パニック障害

パニック障害パニック障害やうつ病に関連する病気又は.パニック障害やうつ病が悪化するにつれてなる可能性のある病気などパニック障害やうつ病になるとこんな病気や障害になりやすいなどでもいいので回答をよろしくお願いします

思い当たるものとしては…【うつ病と症状が似ている病気】・境界性人格障害・非定型うつ病・統合失調症・躁鬱病 など【パニック障害と症状が似ている病気】・社交不安障害・ぜんそく・不整脈・覚醒剤中毒・甲状腺機能低下症・低血糖・メニエール病・狭心症・クッシング症候群・副甲状腺機能亢進症・心筋梗塞・側頭葉てんかん・アルコールの禁断症状・褐色細胞腫・更年期障害・心筋症・電解質異常・肺塞栓症 など【うつ病が悪化するにつれてなる可能性のある病気】ありません。
敢えて言うならば自殺です。
【パニック障害が悪化するにつれてなる可能性のある病気】・うつ病(定型うつ病ではなく、非定型うつ病が大部分です)・全般性不安障害・広場恐怖など【うつ病と合併しやすい病気】・パニック障害・社交不安障害・摂食障害・強迫性障害・強迫性人格障害など【パニック障害と合併しやすい病気】・うつ病・社交不安障害・全般性不安障害・アルコール依存症・広場恐怖・片頭痛・過敏性腸症候群・月経前緊張症などです。

パニック発作の症状

1. 心臓がドキドキする
2. 汗をかく
3. 身体や手足の震え
4. 呼吸が早くなる、息苦しい
5. 息が詰まる
6. 胸の痛みまたは不快感
7. 吐き気、腹部のいやな感じ
8. めまい、頭が軽くなる、ふらつき
9. 非現実感、自分が自分でない感じ
10. 常軌を逸する、狂うという心配
11. 死ぬのではないかと恐れる
12. しびれやうずき感
13. 寒気または、ほてり

パニック障害患者の約半数は、これら「うつ状態」や「うつ病」を示します。

次にあげる症状が4つ以上がかなり持続的に認められれば「うつ病」が強く疑われます。

1. ほとんど1日中気分が落ち込んでいる
2. 何に対しても興味も喜びも持てない
3. 食欲がない
4. 3日以上続く不眠
5. 頭の回転が鈍い
6. 理由もなくいらいらする
7. 疲れ易く活力が出ない
8. やる気が起こらない
9. 些細なことに申し訳ないと悩む
10. 自分は価値のない劣等な人間と思う
11. 根気がない
12. 簡単なことが決断できない
13. 特に朝方に憂うつ
14. いつもより2時間早く目覚める
15. 生きていても仕方がないと思う

お大事に・・・・・>たいじんきょうふしょう>

シーズー女子の病についてよろしくお願いします。

シーズー女子の病についてよろしくお願いします。
こんにちは。
よろしくお願いします。
女子13歳9カ月のシーズーの子ですが肝臓あたりエコーで腫瘍らしきものがあると2件獣医さんに言われておりますが2件の見解が微妙で悩んんでおります。
血液検査にてALKP3200今年1月初めから5300や4800とこちらだけ最少は以上数値でしたがほか数値は正常値でした。
?GPT1000 GOT 188 前日はGOT 44でしたしかしこの数値で黄だんもなく食用はいつもとかわりなく下痢もしません体重も7キロと痩せてもきてません?肝臓腫瘍とクッシングは同じでしょうか?クッシングがあるから肝臓に腫瘍ができるのでしょうか?副腎ならわかりますが?副腎の大きさも普通ですし下垂体かもしれないとのことですが多水もなくお水1日250ccから300ですし・・・・毛も抜けておりません。
肝臓の検査も麻酔を使用高齢ですし心臓もレベル3です。
ACTHは採決後27で少し高めでしたデキサメゾンはしておりません。
高齢なのでこのまま検査も時間がかかり体調に負担がかかりますのでこのままウルソとエナカルドだけで余生を送るほうがよいのでしょうか?肝臓腫瘍とクッシング両方の病気がこの子にあるのでしょうか?ご回答アドバイスお待ちしております。
しんどくないように余生も過ごしてあげたく思ってます去年7月に腎臓病で13歳女子シーズーなくしたばっかりでかなり苦しみましたのでかなり怖いです。
よろしくお願いします。
補足こちら通常コルチは3.7です。
総コレステロールは266です。
回答いただきましたが返信はできなおでしょうか?初心者にて申し訳ございません。
こちら追記しますのでどうぞよろしくお願いしまうす。

コルチゾール値の普段(pre)の値はいくつなんでしょうか?また、肝臓癌を始め慢性的な全身性の重篤な疾患では副腎過形成が起こるので、あまりACTH試験は当てになりません。
クッシングではコレステロールの上昇(>350mg/dl)やクレアチニンの低下(<0.5mg/dl)も高確率で見られるので、そちらの値も鑑別の参考にはなりますよ。
追記通常時のコルチゾール値は正常範囲内、コレステロールもクッシング参考値以下なので、下垂体性クッシングは100%ではありませんがないと思います。
おそらく副腎過形成が起きているのでしょう。
なので肝臓のほうの治療だけを考えていくと良いと思います。

これらの数値からすると、あまり良くないと思います。またエコーにて腫瘍らしきものがあるとのこと、正確な診断にはCTなどをお勧めしますが、麻酔をかけると思いますので(かけないでこれくらいと言う報告はありますが)あまりお勧めできません。
当然手術などお勧めも出来ませんので、食欲も有り、痩せてもいませんので、このまま様子を見ていただくのがこの子の為には一番かな?と思います。
飼い主さんの心配がこの子にはすぐ分かりますので、いつものように接してあげて下さい。>

犬がヘルニアの手術をしてからトイレが異常に近いです

犬がヘルニアの手術をしてからトイレが異常に近いですたくさん水を飲んで一日に10回もおしっこをします10歳のオスのダックスです何かの病気でしょうか?

ダックスのブリーダーです。
ヘルニアので、ステロイド飲ましてないですか?そうすると多飲になったりします。
術後歩いて普通ならのませてないとは、思うのですが、術後歩けない子で、飲ましてた人が、いたので一応。
毛が、抜ける量が多かったり、腹が水膨れのように、なってたら、ダックスに多いクッシング症かな副腎系のか、たくさん、食べるのに、体重減ってたりすると、糖尿病とかもありますね。

ヘルニアの手術との関係はわかりませんが、水を飲む量が多いのは、糖尿病の疑いがあるそうですよ。

病院で相談しましょう。

問題なければ安心なので、ちゃんと専門家に話を聞いてくださいね。>

猫の脱毛について質問します。

猫の脱毛について質問します。
さっき気が付いたのですが背中の辺りの毛が脱毛してることに気付きました。
うちの子は甥が大嫌いらしくそのストレスと毛繕いのし過ぎでここ1~2年お腹の毛が脱毛していたんですけど、来なくなると毛が生えてきてまた来出すと脱毛って感じでした。
それと肥満気味で病院のダイエット食にして2~2.5kg落としたこともストレスの原因かも。
でもさっき見つけたハゲは脱毛してる部分の皮膚が黒くなってました。
これってただのストレスじゃないような気がして心配です。
画像貼ってみたのですがわかりにくいかもしれません。
ちなみに7歳のメス猫です。

皮膚病になり、慢性化するとこのように色素沈着がおきます。
ストレスで他の病気(真菌性皮膚炎、クッシングなど)にもかかったのかもしれませんね。
なんにせよ病院で検査を受けたほうが良さそうです。

猫蚤噛傷が、原因でしょうね?>

うちの子犬なんですが朝起きると水を大量に飲みます。

うちの子犬なんですが朝起きると水を大量に飲みます。
たくさん飲むんです。
病気ですかね?

