剤は必要ないです。
体に不調がなければ、時間が解決してくれると思います。
お大事になさって下さい。

デパスは精神安定剤で私も何回か服用しましたが パニック障害は治まりませんでした 人それぞれかもしれませんが 私はデパスより軽い安定剤を10年以上服用してます 私は最初動悸からパニック障害となりました 今は全く改善されましたが薬がないと不安で依存になってます 貴女は動悸なら更年期とか色々ありますね 検査で異常なければなるだけ安定剤には頼らず せめて頓服を服用する位がいいと思います 依存も苦しいです 漢方薬もあるだろうし 薬局とか色々相談された方がいいです お互いに頑張りましょう>こんばんは。

私も20代で同じ症状でデパス処方されています。
たしかにデパスは抗不安薬ですが、私も飲みたくないんですよね。
しかし実際に動悸中に心電図をとられたようで、異常もみられないのであれば自律神経関係であると考えられます。
すなわちストレスですね。
これらは意識にのぼらないストレスがほとんどで、ちょっとしたことだとストレスじゃないと意識的には思っていても、身体は正直なんですよ。
私は140/分の動悸ですが、これにより100回ぐらいの動悸では
動揺しなくなりました。
良いのか悪いのか、、

薬はまだ飲んでないので効果はわかりませんが、動悸がでたときは
「またか」と考えるぐらいの余裕をもって、脈拍を測るくらいの余裕を作って、呼吸も意識して乱れないようにするといいですよ。
呼吸止めたり。
不安に打ち勝つ強い心が大事ですね。>

甲状腺機能低下症で、チラージンS50mgを飲んで2ヶ月の母についてご相談です。

甲状腺機能低下症で、チラージンS50mgを飲んで2ヶ月の母についてご相談です。
最初の1ヶ月は25mgでしたが、その時点でも血圧が高めでした。
それから50mgに変わりました。
しかし、2ヶ月経った今日、検査で血圧が160と90と、さらに高くなっていました。
去年の10月、健康診断の際は112と70程度だったらしく、今までに高血圧の傾向は全くなく、母がかなりショックを受けております。
他に飲んでいる薬はありませんが、グロスミン(クロレラを使った健康食品)を去年の夏頃から飲んでいます。
グロスミンは、緑黄色野菜を食べているのと同じ、と理解しており、血圧を下げることはあってもこんなに高くなる原因とは思えません…病院の先生は、「チラージンの副作用ではありませんよ」ということで、引き続き様子を見ましょう、といった感じでまたチラージン50が処方されています。
チラージンの添付文書をネットで調べても、血圧上昇、といったことは書かれていませんでしたが、母は副作用ではないか、と言っています。
どちらにせよ、高血圧は心配なので、減塩などの食事療法がぼんやりと思い浮かぶのですが、具体的に血圧を下げるためにできることがありますでしょうか?チラージンについても、まれに、このような副作用は見られますでしょうか?長文失礼致しました。
よろしくお願い致します。

甲状腺機能低下症の症状の一つに低血圧があげられますので、チラーヂンの副作用というよりは、甲状腺の機能が正常になっていくにつれ血圧も上がったのではないかと思います。
つまり今の高めの血圧がお母様の本来の血圧なのかなと。
またはチラーヂンの量が多すぎて一時的に甲状腺機能低下症から亢進症に数値が傾いてしまっているなどが考えられます。
この甲状腺機能亢進症というのは高血圧の症状が出ますので。
かかりつけの医師は甲状腺専門医でしょうか?であればもう少し説明があってもいいような気がしますね。
血圧を下げる具体的なアドバイスでなくて申し訳ないです。
どうぞお大事に。

生まれつき、やせ気味で、顔も頬がこけたみたいで、貧相です、何とか肉を付けてこ…

生まれつき、やせ気味で、顔も頬がこけたみたいで、貧相です、何とか肉を付けてこんもりさせたいのですが、何かよい塗り薬ないですかね、食事はやせの大食いですが、太らない。
補足全体的に太らなくってよいのです、顔だけ、それも薬塗ったところだけで、、、なんかありそうです。
ホルモン剤とか、、、、

塗り薬で太るってのは無理ですwやっぱり食べるのと、ある程度運動して筋肉をつけるしかないです。
それと、体調の方は悪くないですか?いちおう代謝が激しい病気っていうのもあります。
例えば甲状腺機能亢進症とか。
この病気の場合は、痩せ型、汗っかき、脈が速いといった症状があります。
——————-顔の肉付きはもともとの骨格とかも関係してますし・・・下半身ポッチャリでも顔だけ小さい人もいるし、顔だけ太るってのは難しいですね~でもよく笑ったり、舌を左右に動かしたり、とにかく顔の筋肉を動かすようにすれば顔にも筋肉がついて、少ししまった顔になると思いますね。
あとそんな怪しげな塗り薬は聞いたこと無いですw例えばプレドニンなどのステロイド(錠剤です)は、副作用のひとつにムーンフェイスっていうのがあって、顔に脂肪がつきやすく、丸っこくなりますけどでもモチロンこれは顔だけ太りたいって人に出す薬じゃないので・・・^^;

不整脈ですごく悩んでいます。
辛いです。

不整脈ですごく悩んでいます。
辛いです。
仕事を始めて3年目になる21歳です。
高3の6月にバセドウ病にかかりメルカゾールを飲みながら治療しており、今は安定しています。
高校を卒業して会社に勤め始めて1年半ほどは心臓、というものに違和感などを感じなかった事は無かったのですが、社会人2年目の9月の終わり頃に、工場にあまり調子の良くない原料が入ってきた事があり、機械が上手く回らない、という状態に陥ったことがあります。
すぐ止まってしまうし、自分なりに対策しても上手く回らないし、もう嫌だ!と投げ出したくなるぐらいでした。
その日はそのせいで、とても疲れていて仕事から帰ってくると動悸が止まらず、横になればずっと体全身が脈打っていて、動悸というものを体験した事がなかった私はすぐに病院にいきました。
私は父親を小6の冬に拡張型心筋症で、亡くしました。
私も心臓病なんじゃないか、とその動悸で不安になり脈を測る癖がではじめ、動悸はすぐおさまったのですが、しばらくして不整脈が起こりはじめました。
不整脈と言っても丸1日苦しいとかではなく、ふ、とした瞬間にドクン、と一発きたり、たまに、ドクトグドク、と3連発する時もあります。
死んでしまうのではないか、と不安になり心エコー、心電図、レントゲン、24時間ホルターをやりましたが、異常はありませんでした。
その時は12万回ほど24時間で脈打っており10回期外収縮が出ていただけでそのうちの1発が心室性期外収縮でしたが、こんなのは誰にでもあるから心配ない、と言われ気にしてはいませんが、やっぱりドクン、とくると父親の事が浮かび死んでしまうのでは?と思います。
もともとかなりの心配性です。
明日癌になるんじゃないか、と思いながら生きてたり、明日死ぬんじゃないか、と考える事もあります。
友達に、不整脈でるんだよね、と話しますがそれストレスからきてるんちゃうん?と言われますが、私はストレスというものがあまり良くわかりません。
好きな事をして生きていきたい、これが私の人生において一番重視してることなのに趣味、スポーツ、友達と遊んだりしているときにも、ふ、と不整脈が出る事で気分が下がってしまい、楽しめません。
楽しい事をしてるときにも出るってことはやっぱストレスじゃないやん!と思います。
心臓に異常あるんやろーな、と。
動いたらなるんじゃないか、と思い部屋でじっとしていることも多いです。
なんで自分だけ若くしてバセドウ病になるし、不整脈もでて不安だらけなのに周りは健康そうに不整脈も無しにはしゃいでるんよ。
神様は不平等やな、自分には不幸ばかりふりかけてくるもんな、なんか悪い事したんかな?と1人心の中で思います。
おかぁさんに、心配なんてかけたくないんです。
でも不整脈が出ると誰かに話したくなって不整脈やばい、とお母さんに言ってしまいます。
精神的なもんやろ、あんたメンタル弱いし、そんなヘナヘナしてたらすぐ死んでまうわ、といつも笑われますが、一番苦しいのはおかぁさんなんじゃないか、って思うんです。
バセドウ病になったとき、知り合いからお母さん泣いてたで、と言われました。
そんな身体に産んでしまった事にきっと罪悪感を感じてるんだと思います。
だから、健康でいたいとおもうんです。
なのに、私は不整脈が出るし、恐怖と不安にかられてしまいます。
死ぬ、おとんみたいになる、胸が痛い、やばい、そんな事ばかり考えてしまい病院にいくんですが、不整脈も毎日のように何十回と出るわけでもないので、はい異常なし、といわれあんまり考えこまなくていいよ、と言われるだけで、デパス、という安定剤をもらっていますが、依存してしまいそうで飲めません。
ワソランは不整脈が出た時に、気休めにしかならないかもしれないですが、飲みます。
ちなみにエコーをした時の駆出率は66%でした。
21歳でこれって低いんちゃうんか、と思ったりもします。


ストレス性なものなのかもわかりません。
ストレス性ならばストレスを感じてない時には不整脈は出ないんじゃないかと思います。
友達と遊んでたり、気分がリラックスしてるときにも出るからストレスではないのかな、と思います。
少しでも、不整脈を抑える、不安を取り除くにはどうしたらいいのでしょうか。

私も父を12才の秋に心筋梗塞で亡くしました。
はじめての発作で、医者を呼ぶまもなく逝ってしまいました。
循環器系は、待ったなしの恐さがあります。
だから、ドックンときたら、それだけで不安になります。
私の場合は、ドクドクドクの三連発といった、明快な症状ではなく、ドキドキ・・ゴボゴボゴボンゴボボボボ・・・ドッキンドキドキ・・こんなのが、数分から十数分、ときにはインターバルで第2波もやって来ます。
このとき心拍を整えてくれる頓服があると、心強いです。
カルシウム拮抗剤のワソランも心筋の緊張を緩和し冠動脈を広げる作用があり、薬効はゆるやかですが、心筋梗塞や狭心症に有効です。
気休めにもなりますが、お守りとしても心強い味方になってくれると思います。
甲状腺機能亢進を抑制するメルカゾールの影響で、動悸や不快感に悩まされることは、あるていど避けられない現実だと思います。
作用に副作用はつきもので処方のさじ加減が大事ですが、それと同じくらい大事なのが、予期不安に負けないことです。
ドキンとくれば、早く治まってくれと念じてしまいます。
しかし、このまま暴走したらどうしよう、と不安に駆られます。
この予期不安を、うまくやりすごせれば楽になり、ストレスを抑えられます。
私の場合は、不整脈(心房細動)のほかに、冠動脈狭窄とめまいを抱えています。
予期不安の材料にことかくことはありません。
駅の階段がいつもよりきつい、くらっとめまいがした、ドクドクドッキンと来ちゃった ──どれも、凶兆として脳が認識してしまいます。
危険信号を察知するのは、防御機能が働いている証です。
要は、その凶兆を増幅させないことです。
たいへんむずかしいことだと思いますが、これができるとストレスが格段に減ります。
どうすればいいのかと言えば、諦めることです。
生きるために、拘りや執着を手放すだけです。
どうして自分だけがと内圧を高めるのではなく、いまの自分をそのまま認めてあげる。
そう意味の諦念です。
その若さで、大変だと思います。
けれども考えようで、恵まれていると言えなくもないのです。
なんでもない、あたりまえの健康な日々の暮らし。
それが脅かされるなどとは、ふつうなら思いにもよらないでしょう。
けれどあなたはそれを知っているのです。
あなたに流れている時間の尊さは、あなたには感じられるのです。
それがあなたを導き、人生を実りあるものにしてくれる可能性があります。
限られているからこそ大事なのだと、若くして感じとることができる。
稀有なことだと言えるでしょう。
で、どうすればいいか、ですが。
①病気を味方につけ、一生つきあう覚悟を決める②ストレスを溜めないために、よき理解者をつくるこれにつきると思います。
とくに、② は根気よく訪ね歩くことで、必ず見つかると思います。
関西圏のようなので、具体的なアドバイスができないのが歯がゆいです。

不安で何か悪い病気ではないかと疑う気持ちは理解できますが、いろいろな検査で異常が見られないということは、過剰にナーバスになる必要はありません。

この質問内容のようなエピソードを担当医に話されたことがなければ、しっかり伝えておくようにしてください。身のうえ話から大切な情報を探し出すこともできるからです。

「好きなことをして生きること」がモットーで遊びたい盛りであること、また過去の質問から「趣味の一つが軽音楽」であること、こういう患者背景を考えると、アルコールを嗜む機会が多いと推測できます。

さらに一般的な若年女性の傾向で、過剰に容姿体型を気にして食事の量と内容が偏ること、日常的に日焼け止めを塗布し日光浴を嫌うことを踏まえますと、お悩みの症状が現れる背景にビタミン・ミネラルの不足状態があると考えられます。

しばらく総合ビタミン・総合ミネラルのサプリメントで補給されてみてはいかがでしょうか。あまり欲張らず一般的な含有量のもので十分で、一日量を複数の錠剤などで摂取するものの方が、過剰摂取の症状が現れたとき中止減量等の調節に都合がいいと思います。

カルシウム補給にはヨーグルトをお勧めします。乳製品なのでカルシウムを豊富に含んでいるだけでなく、乳酸菌による発酵食品なので腸内環境を整え、さまざまな病気の予防や美容効果も期待できます。

担当医に栄養面の指導を受けたことがなければ、相談されてみてはいかがでしょうか。

内容が少し専門的ですが、よろしければ参考にされてください。

【参考サイト】

"現代日本にも脚気(かっけ)・ビタミンB1欠乏" 長崎クリニック(大阪). http://www.nagasaki-clinic.com/topics/2015/180/

"豊富な情報でわかりやすい!骨粗しょう症について 甲状腺機能亢進症などの甲状腺疾患のある方" RICHBONE. http://www.richbone.com/kotsusoshosho/basic_shindan/kojosen.htm>ご心配であれば心療内科を受診してみてはどうですか?

精神的な不安からくる不整脈かもしれませんし。

拡張型心筋症であれば、レントゲンを撮った時の心臓の肥大等でわかるはずです。

>エコーをした時の駆出率は66%でした。

普通ではないでしょうか?

私の主治医によると、50%~80%が通常の範囲だそうです。

ちなみに、拡張型心筋症の私は常に32%程です。>はじめまして。あなたとは病気は違いますが、あなたの気持ち、よく分かります。私も、頻脈で…不安で堪らなくなると、お母さん…助けて…と思いますし、実際に子どものようによしよしして貰う事で、安心できます。当方は、頻脈の数さえ気になるので、ホルターを勧められてもしないで来ました。が、質問者さんの書き込みを読んで…改めて、自分を大切にしなければ…と気付きました。恐らく…質問者様はパニック障害か不安障害、或いは心気症かと推察します。(素人意見ですので、参考までに)パニック障害では、実際に死ぬのではないかと恐ろしくなり、動悸もしますし、電車に乗るのも困難になります。また、お父様を亡くされていることで、死と言うもの対して敏感に反応してしまうのだと思います。安定剤を貰ってみて下さい。安定剤に抵抗があるなら、漢方がありますよ(^-^)>拡張型心筋症患者です。
質問者さまのようにバセドー氏病を患っているのではありませんが、不整脈の症状は常にあります。
お父さまの事から質問者さまが不安に感じるのも、お母さまに不安な気持ちをうまく伝えられなくて、葛藤するのも当たり前だと思います。
不整脈には治療が必要なものと、そうでないものがあります。
実は後者の不整脈は誰でも日常的に起きています。
ですから検査を各種受けて、医師の判断が大丈夫という事であれば、その診断をまず受け入れても良いと思います。
意識して普通にするのは至難の技です。
心配事があれば多少の影響は出ます。
どうしても気になるようでしたら、どんなタイミングで、どんな感じに不整脈が出たかを記録しておいて、お医者さんに伝えてみてはいかがでしょうか。
ただ記録する=不整脈に余計に神経質になる
事になりかねないので、良し悪しはあると思います。
私が不整脈が少し多いかな?と感じるのは
・寝不足(圧倒的に多いです。)
・気温差が激しい
・ストレス
・気持ちの高ぶり(例え楽しい外出やイベントでもたくさん人に会う、人混みに出た等いつもと違う事があった)
でしょうか。
駆室率は成人男性で65%位が平均です。
体型によって数値が低めに出たりもします。
質問者さまの値は神経質になる必要がないと思いますが、これは医師に確認しないとわかりません。
あれこれ長くなってごめんなさい。
不安な気持ちが落ち着いてくれると良いですね。
どうぞお大切になさって下さい。>生きとし生けるもの皆憐れ。

人生は四苦八苦。?生。病。老。死。愛別離苦。怨憎会苦。求不得苦。五陰盛苦。

麿は、一つ加えている。?恩愛過ぎれば災い多し。

チミは、病の段階にあるな。

元気且つ幸せに見える者も、必ず、悩みを持つのがヒトである。チミだけではない。

麿にしても、精神病扱いされた事があるぞ。

29年前に、高速路上で、大型トラックに殺されかけた。

子供達を育てる為に、命懸けて働いたが、8年後に退職となった。50歳である。

脊柱すべての顕著な変形で、障害者手帳5級だが、一番辛いのは心臓だった。

野球の場合、投手の球速は、100㌔以上とか。

之が胸に当たり、死んだ事件さえあるらしいな。

麿もまた、エアバッグのない時代。ハンドルに胸部激突だった。

心臓が、締め付けられて、失神するほどの辛さだったが、常時ではない。

大袈裟だとか、嘘つきとさえ、医師達から言われたぞ。

23年くらい後に、64列マルチスライスCTスキャンが、普及したんだ。

心臓血管の三本が、立体的に映像で確認できるようになった。

発作が起きた時、一本が、蜷局を巻いていたのさ。

心臓血管痙攣症さ。

医学的、他覚的、客観的、合理的に認定された。

狭心症の一種。しかし、手帳には反映されず。相当因果関係立証不可能。

やっている事はさ、こんな体で産まれて来たと、悟る事だった。

出来る事だけして来た。

出来ない事はしない、くよくよしない。

生活保護にもならず、ボランティアもしているよ。

身体が駄目なら、頭で勝負する事さ。

死んでも、他人様の厄介には成らぬ、これで生きて来た。

ヒトは生まれながらの死刑囚である。刹那の瞬間を生き切る事。チッカリな。>

(原爆症認定について)ニュースで知ったのですが、現在の認定基準は副甲状腺機能…

(原爆症認定について)ニュースで知ったのですが、現在の認定基準は副甲状腺機能亢進症(他にも認定された病名がありますが省略で・・・)に罹っていて、爆心地から3.5キロ以内での被爆した人が対象とのことですが、最近、甲状腺機能低下症もこの原爆症認定され7月から申請できるらしいのですが、私は生まれも育ちも福岡で3年前 甲状腺機能亢進症で手術したため、現在は甲状腺機能低下症となり(甲状腺を一部切除したため)薬を服用してるのですが、私も対象となるのでしょうか?甲状腺機能低下症も爆心地から3.5キロ以内での被爆という条件が組み込まれているのか分からないので質問しました。
意味の分からない文でしたらゴメンなさい。
あと、こういうのって役所で申請するんですか?

文章と他の質問から推察するに、対象にならないと思います。
原爆症は、その病気や症状が「広島、長崎に落とされた原爆による放射線が原因である」と推定されることが前提なので、それ以外はどこでどんなふうに発症しようが原爆症となりえません。

ビタミンとミネラルを同時にたくさん摂取しても体に害はないですか?

ビタミンとミネラルを同時にたくさん摂取しても体に害はないですか?

ビタミンは、脂溶性ビタミン(A、D、E、K)や水溶性ビタミン(B1、B2、 ナイアシン、B6、葉酸、B12、パントテン酸、ビオチンのB群ビタミンとC) に分けられます。
水溶性ビタミンは過剰に摂取したとしても尿として体外に 排泄されるが、脂溶性ビタミンは肝臓をはじめとする体内に蓄積されるため、過剰摂取による副作用が出てくる危険性があります。
これを 「ビタミン過剰症」といいます。
ビタミンAを取り過ぎると、頭痛や顔面紅潮 皮膚が乾燥してむける筋肉痛、食欲不振などの症状が現われてくるまた ビタミンDを取り過ぎると、骨からカルシウムが分離し、骨がもろくなったり、食欲不振、吐き気、頭痛、皮膚のかゆみなどが現われます。
ミネラルの過剰摂取は弊害が多々あります。
カルシウム過剰症:泌尿器系結石、食欲不振など。
マグネシウムの過剰症:特に認めらないが、腎臓に疾患のある人は注意。
リンの過剰症:副甲状腺機能亢進症や骨代謝障害、腎機能の低下。
カリウムの過剰症:高カリウム血症、胃腸の不調、下痢等。
亜鉛の過剰症:低銅血症、腎障害。
鉄分の過剰症:胃腸障害(便秘・吐き気・嘔吐)、眼球鉄症、ヘム鉄

害はないです。

基本的に各種ビタミンやミネラル(ナトリウム・カリウム・カルシウムetc)には簡単に言えば「適度な血中濃度」がありますが
これは腎臓で調整されます。
ですので過剰に摂取しても、余分な分は尿として体外に排出されます。

ビタミン・ミネラルの相互作用もありませんよ。>

こんにちは。

こんにちは。
高校3年の女子です。
女性の方にお伺いしたいです。
私は一度半年間(今年4月?9月)生理がとまり、産婦人科のピルを服用しました。
体重が減ったわけでもなく先生も原因不明とのことでしたがやはりストレスかなとの見解でした。
ピルを服用した月(今年10月)は人工的に生理をおこさせ、無事にきました。
しかしその次の11月はまたこなくて、今月の12月は一日で終わる(ナプキン二枚変える程度の量)ですがきました。
婦人科の先生には11月12月とまたこなかったら来院してと言われていましたが、今月はかなりの少量ですがきたので受診しなくて大丈夫でしょうか?私は中学一年ころから生理ははじまり、六ヶ月もこなくなる前は正常にきていてその頃は4?5日くらい生理期間でした。
私的には今月きたといってもかなり少量なのでとても不安です。
しかし母親はまだ高校生だからといってあまり真剣にとらえてくれません。
なのでよければ私の相談にのっていただけるとありがたいです。
下手な文章ですいません。
よろしくお願いします。
補足ご返答ありがとうございます。
補足させていただきますね。
とくに血液検査等はしていません。
しかし、エコーみたいなのをして、生理がくる気配がないので人工的に生理をおこさせようということでピルを服用した次第です。
婦人科の先生は、体重の増減がほとんどないのにいきなり生理がとまる原因はわからないけど、考えられるとしたらストレスかな?とおっしゃっていました。

補足拝見しました。
●月経不順は、おおくの場合、排卵がきちんと定期的に起きていない為おこります。
日頃から基礎体温を付け排卵の有無を確認するようにしましょう 月経は子宮という器官だけで一から十まで全て行われているものではありません。
月経の一連の工程は「脳の視床下部」「下垂体」「卵巣」「子宮」といった複数 の器官が連携しながらスムーズに進めています。
軽度の月生理不順なら体を休ませてリラックスすることで正常な状態に戻るため、 大きな問題はありませんが、負担が大きすぎて症状が進行すると、90日以上月経がこない 「続発性無月経」になったり、様々な病気を引き起こす危険性があるので注意が必要です。
一度、レディースクリニック等を受診し、 内分泌と甲状腺の血液検査などを 受けることをお勧めします。
何もなければ安心が得られます。
また、何らかの異常があれば、治療が開始できます。
その際、まだ子宮頸がん予防ワクチンの接種を受けていない様でしたら 接種するようにしましょう。
(若い女性の場合、ホルモンバラスが不安定であることが多く、血液検査もしない、または超音波検査のみで検査をすまし、 原因が良くわからないと、ホルモンバラスがわるいようです。
様子をみましょうと言われれ診療が終わるケースが多い様です。
注意しましょう) ●生理不順の原因に関して ①「不安定期」 体が成熟していない思春期の女の子や、50歳前後の更年期の女性は、 「スムーズに月経が行われる体の環境が整っていない」 「ホルモンバランスが安定しない」「ホルモンの分泌量が減少している」 等の理由によってどうしても月経不順になりやすくなります。
基礎体温を付け排卵の有無を確認して、排卵があれば特に心配はいりません。
しかし、90日以上月経がない様なことが続く様な場合は、 続発性無月経が疑われます ②病気や薬の副作用 からだの特定の器官に異常があると月経不順が起こる場合があります。
?視床下部、脳下垂体の機能低下、機能不全?卵巣の機能低下、機能不全?甲状腺機能亢進症・低下症?薬の副作用(特に抗鬱剤などの向精神薬) など ③心身への負担やストレス 心やからだに大きな負担がかかると月経不順が起こりやすくなります。
良く見られる原因として以下のようなものがあります。
?過度のストレス?過度のダイエットにともなう急激な体重減少?激しい運動、スポーツ このような大きな負担が体にかかると視床下部から正常な指令が発せられなくなったり、 自律神経の乱れからホルモンの分泌に影響が出るなどして、生理不順を起こすことが良くあります。
●生理不順をそのままにしておくと・・ 生理不順は日常の疲れやストレスからでも十分起こりうるので、実際に経験したことのある方も多いでしょう。
生理による不快感がない開放感や、「すぐに元に戻るから大丈夫」といった軽い考えから放っておかれることも多いようです。
確かに軽いものなら休みを取ってリフレッシュすることで自然と正常な生理に戻りますが、 だからといってあまり甘くみてもいけません。
「大したことないから」と安易に考えないで注意しておく必要があります 生理不順は女性ホルモンのバランスが崩れた状態です。
ホルモンバランスが崩れた状態が長く続くと、 老化が早まって20~30代で若年性更年期障害になったり、色々な病気につながる危険性があります。
また、将来妊娠を望んだ時に妊娠しにくいなどの不妊症になりやすくなったもりします。
基礎体温を付け排卵の有無等、女性としての体調管理をする様にしましょう。
お大事になさってくださいませ********************************************************************先生も原因不明とのことでしたがやはりストレスかなとの見解でした。
これは、血液検査などをしてしらべた結果原因が不明であるということでしょうか?できましたら補足お願いします。

8年ほど前から、急に強迫観念(確認恐怖)が強くなり

8年ほど前から、急に強迫観念(確認恐怖)が強くなり今回心療内科を受診して、ADHDと診断されました。
子供のころの家庭環境や、以前から「おかしな人」と言われたり思い当たる節は多々ありましたから、診断には納得しています。
コンサータ18mg処方してもらい1か月服用したところ副作用は、頭がふわふわするだけで、食欲減退やイライラはなく精神的には落ち着きが出たけれど、問題の強迫観念は抜けません。
主治医に相談したところ「36mgに増やしましょう。
」とのこと。
「いきなり?!36?」と言ったら「うちでは、こういう処方です。
」とまた薬剤師の方からは「もっと増やせますよ。
」とアドバイス(?)もいただき、飲み始めました。
2回服用したところ、頭がふわふわというか、寝起きの頭というか頭の中を無理やり何かが動かしているという感覚に陥りました。
薬が効いているときは、ぼーっとした中に上記のような感覚があるので自分の身体ではない感じして、増量でちょっと怖くなっています。
薬が切れている時間は、頭はほぼすっきりしています。
生活環境から、眠気が出る薬は服用できません。
頭がぼーっとするので薬を減らしてほしいけど、もう少し様子をみたほうがいいでしょうか?私は、薬は飲まないほうがいいんでしょうか?経験者の方教えてください。
よろしくお願いします。