犬のサイズに対してどの程度の量を飲むのかわからないので「大量」いえるかどうかはわかりませんが犬が水を多く飲む症状から考えられる病気は腎炎 子宮蓄膿症 糖尿病 クッシング症候群 尿崩症 ホルモン異常による皮膚炎 子宮蓄膿症などがあるようですよ

やっぱり、暑いからっていうのがあるんじゃないでしょうか・・・?

私がこの質問をみて直感的に浮かんできたのは糖尿病でしたが、一応獣医さんに診てもらっては如何でしょう?>アチぃからに決まっとろーが!水飲まないと熱中症でダウンしてまうど?今年は犬の熱中症が3倍と激増しとるんやぞ!エエか?外のアスファルトは50度にも達するんやぞ?それで水飲み過ぎ?飲み過ぎぐらい飲まんとやっとれんのは犬のほうやで?>

愛犬の元気がありません

愛犬の元気がありません水を大量にのんで、普段は家でするはずがないのに大量に小便をしていましたその後も水をよく飲んでいましたいつもと違う様子で元気がありませんでした食欲はあるようなのですがやはりいつもとは違います病院も空いていないのでとても心配ですどなたか詳しい方がおられましたらできるだけ速く回答お願いいたします補足失礼しました犬種はウエルッシュコーギーペンブローグ年齢はあと1ヶ月で5歳性別は♀不妊手術はやっておりません異変はちょうど昨日の朝、突然尿がではじめましたのでかなり急ではあるとおもいます

補足後、編集です。
多飲多尿でも頻尿ではないようですので、膀胱炎ではなさそうですね。
腎不全の他に多飲多尿、元気消失だと、糖尿病、クッシング症候群、などが思いつく感じです。
五歳、未避妊で一番怪しいのが子宮蓄膿症かな、という気がします。
なるべく早く受診されてください。
何も異常がなかった、という結果になればいいですね。

私が、多飲多尿で思い浮かぶのは、『腎不全』です。

こちら↓に詳しく書かれていますので、ご参考になさってください。
http://www.petwell.jp/disease/dog/jinfuzen.html>

血圧の変動について(状況が変わったので、前回の質問を取り消し再投稿しています)

血圧の変動について(状況が変わったので、前回の質問を取り消し再投稿しています)先日、『線維筋痛症はクッシング症候群などの副腎皮質機能亢進症と併発しますか?(http://ow.ly/nCeed )』でご相談させて頂きました。
海外在住者です。
診察日がまだまだ先で時間があること、体調が思わしくないので腕で計るタイプの血圧計を購入し、毎朝晩計測することにしました。
もちろん腕タイプなので、参考程度にと考えています。
一応同じ時間に同じ状況・環境で・ベットに仰向けになって右腕で心臓の高さに合わせて計測・その後起立した状態で右腕で心臓の高さに合わせて計測SBPは殆ど80mmHgから110mmHgで問題はないかと思うのですが(以後単位mmHgは省略)、 DBPが40台か85前後にわかれてしまいます。
その結果、当然ですが低血圧か正常高値血圧かどちらかに別れてしまい、正常血圧には殆どなりません(低血圧:正常高値血圧:正常血圧≒4:4:2の割合)。
PPは20~30くらいを保っていますが、MBPが50前後か、85以上、99と言う時もしばしばあります。
とにかく頭痛と耳鳴りと嘔吐(最近は水を飲んだだけで気持ち悪くて吐くことも)、下痢が酷く、動くと異常に疲れるのですが、さらに全身疼痛もあるので、以前より運動不足であるのは事実です(以前はウォーキング、スロージョギングを行い、他のスポーツも楽しんでいたができなくなった)。
また、調子が悪いなと思うときに同様に計測していたところ、SBPが起立時に135、DBPが99と言う時もありました(勤務先なので寝て計るのは不可能)が、本日、自宅でのんびり寛いでいたところ、いつも遭遇するもの凄い違和感があったので、同じように計ったところ、横になっている時に、SBPが164、DBPが99、起立時もSBP:144、 DBP:62となり、1時間ほどかなり高い状態が続いた後、通常の値にストンと落ちました。
当然ですが数時間たった今も筆舌に尽くし難い状態です。
血圧も1日中変動していますが、こんなことは普通なのでしょうか?低血圧なのか高血圧なのかわからず、相談しようにも現地のホームドクターが当てにならず、専門医の再診で(とは言えリウマチ科ですが)今わかっている情報をできるだけ提出しますが(先生は夏休み中)、診察が2週間先なので、もし他の科に行くべきならどの課に行くべきか(内科?)、アドバイスを頂ければ助かります。
正直、見たことのない数値に不安で不安でたまらいので、どうぞよろしくお願い致します。
補足線維筋痛症の方の体験が聞けて大変嬉しいです(私も同じような体験を今しています)。
満月様顔貌から副腎機能かと思いましたが、リウマチ科が内科的な話?と言うご意見を個人的に頂き、もう一度医師の質問を思い出し、そう言えば口内炎やら一見無関係な事ばかり(返答は全てYES)。
SLEやベーチェッド病の可能性を探っているでしょうね。
どんどん悪化する苦痛を何とかして欲しいのに、何の進展もなく未知の弊害続出で泣きそうです。

素人ですが、長年線維筋痛症だったので、私の経験を書かせて頂きます。
解答にならなくて申し訳ありません。
線維筋痛症は、脳内の異常とされているのですが、痛みだけではなく、自律神経の異常も伴います。
そのため、血圧、心拍数、胃腸の不調、筋肉のこわばり、口や目のかわき、気分の落ち込み等々、様々な症状が現れます。
私自身、横になって休んでいるだけなのに、心拍数が急に70から200になってさらにまた下がったり、体温が30分間隔で37度5分から35度、また37度台になる、血圧も上が130から次の瞬間には80になったりと、内蔵など、内科的には何も異常がないのに、キリキリ舞いさせられました。
どんなに内科的に異常がなくても、体調は確実に悪いわけです。
主治医からは、気にしないように、と言われましたが、慣れるのには時間がかかりました。
今の医学では、まだ、線維筋痛症の原因となる分子レベルの異常ははっきりとは解明されておらず、もちろん数値化、画像化できません。
西洋医学の医師から見たら、患者の不調の訴えだけですから、患者の納得のいく説明や治療は難しいのでしょうね。
かえって、どこかに異常があってくれた方が、治療もできるし、医師にもわかってもらえるのに、とまで思っていました。
主さまも、早く原因がわかって、不調が良くなられるとよいですね。
補足を読ませて頂きました。
ドクターは膠原病を疑っておられるかもしれませんね。
実は、膠原病から来る、二次性の線維筋痛症もあります。
もしそうなら、膠原病の治療が優先され、あとは痛みのコントロールかと。
基本的に線維筋痛症を完治させる薬はまだないので、仕方ないですが。
私は生まれつきの線維筋痛症で、49歳で昨年完治しました。
お辛いでしょうが、あまり心配せず、ゆっくり養生なさって下さいませ。
少しでも楽になられますように。

犬について質問です。

犬について質問です。
ペット保険に入りたいのですが、いろんなペット保険がありどこに入れば良いのかわかりません。
どこかオススメのペット保険はありますか?また、動物病院によって対応できるペット保険は違ってくるのでしょうか。