注意欠陥・多動性障害(attention deficit hyperactivity disorder:ADHD)とのことです。
集中困難・過活動・不注意などの症状が通常12歳までに確認されるものの、過活動が顕著でない不注意優勢型の場合、幼少期には周囲が気付かない場合も多々あり得ます(成人してADHDと診断される者も多い)。
2015年現在、日本でADHDの適応薬として認可を受けているものは「ストラテラ(ノルアドレナリンの再取り込みを阻害作用を有するアトモキセチン塩酸塩製剤)」、「コンサータ」の二種類。
治療方法には様々ありますが、第一選択として薬物療法が多い。
さて、知恵袋は所詮ネットであり、診療行為は不可です。
以下、感想文のような記述で恐縮です(経験者の方…といっても、人によって様々ですので鵜呑みは禁物)。
ADHDの主な症状は「不注意」、「多動性」、「衝動性」です。
症状の現れ方は人それぞれですが、「不注意が目立つ群」「多動性・衝動性が目立つ群」「混合群」の3つに分けられます。
コンサータは、ADHDへの第一選択として処方されることが多い薬ですが、本剤の薬理的な性質上、めまい、眠気や視覚障害等が日常生活中で出現しやすく、「頭がふわふわする」もその現れの一環かと思います。
そもそもADHDなのか否か、コンサータ錠の増量は専門の主治医へお任せする他ありません。
個人での安易な減薬や服用中止は好ましくありませんよね~。
様々な症状については、都度メモをとり、受診時に手持ちで持参の上、主治医と相談されますことをお勧めいたします。
《ご参考》■コンサータ錠18mg~27mg~36mg(メチルフェニデート塩酸塩):脳の神経を活性化させ ハッキリ目覚めさせる作用がありるので、そナルコレプシーに伴う日中の過度の眠気の治療に使用[一般製剤(リタリン)]。
他に、注意欠陥・多動性障害(ADHD)の治療にも有用[徐放製剤(コンサータ)]。
脳内の神経細胞の間で情報を伝える神経伝達物質(ドパミン、ノルアドレナリン)を増加させ、神経機能を活性化させます。
因みに、本剤の処方・調剤は一定の基準を満たした登録済みの医療機関と調剤薬局のみに限定。
過度の不安・緊張・興奮状態にある人、重症うつ病、緑内障、甲状腺機能亢進症、心臓病(不整頻拍、狭心症等)の方への処方は不適。
てんかん、心臓病(心不全等)、高血圧、脳血管障害(脳卒中等)、精神系疾患、薬物依存またはアルコール中毒の既往歴のある人への処方は要注意。
①通常、18歳未満の患者にはメチルフェニデート塩酸塩として18mgを初回用量、18~45mgを維持用量として、1日1回朝経口服用。
増量が必要な場合は、1週間以上の間隔をあけて1日用量として9mg又は18mgの増量を行う。
なお、症状により適宜増減する(なお、1日用量は54mgが最大量)。
②通常、18歳以上の患者にはメチルフェニデート塩酸塩として18mgを初回用量として、1日1回朝経口服用。
増量が必要な場合は、1週間以上の間隔をあけて1日用量として9mg又は18mgの増量を行う。
なお、症状により適宜増減(なお、1日用量は72mgが最大量)。
・就寝時間等を考慮し、午後の服用は避ける・分割しての服用は不適のため、18mg錠、27mg錠及び36mg錠の3種類から選定。
めまい、眠気や視覚障害などが起こることがありますので、自動車の運転や機械の操作は不可。
主な副作用として、食欲減退、不眠症、体重減少、頭痛、腹痛、悪心、チック、発熱、睡眠障害、動悸、口渇などが報告。

詳しく教えていただきありがとうございました。
今日は、昨日みたな頭がゴオ~という感じはなく
どちらかといえば、落ち着いています。
まだまだ先が長いので、次回の診察まで
様子をみようと思います。
ありがとうございました。
>

脱毛症Xで改善された方がいらっしゃいましたら、どのような治療をうけたのか教えて…

脱毛症Xで改善された方がいらっしゃいましたら、どのような治療をうけたのか教えてください。
うちのわんこが、今年に入ってから毛がすごくうすくなってしまいました。
原因不明のポメ脱毛症Xと診断されたのですが、フサフサだったのに見た目にも可哀想になります。
フィラリアの事前検査で受けた血液検査では、数値は全て正常でした。
薄くなったせいからか、皮膚が赤いようにみえますが、痒がったりはしていません。

こんにちは m(_ _)m個人的な見解もありますので、参考程度にご覧いただければ幸いです。
成長ホルモン反応性皮膚症、性ホルモン関連性皮膚症とも呼ばれています。
副腎性のアンドロゲン過剰症、プロゲステロン過剰症が原因と考えられており、トリロスタンやメラトニンの投与が有効と言われています。
皮膚生検や一般血液検査では、内分泌疾患との鑑別は困難なため、診断の確定には、生化学検査、甲状腺・副腎の機能検査を行い、甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症との鑑別が必要になります。
治療では、未去勢犬であれば、去勢が推奨され、去勢後の発症であれば、成長ホルモンやメチルテストステロンの投与を行うのが一般的です。
※去勢を治療の手段に用いることに難色を示す獣医師さんも多いようです。
お大事になされてください。
ありがとうございました。
m(_ _)m

ポメラニアンの脱毛症(アロペシアX)
https://www.azabu-u.ac.jp/sgk/pdf/bio00_murakami.pdf>受ける方がいい最低限必要な検査http://www.pet-skin.com/n85aacp.htm

1過去に治療歴が有る場合 一般生化学血液検査。
2成長ホルモンの定量検査 (低下は確実にある)。
3甲状腺ホルモンの(T4 T3 fT4 fT3)の定量検査。
4副腎皮質ホルモンの定量検査 (変化はない)。
5血中好酸球数のダイレクト検査 (正常値を維持)。
6視診で脱毛・裂毛・被毛色素・被毛の乾燥・もつれ。
7皮膚の色素変化・色素沈着・脂漏性・痂皮等の変化。
8外部寄生虫の検査 (通常は陰性である)。

なのでもう1段階細かい血液検査とできれば皮膚科専門獣医の診断を受けると確実です。

闘病記
http://pomeranian.main.jp/

検査の手間を省きたいならポメハゲは偽クッシングとも呼ぶのでクッシング症候群に対する治療が効く事もあります。
毛包活性にビタミンA関連経口レチノイド療法とメラトニン補給の組み合わせ。
サプリはR&U。
シャンプーはビルバゾイルの局所使用。

maiko_dorのはここらの単なる朴リ
http://blog.livedoor.jp/kanashimo-dorargo/?p=2

アロペシア (脱毛症)

症状 一般にポメラニアン、チャウチャウ、キースホントなど北方犬種に見られる。
四肢と頭部を除く部位に左右対称の脱毛、色素沈着、脱毛後に羊毛状の
毛が残る事もある。

原因 副腎性のプロゲステロン過剰、アンドロゲン過剰が原因

治療 避妊去勢、去勢後に発症の場合には成長ホルモンの投与
最近はメラトニンやトリロスタンが有効と言われている。>

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)いろんな意味でつらいです。

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)いろんな意味でつらいです。
私は31歳の女性です。
4年くらい前にバセドウ病と診断されました。
その当時、数値がかなり悪く、自覚症状も体のだるさや頻脈(ひどい時では130/分)イライラ、寝ても疲れが取れない、などかなり出ていました。
薬(メルカゾール)を処方されました。
数値が落ち着いても、ストレスや仕事の内容で悪化し、その繰り返しです。
数値が良くなってくると太るので(代謝の関係で)1一時は薬を飲むのが怖くなり飲めなかったりもしました。
過去にとても太っていた時があり、その時に受けた中傷等を思い出すと、病気が悪化することより太ることのほうが怖かったのです。
そして最近、彼氏ができました。
この持病のことも話して、それでも良いと言ってくれる優しい人です。
私の体調が悪いととても心配します。
私も心配させたくないのでちゃんと治したいと思っています。
でもやっぱり太りたくありません。
しかし薬を飲んでいると、代謝が良すぎるのを抑えているわけなのでどうしても太ってしまいます。
バカみたいかもしれませんが、太って彼氏に嫌われたらと思うと、また薬が怖くなってきました。
同じような彼女がいらっしゃる男の方、また同じような悩みを持つ方、アドバイスや励ましのお言葉いただけませんか?

バセドウ病の経験は無いですが、太りたくない気持ち良くわかります!!ただ、メルカゾールの添付文書を見て頂けると副作用として”太る”という記載はありません。
バセドウ病で不適切に代謝が亢進しエネルギー消費が増えた状態が薬で正常化するため、病気の時と同じカロリー摂取をすると体重が増えてしまうだけです。
(手術で甲状腺を切除し甲状腺機能を正常化する治療もありますが、体重変化としてはメルカゾールと同じことになります。
)バセドウ病を放置すると心臓に負担がかかり心不全になったり、ストレスがかかったときに”クリ―ゼ”という命にかかわるようなこともおこります。
あと甲状腺機能が安定しないと流産や早産の原因にもなります。
対処法としては病院で太りたくない旨を伝えて、適切なカロリーを指導してもらい、毎日体重をチェックするのが良いかなと思います。
せっかく素敵な彼氏さんができたのだから太りたくない<(痩せたままであれば)病気が悪化しても良い<<彼氏のために健康でいたい(出産なども)という風な気持になれれば良いですね。

本気で治したい、太りたくないのでしたら、神戸の隈病院をお勧め致します。>

私は甲状腺機能亢進症(バセドウ病)で現在治療中です。

私は甲状腺機能亢進症(バセドウ病)で現在治療中です。
一般的な症状として食欲が増すのに痩せていくというものがありますが、逆に太ることもあるみたいですね。
私はメルカゾールを飲み始めて体重があっというまに8キロ戻りましたm(_ _)mメルカゾール自体には太る副作用はありますか?それともこれは症状?いや薬を飲み始めたのに前と同じ量食べているから太るだけでしょうか?

このお薬に「太る」という副作用はありません。
お太りになられたのは、薬ではなく病気そのものの症状かと思われます。
このお薬の代表的な副作用は発疹、じん麻疹、発赤、かゆみです。
また人によってはごくまれですが、筋肉痛、関節痛、脱毛などがあります。
バゼドウ病のお薬はたくさんありますが、このお薬は比較的副作用がないとされているお薬で、好んで処方されます。

>薬を飲み始めたのに前と同じ量食べているから太るだけでしょうか?
たぶん、そうです。メルカゾールが効いているから太ったんだと思います。
メルカゾールを飲み始めて太る人は、けっこう多いです。
まずは主治医とよく相談してください。
メルカゾールが効きすぎている可能性もあるので、その場合は薬の量を減らすはずです。>

アドバイスお願いします。

アドバイスお願いします。
39才主婦です。
もともと心臓の不整脈があります。
3~4年前から冬場でもってTシャツで過ごすことがあるくらい暑がりで、たまにのぼせることもあります。
四季問わず汗が凄く、脇汗は冬場でも構わずかきます。
胸の谷間や胸の下、背中から汗がたれてるくことも頻繁です。
暖かいなぁ~くらいの感覚でも汗だくになっています。
後はとても過敏な性格で神経質になることもしばしば…不整脈でも些細な不整脈を敏感に感じることがあります。
呼吸が涼しく感じたり、夜中かなり居るはずのない人が見えたり、月明かりの影が変なものに見えたりと幻覚を見ます。
私的には自律神経や更年期かなぁ…なんて感じます。
なにかよい漢方薬や市販薬はありますか 不整脈の先生からは何を飲んでも構わないと言われました。
アドバイスお願いします。

御質問の内容から「自律神経失調症」かと思います。
自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスが崩れると様々な症状が現れます、「多汗症」も含まれます。
http://www.azegami.com/jiritu/ 「自律神経失調症」http://www.admin-bg.info/review05.html 「多汗症と自律神経」甲状腺機能亢進症も同じ様な症状が現れますが、医師の受診を既にされている点と「甲状腺機能亢進症」であれば3~4年も前からならば甲状腺の腫れ(首の腫れ)・眼球突出・眼光が鋭くなるなどの症状が現れているかと思います。
http://www.m-junkanki.com/diseases/hyperthyroid2.html 「甲状腺機能亢進症」最後になりましたが、医師が「何でも(薬)飲んでも構わない」では無く、何(飲食物)を食べても飲んでも構わないではありませんか?医師は軽い自律神経失調症と判断し、気にし過ぎない様に話したと思います。
然しながら症状が続く様ならば前医師と相談され「心療内科」に紹介状を書いて貰い受診されることをお薦めします。
「記載漏れのため補足します」自律神経失調症の場合は自律神経のバランスを崩している、原因を取り除く治療を行わなければ症状は無くなりません。
薬物で一時的に症状を抑えても完治しません又、薬である以上は漢方薬にも多少の副作用があります。
精神をリラックスさせる「精神安定剤」・「抗不安剤」・「ホルモン剤」などが治療薬として処方される事が多いです。
従って自己判断で漢方薬や市販薬を服用されるのは止められた方が賢明です。

不整脈はどんな不整脈ですか?「何を飲んでも構わない」と言う先生も無責任ですね。不整脈薬は不整脈の種類によって違います。どんな薬を飲んでもでも構わない不整脈はありません。変な薬を飲んだら逆効果になります。
汗をかくのが異常ですか?暑く感じて夏が辛いとか、冬の寒さは平気、夜寝付きが悪い、朝が辛い、食べても太らない、などの異常はありませんか?人からせっかちだと言われる人もいます。指が震えませんか?
甲状腺機能の亢進で脈が速くなる頻脈性不整脈が出ます。女性に多い病気に甲状腺機能の病気があります。その頻度は男性の6倍と言われます。TSH甲状腺ホルモンの検査をお受け下さい。
http://becureforchild.blog59.fc2.com/blog-entry-19.html>文面から、汗が多くなった、不整脈がある、神経質になった、という症状が伺えますね。こういった場合、Basedow(バセドウ)病が疑われます。
人の喉のあたりには、甲状腺という臓器があり、それは人体の代謝を活性化させる(具体的には、寒い時に熱を生じさせたり、血糖値が低すぎるときに全身の臓器・組織に働きかけて、貯蔵してあった糖分を放出させたり、など)ホルモンを必要に応じて分泌しています。その甲状腺が何らの理由で抑制が利かなくなり、ホルモンを過剰に放出し続けるのがバセドウ病です。
汗が多くなったのは、人体が過剰に熱を産生しているため、不整脈が生じる(悪化する)のは血圧が上がり過ぎて、心臓が異常をきたしたからです。
一度内分泌専門医にかかられてはいかがでしょうか。>

手の震えについて。

手の震えについて。
20歳女性です。
高校生のとき、友人に「○○って常に震えてるよね」と言われたことがきっかけで自分の手の震えが気になるようになりました。
緊張しているわけではなく、ご飯を食べているときや字を書くときもたまに震えます。
友人と食事に行った際に箸を持つ手が震えるので、とても恥ずかしいです。
関係ないとは思いますが、多汗症、浮腫みでも悩んでいます。
母も手の震えがありますが、これは遺伝するものなのでしょうか?また、この症状で受診するとしたら何科に行けば診てもらえるのでしょうか?ご回答宜しくお願いします。

ストレス、緊張、不安で悪化するのであれば、本態性振戦の可能性大ですが、字を書くとき、食事のときだけですとちょっとわかりません。
一度クリニックの神経内科で検査を受けるといいと思います。
受診するのは「神経科」か「神経内科」です。
神経科を2つ以上受診してみて腑に落ちないなら、脳神経外科です。
ふるえには様々な原因が考えられますが、血液検査でおおよそのあたりはつきます。
甲状腺機能亢進症やパーキンソン病などが原因の場合は、他に原因があって、二次的にふるえが生じるので、ふるえをどうにかするのではなく、原疾患をおさえる薬を飲むことになるかと思います。
また、喘息の患者さんでホクナリンテープなどのβ刺激薬を使っていると振戦が起こるので、その場合は薬をやめれば治ります。
血液検査などで特に異常がなければ本態性振戦(原因不明のふるえ)です。
この場合は、投薬による対症療法が基本ですが、私は薬の副作用で、飲むことができなくなったため、自力で克服することにしました。
そのときの体験談を下記サイトにまとめたので、もし良かったらご覧ください。
本態性振戦克服体験記http://honntaiseisinnsenn.web.fc2.com/私もある日突然本態性振戦になり、5年半服薬を続けていましたが、今は何も飲まずとも普通に生活ができます。
緊張すれば震えるのは、人間誰にもあることですが、酷いのであれば治療が必要になります。
質問者様の場合は、何からくる振戦なのかわかりませんが、治るといいですね。

おそらく、甲状腺疾患ではないかと思われます。
甲状腺機能亢進症かと…。

大きな病院の内分泌内科や血液内科を受診してください。
女性の場合、この病気を放置しておくと危険です!>

甲状腺癌の手術をするべきか経過観察にするべきか悩んでいます。

甲状腺癌の手術をするべきか経過観察にするべきか悩んでいます。
67歳女性です。
甲状腺癌が3つ発見されました。
1つは1.2センチ、残りは微小です。
副甲状腺機能亢進症もあります。
20年前、乳癌で片乳房全摘とリンパ節も取りました。
そのダメージが大きく、今でもしんどい思いをしています。
医師からはすぐ全摘と言われていますが、今回の手術でさらに体にダメージが加わるかと思うと不安です。
できるだけ体に対するダメージが少なくなるように選択したいのですが、どうぞ、お詳しい方がいらっしゃいましたら、わかる範囲のことで結構ですので教えていただけませんでしょうか。
意思決定の参考にさせていただきたいと思っております。
よろしくお願い申し上げます。

私は甲状腺外科の専門ではないということをご理解ください。
微小な癌はどうやって診断できたのでしょうか?1.2cmの腫瘍なら細胞診(針を刺して細胞を取って調べる検査)で癌と確定できると思いますが、「微小な腫瘍が癌の近くにあるから」全部の腫瘍が癌とは言えないと思うのです。
癌の組織型にもよりますが、1.2cmの腫瘍のある側だけ切除して、その後TSH抑制療法(甲状腺のくすりを飲むだけです)で経過を見てはいけないのでしょうか?甲状腺全摘はやはり体にかなり負担だと個人的には思います。
この方法が選択肢にないのか、担当医に聞いてみて下さい。
あいまいと思われる返事しか返ってこなければ、病院を変えることを考えてもよいかもしれません。

一昨日全摘した者です。医者のいうとおりすぐに全摘がいいです。年齢からみても…。ほうっておいたら後悔すると思います。>色々な選択肢があるので、何が正しいとは言えないと思うのですが、よく考えて自分にいいと思える選択をして下さいね。
甲状腺癌の入院はだいたい1週間、手術の6時間後にはトイレに行けます。翌日から食事もできますし普通に歩けます。身体のダメージはあるといえばありますが、生活は普通にできると思います。ただ、1か月ぐらいは車の運転や首をぐいっと動かす運動は控えないといけません。全摘だと一生薬を飲み続けなければならないので、片方切除でもよいと思います。片方だけだと薬が必要ないかもしれませんし。でも薬でホルモンを適切な量に調節できるので、体の調子はいいと思います。一長一短ですね。お医者さまに納得できない場合はセカンドオピニオンをされてもいいと思います。>

前回、ジェネリック薬(後発品)で質問した者です。

前回、ジェネリック薬(後発品)で質問した者です。
甲状腺疾患で1ヶ月前からメルカゾールと合わせてテノーミンを服用していました。
テノーミンは1錠約60円と高価な為、調剤薬局にて今回から後発品と替えてもらいました。
トーワミンというものです。
テノーミンとトーワミンは何か違いがあるのでしょうか?現在の血圧は120で、テノーミンの処方された時は突発的?に150ありました。

ジェネリック(後発品)と先発品では、主成分が同じでも添加物や製法が異なります。
その違いが、薬の効き方などに微妙に現れることもあります。
ジェネリックは、厚生労働省での厳しい審査にパスしたものだけが医薬品として国民に提供されています。
しかし、同じ成分でも全く同じ医薬品を作るのは不可能です。
私も患者さんの希望により、後発品を処方することがありますが、後発品の薬効が先発品とほぼ同等か劣ることがあっても、先発品を凌ぐという経験はありません。
テノーミンとトーワミンの効果にそれほど差はないように感じますが。


後発品の最大の魅力は、薬価が安いということですは、同じ薬剤でも、メーカーによって出来不出来の差があります。
場合によっては、薬効が落ち、副作用が出やすいということもあります。
【補足】甲状腺機能亢進症にかかられておられるようですから、甲状腺の機能が亢進すれば、血圧は上昇し、逆の場合、血圧は下がりやすい傾向にあります。
つまり、甲状腺機能亢進症の治療状況しだいで、血圧も変動する可能性が高いですので、テノーミンとトワーミンの効果を比較しにくいかも知れません。

千葉県で、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)について詳しい、または有名な病院があ…

千葉県で、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)について詳しい、または有名な病院があったら教えて下さい!先週、私の妹が「バセドウ病(甲状腺機能亢進症)」と診断されました。
バセドウ病とは、歌手の絢香さんが患った難病です。
難病と言っても、国で認められている病気ではないため、治療費が自己負担となります。
千葉県にある病院で、バセドウ病(検査や治療も含め)に詳しい病院、有名な病院を知っている方がいたら、教えて下さい。
病院名だけでもわかれば調べますが、できればその病院の場所(千葉県○○市など)を記載していただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

千葉県君津市の玄々堂君津病院の糖尿病内分泌外来で金曜日の外来に出ている紫芝良昌医師は甲状腺疾患では世界でもトップレベルの先生です。
元虎の門病院の副院長や分院長、内分泌科部長などをされた方です。
人柄も良く、患者思いなのでファンが多かったです。
名医です。

内分泌学会のHPに一覧ありました。
http://square.umin.ac.jp/endocrine/senmon_i/index.html>

最近…

最近…食べても食べてもお腹がすきます…なぜですか…?

過食症などの精神疾患、甲状腺機能亢進症、クッシング症候群、インスリノーマ、脳の満腹中枢異常、薬剤の副作用、糖尿病などの可能性もあるので内科受診をおすすめします。

食欲の秋だからです(笑)

真剣に悩んでるなら・・・
ストレスでとか・・・>食欲の秋・・・だからじゃないでしょうか!?>

薬について、

薬について、現在パニック障害のためサインバルタとデパスを服用しています。
はじめはジェイゾロフトでしたが、サインバルタに先週から変わりました。
くすりの服用をはじめてから体重が四キロ減りました。
服用期間は約1ヶ月です。
医師にはつたえたほうがよいでしょうか?抑うつ状態もあるので、食欲減退はある程度仕方がないのでしょうか?冬に一気に痩せると抵抗力が弱まるので不安です。

「サインバルタ」の副作用の中に、「食欲減退」を起こす頻度が5%未満あると明記してあります。
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/340018_1179052M1022_1_0…「デパス」の場合、食欲不振は、0.1%未満の頻度で生じるようです。
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/400315_1179025C1054_2_0…体重減少は、「サインバルタ」の副作用である可能性があります。
体重減少をきたす疾患は、甲状腺機能亢進症や糖尿病などいろいろあります。
この辺も含めまして、主治医の先生にご相談されるとよろしいかと思います。

食欲減退はサインバルタのせいだと思います。
体重が減るくらい酷いなら、医師に相談してください。>

[100枚]原発性副甲状腺機能亢進症(過剰な副甲状腺ホルモンによる症状)について

[100枚]原発性副甲状腺機能亢進症(過剰な副甲状腺ホルモンによる症状)について原発性副甲状腺機能亢進症になると低リン血症になるのはどうしてでしょうか?副甲状腺ホルモン(PTH)が過剰に分泌されるため、その働きで血清カルシウム濃度が高くなり、高カルシウム血症になる。
また破骨細胞の働きを促進させるため、線維性骨炎になることはわかりました。
以上から、リンが低下する理由を探していたのですが中々確信が持てません。
カルシウムとリンの関係からなるのでしょか…?よくわかりません。
よろしくお願いします。

PTHの作用には、骨を壊してカルシウムを取り出し、カルシウムの血中濃度を上げるという役割があります。
ところが骨が壊れるときには、リンも出てくるわけです。
これはPTHの作用としては余計な作用というわけで、PTHは腎臓の尿細管に働きかけ、リンの排泄を促進させます。
でも、PTHはカルシウムは血中に貯めたいと思っているので、カルシウムは尿細管から出そうとしません。
その結果、PTHの分泌量が多いと高カルシウム血症と、低リン血症が起こるわけです。
以上が比喩的な説明ですが、もっと難しくに言うなら、PTHに対する反応性は、破骨細胞と尿細管のリン酸トランスポーターに強く認められ、破骨細胞は骨破壊を促進し、その結果リンイオンと、カルシウムイオンが血中に増加する。
壊された骨は、骨の構成成分の1つである1型collagenを残して分解されることになるわけだから、これが繊維成分となって、繊維性骨炎とよばれる状態になり(ここで言う炎症とは、つまり組織球由来の破骨細胞が骨を破壊しているという意味です)、一方腎臓では、尿細管細胞にPTHが結合することにより、リン酸トランスポーターの作用を促進し、血中から尿中へのリン排泄が促進される、という訳です。
生物学的には、カルシウムイオンというのは、細胞の運動や、もっと細かい、細胞内小器官を動かす為に使われたりしますので、とても重要なのですね。
だから、カルシウムイオンがもし欠乏した場合には、あらかじめ貯めてあった骨などから、血中へと補給するためのメカニズムが発達しており、副産物として出てくるリンに対しては、排泄するためのシステムが出来上がっているというわけです。
ところで、PTHの作用でリンは骨から放出されますが、同時に尿細管からは排泄されるわけですから、差し引きゼロになるのでは?と思われたことでしょう。
リンの濃度は一定になりそうなものなのに、どうして低リン血症になってしまうのか?これが原発性副甲状腺機能亢進症の特徴で、カルシウムの濃度が高くなっても、PTHの分泌が止まらないと、どんどん骨を壊してカルシウムおよびリンを増加させようとします。
壊せる骨が無くなってしまっても、PTHは出続けますので、尿細管からのリン排泄は促進されたまま。
この結果、低リン血症になってしまうわけです。