10歳と13歳のダックスを飼っています。
10歳の子は去年ヘルニアの手術を受け、トータル47万円ほどかかりました。
内訳は日額一万円以下の通院6回と入院が一週間、手術(先進医療)42万円です。
この子には保険はかけていませんでした。
今年に入り、13歳の子が腎臓病とクッシング症候群を併発しました。
高額な検査と薬が必要になり、日額2万円以上になることもしばしばですが、平均して月2回、日額1万円以上かかっています。
この子には1歳の頃からアニコムに加入していて、3割負担ですんでいます。
このアニコム、そしてアイペットは動物病院の窓口で直接精算ができるところも多く、簡単に済むのがメリットです。
そして終身継続可能です。
ですが、手術には一回14万円と決められているなど、ヘルニアなどの高額の手術にはかなり不足します。
通院も日額14000円と決められているので高額な検査などには超えてしまいます。
また、手術、通院どちらとも年間回数制限もあるので、超えた分は自費扱いです。
そして他の保険よりもかなり保険料が高額です。
ペッツベストはそれらの限度額、回数なしで80パーセント補償とされています。
上記の保険よりかなり安く入りやすいです。
ですが、窓口での精算はできず、後で郵送での申告になります。
そして免責7500円、20000円などの種類があり、その額を超えた分のみの補償となります。
高額な手術の場合はおおいに生かされますが、7500円、もしくは20000円超えない通院ではすべて自費となってしまいます。
アクサダイレクトはアニコムやアイペットよりかなり安いです。
これも窓口での精算はできません。
年間50万円までであれば、手術でも通院でも50%補償してもらえる内容と、年間70万円までであれば、手術でも通院でも70%補償してもらえる内容の二種類あります。
こちらも回数制限がなく、しかも免責もないので補償率の高さがメリットです。
ただ、1度発症してしまった病気について更新時に継続を断られる可能性があるようです。
そして、アニコムやアイペット以外の少額保険のほとんどがこの可能性があります。
年間の補償率が良くても、高齢による慢性疾患に対応していなければ不安です。
一昨年までほとんどといっていいくらい保険にお世話になったことがなく、もったいなさを常に感じていましたが、高齢になってからの使用頻度は半端なく、加入の重要さに痛感しています。
加入可能年齢7歳と短いアニコムには早めに入っておかないとアウトです。
ほとんど同じ内容なのに、13歳まで加入できるアイペットですが、高齢の保険料はアニコムよりさらに高額です。
今保険をかけていない10歳の子もヘルニア以外の既往症がないので、加入を検討中です。
慢性疾患、終身継続、窓口精算に対応しているアニコムやアイペットは高額保険料でも安心がありますし、何度も通院するようになるなら窓口精算は本当に便利です。
事故、軽度の病気、手術など、一時的なものには少額の保険でも充分よいかと思います。

突然ですがリクエストさせて頂きますので、もし出来ましたら回答お願い致します。

突然ですがリクエストさせて頂きますので、もし出来ましたら回答お願い致します。
もう肺気腫と言われて4年経過しました、今回CTを撮りました、肺気腫の方は変化無しでしたが、右副腎に低吸収の結節を認め線種を疑いますので内分泌代謝内科の診察を受ける様にと言われました。
今回肺のCT検査を受けた目的は胸と言うか左右の肋骨の下がチクチクと痛いと言うか呼吸がし難いと言うか何とも言えない症状が有るからCTと肺機能検査を受けました。
1秒率は80%以上有りました、実年齢66歳、男性、喫煙者、肺年齢は87歳でした。
そこで質問です、副腎に腫瘍だか腺腫だか解りませんが何か出来物が出来ると、呼吸がしにくいとか左右の肋骨の下がピリピリする違和感が発生する原因になりますか?因みに糖尿病、高血圧等は有りません、スピリバーは使用しても、しなくても症状には関係有りませんので現在は使っていません。
副腎に腫瘍が出来ると何か症状は出るのですか?

副腎腫瘍の症状は主にその腫瘍が過剰に作るホルモンによって引き起こされますので、ホルモンの種類によって異なります。
1.ホルモン非産生腫瘍ホルモンを作っていないので症状はほとんどありませんが、稀に急に大きくなったために背中の痛みや、周囲の臓器を圧迫し腹部膨満感や食欲不振を起こすこともあります。
2.クッシング症候群高血圧、糖尿病、免疫力低下、多毛、肥満(手足は細い)、骨粗鬆症、性格変化などがあります。
3.原発性アルドステロン症高血圧、血中カリウム低値、筋力低下、手足のしびれなどがあります。
4.褐色細胞腫高血圧、脈が速い、頭痛、便秘、高血糖などがあります。
また普段は何も症状がないのに、運動・ストレス・刺激により発作的に症状が出ることもあります。
腎泌尿外科学教室のサイトより引用

ペットの病気についての相談です。

ペットの病気についての相談です。
犬、メス、避妊手術済の10歳。
最近、水を大量に飲み、大量の尿をするようになりました。
近所の病院でクッシング症候群、もしくは、糖尿病、慢性腎不全などの疑いで検査入院する事になりましたが食欲、元気もあり、体重も減っていません。
専門的なことはわかりませんが、その病院で以前皮膚疾患の治療に1年以上かかり、そのときにも色々な検査をされました。
検査も一向に良くならない病状に私が声を荒げたので、薬を変えるための判断材料として、とのことで、飼い主から意見を言ってからの判断に今でも疑問が残ってます。
そんなこともあってか 少し利用しにくいのですが、犬が太っていて長距離を歩けない、また車もないので、利便でまだそこに通っています。
(心なしか病院にもけむたがられているような気もする)何らかの病気だと思うので検査、治療は必要だと思いますが、兵庫県宝塚付近で良い病院があったら教えてください。
あと、失業中なので、ペット保険に入った方が経済的にも楽でしょうか?おすすめ保険もあればぜひ知りたいです。
お願いします。
補足入院はレントゲン エコー 血液検査の為にの半日入院です が病院の予約がいっぱいとのことで 今月末に受ける予定です

もう残念ながら犬の生命保険の加入は無理ですし入っても支払いは無理!ですよ!動物大学病院をお勧めします!機材も整い近日中に結果が判るのでお勧めします!

検査の為の入院と言う事なので もう退院されてるでしょうか。

検査結果はわかりましたか?

友人がクッシングで通ってる信頼できる病院を知っていますが歩いていける距離かどうか・・・

私も同じ地域の住人ですのでお教えできるかも知れませんので

ID宛てにメールを頂ければと思います。>

無排卵月経の場合、たくさん出血することはありますか?

無排卵月経の場合、たくさん出血することはありますか?毎月しっかり1週間は生理があります。
が生理の2,3日前に出血が一回あります。
その後2,3日後にしっかり出血します。
2,3、日目はかなり多く、4からすくなくなり、7日で終わる日もあれば、2,3日、微妙に出血することがあります。

[無月経]*無月経とは月経が無い事─初経が無い。
また月経開始後に中断する事。
無月経は、原発性(16歳の時点で初経が無い)と(月経が過去にあった女性で3ケ月以上月経が無い)に伝統的に分類されるが、この分類は診断的には役に立たない事が多い。
機能的アプローチの方が助けとなる。
無月経は─思春期の少女、妊娠中及び授乳初期、閉経後を除いて起きた場合は病的である。
無月経は、子宮内膜の周期的変化を生じその結果月経を引き起こす視床下部、下垂体、性腺、子宮の相互作用の異常を示す。
無月経は次のような原因によって生じる。
解剖学的異常;視床下部、下垂体、または他の内分泌の機能不全;卵巣障害;または遺伝的欠損。
無月経はその原因によって他の異常、例えば多毛性早熟、肥満、乳汁漏出症等を伴うことがある。
[無月経の原因]①「解剖学的異常」→アッシャーマン症候群、頸管狭窄症(まれ)、処女幕穿孔、男性偽半陰陽、膣及び子宮の発育不全、膣横中隔。
②「視床下部機能不全」→神経性無食欲症(慢性無排卵を生じる)、適度の運動、視床下部性無排卵、カルマン症候群、プラダー・ウィリー症候群、精神的要因、重度のストレス、腫瘍(過誤腫、頭蓋咽頭腫、神経膠腫)、体重減少(急性)、栄養不良(慢性)、③「下垂体機能不全」→無月経乳汁漏出症(高プロラクチン血症)、良性下垂体腺腫、下垂体機能低下症(シーハン症候群、頭部外傷または脳腫瘍による)、ゴナドトロピン単独欠損症、汎下垂体機能低下症、下垂体腫瘍(フォーブス・アルブライト症候群)、向精神薬。
④「卵巣不全」→自己免疫疾患、化学療法及び骨盤X線照射、先天性胸腺形成不全、ガラクトース血症、性器発育異常、先天性副腎過形成、⑤「その他の内分泌機能不全→クッシング症候群、薬物(抗精神病薬、抗ウツ薬)、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、アンドロゲン、エストロゲンまたはヒト絨毛ゴナドトロピンを産生する腫瘍、肥満、多嚢胞性卵巣症候群、⑥「遺伝的欠損」→アンドロゲン不感性症候群、ターナー症候群おおかみより

無排卵性の過多月経

無排卵に伴いエストロゲンの持続作用とプロゲステロン分泌欠如により生じる破綻出血

発育されないままの卵胞がエストロゲンを分泌し続ける一方で
プロゲステロンの分泌がないため、子宮内膜は異常増殖し続けるが、
それを存続させるに足りるせん動脈の増生が追いつかず、
子宮内膜は血行障害状態になり壊死が生じて破綻出血に至る

・無排卵周期症
・多嚢胞性卵巣症候群

など>

続発性無月経について。

続発性無月経について。
疑問に思ったことがあります。
仮に続発性無月経を放置し続けたとしたら、本来の体の機能も衰え始めるのが早いですか?月経が止まっているということは更年期になっていることと似ていますよね?なので基礎代謝や新陳代謝が低下したり、汗をかかなくなったり、老化現象が現れるなどの歳をとれば当たり前に出てくる症状が早まるということはあるのでしょうか?

続発性無月経は原因の多くは視床下部性であります。
思春期に見られる月経異常の50%は続発性無月経です。
思春期にはストレスやダイエットによる過度の体重減少、激しい運動による間脳、視床下部性の無月経もおおいのです。
貴女が御幾つか分からないので一般的に書きます。
神経性食欲不振症(ダイエット)があったか?食行動(食欲不振)に異常はないか?ストレスはないか?乳汁分泌はないか?高プロラクチン血症を来たす薬はのんでいませんか?⇒ドグマチール、ウインタミン、ヒルナミン、コントミン、レボトミン、メレリル、フルメジン、ニューレプチル、セレネース、トリラホン、トリオミン、ピーゼットシー、レプチル、アバミン。
プリンペラン、ナウゼリン⇒制吐剤EP剤(ピル含む)プレマリン⇒ホルモンアポプロン、アルドメット⇒降圧剤治療の方法はありますが、これは、婦人科でもう一つ、アメリカの無月経の診方を約します。
[無月経]*無月経とは月経が無い事─初経が無い。
また月経開始後に中断する事。
無月経は、原発性(16歳の時点で初経が無い)と(月経が過去にあった女性で3ケ月以上月経が無い)に伝統的に分類されるが、この分類は診断的には役に立たない事が多い。
機能的アプローチの方が助けとなる。
無月経は─思春期の少女、妊娠中及び授乳初期、閉経後を除いて起きた場合は病的である。
無月経は、子宮内膜の周期的変化を生じその結果月経を引き起こす視床下部、下垂体、性腺、子宮の相互作用の異常を示す。
無月経は次のような原因によって生じる。
解剖学的異常;視床下部、下垂体、または他の内分泌の機能不全;卵巣障害;または遺伝的欠損。
無月経はその原因によって他の異常、例えば多毛性早熟、肥満、乳汁漏出症等を伴うことがある。
[無月経の原因]①「解剖学的異常」→アッシャーマン症候群、頸管狭窄症(まれ)、処女幕穿孔、男性偽半陰陽、膣及び子宮の発育不全、膣横中隔。
②「視床下部機能不全」→神経性無食欲症(慢性無排卵を生じる)、適度の運動、視床下部性無排卵、カルマン症候群、プラダー・ウィリー症候群、精神的要因、重度のストレス、腫瘍(過誤腫、頭蓋咽頭腫、神経膠腫)、体重減少(急性)、栄養不良(慢性)、③「下垂体機能不全」→無月経乳汁漏出症(高プロラクチン血症)、良性下垂体腺腫、下垂体機能低下症(シーハン症候群、頭部外傷または脳腫瘍による)、ゴナドトロピン単独欠損症、汎下垂体機能低下症、下垂体腫瘍(フォーブス・アルブライト症候群)、向精神薬。
④「卵巣不全」→自己免疫疾患、化学療法及び骨盤X線照射、先天性胸腺形成不全、ガラクトース血症、性器発育異常、先天性副腎過形成、⑤「その他の内分泌機能不全→クッシング症候群、薬物(抗精神病薬、抗ウツ薬)、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、アンドロゲン、エストロゲンまたはヒト絨毛ゴナドトロピンを産生する腫瘍、肥満、多嚢胞性卵巣症候群、⑥「遺伝的欠損」→アンドロゲン不感性症候群、ターナー症候群。
以上ですが年齢が分からないからな!!老化現象は大丈夫と思いますが、分からないが正しい。
お大事におおかみ より

人間ドッグで副腎に腫瘍がみつかった

人間ドッグで副腎に腫瘍がみつかった私の身内が、先日人間ドッグで副腎に腫瘍がみつかり一週間検査入院をしました。
お医者さまは「良性だと思う」とおっしゃっていたので安心していたのですが、結果は、こんどはより細かな検査ができる病院で二泊の検査入院をすることになりました。
こういう場合どの様なことが考えられるのでしょうか?本人に聞く前に知識を得たいのです。