私は33歳の主婦です。
中2と小6の子供がいます。
禁煙と深夜の不規則な仕事のせい…

私は33歳の主婦です。
中2と小6の子供がいます。
禁煙と深夜の不規則な仕事のせいで一年間で20キロも太ってしまい過去最高の体重になってしまいました。
そして、今ダイエット外来に通い、いろいろ検査してもらったの結果、コレバインとメトグルコを処方してもらっています(半年くらい)。
また、昔から婦人科でアンジュも処方してもらって飲んでいます(10年くらい)。
ダイエット外来にも婦人科にも互いの薬の事は話してあります。
今、深夜の仕事は辞めて2が月くらい休養し無職です。
質問というか、相談?なのですが、最近暑くなり、少し動くとおかしなくらい汗が出ます。
昔から汗っかきなのですが、今年はとくにおかしく頭は常に濡れて、いつでもお風呂上がりみたいな感じです。
水分を取れば、更に汗が出るし、取らなければ脱水なのか頭痛になります。
昼間の飲食店ホールの新しい仕事を始めたのですが初日に断念しました。
理由は歩くだけでボトボト汗が落ち、なかなか給水できなかった為か仕事終わりに嘔吐してしまい病院で点滴してもらう、という始末。
救急で診てもらったのですが、原因は不明(先生には熱中症でもないみたいだし、過労かなー?と言われましたが)でした。
動悸、節々が痛く、常にこっている感じがします。
ダイエット外来は内分泌が専門の先生なので相談してみるつもりですが、私の症状はいったい、なんなのでしょうか?飲んでいる薬をネットで調べても副作用とは異なる気がします。
太り過ぎなのはわかっていますが、それだけではない気もします。
医療関係、お薬に詳しい方、いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

甲状腺機能亢進症と、思います。
内分泌科で、詳しい検査を受けられれば、わかると思います。
もし確認されましたら、現在使用中のお薬をすべて中止されて、甲状腺治療を最優先とします。

ご回答ありがとうございます。申し訳ありません!書き忘れましたが、ダイエット外来の一番始めに血液検査などいろいろして甲状腺と糖尿病が疑われましたが、どちらもギリギリセーフでした。それから半年くらいたっているのですが、ギリギリセーフということは半年で甲状腺機能亢進症が悪化することもあるのでしょうか?>

妊娠希望の28歳、結婚3年目です。

妊娠希望の28歳、結婚3年目です。
産婦人科に通いタイミング法を先月から開始しました。
色々検査をし、甲状腺機能低下症の疑いがあるから大学病院で検査を受けるよう言われ、来週末に紹介状を取りに行きます。
(混み合う個人病院の為か紹介状を貰えるまで一週間かかると言われました)数値は以下です。
TSH 6.0FT3 3.0FT4 1.1結婚を機に関東から北陸に引越しました。
結婚する前は、162cm45kgでしたが現在53kgと8キロも増加しました。
主人にもすごく怒られるので、自分なりに出来る努力はしていますが、なかなか痩せません。
働いてる為、仕事と家事に追われ平日は食事制限しかしていないから努力が足りないのかも思いますが( ; ; )大好きだったお菓子も一切食べず、毎日飲んでた炭酸飲料もやめ、食事の量も減らし8時以降は一切食べないようにしてますが減らず、主人には、今まで付き合った人の中で1番デブとまで言われ、このまま痩せなかったらどうしようと焦っています。
太ったのは甲状腺の機能が低下してるからなのでしょうか?甲状腺が機能すれば痩せるのでしょうか?これぐらいの数値だと薬は処方していただけないのでしょうか?来週末に紹介状を取りに行き、再来週に大学病院に行けば専門の先生に色々聞けますが、それまで待っていられず質問させていただきました。
それとこの病気はストレスが関係しているのでしょうか?正直結婚して辛いことが多くなり、1人で涙する日が多々あります。
主人にこの病気を打ち明けるかも悩んでいます。
ちなみに家族には甲状腺に問題がある人は一人もいませんでした。

専門医です。
数字は明らかな甲状腺機能低下です。
FT4の数字はあまり悪くありませんが、TSHが6は甲状腺機能低下といっていいです。
甲状腺ホルモンのレセプターは体の臓器すべてにあり、エネルギーや元気、若さを調節しています。
で甲状腺機能低下になると、代謝が減り太りやすくなります。
単にあなたの性格のせいだけではありません。
TSHが2前後になるまで、ごく少量のホルモンを補充すればやせてくることもありますね。
またストレスはよくないです。
まず睡眠時間をとってください。
甲状腺の不思議なことは、不足すると太り、太るとますますホルモン必要量が増えてますます太る、その悪循環になりやすいのです。
逆に亢進するとやせて、やせると筋肉や脂肪に結合する量が減ってホルモン必要量がへり、ますます亢進になってやせる。


つまり、甲状腺機能の亢進、不足は悪循環になりやすいのです。
悩むなら、早く結果を聞くことです。
そして補充してもらってください。
補充はわずかです。
副作用はありません。
甲状腺ホルモンがちょうどよい値だと、女性は美しくなりますよ。
肌や髪の毛はつやつや、適度に首や腰、足首もしまり美しくなりますよ。
また亢進でも不足でも妊娠しにくくなります。
本当に甲状腺って女性に大事なホルモンなんですよ。

考えもしない病気の疑いをかけられ、知らないうちにストレスを感じているのではないでしょうか?

検査結果って体調の変化で左右されることもあるので・・・

一つ文章を見て思ったのですが、ご主人の顔色をうかがい過ぎではないでしょうか?
好きだからそうなるのかもしれませんが、夫婦なのだからもう少し本音を話してはいかがでしょうか?
たぶん、そういうところも気づかないうちにストレスとして蓄積されているのかなと感じました。

ご主人には検査で引っかかり大学病院へ詳細な検査を受けに行くということは話しておいた方が良いと思いますよ。
その方が、質問者様自体負担が軽くなるんじゃないかって思います。>食事制限の悪影響は確実にあるなあ。

現在、文部科学省が全国の高校を使ってとっている統計では、17歳女性の平均身長は158cm、平均体重は55kgです。つまり162cmのあなたなら、本来57kgくらいが順当なのです。

運動して筋肉をつけながら、体重を落とさずに体脂肪率だけ落としてください。間違っても体重を落として生理不順にはならないように。

甲状腺の結果待ちではありますが、ストレスの影響がかなり大きいと思いますよ。>

母体糖尿病児について

母体糖尿病児について母体糖尿病児の合併症に低カルシウム血症があります。
その機序を教えて下さい。
教科書には「低血糖がグルカゴンの分泌を促し、それがカルシトニン分泌を介して低カルシウム血症を引き起こす」と書いてあります。
低血糖でグルカゴンが分泌されるのは理解できますが、そこからカルシトニンへの流れが理解できません。

今回の回答とはそれますが、新生児は生理的に副甲状腺機能が低くく、とくに糖尿病母体児の場合には副甲状腺機能の未熟性がさらに強く、低カルシウム血症が起こりやすくなります。
副甲状腺からは血液中のカルシウム濃度を上げる作用をするパラソルモンが分泌されます。
甲状腺から分泌されるホルモン:カルシトニン(血中のカルシウム濃度を下げる)と反対の働きがあります。
具体的には、母親の血糖コントロールが不良で高血糖なため、胎盤を通して多量のブドウ糖が胎児に入ります。
それを調節するため、「インスリン」というホルモンを多量に分泌します。
母体の中で高血糖に慣れてしまってるので、出生後もインシュリンの過剰分泌が持続するために低血糖に転じる。
この低血糖が、グルカゴンの分泌を促します。
母体糖尿病児→高血糖に長期間さらされていたために出生時高インスリン血症となる→低血糖→グルカゴン分泌→副甲状腺機能抑制→低カルシウム血症低血糖→コルチゾール分泌→腸管ビタミンDと拮抗→腸管カルシウム吸収低下グルカゴンはご存じのとおり、血糖によって分泌がコントロールされます。
高血糖であればグルカゴン分泌が抑制され、低血糖であれば、グルカゴンの分泌を促進する。
また、血糖はインスリンというホルモンの分泌にも関与しており、インスリンは血糖が直接に分泌を調節しています。
高血糖はインスリン分泌を亢進し、低血糖には逆の作用があります。
正常では,出生時に胎盤を通じてのイオン化Caの持続的流入が途絶えると,副甲状腺ホルモンの働きによって正常なCa濃度が維持されます。
(副甲状腺から、パラソホルモンを分泌)しかしながら、一過性の相対的副甲状腺機能低下症は,早期産児と不当軽小児(副甲状腺が十分に機能しない),および糖尿病または副甲状腺機能亢進症である母親から産まれた乳児では、低カルシウム血症を引き起こすことがある。

ロンドン在住(8年)、6週間前に極度の疲労をともなう、喉の痛みがあり(喉の痛…

ロンドン在住(8年)、6週間前に極度の疲労をともなう、喉の痛みがあり(喉の痛みが取れるまでに10日もかかったのですが(今までに喉の傷みがこんなに続いたことがありません)、喉の痛みがとれてすぐに、足のむくみ(押してももどに戻らず、粘度みたいな感じ)に気付き(それより以前に靴や特にブーツがきつく感じていたのですが、ぱんぱんにむくむまでは、あまり気にしていませんでした。
その後、GP(医者)に行くと、甲状腺機能亢進症だと言われました。
(甲状腺機能亢進症だとすぐに分かった理由は、たまたま、その2週間くらい前に健康診断を受けていたためです。
)先生曰く、私の甲状腺の数値はそれほど悪くないから薬はいらないとのことでしたが、私が疲れて何も出来ず、足のむくみがとれないと訴えると、carbimazole を処方してくれて、20mg×2錠 を毎朝服用するように言われました。
正直、本当にこの病気のせきで疲労なのか、半信半疑で薬を1週間服用後、体のだるさが激減したのでやめてしまいました。
薬をやめて、たった3日で、以前の倍くらいの疲労感を感じ、もしかすると、本当に甲状腺の病気がつかれの原因なのかもしれないと、処方されたcarbimazoleを処方の倍(80mg) 服用し始めました。
80mg服用して3日後に眼の周りがはれぼったくなり、その翌日に、carbimazoleを2週間服用した結果を見るための、血液検査にGPに行き、その際に、先生には顔が腫れてきたと説明しました。
(その頃は、まさか眼症まで発症しているとは知らず、ただの薬の副作用だと思っていました。
) 先生は眼の周りの腫れに関しては ”あら、そーお?”っと軽く長し、とりえず、薬はこのまま 40mgで続けて、血液検査の結果が出る5日後くらいに、再院しました。
先生は私の甲状腺の数値が良くなっていて喜んでいましたが、私が80mg服用していることを告げると、副作用がでるので、40mgにするよう言われました。
甲状腺の数値は日本のものと単位が違います。
8週間前の血液検査結果 THS level 0.001 mu/L T4 level 39.6 pmol/L serum free triiodothyronine level 12.5 pmol/L この血液検査2週間後に体調を崩しました。
carbimazole 2週間服用(その期間、3日服用をやめ、その後1週間くらい 80mg 服用しました)、その際の結果は THS 0.001 T4 25.8 pmol/L serum free trii 9.1 pmol/L まで下がりました。
(薬はきちんと40mg今でも服用しています。
)前書きが長くなりましたが、私が一番心配しているのは、眼です。
眼が飛び出していないものの、泣きはらした以上の腫れが2週間続いてます。
治す薬教えてください。

甲状腺機能亢進症の薬は、数年以上、飲む必要があります。
眼症を治す特別の薬はありません。
甲状腺機能が正常化すれば、それに伴なって、眼の周りの腫れも改善します。

市販の漢方で、防風通聖散を服用始めたのですが、副作用などの検索結果で、使用に…

市販の漢方で、防風通聖散を服用始めたのですが、副作用などの検索結果で、使用にあたって医師に相談しなくてはいけない事項がありました、甲状腺機能亢進症の病気を治療中です、どういう理由で良く無いのでしょうか

防風通聖散に含まれている麻黄という成分は、元々人によりドキドキや興奮や汗が出すぎたり、眠れなくなったりする場合があります。
その関係で、甲状腺機能亢進症(頻脈など)の方の病気を悪化することがあるため、念のため注意が必要という意味でそういう事項があります。
ただし、これは禁忌ではなく慎重投与にあたるので、様子を見ながらの使用は可能です。
甲状腺機能亢進症の今の状態が、落ち着いているのなら使用も可能だと思いますが、頻脈といった自覚症状があるようですと、上記の理由でお勧めできません。

もう限界かもしれません。

もう限界かもしれません。
バセドウ病の治療での、こむら返りについて数回質問しているものです。
年末頃から酷いこむら返りが起きるようになり、怖くてベッドで寝れなくなりました。
寝返りをうつ度に、また少し身体を動かす度に、起き上がる時は何箇所もつりながらじゃないと起き上がれないなど、至る箇所がつるからです。
先月中頃の検査ではホルモン値は正常になったのですが、TSHが0.1%以下だったことで、減薬はしてもらえず、年明けの受診時に処方された漢方薬と鎮痛剤で凌いでいます。
今は床に布団を敷いて寝ていますが、ベッドよりはマシでも、やはり寝返り時や起き上がる際はどこかは絶対つります。
毎日仕事にも行くので、寝ないと体力も持たないので、寝る時になるととてもストレスになります。
夜が憂鬱になり、一層の事、椅子で寝ようか迷うほどです。
こんな思いをするのなら、治りが遅くなっても、服用期間が伸びてもいいから前みたいに普通に寝たいです(涙)治療開始した4ヶ月前からメルカゾールを1日に4錠服用しています。
もう薬をやめたいくらいです。
勝手に減薬してもいいでしょうか?

主治医が把握していない勝手な減薬は、今後の判断の誤りにつながる危険性が大きいのでお勧めできません。
また、こむらがえりの症状がメルカゾールに起因しているわけでもないように思われる(甲状腺の機能異常から来るものと思われる)ので、メルカゾールをやめて症状が改善するとは考えられません。
血液検査などでミネラルバランスに異常があれば、これが原因と思われます。
主治医の先生がこのへんを把握しているようであれば、この改善についてのアドバイスをもらうとよいでしょう。
また、メルカゾールを飲み続けている状態でホルモン値が正常化している場合、やめればまた甲状腺機能亢進症の症状が悪化することが多いので、この意味でも今やめるのは不適切でしょう。
すると、やめても症状が安定している状態まで持っていかないとこの薬は止めることができないことになりますが、長く服用しているとアレルギーや肝機能障害などの副作用がでてきて続けられなくなるケースもあります。
ある程度服用を続けて、目に見えた改善に至りにくい場合は、放射性ヨードを使った治療や手術など 次のステップの治療法を検討してもらうほうがよいかもしれません。

私も昔はいろんなところがつってしまい困りました。

大学病院の専門医に見て頂いていますが、一回目に相談した際はバセドウ病とは関係ないと言われました。

糖尿病やヘルニアなどの病気も体がつりやすいと言われましたが、私にはその病気の可能性はないと言われました。

とにかく昼も夜も関係なく、様々なところがつってしまい、特に車の運転中につってしまうのが怖くて、怖くて…!!

しかしネットで調べてみるとメルカゾールの関連性を指摘する記載をいくつか見つけ、もう一度先生に相談して、薬の量を減らしました。

先生は薬とは関係ないと思うと言われましたが、実際、その後、ほとんどつるような事はなくなりました。

しかし、数値はなかなか安定しないのは薬の量が少ないから?なのかと…!

私の例なので、先生に辛い症状をしっかり話て、解決方法を相談して下さい。>私もメルカゾール飲んでるんですが、こむらがえりがひどいです。

結構飲み忘れたりもするのですが、その時もこむらがえり治らないので、メルカゾールは関係ないかもしれません(つд`)>

《500枚》なぜ高カルシウム血症は多尿という症状をきたすのですか?

《500枚》なぜ高カルシウム血症は多尿という症状をきたすのですか?私の考えは、副甲状腺機能亢進症になって、尿細管でのカルシウム再吸収が亢進して、さらに血清カルシウム値も上昇しているから浸透圧によって(カルシウムが濃くなっている血液中に血漿がどんどん引き込まれて)血液量が増えた結果、糸球体での多くのカルシウムを含んだ血液が濾過されて、再吸収が追いつかずに多尿になる。
というかんじです。
あってますか?ちがったら、詳しく回答をよろしくお願いいたします。

血清浸透圧は、次式で計算されます。
2×Na(mEq/l)+グルコース(mg/dl)/18+BUN(mg/dl)/2.8正常値としてたとえばNa 140mEq/l、グルコース 90mg/dl、BUN 14mg/dlを代入すれば各項は280、5、5となり、血清浸透圧は主にNaによって決定され、グルコースとBUNの寄与度はとても少ないことがわかります。
そして、血清カルシウム濃度の正常値は8.6~10.1mg/dlで、それは2.15~2.53mMですから、カルシウムの血清浸透圧寄与度は、そのグルコースやBUNの半分程度でしかありません。
それでも、糖尿病では血糖値は数倍かそれ以上に上昇するので、血清や尿の浸透圧は有意に上昇しますが、高カルシウム血症ではカルシウム濃度は正常値から数十%上昇するだけですから、血清浸透圧の上昇、それによる血液量の増加、それによる尿量の増加は、たいしてありません。
高カルシウム血症で多尿が起こるのは、腎集合管で水の再吸収を促進しているバゾプレッシンというホルモンの感受性が、高カルシウム血症が存在するために低下し、水の再吸収が減るからです。

甲状腺の検査をしました。

甲状腺の検査をしました。
元々「めまい」「偏頭痛」などが有り、定期的に内科へ通院しています。
先生とも割りと冗談交じりに話をする感じでして、「今日もしんどい」と冗談交じりに話をしていると、「一度甲状腺調べてみる?」と言われたので、初めてという事もあり調べて貰う事にして血液検査をして貰いました。
本日その結果を訊いたのですが、第一声「瓢箪から駒」と言われました。
一応大雑把に状態の説明をしてくれ、「朝一に薬飲んでみて様子を見よう」と言う事になりましたが、詳しい事を文章で残して置ければと思い、質問させて頂きます。
貰った数字は「TSH 0.1μIU/mL以下」「FT4 2.8ng/dL」となっています。
処方された薬は「メルカゾール錠5mg」です。
結局私の甲状腺はどういう状態なのでしょうか?補足40歳 男です。
(女性に多い病気だと訊きました)165cm 68kgです。

甲状腺機能亢進症、バセドウ病またはバセドウ氏病ともいう。
メルカゾールが効いて重篤な副作用がなければ、量を調整しながら数年?十年以上、メルカゾールを服用、定期的に血液検査ということになる。
女性に多いけど、男性でもいるよ。
男性で気を付けなければいけないのは、FT3/FT4やTSHが正常範囲内で安定してきたときに、仕事などで忙しいことを理由に検査や受診、投薬を自分の判断でやめちゃって、ある日、酷い自覚症状で受診、即入院になる人がときどきいる、ということ。
この病気は一生付き合うつもりでいたほうがいい。

TSHの正常値は0.36~6.5です。またFT4の正常値は0.7~1.7ですので、甲状腺ホルモンの軽度上昇、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の低下がみられ、甲状腺機能亢進症といえます。メルカゾールは抗甲状腺薬で、甲状腺機能亢進症の時に処方される薬です。

補足:甲状腺機能亢進証は、代謝が盛んになる為、糖尿病、頻脈、様々な症状だ出ます。低下症でもそうですが(低下症ではチラージンS)薬を飲みながら、TSHやFT4の値をみて、薬の調節をしていきます。男性でも結構患者は多いです。甲状腺機能亢進症=バセドウ病ではありません。プランマー病ほかにも甲状腺機能亢進を呈するする病気はあります。ここがわかるのが、素人か本当の医師かの違いです。>

治療する気がないのに治療を強制される事について。

治療する気がないのに治療を強制される事について。
甲状腺機能亢進症(バセドウ病)と数年前に診断されました。
元々太っているのですが、薬物治療により代謝が下がったのか2週間で5キロも太ってしまいました。
血液検査での数値は良くなっているものの、治っているという自覚症状が全くなくしかも体重は増え続けていた為何故薬を飲んで太り続けてるんだろう…と情緒不安定になり泣きたくなる事もあり治療を放棄してしまいました。
私の腫れた甲状腺を見てどこの内科でもそれを指摘されます。
最初は正直に治療をやめてしまったと話していたのですが、医者や看護師に説教され強制的に血液検査をされ「こんなに数値が高いじゃないか」とまた怒られてしまった事があります。
先生はともかく何故看護師に強い口調で怒られなければならないんだ…と腹が立ち、その時内科へ行かない方がいいと思いそれ以後具合が悪くても内科へ行く事はやめました。
しかし2日前から喉につっかえた感じというか息苦しさがあるため続くようなら行かなければならないと思います。
現在花粉症の薬と、鎮痛剤のロキソニンを痛む時のみ服用しておりその副作用なのかもしれませんが…。
行った事のない内科に行くつもりですが、やはり喉の腫れを見ればまたすぐバセドウを指摘されるかと思います。
いくら数値は高くてもそんなにひどい自覚症状もないし薬物治療によりまた太るのは嫌です。
病気を治す気はないとどうすればわかってもらえるのでしょうか?

自分は医者でありませんが治療をしたほうがいいと思います。
以前、とても大切な人を甲状腺異常障害で亡くしました。
その人は、喉の違和感が実は甲状腺が肥大化し気道を圧迫し、最後は気道が塞がって喉に大きな穴を開けなければならず声帯も削除して声が出なくなり、外交的だった人がうつ病を発症し旦那さんの意見も聞かなっくなって大きい病院に入院し、脳血栓を起こして死亡しました。
医療に携わる身としてとても悔しく、何もできなかったことでしばらく無力感でいっぱいでした。
あなたの命は、周りの人達にも影響します。
大切になさってください。

バセドウ病は、体内にできた抗体が甲状腺を刺激して、いろいろな症状を引き起こしています。

薬や治療によって数値を安定させているだけで、その抗体自体はそのまま残ってしまいます。

ですので、定期的な投薬が必要だと聞いています。
投薬が終わった後も、やはり定期的な血液検査は数年は必要だそうですよ。

また、投薬によって副作用が起きたり、薬の効果が薄い場合はアイソトープ治療というものがあります。

それに、薬の副作用での体重の増加を気にしているようですが、バセドウ病の症状の一つに、体重の増加及び減少があるわけですから、一概に薬の副作用とは言えないと思います。

自分の場合、体重が13Kg減りましたが、数値が安定してからは、食べる量は変わってないのに少しずつ増えてきましたよ。>あなたが怒られることをしているからです。
治す気がないなら来ないでくださいってことです。>

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)について

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)について先日別の病気の疑いで、総合医療センターの神経内科を受診し、血液検査をしたところ、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されていることがわかり甲状腺機能亢進症と言われました。
まだ検査の結果が全部でていないのと、その時新たに血液検査をしたので3週間後の診察で結果がわかります。今かかっている病院には内分泌科がありません。住んでいる県にも甲状腺を専門に扱う施設がないようなのですが、やっぱり専門に扱う機関にかかった方がいいですよね?その場合は、次結果を聞きにいく時に専門機関への紹介をお願いした方が良いのでしょうか?甲状腺機能亢進症の場合はバセドウ病がほとんどだと言われました。
バセドウ病だった場合、数値が落ち着くまでは妊娠はできないと言われたのですが、私は30代半ばで二人目を希望しています。治療にも時間がかかるのは理解していますが、年齢の事もあり焦ってしまいます。個人差はあると思いますが、どのくらいの期間で数値が落ち着くのでしょうか?

当方も甲状腺バセド病 持ちで もう数年 服薬で 治療してますが まず血液検査を見ない限りななんとも言えませんが やっはり内分泌内科での受診が 宜しいかと 思われますよ多分 始めは 甲状腺の 数値を安定しなければ なりませんね!後 FT3FT4とかTSHも重要ですがTSAbが 頻繁に200以上を上回るので あれば治りにくい体質で すよ 後内分泌内科なら 副甲状腺の血液検査も 多分含めて 血液検査項目に入ってると 思いますよ副甲状腺が高値な場合は 手術しかありませんね 多分 始めはメールカーゾルを 一日6錠かもう少し大い量から 始まると思いますよ 後この薬を服薬して直ぐにには 効果は表れませんよ 一カケ月や2カケ月後ぐらいから 数値は少しずつ安定して 行きますよ それから外科的な 治療つまり手術 後アイトソープ治療 まぁ主治医と貴方様が決める事なので 一概にどちらが良いか 分かりません!後 当方 みたいな抑制療法と言う 服薬での治療もありますよ メールカーゾルとホルモン剤での治療になりますが!まずは血液検査を 見てやっはり 内分泌内科の信頼出来る 医師との 関係を持って治療に専念して下さいね!直ぐには 検査は良くにはなりませんよ!後 イソジンの嗽薬は使用しないように ご参考までに 焦らず治療に専念して下さいね! では御大事に

現在の数値と症状によるんじゃないでしょうか。
大幅に基準値から外れている数値だと、落ち着くまでには時間がかかるようです。
早い人なら2ヶ月ほどで基準値に入りますが、入ったから即薬が中止になるわけではなく、徐々に減らしていくというパターンで観察し、早ければ1年半とか2年で服用しなくてよくなる「寛解」という状態になるみたいです。
寛解にならなくとも、少量の薬の服用で元気に過ごす人もたくさんいらっしゃいます。
もちろん出産なさる方もいらっしゃいます。
薬での調節が難しい人は何年も飲み続けることもあり、外科手術やアイソトープなどをする場合もあります。

病院はやはり専門的な知識を持っている甲状腺専門医に診てもらうのがいいですよ。
少々遠くてもその方が安心できます。
妊娠のことなどもありますし、ここは専門医にかかっておくのがいいと思います。
最初の2ヶ月ほどは2週間に1回とか採血や診察も多いですが、そのうち2ヶ月に1回、3ヶ月に1回という具合になってきますのであまり苦にはならないと思いますよ。
一般内科や糖尿病専門医なども甲状腺を診てはくれますが、薬の調整がよくわからなかったり、数値が基準値内にはいるとすぐに服用を止めてしまうこともあるそうで、なかな難しいみたいですね。
やはり餅は餅屋といいますから、専門医にかかることがベストではないでしょうか。

今現在喉が凄く腫れているとか、かなり体調が悪いという症状が無いのであれば、案外早く基準値に入ることもありますので、あまり心配なさらず、今はリラックスしてなるべく無理はせず安静になさってくださいね。>

女性化乳房かも

女性化乳房かも私は32歳の男です。
最近、女性化乳房というのを知り私もそれにあてはまりそうです。
小・中学生の思春期のころに女性におこる乳房のハリやシコリが同様にありました。
当時はポッチャリ体型で全く意識もしていませんでしたが、高校に入りファッションや体型も気にするようになりました。
当時していたバイトが肉体労働ということもあり、体は絞れてきました。
それから月日が過ぎ、5、6年前からジムにも行き始め筋肉質の体型になりました。
そこそこ逆三角形で脂肪も減り順調に理想の体型になってきているのですが、なぜか乳房が張り出してその周辺の脂肪がとれません。
最近では気になり、胸の部分を特に意識して鍛えていますが一向に改善されません。
以前付き合っていた彼女にも「おっぱいがある」と言われたことがあります。
夏でもTシャツ1枚ではシルエットが浮かぶため重ね着をするか分厚い服を着ます。
それでも、気になってしかたありません。
女性化乳房というのは手術しか治す方法はないのでしょうか?