次のサイトの説明が解りやすいので、ご覧ください。
「副腎腫瘍副腎の腫瘍は大別して2種類あります。
腫瘍はあるけれども過剰にホルモンを分泌しない非機能性腫瘍と、腫瘍から前述のホルモンを分泌し過ぎる機能性腫瘍です。
非機能性腫瘍この腫瘍は人間ドックなどの検診や他疾患の検査中に偶然発見されるものがほとんどです。
偶発性腫瘍ともいいます。
この腫瘍が見つかると、まず内科的にホルモン分泌の異常がないかどうか調べます。
非機能性と判明しても直径が3 cmを越える場合には副腎癌(後述)を疑って手術をするのが一般的です。
非機能性腫瘍の中には内部に水分を貯めて袋状になった副腎嚢胞のかたちをとるものもあります。
このような非機能性の副腎腫瘍は、報告によれば全人口の1.3~1.9%近くに存在するとも言われ、全例が治療の対象となるわけではありません。
自分の副腎腫瘍がどのタイプで実際に治療が必要かどうかよく主治医と相談してください。
機能性腫瘍これは全て治療の対象となります。
多くは高血圧や糖尿病を主症状として内科を受診、その検査の過程で判明します。
高血圧には一般的な本態性高血圧(原因不明)の他に、この副腎腫瘍のように原因があってそれに付随して生ずる二次性の高血圧があります。
50歳前から降圧剤の内服が開始となった方や、何種類もの降圧剤を服用しても血圧がなかなか下がらない方は内科の主治医に相談して一度副腎を調べて貰うとよいでしょう。
コルチゾール過剰副腎腫瘍からコルチゾールが過剰に分泌されるのがクッシング症候群と呼ばれる疾患です。
高血圧や糖尿病、肥満、満月様の顔立ち、毛深くなる等の症状が出てきます。
女性に多い疾患です。
アルドステロン過剰アルドステロンが過剰に分泌されるのが原発性アルドステロン症です。
50歳前から発症することが多く、脳出血等の合併も多いので要注意です。
アドレナリン分泌過剰髄質由来の腫瘍からアドレナリンが過剰に分泌されると血圧が200を越えることも希ではなくなります。
心臓の拍動も早まります。
褐色細胞腫という疾患です。
普段は正常血圧でも体外からの刺激(運動や採血等)で発作的に血圧が上昇することもあります。
約10%は組織学的に悪性(癌)の像を示します。
また腫瘍が副腎以外にも多発することもあります。
副腎皮質には癌が出来ることもあります(副腎癌)。
副腎皮質原発の癌はホルモンをほとんど分泌しないものもあれば、コルチゾールを過剰分泌していてクッシング症候群としての症状を示すこともあります。
一般的に副腎癌は発見されたときにはサイズが大きい(5 cm以上)ものが多いです。
」http://www.uro.med.tohoku.ac.jp/patient_info/diseases/05.html

まずは、今後 大きくなるかそれともそのままかを検査するでしょう。
大きくなりそうだったら、組織を取って 細胞の良悪を調べます。>

精神疾患(うつ病、統合失調、ストレスなど)以外で

精神疾患(うつ病、統合失調、ストレスなど)以外で 成人で、突然発症する 不眠症ってありますか? あれば病名も教えてください。

不眠症自体も病気と言えば病気で・・・〇〇症候群など加えると不眠が現れるものは多数あります。
コピペですがどうぞ^^1. 身体的要因 (physical)関節リウマチ(痛み)、アレルギー疾患(かゆみ)、発熱、喘息発作など。
不眠をきたす代表的身体疾患 心疾患 – 狭心症、心不全など呼吸器疾患 – 気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、睡眠時無呼吸症候群など消化器疾患 – 逆流性食道炎、胃潰瘍など内分泌代謝疾患 – 甲状腺機能亢進症、クッシング症候群など脳神経障害 – 脳血管障害、パーキンソン病など皮膚疾患 – アトピー性皮膚炎など睡眠関連運動障害 – 周期性四肢運動、 PLM、むずむず脚症候群RLSなど2. 生理学的要因 (physiological)環境の変化、寝室の騒音、温度、湿度など、睡眠環境としてふさわしくない生活環境。
3. 心理的要因 (psychological)ストレス、精神的ショック、生活上の不安など。
4. 精神医学的要因 (psychiatric)うつ病、神経症、統合失調症など、多くの精神疾患で不眠が発現する。
5. 薬理学的要因 (pharmacological)カフェイン、アルコール、タバコ、降圧薬、ステロイド、甲状腺剤、抗パーキンソン病薬、抗がん薬、ホルモン剤などが原因となることがある。
[6]

犬の肝臓病について教えてください!!

犬の肝臓病について教えてください!!12歳のマルチーズです。
乳腺腫瘍の手術は2度して避妊もしています。
2年程前から気管虚脱でネオフィリンを朝、晩飲んでいます。
今年春の定期検診で肝臓肥大でエコーの結果は肝脂肪だろうとの事です。
でも血液検査で目立って高い数値がALPで370前後を今日までうろうろしていて、胆汁の数値が4月で20。
(食後4時間)5月で7(食後4時間)に下がったものの今日84まで上がりました。
これから薬を服用する事になりました。
お聞きしたいのは気管支拡張剤の薬での副作用ではないのか・・・GTPGOTは正常値でGGTは13で高めです。
高齢ながらもいたって元気で、飛び跳ねたり目もしっかり見えて、耳も良く聞こえ、食欲も旺盛です。
心配なところは、多飲多尿かな?という事と、お腹は少しボテっとしてます。
エコー検査では肝臓がんは見当たらないのと副腎も正常胆のうも大きくない?との事でした。
肝臓が悪いのか、胆のうが悪いのか、薬が原因か・・・お聞きしたいです。
後、この先気を付けることもあればお願いします。


高齢ではありますがまだまだ一緒に元気にいたいです。
よろしくお願いします。

ネオフィリンでそんなに肝臓に副作用が出るとは考えにくいと思います。
それよりは多飲多尿、腹部膨満を考えるとクッシング症候群の可能性もあると思います。
ちなみにGPTやGOTは肝臓由来の酵素で、ALPは肝臓というよりは胆嚢、それ以外にも筋肉や骨などからも出てきます。
もちろんクッシングでも高値になります。
もし副作用での肝障害を考えるならGOTやGPTがもっと高くなると思います。

心配で心配で・・・

心配で心配で・・・チワワ10歳オスです毎日水ばかり飲んでます測りましたら1日500以上は普通に飲んでます(飲みすぎだと思います)オシッコは飲んだ分だけ1日数回大量にします病院では血液検査しましたが、異常なしでした特にクスリなどもなく様子観察でしたが、心配です一週間前、よその犬を数日預かってましたが、このストレスからだったのでしょうか仲良くできず、5日くらいで返しました何かアドバイスがあったらご意見ください心配でたまりません

多飲多尿をしめす病気はいくつか考えられます代表的な病気では ●糖尿病 ●子宮蓄膿症(未避妊の雌のみ) ●クッシング症候群 ●アジソン病などですかね。
一般的な血液検査では糖尿病は否定できますがそれ以外は否定も肯定もできません。
まずは動物病院にて多飲多尿の症状を訴えてしっかりと検査してもらうことをおススメします。

太ってしまう病気はありますか?

太ってしまう病気はありますか?・20代後半、女性、身長156cm・食事は普通。
一日平均 以前:1600kcal 現在:1400kcal・間食はしない・1日8000歩~13000歩(ウォーキングを兼ねて徒歩通勤)・デスクワーク中心・飲み物は、麦茶・紅茶・緑茶(砂糖入れない)・1日の活動量は(活動量計で測定)、平均2000kcal・起床6:00 就寝23:00・食事時間は、朝6:50、昼12:10、夜18:00~19:30・食事は基本的に和食(自炊)です。
昼は自作弁当です。
野菜ばかりではなく、肉・魚・卵・主食もきちんと摂取しています。
・飲酒・喫煙はありません。
身長156cm48kgでそれをずっとキープしていましたが、この夏を契機に3ヶ月で65kgになってしまいました!9月の社内健康診断では、異常は見つかりませんでした。
太り始めてから食事を見直し、食事量を減らしています。
今は1日平均1400kcalです。
以前より歩くようになりました。
ダイエットしているのですが、体重の増加はストップしません。
お腹が二段になってしまいました。
顔はすでにブヨブヨです。
久しぶりに会う人には、必ずビックリされます。
私は元々出かけるのが好きな性格でしたが、最近は外出するのが嫌になってきました(人の視線が怖くて)体重計に乗るのが怖いです。
どんどん数字が増えます。
怖いですが、毎朝体重測定はしています。
今日も0.2kg増えていました。
以前より食べる量は減らして身体を動かすようにしているのに、体重の増加が止まりません。
摂取カロリーが1600kcalで活動量が2000kcalだったら、普通、体重は減りますよね…?太ってしまう病気はありますか? 同僚に「おやつは食べない。
食事もそれだけなのに、なんで太るの?」と言われました。
私が聞きたいよ…と言いたいです。
よろしくお願いします。
補足食事以外は、水もしくは記載した通り麦茶・紅茶・緑茶を飲みます(ストレートです)。
サプリは飲んでいません。
通勤は、早歩きでウォーキングです。
朝20分、帰りは遠回りをして50分です。
腹筋・背筋・腕立て伏せは1日20回3セット行っています。
ジムは週1です。
あと毎朝ラジオ体操をしています。

太ってしまう病気で一番注意が必要なのは:1 クッシング症候群(副腎皮質ホルモンの過剰分泌):2 甲状腺機能低下症(橋本病)あたりではないでしょうか。
1400calで脂肪が増えるのは考えにくいです。
1600calでもおかしい。
いずれも脂肪が増えるというよりはいわゆる"浮腫太り"というイメージです。
スネを押して凹みが戻らないなら肥満より浮腫が考えられます。
どちらもクリニックで簡単に検査できますので、それでも原因不明なら総合病院の内分泌科が力になってくれると思います。
実は運動はほとんどカロリー消費には効果が少ないんです。
二次的に代謝が良くなり痩せやすくなる体質にはなりますが、、、

結論を言うと、太ってしまう病気は多数あります。Cushing症候群や橋本病といわれる病気などは体重が増える代表的な疾患です。9月に健康診断を受けられたということですが、脂質異常症などをみるための血液検査は項目に含まれていましたか?通常は含まれているのではないかと思います。ただ、3ヶ月前から体重が増え始めたということなので、元来普通から痩せ気味であったために9月の時点では明らかな異常がなかったということも考えられます。いずれにしろ、貴殿の生活習慣を見る限り、3ヶ月前で20kg弱の上昇は病的であると考えます。血液検査なども行える内科の受診をされたほうが良いかと思います。また、服薬に関しては何も記載がありませんでしたが、薬の副作用として代謝異常をきたすものも多くあります。もし、薬を飲まれているのでしたら、かかりつけの医者に相談することをお勧めします。>食事以外本当に何も口に入れていないですか? サプリとか飲物なども・・・・・・・・
まず、水分補給は大切です。一番いいのは脂肪を燃焼させるとクホ飲料があります。これをお勧めします。
通勤に歩くだけでは少ないですね。歩き方も早歩きでないと。
後は腹筋と体幹をねじる運動・体操などがいいですね。
心因性も考えられますが・・・・・・>私の経験ではうつ病は太ります。>

肝機能(特に脂肪肝)、コレステロールと中性脂肪を改善する方法を詳しく知りたいで…

肝機能(特に脂肪肝)、コレステロールと中性脂肪を改善する方法を詳しく知りたいです。
補足酒タバコは してません。

異常があったらどうするか?中性脂肪値が高値を示す人の大半は、肥満や食べすぎ、運動不足、飲酒によるものです。
この状態が続くと、心筋梗塞、脳血管障害など、動脈硬化症の病気の原因になりますので、中性脂肪を家庭でコントロールすることが大切です。
飲酒している人は禁酒するか、週2回程度に節酒します。
肥満や運動不足の人は、運動する習慣をつけ、脂肪や糖質(炭水化物)の多い食事を控えるなどといった努力で、たいてい改善できます。
正しい食事療法を行なうだけでも、中性脂肪を約30%も減らすことができますので、頑張りましょう。
異常な場合に疑われる病気高値…脂質異常症、糖尿病、甲状腺機能低下症、クッシング症候群、肥満、肝障害など

肥満はありますか

運動をしましょう>体重を落としましょう。
それで、上記の項目すべてに結果が出ると思いますよ。>アルブミン濃度に異常はないですか?

お酒なしで脂肪がつくのは全体的に食べる量が多いか
出る、運動などが少ないか
肝臓自体の機能低下です。

糖質制限も言われていますが私はあまりこだわりません。
栄養バランスのよい食事を少なめにというのと
糖質よりもむしろ脂肪分を気にしたほうがいいでしょう。
若干タンパク質を多めに。
並行して軽い運動でしょうかね。

中性脂肪自体はあまり高いとあとあと問題になりますから
受診して服薬というのもありです。>中性脂肪が正常値になるまで、糖質制限を行うのが良いですね。
運動することも重要です。

<参考>
https://yomidr.yomiuri.co.jp/network/20160705-OYTEW164864/
[経済アナリスト 森永卓郎さん]
(1)命の危険もあった重度糖尿病を一気に改善

http://toyokeizai.net/articles/-/127412
1日300円!「森永卓郎ダイエット」の真相>

犬の病気予防 先日うちのワンコが水をよく飲むなぁ~と思い、その時はあまり気にし…

犬の病気予防 先日うちのワンコが水をよく飲むなぁ~と思い、その時はあまり気にしませんでしたが最近頻繁によくがぶ飲みしてます。
それで色々とネットで見てたらフィラリアや肝臓系の病気かもと書いてあり心配になりました。
他は何も異常はなくご飯もよく食べ散歩もルンルンで行きます。
オシッコが多いかな?よくウイルス感染とかフィラリアとか言いますがこうなる原因は何ですか?よその犬からの空気感染ですか?庭にもよく出します蚊が多いです。
病気になる原因を教えてください。
よろしくお願いします。

飼主が見て分かるくらい水をがぶ飲みして尿量が多いのは多飲多尿と言う症状で明らかに病的ですウイルスやフィラリアは関係ないと思います一般的には以下の原因があげられます子宮蓄膿症(避妊をしていない雌犬)糖尿病クッシング高カルシウム血症(悪性腫瘍などによる)尿崩症腎疾患肝疾患 などいずれも命に関わる病気ばかりです早急に血液検査を受けるようにして下さい。

病気によって、感染経路は色々ですが、伝染病の場合は接触感染、空気感染、飛沫感染などです。

特に恐い伝染病は、パルボウイルス感染症とジステンパーウイルス感染症で、どちらの伝染病も致死率が非常に高いです。
パルボウイルスの感染経路は、接触感染で人間の手などにウイルスがついた状態で犬を触ったり、感染犬に接触したり、感染犬の排泄物や嘔吐物からの感染もあります。
ジステンパーウイルスの感染経路は、飛沫感染で、感染犬のセキやくしゃみでいっきに飛び散ります。
ジステンパーウイルスに感染した犬は獣医さんも見放す場合が多いです。理由は、入院治療しても回復する可能性が非常に低いことと、院内に感染犬がいることで他の患者犬に感染する恐れがあるからです。
しかし、これらのウイルスには有効なワクチンがありますので、動物病院で接種すれば、感染する可能性はかなり下がります。

続いて、フィラリア症ですが、これはウイルスとは違い、寄生虫の一種で、フィラリアに感染している犬や狸、狐などから吸血した蚊がフィラリアの運び屋となり、感染していない犬から吸血する時に感染させます。
しかし、この病気も有効な予防薬がありますので、蚊の多い時期には必ず飲ませてあげましょう。