女性化乳房症以下の原因によりますが、手術は本人が社会的生活に支障がある場合、等に行なわれます。
原因1: 特発性乳腺肥大 全く原因のない女性化乳房症 (最も頻度が高い) 20歳前後の男性に多い。
 治療は疼痛の激しい場合を除き経過観察 疼痛の激しい場合は内分泌療法で、 多くの場合は2~3週間で痛みが消失します2: 生理的乳腺肥大 思春期性乳腺肥大と 老人性乳腺肥大 があります。
 通常は半年から一年で自然治癒します。
 (老人性乳腺肥大の場合は乳癌との鑑別が大事です)3: その他の病気によるもの 肝疾患(肝炎、肝癌、肝硬変) 慢性肺疾患 腎疾患 糖尿病 球脊髄性筋萎縮症  に合併する事もあります。
 治療は原疾患の治療を優先。
4: 薬剤が原因のもの 各種ホルモン剤 降圧剤 強心剤 抗アルドステロン剤 などが原因になる事があります。
 治療は原因と思われる薬剤の中止5: 内分泌疾患に合併するもの 睾丸の腫瘍 下垂体腫瘍 副腎腫瘍 甲状腺機能亢進症  ホルモン産生腫瘍 に合併する事があります。
 治療は原疾患の治療6: 先天性異常に伴なうもの クラインフェルター(Klinefelter)症候群などの場合に 合併する事があります。

12,3年前に甲状腺機能亢進症になり、今はメルカゾールをやめて

12,3年前に甲状腺機能亢進症になり、今はメルカゾールをやめているのにも関わらずTSHの値が高くなっています。
この2~3年はメルカゾールを3日に1錠のペースで飲んでいましたが、最近半年以上はメルカゾールを全く飲まないでいるのに、TSHが11くらいもあります。
FT3とFT4はどうにか正常です。
甲状腺機能亢進症から低下症になった事がある方とか、こういう現象に詳しい方がおられたら、色々、お話をお聞かせ下さい。
よくあることなんでしょうか。
又、今後どのような治療が考えられますか?チラーヂンを服用ですかね・・?又、この病気でずっとお薬を飲み続けなければいけないのでしょうか。

メルカーゾルを服薬量が 多過ぎても そのような 症状はあると 思いますがこれは一時的な者であり ご心配なく 後当方がしてる治療方法なら あり得りますが 抑制療法でも これも一時的な者であり 内分泌内科の医師が 薬の匙加減をちゃんと 処方 してくれたら治りますよ 後 血液検査項目にTSAbが 毎回 高い数値だと 治りにくい体質ですよ 後一時的に良くなっても 再発はありますよ まぁ 薬以外でも 治療はありますが.全部にリスクは つきものですから薬で. 副作用もないなら 薬で 治療するのが宜しいかと 思いますよ!ちゃんと薬さえ飲んでたら 普通に 生活出来ますし 余り深く考え込まないように 御参考までに!御大事に

お世話になります。

お世話になります。
甲状腺機能亢進症で、大学病院に月1通院中です。
メルカゾールを一日2錠服用していますが、最近、頻繁に体のあちらこちらがつって辛いです。
副作用でしょうか?なにか改善できるようなことがあれば教えて頂きたいです。
本当に辛く、体を動かすのが怖いくらいなのです。
あと、目が痛い感じ(ゴミが目に入ってゴロゴロする感じ・目の奥に違和感)がするのですが、眼球突出の場合、痛みなどともなったりするものなのでしょうか?自分では、右目が少し出てきているような感じがします。
回答宜しくお願い致します。

回答リクエストを頂いておりましたが、多忙につき今拝見させて頂きました。
遅くなり申し訳ありません。
お役にたてますかどうか分かりませんがお返事させて頂きます。
甲状腺機能亢進症の症状の一つとしいて、書かれているように体がつった状態になる事はあります。
最も多いのが「手」です。
医療的には「ワシ手」と呼びます。
これは、自分の意思とは無関係にワシのような手、開いたり閉じたりがうまく出来ず引っ張られるような感じになります。
頻度は少ないですが、足などに起こる事もあります。
この症状自体は甲状腺機能がうまくコントロール出来れば改善されてきます。
メルカゾールというお薬は非常に安全性が高く、大きな副作用はほとんど報告されていません。
(無顆粒球症という非常に怖い副作用はあります)ただし、薬剤である以上、「絶対」というのはありませんので、質問者さんにも絶対に違うとは言い切れないでしょう。
ただ、メルカゾールの副作用であちこちがつった様な感じになる事はまずないと思われます。
原因は甲状腺機能亢進症自体であると考えるのが自然だと思います。
あとは目のゴロゴロ感ですが、眼球突出によるものではないでしょうか?見た目にはそれほど突出していなくても、寝ている間、完全に瞼がとじなくなっていたりします。
その間に眼球が乾燥してしまい、起きた時に目に違和感を感じる方がおられます。
余程進行した眼球突出でない限り、日常的に痛みを感じる事はありません。
あくまでも質問文からだけの回答になりますので、ぜひ受診をされて主治医とご相談されてくださいね。
急ぎの回答で十分ではないかと思いますが、ご参考になりますように。

医療関係者でもない私がお役にたてるのかわからないですが回答させて頂きます。
私も甲状腺機能亢進症患者で、どの薬も副作用が出てしまい、甲状腺を全摘しました。
私の場合は高熱や発疹でしたが、薬の副作用は色々ありますし、貴方の文章での体の状態を拝見するかぎりとても辛そうですので、診察予定日より出来るだけ早めに主治医さんのところで診察を受けた方がいいと思います。

目の症状についてですが、私もバセドウ眼症で目が出ているためか乾燥しやすくよくゴロゴロしますし、違和感がありよくイライラしちゃいます(涙)。目の奥の痛みは私はなかったですが、そのような症状もあるようです。眼の症状も見た目の変化があまり出ていないうちにに主治医に相談した方がいいと思います。

酷くなってから後悔しないようにおかしいと思ったら早めに病院に行くことがとても大事だと思います。

拙い文章で申し訳ありませんが読んでくださりありがとうございました。
少しでも助けになっていれば幸いです。病気がよくなりますように。

お互いに頑張りましょうね(^_^)>

生薬のマオウについてです。

生薬のマオウについてです。
マオウには気管支拡張作用のほか、発汗や尿量増加(利尿)等の作用が期待されていますよね?一方交感神経への刺激作用によって排尿困難の症状があらわれる場合があるとあります。
これは尿量が増加するが、排尿しにくくなる場合があるという解釈でいいのでしょうか?また、普段から排尿困難な場合は安易にマオウやエフェドリンが配合された薬を購入しない方がいいという考え方でいいですか?

【使用上の注意】1.慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)(1)病後の衰弱期、著しく体力の衰えている患者[副作用があら われやすくなり、その症状が増強されるおそれがある。
](2)著しく胃腸の虚弱な患者[食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐 等があらわれることがある。
](3)食欲不振、悪心、嘔吐のある患者[これらの症状が悪化する おそれがある。
](4)発汗傾向の著しい患者[発汗過多、全身脱力感等があらわれ ることがある。
](5)狭心症、心筋梗塞等の循環器系の障害のある患者、又はその 既往歴のある患者(6)重症高血圧症の患者(7)高度の腎障害のある患者 (8)排尿障害のある患者 (9)甲状腺機能亢進症の患者 [(5)~(9):これらの疾患及び症状が悪化するおそれがある。

最近、うつ病みたいな感じです。

最近、うつ病みたいな感じです。
妙にそわそわしたりドキドキしたり、周りが気になってしまったりします。
哀しくなることが多くなりました。
そして今日は、いつもよりドキドキが続いていて、息苦しくて落ち着きません。
どうにかして楽になる方法はありませんか?宜しくお願いします。
補足動悸について…起きている時や不安定になった時、息苦しいような動悸がする事があります。
が、それ以外にも起きた瞬間に、動悸がおこります。
寝ていて、夢うつつとか、うとうとしている時には動悸はおこりませんが、夜中にパッと目覚めた時や、昼寝から目が覚めた時、朝、目覚ましで起きた時…瞬間に動悸がトクトクドキドキおこります。
神経的なものでしょうか?考えられる事…医学的な新断ではなくても良いので、参考までにご意見頂けますか?宜しくお願いします。

うつ病ではない感じですよね・・・。
不安障害とか、不安神経症とかかなと思います。
(※私は医師ではないので、病院で診断してもらって下さい)抗不安剤は飲みながらでもお仕事はできます。
ただ、副作用が強いものがあるので、あなたにその副作用が「眠気」とかで出ると、お仕事に差し障るかも知れませんが、そういうときは違う抗不安剤に変更してもらう事もできます。
一度、受診されてはいかがでしょうか。
それとこれは可能性の一つですが、「甲状腺機能亢進症」という病気は立っているだけでも動悸がします。
常に全力で走った後のようにドキドキする病気です。
(この病気は薬の内服で改善されます)これは内科の疾患なので、まずは内科的な病気がないかどうか、血液検査などをしてみられることもお勧めします。
その上で異常が無かったときに心療内科や精神科を受診されたほうが、「内科の病気はありません」と言えるので、精神科医も診断しやすいと思いますよ。

起きた瞬間に動悸…。精神的なものか内科の主治医に聞いてみました。こたえは→違うでしょう。甲状腺に腫れは見受けられませんでしたが、一応、甲状腺ホルモンの採血をしてきました。あと、夕食後にデパスを1錠。最近、治まらない頭痛にロキソニンを頓服で。特別に感じているストレスがあるなら、それを回避する事もアドバイスされましたが、どうやれば良いのでしょうかね!?不安は消去法で探していきます。>鬱病の症状とは違うように見受けられますが自分自身で辛いと思うなら心療内科を受診することをおすすめします。放置して良くなるならそれに越したことはありませんが>自律神経が乱れているのでは?私のお医者様には息をゆっくり長く(ふう?と)吐くと良いと言われました。吸う事に意識を向けないようにすれば良いのではないでしょうか?とはいえ私も動悸や息切れがあるのでその時はなるべく無理しないようにその場に立ちすくんで休んだりしています。>こころの陽だまり|うつ病の情報・サポートサイト
http://www.cocoro-h.jp/index.html

あてはまりますか?>不安ぽいですね。
心療内科か精神科に受診した方が良いかと思います。

内科でもお薬は出してくれるかもです・・・

知恵袋なので本当に参考ですが・・・>うつ病ではなく社会不安障害や不安障害だろ?>

悪性リンパ腫で、ステロイド投与したことのある方いらっしゃいますか?

悪性リンパ腫で、ステロイド投与したことのある方いらっしゃいますか?15歳♂です。
腎不全の既往があります。
消化器官の(おそらくは小腸)の悪性腫瘍との診断を受けた猫です。
(病気診断の経緯は長くなるので割愛させていただきます)CTができなかったので、正確かどうかわかりません。
今週の月曜日に輸血、火曜日に静脈点滴としましたが、状態が良くならなかったのと、通院の猫の負担(往復で2時間です)、年齢、身体的事情から、獣医さんと相談の上、すべての治療をせずに緩和ケアの方向で行こうと決め、余命1週間と宣告されました。
重度の貧血で食欲廃絶、タール便(血便)、体温低下になりつつあったので、少しでも痛みを緩和しようということで、ステロイド(プレドニン5)を、自宅で経口投与しています。
猫のQOLを重視したいため、もう病院へは行っていないので、血液の数値などはわかりません。
プレドニンの経口投与を始めて2日目、少しずつですが、ゴハンを食べるようになりました。
足取りもしっかりしてきて、実に10日ぶりにあの子の鳴く声を聞きました。
プレドニンの副作用かひん尿はありますが、水もたくさん飲みゴハンもたくさん食べています。
投与3日目の今日も、さらに食欲が増し、もしかしてと、淡い期待してしまいます。
急変しても、今度はあたふたせず、病院にも走らず、住み慣れた家で、私のそばで看取る覚悟はしているつもりですが、実際にこのような体験をされた方がいらっしゃいましたら、お辛い体験だとは思いますが、お聞かせ願えませんか?ステロイドの効果も長くは続かないと思いますが、1日でも多く効果が続いてくれればと思っています。
個体差ももちろんありましょうが、ステロイドの効果期間など教えていただければ、ありがたく思います。
あと、自宅での皮下輸液についてもどうされたか教えていただければ幸いです。
現在は1日に1回、50mlしております。
できるだけ痛まないよう、苦しまないように旅立ってほしいと願っています。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。

去年の夏に腎不全と甲状腺機能亢進症で亡くしました(12歳)。
うちのは通院を嫌がらなかったので、1年2カ月週に二度ペースで輸液に通院しました。
間に一度食欲が落ち、入院点滴をしました。
そのおかげか、苦しむことなく最期は眠るように亡くなりました。
質問者さまのねこさんはそれ以上に手厚いケアをされているので、苦しまないように思います(治療により苦しまずに逝けるとの話を聞きました)。
また、3年前に兄弟猫を心筋症で亡くしています。
血栓が後ろ足に飛び、足が壊死してしまい、食欲も亡くなり、おしっこも膀胱を押して出さないと出なくなりましたが最終兵器?としてステロイドを注射しました。
みるみる食欲もでて、じぶんでうんちもおしっこもして、壊死した足を引きずりながら階段を降りるまでになりました。
最期は少しは猫らしく生きられたかなと思っています。
ステロイドは合えばとても効果てきめんのようです。
うちもこのまま三本足でいけるかも、車椅子の準備だと思いましたから。
ですが、ご承知のとおりで投与には限界があるんですね。
うちは結果敗血症になりそうなので、断脚手術を受けましたが、術後家には戻れませんでした。
手術をしなければ、まだ数日は…とも思いましたが、やはり壊死したところからの敗血症の不安もあり、踏み切ったことに後悔があるようなないような。
ステロイドは計10回(日)投与しました。
そのあたりが限界だったようです。
余命1週間。
残酷なようですが、先生の命の期限宣告は見事に当たります。
うちも今日がやまと言われた日でした。
いやがらないようなら、輸液はできるだけしてあげた方が楽になるようです。
可能な限りそばにいてあげてください。
お体に気をつけて頑張ってください。

外国人の友人が、謎の足の骨の痛みで悩んでいます。
インドの病院で、レントゲンな…

外国人の友人が、謎の足の骨の痛みで悩んでいます。
インドの病院で、レントゲンなどを受けたようですが、わたされた薬を飲んでも全く改善せず、痛みは日に日に増しているそうです。
現在は、歩くのも困難です。
金銭的な問題で、これ以上医者にはいけず、カルテをメールで送ってきたのですが、私が変わりに日本の病院で診察をうけることは可能でしょうか??とにかく何の病気か知りたいのですが…

「謎の病気」なのにカルテでわかるとも思えない。
そして書かれている言語が違う。
骨の画像は必須でしょう。
だから、全部自分で翻訳して調べる。
血液検査票で自分で調べる。
画像もあるのかしら。
それも自分で調べる。
画像は写真なんかでは無理ではなかろうか。
元データの複製ならともかく。
医療過誤事件では、きちんと闘う人はみな自分でやる。
プロでもわからない病気を調べるのは大変だろうが。
医学書院「今日の診療」などのCD-ROMを置いている図書館はないか。
あれば、症状をそれで調べると多少は楽。
こんな感じ。
——————————–骨粗鬆症,骨軟化症検査とその所見の読みかた/確定診断のポイント【1】既往歴の聴取(小児期),生活状況(食事,日光曝露),身体所見の診察。
【2】血液,尿検査では,ALPが著しい高値となる。
ALP高値となる鑑別疾患は副甲状腺機能亢進症( ⇒ ),甲状腺機能亢進症( ⇒ ),癌骨転移( ⇒ ),骨Paget病などである。
血清Piは低値。
PTH,25(OH)D,125(OH)2Dレベルは病態ごとに異なる。
ビタミンD欠乏症では低カルシウム(Ca)血症,低リン血症,血清アルカリホスファターゼ(ALP)高値,血中副甲状腺ホルモン(PTH)高値,血中25位水酸化ビタミンD〔25(OH)D〕低値が認められる。
低リン血症性骨軟化症の場合は,低カルシウム血症やPTH高値を伴わず低リン血症,過リン酸尿がみられる。
後者の場合,血中FGF23の高値や,腎尿細管からのリンの再吸収の低下の指標として,尿細管リン再吸収率(%TRP)あるいは尿中リン排泄閾値(TmP/GFR)の低下を確認する。
【3】X線では,形態異常(長管骨の彎曲,骨端線の拡大,不整,骨端線の透亮像)。
石灰化障害部位に負荷がかかると骨改変層(looser zone)が生じる。
長管骨皮質部,恥骨,坐骨,肋骨に認められる。
【4】必要に応じて骨組織生検で確定診断を行う。
今日の診療プレミアム Vol.26 Copyright (C) 2016 Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.——————————–あまりに簡単なので違うと思うが、尿酸値は基準値か。
癌などなら、癌のマーカー検査がいるし、神経系ならまた別だろうし。
本来なら、当該病院からの情報提供で正式にやるべきところ。
代わりというか、カルテをもって貴殿が診察を受け、そこで相談を持ちかけるということは可能でしょう。
ただ、医師が応じるかどうかは不明。
レントゲンなどの画像もなしで予測できるとは思えない。
そして、患者をみていないのに「診断」は不可能。
ありえない。
で。
ですね。
医療事件では、患者遺族は、自分で医師に意見を求めにゆく。
そして医師にカルテを見せる。
当然、相応の謝礼は払う。
相場3万~。
あらゆる手を使う。
医療事件で一番大変なのは、この協力してくれる助言医師を見つけること。
その手段のなかでは、自分が診察を申し込んで、診察室で「実は……」とやる方法も含まれている。
病院の前で張り込むなんてあたりまえ。
この場合、医師を説得できるか否か(意見がもらえるか否か)は、自分の医学知識の量に比例すると思う。
馬鹿相手にまともに返事はしない。
自分が医学的に徹底的に調べていてはじめて詳細な質問でできるし、詳細な質問なら、医師は腰を入れて答えてくれる。
そのためにも医学論文を収集して読み込む。
まあ。
その人を日本に連れてきたほうが早いでしょう。
貧乏なら旅費や医療費も出してあげないと。
保険もないので治療をするとなると高額になるが。
本当はそれでも現地病院の紹介状が欲しいところ。

金貸してって言われてるのと違う?
10万円くらいあげたら? 向こうでは30万40万相応でしょう。
何に使われるかわからないが。>

肺のCT検査の所見について。

肺のCT検査の所見について。
肺のCT検査をしました。
肺は何も異常なく、心臓の大きさも正常で、冠動脈も異常な所見はないといわれました。
でも、腹部大動脈に石灰化した小さいプラークのようなものはありましたが、年相応で、皆さんもあるから全然心配いらないといわれました。
もっと大きくなると、動脈硬化や動脈瘤に発展するので、食生活で、余りコレステロールの多いものは避けていけばよいといわれました。
血栓ができているわけでなく、石灰化なので、剥がれることもないといわれました。
44さいですが、血管にこのような、ものができてくるのは、老化現象なのでしょうか?大概のかたにみうけられます。
と言われましたが心配です。
ただ冠動脈に何らかの所見があれば、もう少し経過をみるけど、今回は、その様なものはないから安心していいのですかね。
やはり、老化現象はふせげないのですかね。
普段から食事や運動に気をつけていたのに、ショックです。
そんなものですか?補足今のところ生活習慣病もなく、タバコもすいません。
血圧は115/65位、総CL180.LDL85HDL80.中性脂肪40位、BMI22.5です。
運動も一週間に3日ほど、毎回10キロ程はしってます。
なのにこうした、現象は、仕方が無いことで人間は年には勝てないのでしょうかね。
いっかいなったらもとに戻らないのですよね。
小さい石灰化したものがあることが気持ち的に不安になります。
老化現象か、と

老化現象の一つでもあるのですが、大動脈の石灰化の強い人は・・・生活習慣病と関係もおおいにあります。
年齢だけではありませんよ・・・糖尿病、高血圧、腎臓が悪い方、脂質異常症、高リン血症、副甲状腺機能亢進などある人はとても多く大動脈に石灰化を起こします。
通常の人でも喫煙する方は大動脈に石灰化を起こす傾向が強い事もわかっています。
老化も心がけで遅らす事はいくらでも出来ます。
良い生活習慣や良い薬(疾患がある場合しっかり医師の処方を守る)も出ています。
補足見て小さい石灰化は40半ばになれば誰にでもあり得ます。
そんなに気持ち的に不安になる事もないと思います。
このまましっかりと規則正しい生活をして行けば日本人の平均寿命の年齢より長生きできると思いますよ・・・継続は力なりです。
定期的な健診も受けてください!写真腹部大動脈の強い石灰化(糖尿病患者)

44歳で多少の石灰化や壁在血栓があっても、まあ正常範囲内と言っていいのかなと思います。画像を見たわけではないですが。
普段の生活に気をつけても出てきてしまうものなので、不摂生をしたら、心筋梗塞や動脈瘤が高くなります。今まで通り、食事や運動に気をつけて下さい。>

健康診断にて血清カルシウムが11.3mgあり副甲状腺の異常の疑いありで、再検査にな…

健康診断にて血清カルシウムが11.3mgあり副甲状腺の異常の疑いありで、再検査になりました。
4日後に専門医に見てもらったところ副甲状腺機能亢進症の診断が出ました。
その際に血液検査にてカルシウムの数値が11.8mgと4日間だけで数値が高くなるものでしょうか。
そのクリニックでは手術が出来ない為紹介状を書いて頂き大学病院での受診の予約を取ったのですが、次の診察まで期間があるので不安になってしまっています。
紹介状を書いて頂いたクリニックではあまり気にしなくていいと言われましたが数値の上がり方が気になってしまいます。
大学病院も予約の日まで診察はできませんと言われました。
情けないですがアドバイス頂けますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

血清カルシウムが11.3mgから11.8mgは1日でもでる範疇の差です。
副甲状腺機能亢進症は急激に悪化する事は少ないのです。
血清カルシウムが15mg以上になるいけませんが、現在は無症状ではないでしょうか。
何か症状が出ておかしくなったりする事は考えにくいのでその点については大丈夫です。
大学病院で超音波検査、CT、シンチグラフィなどの画像検査により確認します。
腫大が軽度の場合には見つからないこともあります。
そのほか、、骨量検査、腎臓(腹部)の超音波検査、X線検査、腎機能検査、尿中カルシウム排泄の測定などによる合併症の評価が必要になります。
数値は気にしなくて大丈夫です。
3月受診でしたら、所属の健康保険組合に高額医療の限度額適応認定証を作ってもらってください。
大学病院に初診時に提出しておけば3月分の医療費が一定額を越えた場合については請求されません。
入院、通院について有効です。
よろしくお願い致します。
お大事に<m(__)m>

甲状腺機能亢進症について

甲状腺機能亢進症について現在 内科にてメディカゾールを一日1錠飲んでいます。
最初の数値から今は正常になったと医者は言い低下症に気をつけなければと言っています。
まだ薬は飲み続けるものなのでしょうか?甲状腺専門病院に変えるべきか悩んでいます経験者の方 医療関係の方 よろしくお願いいたします

経験上申し上げます。
私は、最初町医者で甲状腺機能亢進症と診断され、メルカゾールで治療を開始したのですが、薬が合わず副作用で蕁麻疹が出てしまいました。
メルカゾール以外の薬の処方ができなかったので、専門病院に行って新しい薬を処方してもらったのですが、詳しく検査したところバセドゥ氏病であることが判明し、専門病院にそのまま2年ほど通院しました。
最後は、甲状腺ホルモンが数値が一定になったらあっさり薬はいいです。
と言われ、それ以来2年飲んでいません。
母は、橋本病で町の病院に通っていますが、問題ないようです。
私は、薬がないが原因で病院を変えましたが、詳しい状況がわからず申し訳ありませんが、心配なようでしたら専門病院に一度かかってみるのもいいかもしれませんね。

私もバゼドウ病で治療を始めて1年程になりました。私も質問者さんと同じで内科で診てもらってます。私の場合、治療を初めてすぐ先生から甲状腺専門の病院もあるけどどうする?って言われました。専門病院に行くと治療方法が違うのか聞いてみた所、専門病院でも内科でも治療はまず薬物療法からなので治療方法はあまり変わらないと言われたので私はそのまま内科を受診してます。この病気は数値が正常に戻っても再発しないようにメルカゾールは2、3年服用する必要があるそうです。薬物療法の他にも甲状腺の一部を切り取る手術もあります。手術を受ける場合もまずはメルカゾールを服用して甲状腺機能を正常化する必要があるそうです。後、アイソトープ療法といって放射線ヨードというものを服用する方法もあるそうです。質問者さんは男性か女性かわかりませんが私の場合女性でまだ歳も若いのでこの治療は向かないみたいです。手術の場合も薬物療法だけで治りにくい人や薬の副作用がひどいの場合、妊娠した場合などにするそうです。なので、バゼドウ病を治すにはメルカゾールの服用が第一みたいです。私の場合、先生に2、3年経っても治らない場合は手術するからって言われてます。>飲むメルカゾールの量は減ってきていますか?
普通、治療により抗体(TRAb)が治まってきていれば、薬を少しずつ減らして様子を見るはずです。メルカゾール半錠/日で半年間抗体が陰性であれば、治っている可能性が高いとされます(バセドウ病治療のガイドラインより)。先生にご相談されてみてはいかがでしょう。>

骨粗鬆症の注射のフォルティオなどは、最長で2年間しか打てないと思いますが、2年…

骨粗鬆症の注射のフォルティオなどは、最長で2年間しか打てないと思いますが、2年間は骨密度が多少改善が期待できるかもしれませんが、2年後に注射を急にやめた際、注射を打ったことによる反動で、逆に注射を始める前より一気に骨密度が低下するということはありませんか?ご存知の方、または経験者の方いらしたら宜しくお願いします。

【この薬を使う前に、確認すべきことは?】 ○次の人は、この薬を使用することはできません。
・ 高カルシウム血症の人 ・ 次に掲げる骨肉腫の発生リスクが高いと考えられる人 ・骨ページェット病の人・原因不明のアルカリフォスファターゼ値の高い人 ・小児等および若年者で骨端線が閉じていない人 ・過去に骨への影響が考えられる放射線治療を受けたことがある人 ・ 悪性骨腫瘍もしくは転移性骨腫瘍の人 ・ 骨粗鬆症以外の代謝性骨疾患(副甲状腺機能亢進症など)の人 ・ 妊婦または妊娠している可能性のある人および授乳中の人 ・ 過去にフォルテオ皮下注キット600μgに含まれる成分またはテリパラチド酢 酸塩で過敏な反応を経験したことがある人 ○次の人は、慎重に使う必要があります。
使い始める前に医師または薬剤師に告げ てください。
・ 腎臓に障害のある人 ・ 重度の肝障害のある人 ・ 尿路結石のある人または過去に尿路結石があった人 ○この薬には併用を注意すべき薬があります。
他の薬を使用している場合や、新た に使用する場合は、必ず医師または薬剤師に相談してください。
○他のテリパラチド製剤を使用している人または過去に使用したことがある人は、 医師に相談してください。
【この薬についてのお問い合わせ先は?】 ・ 症状、使用方法、副作用などのより詳しい質問がある場合は、主治医や薬剤 師にお尋ねください。
・ 一般的な事項に関する質問は下記へお問い合わせください。
製造販売会社:日本イーライリリー株式会社(http://www.lilly.co.jp) 日本イーライリリー医薬情報問合せ窓口 Lilly Answers(リリーアンサーズ) 電話:0120-245-970(一般の方、患者様向け)受付時間:8時45分~17時30分 (土、日、祝日、その他当社の休業日を除く) ★直接、お電話でお聞きになる事をお奨めします。

フリーダイヤルかけてみます。大変助かりました。有難うございました。>

偽痛風と膠原病について。

偽痛風と膠原病について。先日、両足首が痛くて歩けなくなり整形外科で血液検査をしたら偽痛風といわれました。1週間後には免疫の数値が下がってて膠原病の疑いもある。といわれました。私にはよくわかりませんがどうしてこのような診断になるのか教えて下さい。宜しくお願いします。

痛風は尿酸が関節内で結晶化して発症しますが、偽痛風は、関節内にピロリン酸カルシウムの結晶が沈殿して起こる関節炎です。
とくに膝関節に多く発症し、時に多関節に及ぶこともあります。
60歳以降に多く認められ、男女差はありません。
病理についての、加齢と関係が深いといわれています。
また、遺伝、変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)、関節リウマチ、副甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症等が原因と考えられています。
関節の腫れや痛みですが、まれに発熱、体重減少などの全身症状を伴うこともあります。
また偽痛風にはいくつかの病型があります。
A型:偽痛風発作型:急性、亜急性の関節炎を繰り返します。
好発部位は70%以上が膝関節ですが時に手、肘、足関節にも出ます。
B型:偽性関節リウマチ型:比較的慢性に経過し、多関節に及ぶ炎症所見の強い型です。
朝のこわばり、赤沈値が亢進し、CRPが陽性のことがあり、関節リウマチと誤ることがあります。
C型:偽性変形性関節炎型:急性炎症を示すタイプで、やはり圧倒的に膝関節に多くみられます。
D型:偽性変形性関節炎型:C型に急性炎症を伴わないタイプです。
E型:無症状:偽痛風の50%を占め、関節炎を伴いませんが、X線上で関節のすきまに石灰化が認められるタイプです。
F型:偽性神経障害性関節症型:著しい機能障害があるタイプです。
高度の関節破壊が生じることがあります。
診断と検査については、関節液を採取して、偏光顕微鏡でピロリン酸カルシウムの結晶を証明します。
また、血液検査で痛風との区別が必要です。
一般的には、X線写真で関節に線状、点状の石灰化像が認められます。
治療方法は、保存的治療として対症療法が基本になります。
急性期には、非ステロイド性抗炎症薬の経口投与が行われます。
症状が強い時には関節液を抜き、副腎皮質ステロイド薬やヒアルロン酸を関節内に注入します。
まれに激しい痛みや発熱などの全身症状が現れた場合には、副腎皮質ステロイド薬を内服します。
また、慢性化した場合でも同じように、非ステロイド性抗炎症薬の内服や関節内への注射が行われます。
変形性関節症を合併していることが多い為、体重を落とし筋力を強化することに努めます。
手術的治療としては、結晶塊を摘出するために内視鏡で関節内を洗浄したり、変形が進んだ膝関節に対しては人工膝関節置換術などを検討することもあります。
医師にとっても難解な疾病なので同様に病理概念が複雑な膠原病を疑い、お茶を濁すというのは、理解できます。
医大付属病院や中央検査室のある規模の総合病院の整形外科の受診をお勧め致します。
膠原病については、概念的には下記の3要素から成立する疾病です。
・リュウマチ性疾患(関節や筋肉に痛みやこわばりを来す病気)・自己免疫疾患(免疫に異常がみられる病気)・結合組織疾患(細胞間の結合組織に異常を来す病気)発病の原因は不明ですがしかし、いくつかの要因が重なり合って発病すると考えられています。
列挙するなら。
<体質と素因>遺伝性の病気ではありませんが、罹患しやすい体質と素因があります。
とはいえ必ず膠原病が発病するわけではありません。
<環境因子>感染症・薬物・紫外線照射(日光)・美容形成(シリコンなどの異物注入)・妊娠・出産・外傷・外科的手術・ストレス・寒冷・等ような物が考えられており、これらの因子は、発病された方の症状を悪化させる原因にもなります。
<免疫異常>膠原病の多くは、妊娠のできる年齢層の女性に発病しやすい特徴があります。
ここから、発病の原因の一つに女性ホルモンが関係していて、免疫の異常を高めるように働いているのではないかと考えられています。
症状としては以下の症状が一つでなく複数で現れたときに膠原病が疑われます。
抗生物質が効かない原因不明の発熱がある<全身症状>微熱が続く、体重が減少する、疲れやすい、気力がなく、こわばる。
<関節や筋肉>痛む、腫れる、力が入らない、赤い斑点が現れる、硬くなる、黒ずむ、しこりがある。
<皮膚>赤い斑点が現れる、硬くなる、黒ずむ、しこりがある。
<レイノー現象>手指の色が白色や紫色に変色する。
<その他>首や脇の下のリンパ腺が腫れる、顔や下肢がむくむ、口が渇く、目がゴロゴロする。

バセドー病になるには、どうすればいいんでしょうか?

バセドー病になるには、どうすればいいんでしょうか?不謹慎な質問に聞こえるかもしれませんが、バセドー病になれば(甲状腺の機能を亢進させれば)、エネルギーが大量消費されるとのこと。
世の中にはダイエットに苦労している人が大勢いるというのに、なぜ、これを利用しないんでしょうか?例えば、逆の症状(機能低下症)の人に機能を亢進させる薬というのがあるとは思うのですが…。
補足大変無神経な質問をしてしまい、申し訳なく思ってます。
私が問いたかったことは「病気になりたい」ということでなく、世の中には命の危険に晒されている肥満の人なんかもいるのに、ダイエットの薬は無い。
ならば、甲状腺の機能を利用した薬や肥満治療はないものか と単純に思ってしまいました。

バセドー病は甲状腺自己抗体によって甲状腺が瀰漫(びまん)性に腫大する病気で、自己免疫疾患です。
難病に指定されている一つで、実際に意識的に発病しようとしてもムリです。
他の方の回答どおり、様々な肉体的、精神的な症状があり、この病気になったら、肥満だとか、ダイエットとかのんきな事を言ってる場合ではなくなります。
病気については、専門家で無い以上、正しく理解してくださいといっても出来ない事は分かりますが、ある程度の一般的知識を持っていただければ、実際にバセドー病に苦しんでおられる人の気持ちを逆なでするような質問は出来ないと思いますよ。
補足について肥満で苦しんでいる人の多さもよく分かります。
しかし、ダイエットの薬として食欲を抑制するような薬も、脳中枢やホルモンに働きかけるため、精神的にストレスを感じたり、意欲や集中力が低くなるという副作用も多いといわれています。
それと同じように、甲状腺の機能を人工的に操れば、先の人が回答しておられるような症状が出て、ダイエットの改善よりも副作用の方が強くなってしまうという事で、バセドーウ病などはダイエットには向いていないと言う事がいえます。

私がもし無神経な質問をしてしまったと感じたら、即質問を削除するか、即BAを決めて、自分の配慮の足り無さを謝罪します。
質問者さんはどうして未だに回答受付中になさっているのですか?

確信犯的な悪意が感じられ、バセドウ病に苦しんでいる者として非常に不愉快です。>痩せます。
しかし、胸が苦しくなる、常に心拍がドキドキしてる、頭がクラクラする、すぐに疲れて動けない、ホルモンバランスがくずれイライラする、音が聞き取りにくくなる、薬代が高い、死ぬ可能性がある
これを踏まえた上でもう一度痩せたいと思うのならばまた質問してください>

甲状腺機能亢進症と低下症(橋本病)を同時に発症する事などあるのでしょうか?

甲状腺機能亢進症と低下症(橋本病)を同時に発症する事などあるのでしょうか?私の友人が亢進症の疑いで検査をしたところ、甲状腺機能亢進症と低下症(橋本病)を両方持っているとお医者様に言われたそうです。
私は亢進症と橋本病は正反対の病気だと思っていたので、両方持っていると言うところが信じられないのですがそんなことなどあり得るのでしょうか?とりあえず治療としては「メルカゾール」を飲んで駄目な場合は手術になるそうです。
友人が「メルカゾール」を飲むと眼球の突出や白血球の減少、肝機能の低下があると言う説明を受けたらしくとても落ち込んでおります。
「メルカゾール」を飲む事による副作用はどの程度現れるのですか?友人がとんでもない病気になってしまったと落ち込んでいるので出来れば安心させてあげたいのですが・・・詳しい方教えて頂けないでしょうか?よろしくお願いします。

甲状腺ホルモンの治療過程で、薬の増減により低下症と亢進症を行ったり来たりする場合があります。
が、稀に、亢進と低下を同時に発症する人もいるみたいですよ。
そのような場合はまずは亢進症の治療からする、という話を聞いたことがあります。
担当医は甲状腺の専門医ですか?そうであればまずは担当医の言うとおり、抗甲状腺剤(メルカゾールやプロパジール)の服用で様子をみてみましょう。
抗甲状腺剤の服用で、これも稀に白血球の減少や肝機能の低下などありますが、そういうことを早く発見するために最初は採血を2週間ごとにします。
高熱が出たり喉が痛んだり、吐き気や食欲不振などの症状がでたらすぐに担当医に連絡してくださいね。
きちんとメルカゾールの副作用の話をしてくれた担当医は親切な方ですよ。
中には副作用の話をしない医師もいますので。
特に一般内科での診断治療ではそのように不親切な医師が多いみたいですから。
飲み初めから2~3ヶ月はその副作用に気をつけて様子をみてください。
ほんとに稀な副作用なので、あまり気にし過ぎも体によくないかもです^^;抗甲状腺剤が全く効かず、体調も良くならない場合は手術などの選択をしますが、まずは処方された薬を飲んでなるべく安静にしているよう心がけてくださいね。
あまりにも今の担当医が信用できない場合は、別の甲状腺科にかかることも大切です。
焦らずに治療なさってください、とお伝えください。

娘も橋本病と自律神経未発達で両方の症状がでています。

甲状腺専門病院でセカンドオピニオンされた方がよいかと思います。
甲状腺専門の先生がいうには、両方の症状がでて両方の病気になることはありえないそうです。
伊藤病院や隈病院が有名ですが・・・>詳しくはないですが、経験者(患者)です。

私も、両方の数値や症状が交互に出た時期があり、やはりメルカゾールで、どちらかというと低下症の状態でコントロールしていました。

たまたま別の疾患で別の入院し、そこの内分泌代謝科で診てもらったところ「有り得ない」と一蹴。メルカゾールは中止し、ホルモン検査のために一泊入院したところ…時間による変化が起きやすい体質で、自律神経失調症の一つだということで、精神科を紹介されました。

自律神経が安定し、採血時刻を一定にしたところ、軽度の低下症で治療の必要なし、とのことで3年ほど経過観察しております。

あくまでも私の場合ですが、有り得ないと言われたのはショックだったので、セカンドオピニオンを求めるのが必要だと思いますよ。参考になれば幸いです。>

人工透析歴6年目です。
最近血管の石灰化により人工血管への切り替えを検討してお…

人工透析歴6年目です。
最近血管の石灰化により人工血管への切り替えを検討しております。
今、副甲状腺の値が250前後とのことで透析後オキサロールを20投入しております。
そもそも石灰化はオキサロールの副作用でしょうか?オキサロールの代わりの薬はないのでしょうか?

人工透析クリニック勤務の看護師です。
血管の石灰化の原因は、主にカルシウムとリンの値が高い状態が続くことだと思われます。
質問者様も、医師や看護師から採血結果が返ってくるたびに口を酸っぱくして言われていることと思いますが、カルシウムとリンのコントロールは透析を行っていく上で最も大事な要素の一つです。
リンの値が高い状態が続くと、副甲状腺の機能が亢進します。
質問者様はそのような状態であり、これを是正するために、オキサロールを使用しているわけですね。
甲状腺機能亢進症は、異所性石灰化を悪化させる要因の一つとなります。
ですから、オキサロールは石灰化の原因ではなく、逆に石灰化を悪化させないように投与されているわけです。
質問者様がオキサロールの副作用が石灰化の原因ではないかと疑われていらっしゃるようですが、普通に考えると逆のことが言えると思います。
オキサロールのかわりになる薬はいろいろあります。
ですが、副甲状腺の数値を見ながら、医師が既に複数の内服薬を処方しているのではないでしょうか? 通常、医師は様々な薬を試し、その患者様に適した薬を選択するよう努めているはずですから、オキサロールだけにこだわって処方しているということはないはずです。
逆に言えば、質問者様にとって、オキサロールが一番効果が望めるから、使用されているのではないでしょうか?結論を申しますと、人工透析を受けている以上、血管の石灰化のリスクはあります。
人工透析はシャント閉塞との戦いといっても過言でないくらい、これは重要なことです。
既に、質問者様はカルシウムやリンの値について栄養指導などを通して、食事に気をつけていらっしゃることと思います。
それなのに、こういうことを言っては酷になるかもしれませんが、改めてご自分の食生活を見直してみるよい機会かもしれません。
リンを低値に安定させるにはどのような食事がいいのか。
食生活を見直し、薬の内服は確実にする。
これが、質問者様にできる最良のことのように思います。
質問者様の状態が好転することをお祈りしております。
追記ほかの回答者様が答えてらっしゃいますが、透析不足も血管の石灰化の原因になります。
透析不足でリンが十分に除去できていないことによります。
その点につきましては医師からコメントがあるかもしれません。
透析膜の変更、透析時間の延長、血流量の増加、などなど。
医師はこれらのことについて常に念頭に置いて、患者様にとって最良の治療を選択できるようにしているはずです。
医師を信頼していただき、よくその話を聞き、十分にご納得された上で、今後も治療を継続していただければと思います。

透析患者です。オキサロールはどれ位の期間投与されているのでしょうか?通常オキサロールは短期間(私が使用したのは2週間程度)に集中して使用する物なので、オキサロールを使ったから石灰化が生じたとは考えられないと思います。質問者さんの透析条件やドライウエイト、その他の細かい検査数値などが書かれていないので何とも言えませんが、恐らくは透析不足が石灰化の原因ではないかと考えます。ちなみに、私もPTHの値が高めなので、定期処方でレグパラの服用と、ロカルトロールを回収時に毎回静注しています。>

甲状腺ホルモン機能亢進症について。

甲状腺ホルモン機能亢進症について。
初めて相談させて頂きます。
私は、以前から逆流性食道炎に悩まされており、一か月ほど前に病院へいきました。
医師から勧められた漢方(何の種類かは何故か教えてくれません)を処方され、飲んでいました。
逆流性はその漢方のおかげで、今ではすっかり良くなりました。
ですが、どうも飲み始めてから体重が減り、疲れやすくなっていき、家族にもやつれたといわれてしまう始末。
私は心臓病の持病も持っており、先日丁度受診日だったのでかかりつけの医師に相談してみたところ、心臓の薬の副作用で甲状腺ホルモン機能亢進症になっているといわれました。
心臓を悪くして2年、ずっと飲み続けていたので私自身は、心臓の薬ではなくその漢方が原因なのではないかと思っているのですが、漢方で甲状腺ホルモン機能亢進症を引き起こすような成分のものはあるでしょうか?詳しい方がいらっしゃいましたら、教えて頂けないでしょうか?よろしくお願い致します。
補足あ、すみません甲状腺機能亢進症です。
失礼しました。

「甲状腺ホルモン機能亢進症」というのは初耳。
たぶん甲状腺機能亢進症でしょう。
で、発症の要素はいろいろあって、おそらく完全には特定できない。
甲状腺機能亢進症は、よくストレスで発症します。
ストレスといっても、結婚とか新築引っ越しなど、嬉しいライフイベントも引き金になることがあります。
もちろん、薬剤も肉体的ストレスになります。

甲状腺機能障害、パニック障害について

甲状腺機能障害、パニック障害について詳しいことはよく分からないのでご存知の方からお話をお聞きしたいです。
よろしくお願いします。
去年11月からパニック障害の診断を受け心療内科に通院している女性20歳です。
元々あがり症を治したくて心療内科を受信しました 。
高校から現在まで症状は悪化の一方で、今では外に出るのも怖いです。
とにかくパニック障害を早く治して、元通りの生活にしたいです。
現在も1週間に1回心療内科を受診しており、去年の年末に血液検査の結果をいただきました。
その際甲状腺の数値が異常なので市民病院の内分泌科を受診するように言われました。
今週中には受診する予定で、詳しいことがわかればそれから治療を始めるつもりです。
自分なりに色々調べたのですが、もしかしたらパニック障害も甲状腺が関係しているのかと思いました。
3日前から甲状腺の腫れも感じるようになり、不安でたまりません。
現在私は大学3年なので就職活動の勉強もやる気が起きず周りとの差も開き、余計に焦っています。
ちなみに血液検査の結果は下記です。
TSH 0.0008未満 低値F-T3 20.0以上 高値F-T4 11.84 高値甲状腺の病気について、パニック障害についてご存知の方がいらっしゃいました、是非教えていただきたいです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

数値から察するに、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されている「甲状腺機能亢進症」「バセドウ病」だと思われます。
亢進症の場合は、新陳代謝が活発になりすぎるので、疲れやすさや精神的不安定な症状がでます。
長年、うつ病やパニック障害と診断されていたのが、実はバセドウ病だったという例は意外と多いみたいですよ。
私もバセドウ発症時はパニック障害になりました。
症状は人によって違います。
数値が大幅に異常でもそこそこ元気な人もいれば、それほど異常ではなくても酷い症状の人もいます。
TSHは、甲状腺ホルモンが出過ぎると低くなり、少なすぎると高くなります。
質問者様の場合は、FT3・FT4というホルモンが出すぎているので、TSHが「ホルモンが出過ぎてるよ」と警告してるのでかなり数値が低い状態です。
甲状腺ホルモンの分泌を抑える薬の服用で改善していけば、2ヶ月ほどすれば体調は落ち着くはずです。
しかし、精神的にはもう少し時間がかかるかもしれません。
高かったホルモン値を薬で急激に下げるわけですので、しばらくは不安定な時期がつづくかもしれませんが、それも徐々に改善されるはずですので、焦らないようにしてください。
甲状腺ホルモン疾患の患者は、心療内科を併用してる人も多いです。
パニックやうつで心療内科に通っていても血液検査をしてもらえず、ずっと薬漬けになる場合もある中、きちんと甲状腺の血液検査をしてもらえてラッキーでしたね!抗甲状腺剤を服用する場合は、副作用の話をよく聞いて、しっかり飲んで治療してください。
薬で大きな副作用が出て服用ができない場合は、手術や放射線治療などがあります。
そのあたりの話もよく聞いて、自分で調べたりして結論を出してくださいね。
なにより、治療できる病気なので安心してください。
気持ちをゆったりさせて、焦らず、考え込まず、治療してくださいね。

私もパニック障害でした。
今はほとんど症状がでません。

甲状腺の病気のことはあまりわかりませんが
パニック障害ならヨガで楽になれると思います。
いろいろ試した結果、ヨガで私は楽になりました。
呼吸法が自律神経を整えて心を落ち着けてくれるそうです。
自律神経が整ってきたのか、不安な考えも昔ほどしなくなりました。
たまに疲れて発作のような症状が出ても
すぐにほかのことに気を取られて忘れたりするようになりました。

ただ、薬のようにすぐ効くわけでないので
時間をかけることが必要です。
もし、体を動かすとこが好きでしたらやってみてください。>パニックは完治することはないと思います。これを受け入れることからはじめてみると良いかと。就職や卒業などよりも大切なことです。やることはまず誰かに話すこと、自分の責任にしないこと。物事を冷静に見つめ自分の理想ではなく現実について考える。現実に自分は普通の人間ではなくパニック持ちの人間という地点からスタートさせる。パニックの治療方法は本もたくさんあるし、病院にもいける。今の状態を否定せず、ゆっくり治すことに専念してください。親なんてワガママをたいてい許してくれます。なにも焦る必要なんてありませんよ。
あと私の場合不安が存在していると悪化していたので不安がある場合はその不安に即対処するのが良いと思います。ちなみに私の場合身体の固さを取るヨガや筋トレが意外にパニックに効きました。オススメです。参考になれば幸いです。>

整形外科について質問があります。

整形外科について質問があります。
私の父は透析を始めて30年近くになります。
年齢は70才です。
昨年までは元気で腹筋や軽い柔軟運動などを毎日してましたが、最近足の痛みがあると言いました。
そこで透析をしてる同じ病院の整形外科に行き、レントゲンなどの検査をして貰いました。
結果は何処も悪く無かったのですが外科の先生が『年だし、透析もしてるので骨が溶けてるんでしょう』と、言われました。
それ以来父は落ち込み歩こうとしません。
このままでは寝たきりになってしまいます。
透析を長くしてると骨は溶けるのでしょうか。

続発性副甲状腺機能亢進症と言います。
腎臓の機能が低下すると血中にリンがたまります。
これに反応して副甲状腺という臓器が副甲状腺ホルモンを分泌します。
このホルモンの働きは腎臓からのリンの排泄を促進する効果があるんですが、同時に骨を溶かす作用もあるんですよ。
これに関してはビタミンD摂取するなどしか対策は厳しいです。
ただ、骨は負荷をかけるほど密度を上げようとするので、歩かないというのは完全に逆効果ですよ。

ACTHの機能について

ACTHの機能についてCushing病でACTHの活性が亢進している場合、影響を受けるのは主にコルチゾールで、アルドステロンの活性が亢進することは無いと思います。
ただnon-functionの下垂体腫瘍などでACTHの活性が低下している場合は続発性の副腎機能低下症でアルドステロンの活性も低下します。
Cushing病でアルドステロンの活性が亢進しないのはどういう風に考えればいいんでしょうか?

アルドステロンは下垂体系のACTHよりも、RAA系の支配が優位です。
以下の文章が載ったURLを添付します。
"アルドステロンも副甲状腺刺激ホルモンACTHが全くないとつくられないのです。
ただ、少しだけあれば十分なので、ACTHが分泌量の調節をしているのではない、という意味合いです。
)"http://blogs.yahoo.co.jp/yuyamichidori/10905783.html

漢方の事で質問があります。

漢方の事で質問があります。
授乳中です。
ゾクゾクより鼻のズルズルのがひどいです。
このような時は、葛根湯ではなく、小青竜湯ですか?

レルギー性鼻炎や喘息などに用いる漢方薬です。
作用 【働き】小青竜湯(ショウセイリュウトウ)という方剤です。
発汗作用があり、体の熱や腫れ、あるいは痛みを発散させます。
また、水分バランスを調整する働きもあります。
西洋医学的には、気管支拡張作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用などが認められています。
具体的には、鼻カゼ、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、気管支喘息、花粉症などに用います。
とくに、カゼのひき始めなどでゾクゾク寒気がし、クシャミや水っぽい鼻水がたくさんでて困るときに適します。
体力が中くらいの人に向く処方です。
【組成】漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。
小青竜湯の構成生薬は下記の8種類です。
薬理的に重要な役割をする“麻黄”には、交感神経刺激薬のエフェドリン類が含まれます。
この成分は、西洋医学の気管支拡張薬と同様の作用を示し、咳やゼイゼイする喘鳴をおさえます。
そのほか、おだやかな発汗・発散作用のある“桂皮”、痛みをやわらげる“芍薬”、咳やアレルギー症状をおさえる“半夏”や“五味子”、“細辛”などが含まれます。
これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。
病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。
麻黄(マオウ)桂皮(ケイヒ)芍薬(シャクヤク)半夏(ハンゲ)五味子(ゴミシ)細辛(サイシン)乾姜(カンキョウ)甘草(カンゾウ) 特徴 小青竜湯は、病院でも処方される機会の多い漢方薬です。
鼻カゼのほか、アレルギー性鼻炎や気管支喘息、花粉症などに広く用いられています。
方剤構成から“麻黄剤”に分類されます。
漢方薬理的には、体を温め病気を発散して治す“辛温発表剤”の部類です。
漢時代の「傷寒論」および「金匱要略」という古典書で紹介されている処方です。
適応証(体質)は、表証(急性期)、中間証(体力中くらい)、寒証(冷え)、湿証(水分異常)となります。
注意 【診察で】持病のある人は医師に伝えておきましょう。
市販薬も含め服用中の薬を医師に教えてください。
【注意する人】体がひどく弱っている「著しい虚証」の人、胃腸の調子の悪い人、また、暑がりで発汗の多い人には向きません。
麻黄には、心臓や血管に負担をかける交感神経刺激薬のエフェドリン類が含まれます。
そのため、高血圧や心臓病、脳卒中既往など、循環器系に病気のある人は慎重に用いる必要があります。
注意が必要なケース..虚証・裏証(虚弱、病中・病後の衰弱期)、発汗の多い人、胃腸の病気、循環器系に病気または既往歴のある人(高血圧、心臓病、脳卒中)、腎臓病、排尿障害、甲状腺機能亢進症のある人など。
【飲み合わせ・食べ合わせ】エフェドリンやテオフィリンなど交感神経刺激作用のある薬との併用は慎重におこないます。
また、芍薬甘草湯など甘草を含む他の漢方薬といっしょに飲むときは、「偽アルドステロン症」の副作用に注意が必要です。
飲み合わせに注意..他の麻黄剤、エフェドリン類含有製剤、甲状腺製剤(チラーヂン)、カテコールアミン製剤(アドレナリン、イソプレナリン)、テオフィリン(テオドール)、甘草含有製剤、グリチルリチン(グリチロン等)など。
【使用にあたり】ふつう、漢方薬は食前もしくは食間(空腹時)に飲みます。
顆粒は、お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。
むかつくときは、水で飲んでもかまいません。
もし、食欲がなくなったり、吐き気を催すようでしたら、食後でもよいと思います。
効果のないときは、医師と相談してみてください。
証の再判定が必要かもしれません。
【備考】漢方は中国で生まれた体系医学です。
その起源は遠く2千年以上もさかのぼります。
そして、日本にも古くから伝わり、独自の発展をとげました。
漢方の特徴は、体全体をみるということです。
体全体の調子を整え、病気を治していくのです。
ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。
このときの体の状態や体質をあらわすのが「証(しょう)」という概念です。
このような考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。
漢方のよさは、薬そのものよりも、証にもとづき「人をみる」という、その考え方にあるといっても過言でないでしょう。
病院では、服用が簡単な「エキス剤」が広く使われています。
これは、煎じ薬を濃縮乾燥させたもので、そのままお湯に溶かすだけで飲めます(一部の専門外来では、生薬のまま調合することも)。
現在、小青竜湯をはじめ約150種類の方剤が保険適応となっています。
効能 【ツムラ・他】次の疾患における水様の痰、水様鼻汁、鼻閉、くしゃみ、喘鳴、咳嗽、流涙//気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、感冒気管支炎【コタロー】次の疾患における水様の痰、水様鼻汁、鼻閉、くしゃみ、喘鳴、咳嗽、流涙//気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、感冒発熱症状後、尿量減少し、胸内苦悶、胃部に水分停滞感があり、喘鳴を伴う喀痰の多い咳嗽があるもの、あるいは鼻汁の多い鼻炎や、流涙の多い眼病の如く、分泌液過多のもの//気管支炎【三和】次の疾患における水様の痰、水様鼻汁、鼻閉、くしゃみ、喘鳴、咳嗽、流涙//気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、感冒咳とともに稀薄の喀痰がでて、呼吸困難、喘鳴あるいは水鼻などを伴うものの次の諸症//気管支炎 用法 通常、成人1日9.0gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。
なお、年齢、体重、症状により適宜増減する(ツムラ)。
※用法用量は症状により異なります。
医師の指示を必ずお守りください。
副作用 漢方薬にも少しは副作用があります。
人によっては、胃の不快感や食欲不振、吐き気などを催します。
また、動悸や不眠、発汗過多などもまれにみられます。
つらいときは、早めに受診してください。
重い副作用はまずありませんが、配合生薬の甘草の大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。
「偽アルドステロン症」と呼ばれる症状です。
複数の方剤の長期併用時など、念のため注意が必要です。
そのほか、間質性肺炎と肝障害が報告されています。
万一のことですが、咳や息切れ、呼吸困難、発熱、ひどい倦怠感、皮膚や白目が黄色くなる、といった症状に注意し、そのような場合はすぐ医
師に連絡してください。
【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください偽アルドステロン症..だるい、血圧上昇、むくみ、体重増加、手足のしびれ・痛み、筋肉のぴくつき・ふるえ、力が入らない、低カリウム血症。
間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。
肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。
【その他】胃の不快感、食欲不振、吐き気、吐く、腹痛、下痢動悸、不眠、発汗過多、尿が出にくい、イライラ感発疹、発赤、かゆみ