犬は多少の体調不良では我慢してしまうので、心配なら早めに獣医師に相談しましょう。>人間同様に糖尿病も考えられますよ!一度良い悪いは別として検査の必要はあります!この時期に大量の水の摂取はおかしいですよ!早急に病院連れて行って下さい>

糖尿病と他の検査項目での診断お願いします

糖尿病と他の検査項目での診断お願いします糖尿病で一時薬などのんでいましたが、今はなにもしていません。
症状や合併症のことなども色々調べて知っているのですがやはり自覚症状が大きく出ないと甘くなるもので何もせずに過ごしてしまっています。
数値はよくないのに気をつけていない人でもなかなか合併症発症をしないタイプの人や食事や運動をとても気をつけて過ごしているのに合併症を発症する人それぞれだと読んで自分はなかなか発症しないのではないかとただ漠然と感じてしまっています。
突然やってくるのかという思いもりますが…。
何もしていないくせに安心の求めているのか健康診断の結果が気になっています。
今年は●血糖値159 HbA1c8.3 中性脂肪が211 GPT36 血圧130/85 が引っかかった数値抜粋です去年は●血糖値171 HbA1c8.0 中性脂肪185 GPT77 が引っかかった数値です一昨年は●血糖値142 HbA1c項目なし 中性脂肪151 GPT43 尿酸7.8 蛋白± 赤血球数545 血色色素16.7 が引っかかったものです。
その前が良くなく参考までに●血糖値236 HbA1c項目なし 中性脂肪278 GPT52 蛋白+ 糖4+ が引っかかったものです それより前もありますが、血糖値は200前後でずっと数値は基準の126を切ることなくH17年から過ごしています。
もう8年程こんな状態ですが何も起きていません。
失明、人工透析へのリスクなども重々把握しているのですがなぜか自分は大丈夫ではないかという思いが消えません。
8年前より血糖値は下がっているのですが最高240程から150代になったところでいい状態になってきているとは言えないでしょうか?血糖値が高いだけで中性脂肪やGPTなどの数値にも引っかかりはありますがこれがどう影響してくるのかなど詳しくわかるかた私に喝を入れられる情報で教えていただけるともう少し真剣に考えられるのではという思いもありながら質問させていただきました。

健康診断時の数値でしょうか、血糖値159 HbA1c8.3は明らかに治療が必要な数値で「糖尿病」の数値です(一時薬を服用されておられたようですが、再度、服薬が必要です→失明、人工透析へのリスク等もご承知でしたら、きちんと対応下さいませ。
まだまだ危険領域ですし、現状では50歳を超えた頃には手遅れになるように思います)。
中性脂肪が211 GPT36 も高値です。
血圧は年齢にもりりますが、それぼど心配ない数値のようです。
中性脂肪が高い場合は大方、肥満傾向ですね。
中性脂肪だけでなくコレステロール値も高い場合は、動脈硬化症、糖尿病、甲状腺機能低下症、クッシング症候群などが疑われます。
ALT(GPT)が高いのも大方、肥満傾向かと察しますが、急性肝炎・慢性肝炎や脂肪肝などで数値が上がります。
印象としては、食べ過ぎ、運動不足でしょうか(生活習慣の見直しが必要かと思います)。
γ-GTPは問題なしの様子ですが、過度な飲酒がなさそうと想像はできます。
血液検査結果等は、他の項目等と関連つけて見ます(全ての検査項目と各数値を見てみる必要があります)。
体型や性別は、通常、お会いし、見れば判りますが、数値だけの場合は、年齢・慎重/体重・性別程度も参考といたします。
必要によっては再検査や追加検査も必要でしょう。
確かに、全て記載する方も、それを見る方も互いに大変ですね。
知恵袋で解決は無理です。
内科を受診下さいませ。
《ご参考:基準値の例》ALT(GPT) ALT 6~43 U/L AST(GOT) AST 5~37 U/L γグルタミルトランスペプチダーゼ γ-GT(γ-GTP) 0~75 IU/L 総コレステロール T-Cho 150~219 mg/dL HDL-コレステロール HDL-C 男 40~70 mg/dL、女 45~75 mg/dL LDL-コレステロール LDL-C 70~139 mg/dL 中性脂肪 TG 30~149 mg/dL 空腹時血糖値GLU 70~110 mg/dlヘモグロビンA1c HbA1c(NGSP)値4.6~6.2 %(現在の基準値) HbA1c(JDS)値4.3~5.8 %(過去の基準値)正常血圧 85~130

>最高240程から150代になったところでいい状態になってきているとは
>言えないでしょうか?
今の数値でも完全に血糖コントロールの評価は「不良」しかも空腹時血糖値が
160以上、HbA1cが8.4以上が「不可」になるので今年の数値は不良と不可の
ボーダーまで来ていることになりますから、その考えは大甘ですよ。

糖尿病の合併症は10年以上とかの長期にわたって血糖コントロールが不良な
状態が続いたことによって進行するものです。
一般的には合併症の進行を防げる大まかな目安は空腹時血糖値が140未満
HbA1cが7%未満とされていますから、いまのところなんともなくても
このまま放置すればやがては合併症が出るのは避けられないでしょうね。

「食事や運動をとても気をつけて過ごしているのに合併症を発症する」
については、近年では糖尿病の合併症は血液中の糖と蛋白が結合して
生成されるAGEs(糖化最終産物)という物質が蓄積することによって
引き起こされると考えられるようになっています。
過去に数年間とか血糖コントロールが悪い状態があるとその間に
多量のAGEsが蓄積され、一度蓄積されたAGEsは体外に排泄できないので
その後食事や運動に気を付けても合併症が出てしまうということをさすかと
思われます。

私も過去に血糖コントロールが悪い状態が数年続いたためにHbA1cが6%台に
まで改善しても数年前に眼底出血を起こしてレーザーによる光凝固術を受けました。

「俺だけは大丈夫」と油断すると「なんで俺だけが」と後悔することになりかね
ませんからきちんと治療に励んだほうがいいですよ。>まずHbA1cから。血糖値は前後の食事や生活で一時的に改善することもありますが、HbA1cは過去2か月の血糖の状態を示します。8以上ですので慢性的に血糖が高い状態が続いています。
血糖値も120以上であることからも、予備軍ではなく糖尿病です。

血圧もギリギリではありますが、TG(中性脂肪)も高めですので血管障害(脳・心筋梗塞や脳出血など)のリスクはグーンと上がります。
血糖が高い+TG高い=食べ過ぎ、運動不足と言えるでしょう。
結局は収入(食事)と支出(エネルギーとして使う)のバランスです。検査の結果から収入>支出の状態が長く続いているとうかがえます。

リスクについてですが、糖尿病自体はだいたい無症状です。症状が現れるのは一般に末期です。
ですので症状がないから大丈夫というのは成り立ちません。知っている範囲での合併症は失明や透析も当然ありますが、両足切断や脳梗塞などになった例もあります。
重篤であるほど普通の生活すらままならなくなります。言葉の良し悪しはあると思いますが、極端に行ってしまえば人生真っ逆さまです。
正直哀れというか、なぜもっと早くに対処しなかったのかと思います。

合併症が重篤化する人の傾向としては、「自分は大丈夫」と言ってみたり、一時良くなっただけで「糖尿病が治った!」という人が多いです。
医師の薬を止めて、怪しげなサプリだけ飲んで済ませて、気が付いたら末期だったなんて人もいますね。
どこから来るのか自信過剰なんです。無症状が大きな要因みたいですが、先にも記載しましたが、もともと糖尿で害のある症状がある方が珍しいですからそのあたりの誤解が後々大きなしっぺ返しとなるようです。
お腹減った、のど乾いたなどは多いですが、その症状自体で困ることが無いので放置しがちです。