授乳期ならば自己判断で飲むよりも病院に行きましょう。

授乳期でも飲める薬もあるし、漢方も希望すれば処方してもらえますよ。>

甲状腺機能亢進症の治療について質問です。

甲状腺機能亢進症の治療について質問です。
先日から内服開始になった親戚がいるのですが、副作用で白血球が下がってしまったため、もう一種類薬に変更になりましたが、それも手足が痺れたため中止。
あと放射線ヨードと手術になりますがどちらが後々安心な治療ですか?男性ですがこれから子供もほしいようです。
教えて下さい。

はれが大きかったり、放射性ヨードに(大量に使います)敏感な人もいるため、アメリカでは、非常に注意して使います。
甲状線外科医では、慎重さを規して手術を選ぶ事もあります。
専門医だと、その日に帰すことも、あります。
後々、心配がなくなるのは、手術のほうでしょうね。
かならず、大学病院などの、甲状線専門外科医に診てもらって、ください。

甲状腺を専門としている医師です。

甲状腺機能亢進症の治療は薬が基本ですが、親族の方のように副作用で使えない場合は手術か放射性ヨードをもちいるアイソトープ治療を選びます。

アメリカではアイソトープ治療が主流です。アイソトープのカプセルを1つか2つ飲むだけで良いから簡単です。5億ベクレルもの放射性ヨードを飲みます。
今原発で問題になっているヨード131と同じ成分をものすごく多量に飲むのです。いままで数十年の歴史がある治療法ですが、癌はできないとされています。外来で行う場合、入院して行う場合があります。

アメリカでは年齢に関係なく妊娠希望の女性にも行われる傾向にありましたが、チェルノブイリ以降あまり若い患者さんには行わなくなってきたようです。日本では若い方には手術が選択される場合が多いです。日本の外科医が手術がうまいと言うのがその要因です。あとは核物質に対するアレルギーがあるのも事実です(体質ではなく、なんか危険なものだと思うアレルギーです。)

手術は是非慣れた経験のある甲状腺外科医がすべきです。それだけは確認して下さい。>

30代、女性です。
3年前に、原発性副甲状腺機能亢進症の手術をしました。
カルシ…

30代、女性です。
3年前に、原発性副甲状腺機能亢進症の手術をしました。
カルシウムとPTHの数値は正常値になりましたが、リンの数値が1.8前後と低いままです。
執刀医は、副甲状腺の権威と言われた方ですが、原因がはっきりわからず通院の度に頭を抱えてらっしゃいます。
尿中のリンの数値も、正常です。
他に、血液検査の数値が悪いところはありません。
リンの数値が低い原因と、そのまま様子をみていいものか教えてください。

アルブミンの値に注目してください。
アルブミンが4 g/dl未満なら,見かけ上のカルシウムが正常でも,本当は高いのです。
補正式は,血清補正Ca濃度(mg/dl)=血清総Ca濃度(mg/dl) + [4- 血清アルブミン濃度(g/dl)]です。
例えば,血清アルブミン濃度が3.5g/dlなら,本当のカルシウム濃度は0.5mg/dlだけ高いのです。
そうすると,リンの数値が1.8前後と低いままである原因となります。
副甲状腺は1個か2個,残してあるでしょうから,この可能性があります。
違法銀行スルガと闘う被害者の会VAIBSの回答でした。

副甲状腺が有る事を知りました。
副甲状腺機能亢進症はあるのでしょうか?非常に稀…

副甲状腺が有る事を知りました。
副甲状腺機能亢進症はあるのでしょうか?非常に稀な様に思えますが、回答お願い致します。

副甲状腺機能亢進症は非常に稀ながらあります。
副甲状腺機能亢進症とは、血液中のカルシウムが正常またはそれ以上あるのに、副甲状腺ホルモンが必要以上につくられる病気です。
そのために、骨の中のカルシウムが減少して骨そしょう症(骨がやせてもろくなり骨折しやすくなる病気)になったり、腎結石(腎臓や尿管に結石が生じる病気)、消化性潰瘍(胃・十二指腸などにできる)、膵炎などを引き起こすことがあります。

約5~6年前、小学5、6年生の頃から両足の膝下からふくらはぎ全体にかけて、両腕の…

約5~6年前、小学5、6年生の頃から両足の膝下からふくらはぎ全体にかけて、両腕の肘あたりから手首にかけてのじわじわする痛みに悩まされています。
ひどい時には立っていられなくなるほどふくらはぎが痛むことや、夜中に痛くて目を覚ますことがあります。
痛みは月に数回、二、三十分で治まります。
体が冷えた時に痛むのか?と思った時がありましたが、冷えた時にしかならないというわけでもないです。
痛むようになってきた頃に、甲状腺機能亢進症にかかり入院していました。
主治医の先生に痛みのことを伝え、血液検査などしてもらった事もありましたが、特に異常はなく、原因は未だにわかりません。
インターネット等で調べてみても、難しい言葉ばかりでよく分かりません><最近になって、胃がキリキリ痛んだり、手足の先の冷えが酷かったり、月経痛が酷かったり、します。
これは何かの病気なのでしょうか、、、?原因がわかれば、治療などできるかと思いますが、原因が分からないのでどうしたらいいのかわからなく困ってます。
もしかしたらこれが原因なんじゃない?など、心当たりのある方がいらっしゃいましたら回答よろしくお願いします。

抗甲状腺薬の副作用として、ANCA血管炎という細い血管に炎症が起こることがありますが、その症状に似てますね。
もちろん、主治医は知っていると思いますので、ANCA血管炎は大丈夫かと一度聞いてみてはどうでしょうか?

先月の検診結果が送られてきましたが、

先月の検診結果が送られてきましたが、洞頻脈 要精密検査と記載してありました。
洞頻脈とは、どんな意味でしょうか?

「洞頻脈」とは、心臓の興奮中枢の洞結節の刺激の頻度が高い事を洞頻脈と言います。
通常は、100/分以上の洞調律をさします。
洞結節の興奮は自律神経によって制御される事が大きく、気管支拡張薬のように交感神経活動を亢進させる薬剤やアトロピン(硫酸アトロピン:消化性潰瘍治療薬)のように副交感神経活動を遮断する薬剤は洞頻脈を起こしやすいです。
身体活動や情動も自立神経を介して洞頻脈を招きます。
その他、発熱・心不全・肺塞栓症・体液量減少・貧血・甲状腺機能亢進症などの原因もあります。
洞頻脈の多くは洞結節自体に病変があるわけではなく心臓以外の因子が関わる事が多いです。
原則、原因疾患の追及を優先しなければなりません。
β遮断薬による治療が意味を持つ洞頻脈もありますが、頻度は低いです。
(臨床研修医)

補足致します。

洞結節(洞房結節)とは、右心房の大静脈開口部にある小さな心筋細胞の塊です。自動的に一定の興奮を生じて心臓の拍動リズムを決定します。
洞結節からの電気的信号が通常とは違うため、ECG(心電図)の場合も変化が当然現れます。
>

本日4W4Dで胎嚢確認できた2人目マタです。

本日4W4Dで胎嚢確認できた2人目マタです。
そして前回行っていた血液検査で結果も一緒に伝えられ甲状腺機能亢進症だと言われました。
チウラジールという薬を1日3回の処方を受けました。
妊娠の初期に薬を服用することにとても抵抗があります。


でも産婦人科の先生が処方してくれたお薬なので赤ちゃんには影響ないのかな。


と悶々としています。
同じような状況で、元気な赤ちゃんを出産できた方のお話を是非お聞かせ下さい。
赤ちゃんを授かってとっても嬉しい気分からどん底に落ちた気分です。


よろしくお願いします。

医療従事者(育休中)です。
経験者ではないですが、チウラジールは赤ちゃんには影響ありませんよ。
チウラジール飲みつつ無事に出産したお母さんは何人もいます。
ただ、お母さんへの副作用については聞きましたか?全員に起きるわけではありませんが心配なものとして1%以下の確率で、顆粒球減少症(細菌などへの抵抗力が下がります)、肝機能障害が起きます。
なのでまめに採血で調べた方がいいです。
あと、産婦人科の先生が処方したということは、甲状腺機能亢進症は治療しなくてはいけない状態だと思いますが(流産や妊娠高血圧症候群のリスクになります)、バセドウ病とか無痛性甲状腺炎とか言われましたか?甲状腺機能亢進症の原因はいろんな病気があり、病気によって今後の対応が変わります。
そのあたりはっきりしないなら、内分泌内科へ紹介してもらった方がいいですよ。

sui_swim_1218さん

ご回答ありがとうございます。
昨日から恐る恐る服用を開始しましたが
安心することができました。

甲状腺機能亢進症が流産や妊娠高血圧症候群のリスクになるとは
初めて聞きました。
そして母体側の副作用も(^^;
まだ飲んで2日目ですが体は何の変りもないので
私には大丈夫なのかな。。。と思っています。
むしろ甲状腺ホルモンがうまい具合コントロールされているのか
元気になりました!
甲状腺機能亢進症の詳しい病名は言われませんでした。
来週また検診があるので聞いてみたいと思います。

もし分かればでいいのですが
このチウラジールというお薬と
葉酸のサプリは一緒に飲んでもいいものなんでしょうか?

またご回答頂ければ幸いです。
一番にご回答頂き、安心感を与えて頂きましので
ベストアンサーにさせて頂きますね★

>

私は甲状腺機能亢進症です。
アイソトープ治療を行うため、2017/7/15に29.5(mci)ミ…

私は甲状腺機能亢進症です。
アイソトープ治療を行うため、2017/7/15に29.5(mci)ミリキュリーの放射性ヨードを摂取し6日間入院しました。
特に吐き気などの副作用はなく退院できたのですが、もともと甲状腺の容量が大きく(190cc?)退院してから1週間が経ちましたが甲状腺の大きさが変わったような気はしません。
服用後、どれ位すると甲状腺の大きさの変化を実感できるものなのでしょうか?

説明があったと思いますが数ヶ月かかります。
たかだか1週間で変化はありませんよ。
多分1番分かるのは襟元を引っ張らずに済む時かと。
今まで無意識で腫れに襟が元が触れる為に引っ張っているのがなくなった時に気付くと思います。
1~3ヶ月はかかりますよ。

人工透析で

人工透析で体の痒みが強いのは何故ですか?よろしくお願いします

コピペですが参考までに・・・・・・透析患者のかゆみの原因は明らかになっていませんが、かゆみの原因は単一ではないと考えられています。
以下のような原因が考えられます。
(1)皮膚の乾燥(2)尿毒素の蓄積(透析量の不足)(尿毒症物質による皮膚掻痒症に対して、しばしば「体の内側からチクチク刺すようなかゆみ」と表現されることがある)(3)Ca代謝異常による皮膚へのCa沈着(皮膚組織のCa、リン、Mg、Zn(亜鉛)などの含有量)(4)副甲状腺機能亢進症(PTHの値)、Ca、リンの値(5)薬物の副作用、使用薬剤(内服薬など)のアレルギー(6)ヒスタミンの増加や、透析に関するアレルギー(透析膜、血液回路、穿刺針などの異物反応、絆創膏)(7)汗腺のはたらきがおとろえ、汗が出ない(8)その他の疾患(皮膚炎、肝炎など)(9)透析中の補体活性化、サイトカイン産生 などなどが言われております。
☆どうしたらいいのだろう?対策と治療(1)十分な透析を行う (対処として一番基本になります。
血流量を上げる、透析時間を長くする、ダイアライザーの膜面積を大きくする、HDFなどを検討し、透析不足を改善する)(2)皮膚の乾燥や、刺激を避けるため、保湿作用のある外用薬を塗布する。
(下記に薬剤名・商品名を数例載せました)(3)血清カルシウム、リンの値が高くないか、副甲状腺ホルモン(PTH)の値が高くないか。
リン=3.5~6.5mg/dl 、補正Ca=8.4~10.0mg/dl 、i-PTH =60~180pg/ml 、カルシウム・リンの積値=55mg2/dl2以下の適正範囲になっているか。
炭酸カルシウム(カルタン・タンカル)は1日3g以下の服用となっているか。
炭酸カルシウム3g中には、Caが1200mg 含有しています。
リンゴ酢カルシウム3g中には、Caが750mg 含有しています。
このCaはリンと完全に結合できませんので、カルシウム過多となり、高カルシウムの原因になります。
ただし、血液中のカルシウムは半分が蛋白と結合しているので、アルブミン値を用いて補正します。
アルブミンが4.0g/dl未満の時 補正Ca=測定Ca+(4 - 血清アルブミン) となります。
アルブミンが低いと、実はカルシウムが高いということもありますので、補正してみてください。
カルシウムやPTHの値が高いと、痒み以外にも、イライラ感や、レストレス・レッグ・症候群などの症状も出ることがあります。
(4)痒いからといって入浴時に“こすり過ぎない”。
角質が傷つき、悪循環になります。
石鹸を使いすぎない。
(5)特に、透析中に痒みの出る場合は、除水による皮膚の乾燥が多いので、透析前に保湿剤を塗布したり、ドライウエイトが低すぎないかの検討。
透析液の温度を下げてみる。
また、針や回路を固定するテープや、絆創膏が痒い場合は、変更してみる。
(6)抗アレルギー剤または抗ヒスタミン剤の内服薬を服用する。
(7)衣類にも注意します。
羊毛、化学繊維は刺激が強いので直接皮膚にふれないようにします。
肌着は木綿を選びます。

メルカゾールの副作用について質問です。

メルカゾールの副作用について質問です。
閲覧ありがとうございます。
わたしは甲状腺機能亢進症…バセドウ病で5年通院治療しております。
メルカゾールを6T/dayから内服し、増量や減量を繰り返して現在1T/dayで内服中です(いまは低下症気味らしいですが、もともと症状らしい症状は体重減少くらいだったので、症状変化は特に感じておりません)。
ことし三月、入職前健康診断で白血球数が3000でした。
検査機関での下限は3000でしたが、職場(ちなみに病院なのですが)には提出しなかったため特に指摘はなく。
その後入職後の健診で3200でした。
特別少なすぎるような値ではないと思うのですが、本によっては基準値を下回ります。
メルカゾール服用前の自分の白血球数はわかりませんが…。
通院しているところでは定期的にバセドウ関連の数値は測っていますが白血球数は測っていません。
メルカゾールの副作用に無顆粒球症候群があることは存じております。
わたしの印象では内服後数ヶ月でガクッと下がる副作用のイメージだったのですが(「無」顆粒球というくらいですし)、数年たってからやや減少するということはあるのでしょうか?また、この内容は主治医に伝えるべき内容でしょうか?ご回答、お待ちしてます。

3200あれば、問題ないでしょう。
無顆粒球症は、いきなり来て、発熱します。
慢性にじわじわなんてことはありません。
伝える必要もないかと思います。

やはりそうなんですね。周りからも少ないと言われ(感染しやすいということもないのですが)少し不安になっていました。回答ありがとうございます。>

原爆は脳に障害をつくりますか?

原爆は脳に障害をつくりますか?

>>原爆は脳に障害をつくりますか? つくりません、と言うか、脳にダメージを受けるほどの放射線を浴びたらおそらく生きていないでしょう。
原爆症(特有ではない)悪性腫瘍(固形がんなど)、白血病、副甲状腺機能亢進症心筋梗塞、甲状腺機能低下症、慢性肝炎・肝硬変放射線白内障が知られています。

人間ドックで、肝機能障害 ALP 450とあり、近くの病院で受診してください、とあり…

人間ドックで、肝機能障害 ALP 450とあり、近くの病院で受診してください、とありました。
今度、仕事の休みの時に行こうと思ってますが、どのような治療方法となるのですか?因みに、51歳ではじめて言われました。
補足おととし、胆石を取るために胆のうも一緒にとりました。
何か関連はあるのでしょうか? 明日、内科に行ってみようと思います。

ALPも逸脱酵素の一つです。
主に胆道から出ます。
したがって、胆石や胆道がん、胆道性の肝硬変、胆道が十二指腸に開くところにがんができた場合など、胆道の病気の時にALPの値が上がります。
これらの疾患を総称して、閉塞性黄疸あるいは閉塞性胆道疾患といいます。
ALPの正常値は、80から260国際単位くらいです。
600以下くらいを中等度の上昇、600以上を高度の上昇と考えています。
黄疸の軽い場合は中等度の上昇になります。
ALPの値が600以上になるのは、顔が黄色くなるような明らかな黄疸がある場合です。
ALP260~600(軽度~中等度の上昇で見られる疾患閉塞性黄疸(胆管がん、肝門部胆管がん、膵頭部がん、総胆管結石、ファーター乳頭がん)、肝占拠性病変(転移性肝がんなど)、肝内胆汁うっ滞、胆道感染、骨疾患(転移性骨腫瘍、骨折、骨軟化症など)、薬物性肝障害、アルコール性肝障害、脂肪肝、うっ血肝、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝細胞がん(進展例)、悪性腫瘍、甲状腺機能亢進症、生理的上昇(成長期、妊娠、血液型B型・O型の分泌型など)で多くみられる数値です。
悪性リンパ腫、白血病の浸潤、サルコイドーシス、粟粒結核、骨疾患(副甲状腺機能亢進症、くる病、骨肉腫など)、潰瘍性大腸炎、慢性腎不全などの可能性もあります。
ですから先ずは何が原因で数値が上昇しているのかを特定するのが先決ではないでしょうか?

ALPの場合、肝機能障害にはあたりますが、再検査などをして特に無茶苦茶高くない値であれば、薬の治療などにはならない可能性も高いです。GOT,GPT,ビリルビンなど急所を突くような検査ではなく、ぼんやりと肝機能障害があるかもしれないな~~という感じの評価になります。>ALP(アルカリフォスファターゼ)450だけでは
異常があるのか、肝臓由来の異常なのか
分かりません。
なので、病院で再検査してください、と言う事です。
まずは、本当に高値なのか、
何由来の(他に骨由来ALPなど数種ある)ALPが
高いのか、確認すると思います。
その後、ターゲットを絞った臓器の検査を行うと
思います。
治療法がどうなるのかは、その結果の後ですので
まだ分かりません。>

47才男です。
よろしくお願いします。

47才男です。
よろしくお願いします。
昨年九月に甲状腺機能亢進症 バセドウ病と診断されて、20日程度仕事を休んで安静にして、メルカゾール錠5mgを一日6錠服用を一ヶ月半ほどして、その後血液検査を月に一度しながら、投薬量を一日4錠で今年2月迄続けてましたが、どうも体がむくみ感があり、特に瞼が腫れ上がってしまって病院に行ったのですが、総合病院の為か毎回同じ医師に診てもらえずに違う医師だったのですが、むくみを取る薬を処方されて診断終わりでした。
その薬も服用したのですが症状に変化なく、とうとう手足のしびれ感や、寒気、倦怠感などが現れて仕事を休んで別の病院へ行きましたところ、今度は、甲状腺機能低下症と診断されました。
服用しているメルカゾールを一時的に止めるよう診断され2週間経ちましたが、症状に変化はなく、仕事もまだ休んでいる状態です。
また、一週間後に血液検査の予定なんですが、その間にも症状があまり変わらないし、首も何となく苦しい感じかするので、再検査を待たずに、甲状腺機能低下症と診断された病院に行って診断してもらい、レントゲンと心電図の検査して、とりあえず異常なしと診断されました。
もうすでに今年2月中旬から2週間も仕事を休んでいるのですが、このままだといつ仕事に復帰できるかわかりません。
この病気、いつ治るのでしょうか?投薬方法や治療に関しては問題ないでしょうか?補足chiebukurovvvvvさん 早速に懇切丁寧な御回答ありがとうございます。
また、年に一度検診を受けてらっしゃるとのことですが、治られて本当に良かったですね。
おめでとうございます。
貴重な体験談を読んで、病院医師によってそんなに違うものかとびっくりしました。
当方も自分に合う病院医師に会えればなとつくづく思います。
今迄病気とは無縁だったので、医師や病院との関わり方すら良くわからないので困っているところでした。

自分も現在バセドウ病の治療中の者です。
バセドウ病の原因は今でも解明されていませんので、やはり専門医での治療が必要だと感じています。
今までは医者任せにしていて、バセドウ病のことはほとんど知りませんでした。
今は東京にある伊藤病院に通院していますが、そこの院長先生がバセドウ病や橋本病の著書を何冊も出していることを知り、図書館で借りて読んでみたのですが、人伝に聞いた話やネットで調べたことの違いを感じました。
そのような本を読んだことがなければ、一度目を通しても損はないかと思います。
また、日本ではアイソトープ治療は全体の1割程度らしいですが、海外では全体の8割くらいの人が治療をしているようです。
薬の効果が薄かったり、副作用があったり、再発した場合などに効果があるようですよ。
自分はバセドウ眼症もあり、複視の状態で視力障害があります。
以前は焦りもありましたが、今は覚悟を決めて病気と付き合っていくつもりでいます。
お大事に

私も病院を替わられてみるのがいいと思います。
処方を変えられるかもしれませんが、セカンドオピニオンの意味でも別の病院に行ってみてください。
また、足がむくんで疲れやすいようでしたら、看護師さんが履いているRecoverySoxのような特殊な着圧ソックスを試してみてください。
おだいじに。>10歳の時に亢進症になり、今は23才です。
私は薬を飲みはじめて2年ほどで症状が落ち着きました。ただ薬が効きすぎたのか、低下症にもなりましたが、薬を止めて10年程経ちますが再発はしていません。今は年に一度の検診のみです。
わたしの場合、最初は大学病院にかかりましたが、それが失敗でした。一月前の血液検査の結果を見て薬が出されていたため、なかなか治りませんでした。知り合いに甲状腺専門の個人病院を紹介してもらい、そこで治療をはじめてから、一気に治りました。血液検査はその日に出た結果を見て薬を出してもらえるようになりました。血液検査の結果が出るまでの待ち時間はとても長かったですが、結果としてはすぐ治ったので良かったと思います。少しでも参考になればうれしいです。
お辛いと思いますが、無理なさらずに休養をとられてください。
病院で診察しても症状が改善されないのは問題だと思います。もし近くに甲状腺の専門病院があるならば、そちらへ行くことを強くおすすめします。>

腎不全で続発性副甲状腺機能亢進症の患者さんの爪が白くなっていました。

腎不全で続発性副甲状腺機能亢進症の患者さんの爪が白くなっていました。
私は今、看護学生で、腎不全や続発性副甲状腺機能亢進症の勉強はしたのですが、爪が白くなるとはどこにも載っていませんでした。
爪が白いのはなぜですか??

自分も実習で腎不全で続発性(二次性)副甲状腺機能亢進症の患者さんをみたことがあります。
副甲状腺って、全員4つじゃありませんね。
5個6個の人、結構多いのに驚いた。
あと、副甲状腺は手術でとって、1個だけ前腕に移植しますよね。
(場合によっては)(回答)腎性骨異栄養症(ROD)だろうか?爪にCaが異所性に沈着した可能性があるかも。
(?)さすがにわかりません。

爪白鮮との鑑別はしましたか?
爪が白く肥厚していたらまず、疑うべきです。>

副甲状腺機能亢進症はどのようなプロセスで診断されるのでしょう?

副甲状腺機能亢進症はどのようなプロセスで診断されるのでしょう?

以前は、腎結石、骨そしょう症、消化性かいよう、膵炎などから診断されることが大半でした。
最近では、血清カルシウムのスクリーニング検査が普及し、はっきりとした症状のない方もたくさん見つかってきています。
食欲がない、いらいらする、身体がだるい、集中力がない、頭痛がするなどの症状が治療後に改善することがあります。
このような場合は、病気のためにこれらの症状があったと判断されます。

甲状腺ホルモン剤について。

甲状腺ホルモン剤について。
血液検査でTSHの数値が4.95以上あり、甲状腺ホルモン剤が処方されたので、今朝から飲み始めました。
飲んでから1時間半後くらいから、首のちょうど甲状腺のあたりが痛く違和感が出てきました。
飲み始めは、このような症状が出るのは普通なのでしょうか。
気にし過ぎなのかなと思いつつも不安なので、もし甲状腺ホルモン剤を服用しておられる方がいらっしゃいましたら、服用中に出る症状など教えていただけますと幸いです。
宜しくお願い致します。

質問者様は甲状腺機能低下症なのですね。
甲状腺機能が低下している場合には、今回の質問者様のように甲状腺ホルモンを飲みます。
この甲状腺ホルモンはチラーヂンsやチロナミンなどの薬があります。
ただ、これらはもともと体の中にあるものなので、ほとんど副作用はありません。
飲む量が多すぎると、動悸がする、汗をかきやすい、手指がふるえるなどの甲状腺機能亢進症の症状が現れることがあります。
質問者様のような喉に違和感が起こる方はほとんどいません。
ご心配でしたら、主治医にご相談くださいね。

思い込みだよ~~

VAIBS>

血液透析をしている人は、他の臓器がボロボロだという表現を聞いたことがあります…

血液透析をしている人は、他の臓器がボロボロだという表現を聞いたことがあります。
どうしてそうなるのでしょうか?

透析施設で働く看護師です。
維持透析患者の重大な合併症の一つに、二次性副甲状腺機能亢進症というものがあります。
詳しくは割愛するので自分でググってね。
で、この二次制服甲状腺機能亢進症のせいで、血管が石灰化し、ボロボロになります。
血管がボロボロになるとどうなるか。
全身の臓器に酸素と栄養を送る血管がボロボロなら、臓器もボロボロになります。
特に、心臓を栄養している冠状動脈がボロボロになったり、各心室・心房を区切っている便がボロボロになれば、致命的です。
他にも、透析に至った原疾患が糖尿病であったりすると、透析云々の前に、既に全身ボロボロです。
透析患者さんの全てがそうではありませんが、食事や服薬の自己管理が不良だと間違いなくこのボロボロコースを辿ります。

透析患者です。そもそも慢性腎不全ってやつは、腎臓の毛細血管がボロボロになって壊れてしまう病気。もちろん透析に至る原因疾患にもよるけど、健康な人にくらべたらダメージは大きいと思った方が賢明たと思います。透析をやらないでおくと死んでしまう状態の人の身体が、健康な人と同等の健康状態の訳無いじゃないてすか。特に原因疾患が糖尿病だったりすると、透析開始の時点でボロボロと思っておいた方が良いでしょうね。だから透析患者は充分な透析をして、しっかり自己管理をしないと現状維持できないんですよ。>透析患者ですが、聞いたことありません。
敗血症で透析になった場合はあり得るかな?>何か誤解があるかもね。そんなことはないですよ?透析患者より>

4か月ほど前に甲状腺機能亢進症と診断されました。

4か月ほど前に甲状腺機能亢進症と診断されました。
それからは薬の治療と副作用・甲状腺の血液検査を続けています。
ここ最近なのですが、左下瞼が痙攣する気がして鏡で見たらピクピクと震えていました。
よく寝不足や疲れがでると目が震えることはあったので気にしていなかったのですが、今日はそれ以外にも左頬や上唇の少し上あたりが痙攣している気がします…。
これって甲状腺の病気に関係あるのでしょうか。
それとも、別の病気なのでしょうか。
もし診てもらう場合どこの科にかかればよいでしょうか。
ストレスや疲れだとは思うのですがなんとなく気になっています。
よろしくお願いいたします。

10年ほど前に甲状腺機能亢進症がわかり、現在は症状が落ち着いている者です。
瞼が痙攣した経験は特にはなかったと思います。
ただ、薬が効き始めるた時に足や腕などが攣りやすい症状が頻繁に出始めて、医者に相談したら「それは症状が治まる傾向にあるときに出やすい」と言われ、本当にその後、数値が正常になりました。
その事と瞼の痙攣が関係あるのかわかりませんが、まずは今通院している病院の先生にお聞きになるのがいいかもしれません。
別のご病気ではないかと心配なさっていらっしゃいますが、甲状腺と関係しているのであれば、お医者様も原因がわかると思います。

もし放射能の原因による甲状腺腫瘍だと甲状腺の機能が低下と亢進どちらの症状が現…

もし放射能の原因による甲状腺腫瘍だと甲状腺の機能が低下と亢進どちらの症状が現れますか?

どちらかといえば、機能低下側です。
たとえば、放射線治療には甲状腺機能低下の副作用が知られていますし、甲状腺機能亢進症の治療でも放射性ヨウ素を用いて抑制側にします。
また、広島・長崎の原爆被爆者でも、甲状腺機能低下の症例が報告されています。
ただし、甲状腺機能低下が生じるのは、放射線治療や原爆被爆のように非常に高線量を浴びた場合であり、福島原発事故での公衆被曝のようなレベル(最大80ミリグレイ)ではありません。

甲状腺腫瘍(結節)になった原因は、もし福島原発事故での被曝か、あるいは短期集中的に昆布の摂取し過ぎるによる被曝かどちらにしても、橋本病のような機能低下の症状になるはずですね?

逆にバセドウ病のような機能亢進の症状は甲状腺腫瘍(結節)と関係がありますか?>

各種ホルモンと血中カルシウム濃度・骨への影響について

各種ホルモンと血中カルシウム濃度・骨への影響についてこんにちは、勉強していて混乱してきたので質問させてください。
・ビタミンD・副甲状腺ホルモンはそれぞれ骨、血中カルシウム濃度にどのように影響しているのでしょうか。
・ビタミンDビタミンDは骨粗鬆症の治療薬として使われていることから、どちらかというと骨強化のイメージです。
ですがビタミンDの働きの中に、破骨細胞の形成分化促進とあり、混乱しています。
・副甲状腺ホルモン副甲状腺機能亢進症では骨粗鬆症になるため、このホルモンは骨吸収(骨を弱くする)イメージがあります。
ですが副甲状腺機能亢進症は、血中ALPが高値になります。
その理由は、骨芽細胞の活性化とあり、え?骨粗鬆症だから破骨細胞活性なんじゃないの?と混乱しています。
また、副甲状腺ホルモンの作用にビタミンD活性促進とあり、それだとカルシウム濃度は結局相殺されてしまいそうな感じがしています。
そもそも、血中カルシウム濃度と骨の変動が相関すると思っているからこのような混乱になるのでしょうか。
文意が曖昧で掴みにくいところもあると思いますが、汲んで回答をよろしくお願いします。

骨を作る作らないで考えるからいけません。
両者の本質は血中カルシウム濃度の調節です。
副甲状腺ホルモンは骨吸収とビタミンD活性化です。
骨を壊してカルシウムを血中に持ってくる。
ビタミンDは腸管からのカルシウムの吸収測深や排泄を抑制します。
つまり、骨粗鬆の治療法です。
ただし、体内のカルシウムが異常に少なければどこから血中に持ってくるでしょうか?はい、骨ですね。
このときは副甲状腺ホルモンが働いて、骨を壊して血中に持ってきます。
甲状腺ホルモンのカルシトニンは逆にカルシウム低下作用です。
破骨を抑制し、排泄を促進することで低下します。
まとめるとカルシウム上昇は副甲状腺とビタミンD。
低下は甲状腺。
ALPについては骨代謝が活発になれば上がると思ってください。
副甲状腺ホルモンが働くと、破骨細胞が活性化されると同時に、フィードバック的に骨芽細胞も活性化されます。
逆も然りです。

看護師国家試験の勉強をしています。

看護師国家試験の勉強をしています。
腎臓ではビタミンDが活性化され、その活性化ビタミンDが小腸でのCa、Pの吸収を促進することで血中Caと血中Pは上昇すると理解しています。
ならば、なぜ腎機能が悪化してビタミンD3が活性化されなかった時に高P血症になるのでしょうか?Caと同じように低下しないのでしょうか?調べてもいまいち分からないので教えていただきたいです。
お願いします。

二次性副甲状腺機能亢進症で検索を。
あなたが書いているVitD3の作用はそのとおりだけど「吸収」の面だけだよね。
ではその活性化がなければ吸収はゼロなんですか?違いますよね?では吸収されたIPはどこに消えるんですか?一般に体の中にたまるのは「(吸収した量)-(排出した量)」です。
一般に体にはいったIPの不要部分は尿で外に出されますがこれが慢性腎不全患者では行えません。
そのため結果的にIPが体にたまります。
透析患者でIPが高値になる事実は知ってますよね?一方Caは健常者では尿にいったんは出されるのですがその大半が再吸収されることになっているので腎機能低下がおこり排泄再吸収が出来なくなっても結果として健常者と腎不全患者では腎部分の関連するCa収支はほとんど変わらないことになります。
次にCaですが、あなたが言われるように腎の作る活性型VitD3が減ることにより腸管吸収が減るので血中Caは低値傾向になります。
これを補うために体は反応性(二次性)にPTH(副甲状腺ホルモン)を分泌します。
これが二次性副甲状腺機能亢進症です。
勉強される際はココまでひとくくりで覚えてしまうのをお勧めします。
http://www.nmckk.jp/pdf.php?mode=puball&category=KMBD&vol=21&no=3&d…http://image47.bannch.com/bbs/773748/img/0258263998.pdf

素早い、かつ詳しい回答ありがとうございます!自分は表面的にしか捉えられていなかったので、深いところまで解説していただけて助かりました。勉強がんばります…!>

猫の甲状腺機能亢進症について。

猫の甲状腺機能亢進症について。
今年13歳になるメスのアメリカンショートヘアです。
2年程前に上記の病気と診断されました。
初めは薬療法でしたが副作用がひどく高齢なので手術も体力的に難しいとのことでしていません。
ヒルズのy/dと言う餌で食餌療法に切り替えたところ数値も落ち着き、体重も基準値より少し下回りましたが安定していました。
ですが、ここ1.2ヶ月のうちにみるみる痩せ、嘔吐も増え食餌療法用のご飯も食べなくなりました。
カリカリが嫌なのかと思い、ウェットタイプの物にしてみても味が気に入らないのか最初の一口程度しか食べません。
何も食べないのが心配で市販のウェットタイプをあげたらそれも少量ではありますが食べてくれています。
ステンレスの器を使っているのですがそれも嫌になったようで、私かスプーンにすくってあげると食べます。
それも何故なのかわかりません。
ここ数日は食べるよりも寝る、と言った感じです。
少し前までは餌くれくれと催促する程でした。
甲状腺機能亢進症は多尿や多飲が見られますがその症状もなく、1日1回トイレに行ってるか?行ってないか…便は2日に1回5cmほどしか出ていないようです。
かかりつけ医が休診日で病院に行けるのが2日後です。
何か考えられそうな事があれば頭に入れておきたいのでお知恵をお貸しください。
宜しくお願い致します。

はじめまして。
もうじき18歳になる甲状腺機能亢進症の老猫の飼い主です。
書かれていらっしゃる症状だと甲状腺機能亢進症以外になんらかの原因があると思います。
例えば腎不全や肝障害や口腔内疾患等。
甲状腺機能亢進症は最期まで食欲不振があらわれるケースは珍しく、他の疾患の可能性があると思いますので、なるべく早く動物病院で受診されますように。
持病のある猫、特にシニア猫は日々の観察がとても大切です。
食欲不振になり痩せてきたのに1.2ヶ月そのままは危険ですよ。
あれ?おかしいな?と思われたらなるべく早く受診する習慣を身に付けられますように。
猫さん、お大事に。

早めに病院に連れて行った方が良いと思いますが、
甲状腺機能亢進症末期の症状ではないでしょうか?
でも、私は獣医ではありませんから違うかもしれません。そうあって欲しいです。いずれにしても年齢も年齢ですし、
質問者様もある程度の覚悟が必要となってくる年齢です。
老猫で食欲がないのが一番よくありませんからね。

質問者様には厳しい言い方になってしまいますが、
後悔なく1日1日を時間が許す限り、精一杯お世話をしてあげて下さい。

お大事に。>

人工透析をしている方で二次性副甲状腺機能亢進症の手術を受けた方・・・

人工透析をしている方で二次性副甲状腺機能亢進症の手術を受けた方・・・人工透析をしている方で二次性副甲状腺機能亢進症の手術を受けた方・・・またはお医者さん、詳しい方、どうか教えてください。
母が人工透析10年目なんですが、5年ほど前、医者の勧めで二次性副甲状腺機能亢進症の手術を受けました。
効果は全く無く、数値は改善されず、だましだまし透析を続けてきましたが、もう限界のようで、担当の透析医がもう一度手術を受けるように迫ってきました。
腕からの再手術でなく、のどの。
5年前は『大病院』←■こう呼ばせてください■で手術をし、とてもつらそうな入院生活でした。
術後、声が出なくなり、先生に訴えましたが、『すぐ出るようになるから・・・』といわれ、放って置かれた感じです。
退院後もよくならずかすれたままで、聞き取るのが大変です。
母は『のどのパーツが足らないような感覚だ』と言っています。
今年、別の検査で偶然わかったことですが、声帯の片方が傷つき、動いていないということです。
医療ミスだったんだ・・・と思いましたが、当時は私も若く、病気にも詳しくなかったので、追及しなかったことをいまさら悔やむばかりです。
(あくまでも私の感想です。
業務を妨害しようとか、病院に文句を言ってるわけではありません)この経過を知っている担当医が、同じ『大病院』での手術を避けようと名古屋での手術を勧めてくれます。
名医と評判で、勧めてくれるのはありがたいんですが、私たちは和歌山県に住んでおり、現在は母一人暮らし。
娘である私と姉は名古屋に泊まりこみで看病もできる状態に無く、母本人も県外での手術を望んでいません。
医療に詳しい方、ネットワークをお持ちの方、どうか和歌山県内で二次性副甲状腺機能亢進症の手術をしてくれる病院はないでしょうか?以前手術した病院は『大病院』で察していただければありがたいです。

回答ではありませんが,副甲状腺手術の合併症について,情報です。
甲状腺の背面には,反回神経というものが通っており,反回神経は,声帯を支配しています。
反回神経は副甲状腺の近くを通るため,副甲状腺摘出により,障害されることが多いのです。
副甲状腺手術の合併症として,多いものです。
反回神経の障害により,声帯が動かなくなるため,かすれ声になるのです。
ビタミンB12で良くなることがあります。
処方してもらうか,あるいは,市販薬でもあります。
違法銀行スルガと闘う被害者の会VAIBSの回答でした。

MEを目指すものです。

MEを目指すものです。
現在副甲状腺疾患について調査しています。
そこで、質問したいのですが、副甲状腺機能亢進症で続発性と原発性がありますが、最近の傾向はどちらのほうが多いのか教えていただけないでしょうか?お願いいたします。

原発です・・・・・・

早い回答ありがとうございます。
原発性ですか。

恐れ入りますが、その原発性を裏付けるようなサイト等お分かりでしたら、教えていただけないでしょうか?
お願いいたします。>

メルカゾール副作用について。

メルカゾール副作用について。
92年8月より甲状腺機能亢進症でメルカゾール服用中。
途中で何度が勝手に挫折しましたが…ここ12年間は2錠で過ごしておりました。
春先に2錠と3錠の交互服用を開始しました。
3週間程前から…フワフワ目眩、首筋の張り、肩凝り、腰痛、手足の脱力感に悩まされてます。
血圧は上が130台、下が70台で正常の範囲内と思います。
整形では、凝りは有るものの骨も神経も異常なし。
耳鼻科でも何の異常もなしとの診断を受けました。
2、3日前より若干 風邪の時のような喉の痛みがあります。
もしかしてメルカゾールの副作用かと思っています。
メルカゾールの副作用は飲み始めに出るようですが…もう何年も服用してても出るものでしょうか?

白血球数を調べろよ~VAIBS

会社の健康診断で[血中脂質]中性脂肪低値 要精密検査と診断されました

会社の健康診断で[血中脂質]中性脂肪低値 要精密検査と診断されました詳細は TG(中性脂肪)→24 T-CHO(総コレステロール)→138ですまた尿潜血とも診断されました 月経中でも前後でもありません前の会社で昨年健康診断を受けた時もLDL-Cが標準以下 尿潜血と診断されましたその後何度も尿検査 血液検査をしましたが医者には問題はないと言われ続けお金と時間の無駄だと思いわからないまま検査をやめましたしかし今回また新たに問題が増えたのでやはり気になってきましたコレステロールや中性脂肪は低くてもいけないのでしょうか何か原因があるのでしょうか尿潜血については問診の時に遊走腎かもね とだけ言われ詳しい検査などはありませんでしたこれらは何か関係あるのでしょうか21歳女性でBMIは22.4で痩せてはいなく自分では太めだと思っています脂ものも肉なども好きで高いと言われるならわかりますが、低いと言われるとは思いませんでした市の病院ではなく、大きな大学病院などを受診した方がいいのでしょうか質問ばかりですみませんどんなことでもいいので何か分かることがあれば教えてください

総コレステロールや、中性脂肪が低値の場合、甲状腺機能亢進症、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、吸収不良症候群、貧血、副腎不全、などの疾患も考えられます。
コレステロールは細胞膜の組成には必要なものです。
一度、大きな病院を受診された方が良いでしょう。
紹介状が必要になりますが。

手が痛く力もあまり入らず1kgの物を持つのも困難。
レントゲンをとると手の骨が…

手が痛く力もあまり入らず1kgの物を持つのも困難。
レントゲンをとると手の骨が全体的に黒い。
少し良くなってきてはいるものの医者もこれが何なのかわからない、と言っている。
いくつか病院にも行ったが何なのかわからない。
腰や背中の皮膚だか神経も痛いらしく歩くのもままならない。
どーすれば良いかアドバイスいただけませんか?ちなみに66歳の母です。

いくつか病院を受診しても不明なら、なおさらここでは分かり得ません。
副甲状腺機能亢進症や多発性骨髄腫は否定的なのでしょうから。

甲状腺機能亢進症(バセドー病)の可能性があると健康診断で診断を受けました。

甲状腺機能亢進症(バセドー病)の可能性があると健康診断で診断を受けました。
現在妊娠6ヵ月でお腹の張りのためリトドリン錠という薬を服用しています。
副作用に脈が早くなる、とあり服用した後、心臓がバクバクして手が震えたりします。
処方されたときは、まだ甲状腺の件は知らなかったのでずっと飲んでいました…苦しくなるなーと思っても赤ちゃんのためだしと思って我慢していました。
やはり飲むべきではないのでしょうか?仕事をしているためしばらく婦人科へは行けません。
アドバイスお願いします。

まずバセドウ病についてですが、バセドウ病かどうかは血液検査でしかわかりません。
通常の健康診断の血液検査では測定しない、甲状腺ホルモン値を測定しないとわからないので疑いありという診断結果なのです。
不安を拭うには、どちらにしても医院に問い合わせるしかないようですね。
出来れば専門医が良いですよ。
リトドリン錠という薬については処方された医院に問い合わせてください。
ちなみに甲状腺ホルモン 基準値(正常値)TSH : 0.34~4.04 μIU/mlFT3 : 2.36~5.00 pg/ml FT4 : 0.88~1.67 ng/ml

リトドリンは切迫流産・早産を抑える薬でしょう。甲状腺機能亢進症や高血圧、心疾患、糖尿病などの人は飲んではダメですよ。飲むのなら医師の指導で飲んで下さい。勝手に飲んだら絶対にダメです。>

16歳メス猫、甲状腺機能亢進症と肝数値の関係性について。

16歳メス猫、甲状腺機能亢進症と肝数値の関係性について。
避妊手術済み・元から痩せ型の体型(食べても太らない)・食欲は異常な程(幼猫時のミルク争奪戦で負けっぱなしだったのか?すごい執着心)です。
昔から、嘔吐が多め・正直人間が困る程大きく鳴く性格です。
去年引っ越しをした頃から、夜鳴き・嘔吐・多飲・痩せてきた・少し前に一時的でしたが突然活発になる、という症状が出始め、ネットで調べ甲状腺機能亢進症に該当していたので、先月より新しい病院にかかりました。
2年ぶりの健康診断と当方から依頼し甲状腺の血液検査をした結果、ALT:282,ALKP:326,血糖:151,コレステロール:207,アンモニア:266,血清総サイロキシン(T4):12.8でした(検査時の体重は1.85kg)。
尿検査の結果、腎臓の数値は問題無いと言われました(お知らせすべき検査結果がありましたら、ご指示願います)。
「肝臓の数値が気になるけれど、恐らく甲状腺機能亢進症なので、甲状腺の治療をしましょう」という事でメチマゾールを処方されました。
服用後5日程で、激しい嘔吐(胃液や胆汁)・元気が無いなどの副作用?の症状が出た為すぐ再診料に行き、「胃炎を起こしている」という事で輸液や注射をして頂き数時間後にはウェットフードを食べてずっと静かに寝ていました。
翌日も通院し、抗生物質や吐き気止めの処置を注射をし、元気は取り戻しました。
その時に2回目の血液検査をし、血清総サイロキシン(T4):0.5で「薬が効き過ぎているので、薬量を今までより減らして半分の量にしましょう」と言われ、またメチマゾール1週間分の処方でした。
医者との相性での不安やセカンドオピニオンも検討していた為、5日前に別の病院に転院し診察して頂いた結果「肝臓の数値が気になるので、まずは肝臓の方の薬を出します」と言う事でウルソ、またその時に39度少々発熱していたのもあり抗生物質も同時に処方されました。
※FIV・FeLV検査も異常無し本日やっと発熱は治まり(食欲はずっと有りました)、私なりに色々考えていたのですが、獣医の見解が異なる事で不安も深まってしまい、詳しい方にご相談させて頂きたいと思いました。
ネットで調べてみたところ、通常甲状腺機能亢進症は腎臓の疾患を見落としがち・そもそも甲状腺機能亢進症は肝臓病などと間違える可能性が高いなどの情報が有りましたが、甲状腺機能亢進症と肝臓疾患の関係性の情報があまり得られませんでしたので、別々の病気として併発しているのかどちらかの病院が結果的に診断ミスなのか、少しでも何か分かれば…という思いです。
愛猫はもう老齢ですし、病院に行くのが非常に怖くストレスな性格の為、出来る限りの最善の治療はしたいとは思っていますが反面壮絶な最期を迎えさせたくないので、どこかで一線を引き自由でストレスが少ない形(食べ物の制限や入院などストレスは少なく)で余生を送らせてあげたいと願っています。
まとまりの無い文章で大変申し訳ありませんが、経緯を含め、改めてご見解とタイトルにあります甲状腺機能亢進症と肝臓の数値(疾患)の関連性をご教授願います。
※ご参考までに、数年前ストレスが原因の膀胱炎・突発的な眼球の病気(完治済み)・昨年に肛門嚢炎を発症した事が有ります。
ちなみに、姉妹猫を2年前にFIPで亡くしております。
補足検査結果資料にいずれも単位の記載が無かった為、併記の“正常値”を()内に表示致します。
総蛋白濃度:7.3(正常値5.7~7.8),アルブミン:2.9(2.3~3.5),グロブリン:4.4(2.1~5.7),BUN:23.3(17.6~32.8),クレアチニン:0.6(0.8~1.8),ALT:282(22~84),ALKP:326(38~165),血糖:151(71~148),コレステロール:207(89~176),アンモニア:266(23~78),ナトリウム:152(147~156),カリウム:3.8(3.4~4.6),クロール:118(107~120),カルシウム:10.0(8.8~11.9),赤血球:9.3(5.0~10.0),ヘモグロビン:14.0(8~15),PCV:42(24~45),白血球:9600(6600~18000),血小板:35万(23万~68万),血清総サイロキシン(T4):12.8μg/dL(0.9~3.8),以下尿検査の結果…ウロビリノーゲン:0.1(0.1),蛋白:-(+-),PH:6.5(弱酸性~酸性/5.5~7.0),潜血:-(陰性/-),比重(腎臓機能):1.016(1.020~1.040),ケトン体(糖尿病・糖質代謝障害など):-(陰性/-),ビリルビン(黄疸):-(陰性/-),ブドウ糖(糖尿病・腎臓機能):-(陰性/-),尿沈査検査(尿中の固形成分を検査):異常無 2回目検査…血清総サイロキシン(T4):0.5 ※体重2.15kg

血液検査の結果は正常だった数値も書いてください。
正常だったとしても何を測定して何を測定していないのかは重要な情報です。
加えて数値は単位を必ず書いてください。
単位がわからないと正確な評価もできません(単位はすべての病院で統一されているわけではありません)。
昔から嘔吐が多めだったということなので、もともとIBDを患っていて長年の負担から肝胆道系がすでにボロボロになってしまっているという可能性もあります。
もっと情報がないと正確な判断はできませんが、甲状腺だけが原因とは思えません(もちろん甲状腺機能亢進症による悪影響も強く受けていると思われます)。
リンパ球性胆管肝炎なんかが疑われます。
甲状腺機能亢進症で肝傷害が起こるのは、肝細胞の過剰な活性化による局所酸素欠乏、全身代謝活性の増大による肝細胞の老廃物代謝負担の増大、肝細胞での過剰ホルモンの分解負担の増大、二次性高血圧症および二次性心筋症による血流障害などが原因です。
一番危険なのは二次性心筋症(甲状腺中毒性心筋症)です。
血圧測定は必須です。
これらの問題は肝臓に十分な回復力が残っていれば、チアマゾールで甲状腺機能が正常化すれば徐々に回復します。
腎臓は血液検査も尿検査も情報がないので何とも言えません。
甲状腺機能亢進症と肝疾患を別々に治療していくというより、同時に治療していくものです。
関連性がまったくないということはありえません。
ウルソだけで肝臓治療をするというのは無理があり過ぎかと思います。
高アンモニア血症は早くなんとかしないと肝性脳症を起こす危険性もあります。
黄疸などもないか気になるところです。
また甲状腺ホルモンが高ければ基礎代謝が高まりますから常に体温も高くなります。
甲状腺に対するチアマゾール治療は必須な状況であると思います。
また聞きたいことがあれば何でもどうぞ。

thomas_stubbins様

文字数制限の為、お礼とお詫びが漏れてしまい申し訳ありませんでした。
補足にて、血液検査結果の正常だった数値も追加しておりますので、宜しければお手数ですがまたのご返答をお願いできますでしょうか?
何卒宜しくお願い致しますm(_ _)m

また、補足の補足になりますが、転院後の2件目の病院では、ウルソを20日分の他にヒルズの肝臓病用の療法食も頂きましたのと、「ウルソと療法食で少し様子を見て、薬が切れる前にまた病院に来て下さい。その時にまた血液検査をして今後の治療方針を決めましょう。」との事でした。

※黄疸はありません。あれから1週間弱で熱っぽさもおさまりました。
※ご助言頂きました病名や症状の件は、少々ネットで調べてみました。確かに、IBDは患っていたと思います。以前はどの病院でも“胃腸が弱いのは元々の体質でしょう”と言われていましたが。。>猫は肉食ですから腸内環境が悪玉菌だらけになりやすいです。 腸内環境の悪化(悪玉菌が蛋白質を分解するときに発生する毒素を肝臓が解毒しきれないほど沢山ある) 腸内は善玉菌と悪玉菌が絶えず勢力争いをしていますから善玉菌を積極的に日々摂取することが重要です。

甲状腺機能亢進症ですが腸内でビオチン不足、免疫異常が関係しています。

腸内のビオチン不足は、善玉菌の酪酸菌とアシドフィルス菌の摂取によって改善します。

酪酸菌とアシドフィルス菌はビオチンを生産します。
ビオフェルミンを3粒とミヤリサン6粒を水に入れて毎日飲ませてください。
無味無臭ですから神経質な猫でも大丈夫です。いずれもドラックストアやアマゾンとかで安く買えます。人間用で全く問題ないです。
ビオチンを消費する菌も含まれるますが、善玉菌は多様な状態のほうが免疫力があがります。

また強力わかもととエビオスを砕いてウェットフードに混ぜてあげてください。
腸内環境の改善が消化酵素とビール酵母の食物繊維と酵母菌で大幅にできます。これらは猫が大好きな仔が多いです。

昔から猫にあげてる人が多い整腸剤です。

抗生物質やステロイドは、一時的に良いですが腸内の悪玉菌を増やして免疫力を落とします。また80の毒素(鉛、水銀、アンモニアなど)をだすカンジダ菌を増やしてしまいます。
カンジダ菌は特にアシドフィルス菌が退治する力が強いです。

うちの猫はこれらの整腸剤により19才で去年余命半年と言われましたが今年になり病院も行かず、元気で食欲もありベランダを散歩したりしてます。点滴もしていません。
免疫細胞は70%が腸内にあり、あらゆる病気の改善には悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことが重要で基本です。

膀胱炎は、 主に糞便中に含まれる有害菌が起炎菌として尿路系組織を逆流することによって発症すると考えられています。>

健康診断の採血結果でカルシウム値が基準値より高値でした。
結果表には、「日常生…

健康診断の採血結果でカルシウム値が基準値より高値でした。
結果表には、「日常生活に気をつけて一年後再検査」でした。
何を気をつけるべきでしょうか?すぐに疑われる病気、副甲状腺機能亢進症とか検査するべきでしょうか?

世間一般の方がイメージする普通の生活から、逸脱した生活をしない様に!です(^-^)

カルシウムとリンの値次第です。>

猫の病気について質問します。

猫の病気について質問します。
慢性腎不全と甲状腺機能亢進症を併発している場合、慢性腎不全の療法食と甲状腺機能亢進症の療法食のどちらを与えればいいのでしょうか?

こんにちは、甲状腺機能亢進症の療養食とはヒルズのy/dのことだと思うんですが、あってますか?y/dは一見腎不全にも配慮した栄養バランスになっています。
獣医さんに聞けばy/dを薦められるんじゃないでしょうか。
しかし…y/dは食事としての質がかなり低いと感じます。
原材料を見る限りでは植物性タンパク質がメイン、これではアミノ酸スコアが低くてせっかくの低タンパクが生かせていません。
腎不全の猫には、効率よくタンパク質を利用するためにアミノ酸スコアの高い動物性タンパク質が健康な猫以上に求められるんですけどね。
猫にとって消化に負担なコーングルテンの大量使用も疑問。
ご質問への回答ですが、一般的見地から言えば甲状腺機能亢進症の療養食を与えるのが適切でしょう。
私見で申し上げれば。
甲状腺機能亢進症の治療は投薬で。
(ただし副作用が出た場合は再考)腎不全へのケアは進行状況によります。
軽度のものなら療養食よりも普通の食事。
穏当なタンパク量&多めの脂肪で良質なものを。
かなり進んだものならケースバイケースでしょうか。
個人的には腎不全用の療養食にあまり良いものを見いだせないので私なら利用しないと思います。
栄養バランスを整えるのなら療養食に頼らずともいくらでもやりようはあるので。
ご参考になれば幸いです。

コレステロールについて

コレステロールについて健康診断の結果、コレステロールが低く、”精密検査を必要とします”となりました。
総コレステロール 134中性脂肪 26HDL 59LDL 67何をしたら、コレステロール値は上がるのでしょうか?どの様な病気が考えられますか?補足回答ありがとございます。
女 30後半 です。
授乳中も関係あるでしょうか?

詳しくは病院で検査をしてみないと解りませんが、甲状腺機能亢進症か副腎不全や肝不全が考えられます。
しかし、全体的(総コレステロール・HDL・LDL・中性脂肪)に低いので、そういう体質なのかもしれません。
詳しくは、血液検査を受けた方が良いと思います。
コレステロール値は、無理に上げなくても良いと思いますよ。
現在おいくつなのか解りませんが、歳と共に上がってきますので。
早めに病院で血液検査を受けてくださいね。
お大事になさってください。

授乳中なら、栄養不足かもしれません。
貧血はありませんか?
良質のタンパク質を今までより少し多めに取った方が良いかもしれません。
しかし、病院で詳しく検査をして相談した方が良いです。>

脱毛がひどい…メルカゾールの副作用?(長文)

脱毛がひどい…メルカゾールの副作用?(長文)甲状腺機能亢進症(バセドウ病)でメルカゾールを飲んでいます。
6/20に、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)と診断をされ、メルカゾールを処方されました。
(1日3錠)それから毎日、朝食後に3錠飲みました。
8/16の診察の際、数値が下がってきたので1日2錠にしましょうとのことで、それ以降1日2錠飲んでいます。
以下は、今までの数値です。
【FT3】6/20…29.187/12…6.157/26…5.478/16…3.17【FT4】6/20…7.77<7/4…2.527/12…1.817/26…1.748/16…0.95【TSH】6/207/127/268/16全て0.005私は、もともと円形脱毛症の体質のようで、小学校の頃は、半分程度は抜けてしまった記憶があります。
現在でも何か有るたびに1~2箇所ですが、円形に脱毛してしまっていました。
お盆前位に、頭頂部に1円弱ほどの円形脱毛症が4箇所あるのが見つかり、バセドウ病のストレスや、睡眠障害の為だろうと軽く考えていました。
ところが先週半ば位から、ありえない程の脱毛が始まりました。
頭も触っていないのに、自分が座っている周りは脱毛した毛だらけ、洗髪すれば、排水溝が詰まる…櫛で髪をとけば、1すきで櫛の目がいっぱい…髪を触るだけで、束になって抜けます。
みんなに「貴方が通った跡は、髪が落ちているのでわかるよ」とまで。
髪は、通常時の半分位まで減ってしまいました。
あまりにもひどい脱毛なので、近所の皮膚科に行きました。
そこでは「病気のせいかもしれないけど…ストレスかも…」「抜ける予定の毛は、何をしても抜けるから、あとは生える努力だけ」と言われ、フロジンを処方されました。
ただ、皮膚科の先生は「円形に抜けているわけじゃなく、全体から抜けている。
びまん性脱毛症だと思う。
これから全体がもっと薄くなるよ」といわれ、ますます落ち込みました。
昨日、バセドウ病で行っている病院に電話して脱毛の件を言ったところ、「もしかしたらメルカゾールの副作用かもしれない。
とりあえず数値も落ち着いてきているので、メルカゾールを中止して下さい。
次の受診が9/13なので、それまで昆布を沢山食べてください。
次の受診時に、相談して薬を変えましょう。
」と言われました。
脱毛は、円形に脱毛している箇所もあるのですが(だいたい20箇所程度)円形の箇所とは別に、全体的に抜けています。
髪が長いので、今のところは髪を結んで隠せてますが今後、ウィッグも視野に入れています。
メルカゾールの副作用で、ここまでひどい脱毛があるのでしょうか?2週間薬をやめても昆布で大丈夫ですか?再発も心配です。

使用上の注意に,副作用として,「脱毛」は記載されていますよ. 恐らく止めて時間が経てば,元に戻るはずです. http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se24/se2432001.html

毛髪と関係するホルモンとしては
減らす方向
・男性ホルモン
増加する方向
・女性ホルモン
・成長ホルモン
・甲状腺ホルモン
甲状腺ホルモン量が減ったことが主な脱毛の原因だと推定されます。

毛周期の関係があるので直ぐには元に戻らないと思いますが
毛根がなくなったわけではないので脱毛してもいずれ生えてくるので
心配はいらないと思います>

スピルリナを飲まない方が良い人はいますか?口に入れるものですので先に知りたい…

スピルリナを飲まない方が良い人はいますか?口に入れるものですので先に知りたいです。

スピルリナの摂取に注意が必要なのは、海産物アレルギーのある人、ワーファリンを服用中でビタミンKの摂取を控える必要のある人、副甲状腺機能亢進症の人、高熱が出ている人だそうです。

甲状腺機能亢進症のアイソトープ治療について

甲状腺機能亢進症のアイソトープ治療についてこの病気を患い三年になります。
なかなか症状が落ち着かず、薬が半分に減ったと思えばまた元のに戻りその反動で白血球の数値が下がったり、動悸がつらくて心拍数を抑える薬を飲んだりヨウド飲んだりで数値も具合もなかなか安定しません。
ですから、熱が出たり喉の違和感がある度に副作用ではないかと血液検査をされます。
幼児二人を育てているので、1日1日がクタビレまくりですがその中で先月は三回も病院へ…ゆっくり様子をみながら病気と向き合うつもりでしたが、はっきり言って病院代が高過ぎて更にストレスたまります…。
かかりつけ病院では日帰りアイソトープ治療が出来ると宣伝しています。
魅力的なんですが、治療後に体内放射線が残ったまま自宅に帰り子育てするのにすごく抵抗を感じます。
しかし他の病院ではアイソトープ治療は入院して行っているそうなんです。
日帰りと入院の何が違うのでしょうか。
メリットデメリットが知りたいのですが。
出来れば、詳しく教えて頂けたらと思います。

その他外来で続けて2回、などいろいろあると思います。
メリットは亢進状態の方が身体はつらいので確実に低下できるほうが楽でろう、低下状態になってしまったら薬を飲み続ければすむ、という考え。
デメリットは量が難しいので低下状態になりすぎる場合が結構ある(結局薬が一生必要なのですが)。
オペでも同じです。
なお薬の副作用で白血球が減少したのか自己免疫の関係で減少したのかは確認されているのでしょうか。
熱などでCRPという炎症反応をみる検査では正常でも血沈まで調べると異常がある場合、抗SS-A抗体、抗SS-B抗体などが陽性の場合やガムテストやシルマーテストが陽性の場合はシェーグレン症候群という場合もありますのでその点を確認されるといいのではないかと思います。
多くは甲状腺機能低下という状態の方ですが本来甲状腺が壊れる疾患ですので甲状腺機能亢進の状態の方もいます。
微熱やドライアイやドライマウスや関節痛なども症状がひどくない方は気づかないです。
1ヶ月にそんなに状態が変化するのでは大変だと思いましたし、アイソトープを受けられる前に基礎疾患をチェックできればいいのになと思いました。
診療科は膠原病内科です。
そちらでチェックしてもらいつつアイソトープはどうかと意見を聞いてみてもいいのでないでしょうか。

甲状腺について質問です。
バセドウ病と診断され、現在メルカゾール5mgを処方され飲…

甲状腺について質問です。
バセドウ病と診断され、現在メルカゾール5mgを処方され飲んでいます。
バセドウ病と診断された際にALPの数値も高いが、この病気だとよくあるみたいな感じで言われました。
ちなみにALPは430です。
薬の副作用でも肝障害?があるとのことだったのですが、結果…飲んでも飲まなくても肝臓には影響があるということですか?あと血液検査の結果がTSH…0.1以下FT4…4.7FT3…20.0以上TSHレセプター抗体定量…14.4でした。
これは軽度なのでしょうか?よろしくお願いします。

バセドウ病ではALPが上昇します。
ALPは肝障害や骨の病気でも上昇しますが、バセドウ病の場合は骨が吸収されることを受けて、骨の造成が盛んになるため、この酵素が上昇します。
メルカゾールの副作用は別にして肝臓については考えなくてよろしいと思います。
血液データではFT4が経度高値、FT3が高値、TSHが測定感度以下の低値なのでやはり甲状腺機能亢進症です。

大阪市内で甲状腺機能亢進症で掛かれる病院を教えて下さい。

大阪市内で甲状腺機能亢進症で掛かれる病院を教えて下さい。
初めまして。
大阪在住、バセドウ病患者、現在服薬なしです。
おそらく5年程前よりバセドウ病になり、3.4年前に1月ほど帰郷した際何度か通院しバセドウ病との診断を受けました。
診断を受けた際、またすぐに戻らなければならなかったので、多めにメルカゾールを出してもらい、そのまま田舎を離れました。
大阪に戻ってから1月程は薬を服用していましたが、献血に行くと白血球が(確か)少ないとかで、献血ができず、薬が関係しているのか?と思った事と太ってしまったことから服用を勝手にやめてしまいました。
その後はなんとか若さで乗り切っていたのですが、今年に入り階段の上がり下がり、仕事、趣味ですら満足に出来ないようになり、やっと通院を再開する決心をつけました。
色々なサイトで病院を探していますが、どこも通いづらそうでなかなか良い病院を探すことができません。
1.なるべく大阪市、御堂筋線や堺筋線、四ツ橋線等市営地下鉄で通える(府外は通えません)2.最寄り駅やバス停から徒歩10分ないである3.原則紹介制ではない以上の3つの条件に当てはまる所で無ければ、月に何度も通うことができません、、。
わがままな注文となってしまいましたが、もし良い病院をご存知であったり、探しやすい病院検索サイト等あれば教えて頂けませんでしょうか?

メルカゾールは副作用で白血球が減少する事もあるそうです。
きちんと薬を服用して地道に病院通わないと大変ですよ。
私もバセドウですが、引っ越してやらなんやらでめんどくさくて病院に行かず薬も飲んでない時期があったのですが、目が出てきました。
なかなか引っ込まなくて顔が変わりました。
私は梅田の北阪急診療所に通ってました。
診療所では血液検査できないので採血して結果を聞きにまた行かなくちゃダメなのでちょっとめんどうなのですが…。
甲状腺専門の診療所なので安心です。
ヨドバシカメラから5分くらいですかね?駅からも割と近めです。
紹介制ではなく、初回は電話して予約を取りました。
http://www.kita-hankyu-clinic.com/梅田だと他にも岡本甲状腺クリニックおおたきく子クリニックなどもあります。
梅田ばっかりですいません。
大阪市 バセドウで調べるとたくさんクリニックでてきますよ。
https://byoinnavi.jp/osaka/osakashi/g05後は茨木市なのですが、ヒライワクリニックもおすすめです。
茨木市に引っ越してから通ってました。
ここも甲状腺専門です。
ちょっと遠いですか?大阪はなんやかんやで病院いっぱいありますので、とりあえず気になった病院に行ってみては?夫の転勤で大阪から香川に引っ越しましたが、こっちは病院全然なくて…。

薬理学の質問です

薬理学の質問です活性型ビタミンD3製剤は適応に副甲状腺機能低下症と続発性の副甲状腺機能亢進症があるのですがそれぞれどのような作用機序なのか教えてください!

副甲状腺機能低下症によって血中カルシウム濃度低下になるからビタミンDによって血中カルシウム濃度を正常化することが必要なんだよ~続発性副甲状腺機能亢進症とは血中カルシウム濃度低下→PTH上昇だよ~放置しておくと骨粗鬆症になるからPTHを正常化することが必要なんだよ~お前が知らないだけだよ~VAIBS

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)に詳しい方、同じ病気の方に聞きたいです。

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)に詳しい方、同じ病気の方に聞きたいです。
わたしは体中がかゆいのですが、先生は、肝臓の数値は悪くないからおかしいね、一応かゆみ止めの塗り薬はだすね、と言っています。
数値は、遊離トリヨード:19.19遊離サイロキシン:5.87甲状腺刺激ホルモン:0.003以下TSHレセプター抗体:13.75今飲んでいる薬は、メルカゾール3錠(朝のみ)、ヨウ化カリウム(朝のみ)、インデラル(1日3回)です。
かゆみ止めはオイラックスです。
頭皮もかゆくて、不潔な人みたいです。
毎日きちんとお風呂に入ってるのに体中かゆくてボロボロになっています。
体重が10㎏落ちて現在38㎏(身長153㎝)になったことは関係ありますか?あと、体が黄色くなって、日焼けしたみたいに色黒みたいになってきました。
同じ方いらっしゃいますか?全くバセドウとは関係ないのでしょうか?もし同じくかゆみがあった方、どう脱したか教えてください。
しんどいし、かゆいし、頭痛や吐き気、子育てで辛くなってきました。
アドバイスください。
補足肝臓の数値ですが、AST(GOT):37ALT(GPT):24です。
あと尿酸が0.5、クレアチニンが0.34で低いと言われました。
いまかかっている病院は名古屋赤十字病院の内分泌科です。
専門医か否かを知るにはどうしたら良いのでしょうか?

バセドー病のように思います。
・汗かきになった・息切れが激しい・脈が速い・目が出てきた上記のような症状がさらにあれば間違いないような気がします。
バセドー病は常に体がジョギングをしているような状態で代謝が良くなりすぎます。
そのため今までと変わらぬ食事量でも痩せてしまいます。
体がかゆくなる方もいれば肌が黒くなってくる方もいるそうです。
代謝が良くなりすぎるため肝臓や腎臓に負担がくるんです。
ただ、お薬はバセドー病の薬のようですよね。
メルカゾールはバセドー病の治療で有名なお薬でメルカゾールの副作用で体がかゆくなることもあるそうです。
その場合は甲状腺に詳しい病院なら対応してくれます。
きちんと教えてくれる病院の方が安心だと思うので名古屋市内にある大須診療所はご存知ですか?ネットで調べてみてください。
日本で有名な甲状腺専門病院で東京にある伊藤病院がやっている病院だと思います。

痒みは、皮膚科で診てもらうべきでしょう。痒いと言われても、内分泌の医師には教科書的な処方しかできないでしょうから。ただ、やはり肝臓に異常がないかどうか、消化器科で否定してから皮膚科のほうがいいと思います。

補足…肝機能を知るには、まずγ-GTPが必要ですが…
大きい病院ほど自分の管轄しか診ないので、やはり痒みは皮膚科を受診しましょう。院内紹介してもらうのも悪くありませんが、自分でクリニックを受診するほうがいいかもしれません。

専門医かどうかを知るには、学会(内分泌、甲状腺など)のホームページから調べられると思います。都道府県別だと、意外と違う県で登録されていて気付かないことがあるので、フルネームで調べてみてください。>

甲状腺機能亢進症と診断されましたが、

甲状腺機能亢進症と診断されましたが、血液検査で、カルシウムの値が、12で、高いので、骨粗鬆症の薬を飲んでます。
他の検査エコー、CT造影剤の飲んでのCT、副甲状腺シンチなどの検査を受けましたが、特に、検査に引っかかる所は、なかったのですが、この病気なので、しようか?3ヶ月に一度診察、血液検査と尿検査です。
補足25歳の男性です。
167センチ、51キロです。
よろしくお願いいたします。

バセドウ病でも高カルシウム血症になるよ~intact PTH は正常なんだな?VAIBS

甲状腺機能亢進症の治療で、薬を服用し治療していますが薬が一気に増えて心配です…

甲状腺機能亢進症の治療で、薬を服用し治療していますが薬が一気に増えて心配です1日1回3錠から開始し順調に下がっていたんですがたまに薬の飲み忘れがあるせいか、数値が上がったり下がったりの横ばいでなかなか正常値に入りません先日は2週間中に2回飲み忘れがあったことを医師に伝えると「なかなか落ちないので6錠に増やしましょう」と半分キレた言い方され朝昼晩2錠ずつ飲む事になりましたそこで質問なのですが、薬はメルカゾールです1、一気に3錠も増やすものなのですか 3錠がだめなら4錠、4錠がだめなら5錠と1錠ずつじゃなくて大丈夫なんですか2、飲み忘れがあった事は不注意だったと反省していますが 医師に飲み忘れがあることを激怒されました この薬の飲み忘れはそんなに危険な事なんでしょうか 2週間に1~3回飲み忘れがあると効果は出てこない薬なのですか?3、数値は治療を開始し5ヶ月が経過し TSH・・・0.1未満変わらず FT3・・・治療前8→現在4~6を行ったりきたり FT4・・・治療前3.3→現在2.2~2.4を行ったりきたり 副作用が心配なので出来たら薬は増やしたくないのが本音なんですが やはりこの状態では6錠飲まなくてはいけませんか?4、6錠飲むことで低下症になる事はあるんですか?5、これからは最新の注意を払って飲み忘れを防ごうと思ってますが 薬を忘れない確実な方法は無いでしょうか質問ばかりで済みませんがよろしくお願いします

私もバセドウです。
人により薬の効き方が違うと思うので私の場合の話になってしまいますが私も飲み忘れはありますが、急に数値が上がったりはしませんでした。
もし数値が上がったとしても1日3錠ずつだったのが平日3錠、土日6錠という飲み方になった感じです。
1回2回飲み忘れた所で急に上がるとは思えません。
薬局のミスでメルカゾールの代わりにチラージンを処方され4ヶ月飲み続けたら流石に数値は10倍になったことはあります。
どのくらいの頻度で通院されているかわかりませんが長期間飲み続けないとなかなか低下症にはならないと思いますが、それは医師ではないのでわかりません。
私はメルカゾールの副作用が出始めた為アイソトープにせざるを得ませんでした。
薬がなかなか効きにくかったり副作用が出たりするとアイソトープ適応になるようです。

正当化してはいけませんが、飲み忘れありますよね
叱られて凹んでいたので少し安心しました
これで効かなかったら手術だと言われたので正直焦ってるところです
>私は、甲状腺の片方をとっているので、チラーヂンを服用しています。
量が安定するまでに1年かかりました。
なるべく数値を下にしときたいと言われ、最初100だったけど、1日おきに100と150の日にしたり、週に2回だけ100にしたり。
いろいろしてました。
途中で先生には、自分で調整してみてください。
と言われました^^;
結局、毎日150のむところで数値がかげんになっているので、続けています。

飲み忘れは、たまーにあります^^;
数人の先生にかかっていますが、1日くらい飲み忘れても、大事にいたることはないと言われています。
長くのんで効果が出るととらえています。

私の場合は、100均で、薬を入れるケースを買って、毎週入れています。
曜日の表示があるやつで、2個入りのものを買いました。
1つは、毎日目に入るところに入れるか置くかして、のんでます。
もう1つのケースは、飲み忘れたときに不安になるので必ず鞄の中に入れています。
おかげで、月に1回も飲み忘れはないです^^>

副甲状腺機能亢進症という病気はどのようなものでしょうか?

副甲状腺機能亢進症という病気はどのようなものでしょうか?

副甲状腺機能亢進症とは、血液中のカルシウムが正常またはそれ以上あるのに、副甲状腺ホルモンが必要以上につくられる病気です。
そのために、骨の中のカルシウムが減少して骨そしょう症(骨がやせてもろくなり骨折しやすくなる病気)になったり、腎結石(腎臓や尿管に結石が生じる病気)、消化性かいよう(胃・十二指腸などにできる)、膵炎などを引き起こすことがあります。
以前は非常に稀な病気と考えられていましたが、血液の生化学検査に自動分析器が導入されて、カルシウムの測定が一般化するようになり診断例が増えています。
外国では病院受診者の500-1000に1人、日本でもその1/10程度の頻度でみつかっていますので稀な病気とはいえません。
この病気が閉経後の女性に多いことより、50歳以上の女性に限ると1000人に1人くらいの頻度と推定します。
尿路結石患者での頻度は5%前後と報告されています。
当院での経験より、副甲状腺機能亢進症は決して稀な疾患ではなく、今後高齢化と共にますます増加すると考えています。

20歳の女性が原発性副甲状腺機能亢進症と診断され、手術後の検診でホルモンの4…

20歳の女性が原発性副甲状腺機能亢進症と診断され、手術後の検診でホルモンの4倍上昇(おそらくPTH)であることがわかりました。
Ca値は上がっていません。
この場合、他の疾患が考えられるのでしょうか?

これだけでは良く分りませんが、考えられるのは、続発性副甲状腺機能亢進症の可能性があると思います。
原発性甲状腺機能亢進症は、高Ca血症および,PTH濃度の上昇により、本症が強く疑われます。
治療は副甲状腺の病変の外科的切除が原則です。
年齢が若いので、手術を勧められるのは正しい選択だと思います。
一般的に、熟練した医師による術後の血清Ca正常化率は98.5%で、年間10症例以上の手術経験施設で行うのが理想です。
もし私が考えてる病名だと、治療方針は高リン血症と低Ca血症を是正しPTH濃度を適正に維持することが大切だと思います。
薬物療法にもかかわらずPTHが500以上、超音波検査での副甲状腺の腫大が著しく、繊維性骨炎の所見がある時は、副甲状腺摘除術や、経皮的エタノール注入療法を考慮する。
これはあくくまで私の考えです、主治医の先生とよく相談し治療を選択してください本人の今の状態に関して主治医の意見を書いていただけたら、もう少し助言は出来たかもしれません。
まだ若いので、もし治療に納得が出来ないようでしたら、別の専門のドクターに相談したらいかがかと思います。
お大事にしてください。

妊娠。違法銀行スルガと闘う被害者の会VAIBSの回答でした。>

副甲状腺機能亢進症と診断され、血中のカルシウムか高く、リンが低い状態で骨そし…

副甲状腺機能亢進症と診断され、血中のカルシウムか高く、リンが低い状態で骨そしょう症になり歩くのが精いっぱいの状態です。
次回の検査で副甲状腺の大きさと場所の特定が出来たら手術だと思います。
今まで入院や手術などしたことがないので不安です。
手術をして普通に痛みがなく歩けるようになるのか、入院の日数、手術の料金など分かる方がいたら、教えて下さい。
以前のように走ることが出来たらと思っています。
手術もどの辺を切って傷跡も大きく残るのでしょうか?私は39歳、足が痛みだしたのは5年ぐらい前、去年から階段の昇降は普通にできません。

私は7年前にPTX(副甲状腺摘出術)を受けました。
10年くらい前に骨密度の検査をしたら当時30代でしたが100歳くらいの骨だといわれてました。
副甲状腺の場所は甲状腺の裏に4個というパターンが多いですけど時々胸のあたりとかかなり離れている箇所にあることがあるので骨シンチでよく調べてからの手術になります。
手術はのどの少し下の方を切って甲状腺を裏返しにして摘出します。
4個のうち肥大化したものだけを取り出すこともありますが将来のどの再手術を受けるのは難しいのですべて取り出して一部をすりつぶして手に移植します。
入院の日数、料金は状態によります。
私の場合は術前のカルシウムが12以上ありましたがPTX後には一気に5まで下がりました。
そうなると体中のしびれ、長時間正座したときに足がしびれますがそれが体中に起きました。
また横になっているとベッドに体が沈む感じがするくらい重く感じます。
あとテタニーといって手の指がすぐつったりします。
これをハングリーボーンといいます。
骨の状態がよくなってカルシウムが安定すれば少なくともいまよりはいい状態になると思います。
傷跡については先生に目立たないようにとお願いしてみてください。
いまは7年くらいたってカルシウムもほぼ正常になり100歳といわれた骨も同年代の骨密度とほぼ同じになりました。

副甲状腺は下図のように,甲状腺の裏側に4つあり,そのうち1つが腺腫のため,副甲状腺機能亢進症となっています。下図の青い部分を3cm程度,切開します。あまり痛くありません。すぐ歩けます。10万円くらい?違法銀行スルガと闘う被害者の会VAIBSの回答でした。>

原発事故が起こって、放射能が飛んで、ヨウ素剤を飲むことになると、ヨウ素を摂取…

原発事故が起こって、放射能が飛んで、ヨウ素剤を飲むことになると、ヨウ素を摂取することによって甲状腺機能が亢進し、心拍数の増大を引き起こしますか。

安定ヨウ素剤を摂取する場合の副作用という点では発熱、関節痛、浮腫、蕁麻疹様皮疹などが言われていますが、いずれもアレルギー症状として急性的に発生するもので発生頻度については稀だと言われています。
これにより重篤な症状にまで成るとは考えられていません。
また、甲状腺機能亢進症については長期にわたって摂取を続けない限りは起こらないとされています。
チェルノブイリ事故の後にポーランドで安定ヨウ素剤が服用された実例が有りますが、若年層に於いて頭痛や腹痛(下痢)など起きた事が報告されていましたが、頻度は極小で、ヨウ素剤の影響かどうかの関連性は分からなかったとの事でした。
福島の事故の際には郡山市三春町で自治体の判断により服用指示が出ましたが、その際に何かしらの副作用が生じたとの報告は有りません。