治療も飲み薬ならまだよいものの注射となると、これまた大変。
1日に1~数回、毎日自分で注射です。痛いのも嫌だし、前後の処置(針をつけたり、消毒したり、針の後始末など)を考えただけで面倒で仕方ありません。

最終的にどうするかは質問者様の自由ですので、治療に励むも、放置して悪化するも私の知ったことではないですが、質問を見つけたのも何かの縁。できれば一度専門の医師の診察を受けてもらいたいです。

なお蛇足ですが、糖尿は完治するようなものではありません。気を抜くとあれよあれよという間に悪くなる病気です。薬を飲んで、食事に気を配って、嫌でも運動する習慣をつけて長年付き合っていかなければなりません。一時良くなって「治った!」という人ほど合併症にやられますのでご注意を。>

獣医の誤診がひどすぎる。
愚かな飼い主

獣医の誤診がひどすぎる。
愚かな飼い主何回か質問させて頂いている亡くなった愛犬のことです。
腎盂炎ということで、突然痛みに悶えてから3日で死にました。
亡くなったときも、15年間かかりつけの獣医に腎臓が悪くなったらなかなか完治しないと言われました。
その言葉を信じ、腎臓が悪くなったので老犬だし寿命だったと思い聞かせました。
しかしここで質問したときもその血液検査からは腎臓はさほど悪くないという返答をもらいました。
腎盂炎と診断するには尿検査とエコー?が必要らしいです。
しかしそのようなことはしませんでした。
先日仕事場で飼っている犬を違うかかりつけに見せに行く機会があり、話をしたところ、過去何枚かの血液検査とレントゲンを持って来れば診ますよと言って頂きました。
全ての血液検査とレントゲンを持っていったところ、腎盂炎では絶対にない。
腎臓が悪ければクレアチニンが高くなるんだけどなぁと言われました。
尿検査などをしていないと聞き呆れていました。
また、腎結石があるねと言われました。
初耳でした。
素人が見ても明らかにレントゲンに写り込んでいました。
心臓が肥大しきってるのに、治療として血液さらさらの薬を飲んでいたと言ったら、それは効かないと言われました。
心臓の治療をしていないから、心臓で亡くなってもおかしくないと…3ヶ月前に片目が真っ赤になり、痛そうに呼吸を荒げたことがありました。
それは眼底出血と言われましたが、この病院では眼底出血は眼球の奥でするもの、目で見て真っ赤になったのなら前房出血だと言われました。
また白内障が戻ってこなかったところを聞くと、水晶体がずれて失明していたはずだと言われました。
結局亡くなった原因は血液検査とレントゲンと話だけなので憶測だけど、話を聞いた限りではクッシング症候群ではないかと言われました。
治療していれば抑えることができた病気です。
痛みに悶えたのに、その後ご飯を食べれたのは異常な食欲が原因かも…とのことでした。
特徴のビール腹もありました。
セカンドオピニオンに行けば良かった。
飼い主が犬を殺してしまいました。
愚かな私の家に来たせいで、愛犬は寿命を短くされたかもしれません。
怒りよりもあまりに違う診断にショックが大きいです。
腎盂炎でないのに老犬だから仕方ない。
とか、チョコレートあげた?とか言われました。
その病院に行き、腎盂炎で亡くなった経緯を聞きますか?それとも黙って見逃しますか?補足tensiさん兆候が必ずあったのなら、4年前から血液検査とレントゲンを定期的に行っていても医師は気づかず、排泄食事も変わりがなかったのに飼い主が病気に気づけと言うのですか?質問を読んでいますか?心臓肥大は知っていました数年前から。
でも治療など言われなかったのです。
飼い主が医師より知識を持つべきでした。
あと腎盂炎じゃありません。
亡くなる4ヶ月前に血液検査等しています。
兆候ってなんですか?

15年もいきたのであれば わんこは幸せだと思います。
飼い主のせいでなんてこと 犬は思ってないと思います。
苦しみも3日で死ねたのだから 短かったと私には思ってしまいます。
うちの場合は 5歳とかなんで、あなたがうらやましいです。
ちなみに私は色々な病院に連れて行きます。
何件連れて行っても判明しないことが多いです。
検査もいろいろします。
検査が原因で犬を死なせたこともあります。
病院に連れて行かなければよかったと思うこともあります。
病院は、分業制だと思った方がいいです。
心臓病だとわかったら 循環器系の専門医の先生を探して連れて行く。
普通のかかりつけはなんでも屋です。
専門的な病気は分からないとみた方がいいです。
まれに 勘と飼い主から症状を聞きだすのがうまい獣医さんがいて病名をぴたっとあてることもあるかもしれませんが。
飼い主が 獣医さんを探さなければならないんです。
診断もある程度目星をつけなければならない時もあります。
ネットが普及してるので、症状を調べていったら わかることも多いです。
血液検査も 病院でできるような検査だけだったらだめです。
病院から外注で頼むような検査でないとわからないことが多いです。
末期がんであっても普通の検査結果では わからないことが多いんです。
兆候がないと思うのだったら、病院選び以外後悔することがないと思います。
老衰ですら兆候はあると思います。
何時間くらい寝て、おしっこの色は何色で水を飲む量、普段のしぐさも同じだったのか。
歩き方、顔色・・・・毛でわかりにくくても顔色というか毛色でわかります。
写真を毎日とっていて過去のと比べると わかることもありますよ。
やせてきたとか。
顔の表情が変わったとか。
おしっこの検査をしなかったのは致命的ですね。
尿比重で腎臓の機能している具合が分かります。
エコー検査や心電図もとってましたか?病気はたくさんあります。
人間と違ってしゃべってくれない、むしろ動物は隠すことが多いので、飼い主が見つけてやらないといけないんです。

軟水のミネラルウォーターを飲ませたほうがいいですよ。

http://dogmineralwater.seesaa.net/>亡くなったワンちゃんは戻ってきません。

ですから、質問主様は
別の何かを獣医に要求し戦う事になるかと思います。
相手は専門家で証拠なども全て持っています
(寧ろ全ての血液検査とレントゲンを出してきた所に驚きます)

要求するものが謝罪なのか賠償金なのか
二度と誤診しない(させない)為の何かなのか
を先ず見定めなくてはなりません。

その上でそれを得るために必要な労力が
得る物の価値と見合うのかをよく見定めて
どうするか決めるべきだと思います。

私は二度とその病院にはいきません。>突然痛みに悶えてから3日ってのが引っ掛かりますね

腎盂炎も腎結石も心臓肥大も必ず兆候がみられます

兆候は必ずあったはずです

健康管理をしっかりしてなかったのも原因だと思います

なので全て獣医が悪いと決めつけるのは良くないですね

自分なら聞いたりはしないでしょう

※補足※

貴方のこの質問は何度もスレを立てていますね、誤診と言う前に絶対貴方は健康管理をちゃんとしたと言い切れますか?

病気で亡くなった事しか書かれていない、生活での飼育に関しあまり触れていない、前の質問ではお腹が腫れたとしか書かれていない、今回心臓肥大(拡張型心筋症)としている、貴方が恥ずかしくなるだけですよ。

動物病院で健康診断しなくても普段の生活でも兆候は出るのです、気づかない貴方にも問題があると言う事です

病院だけを責める前に貴方には非がないと言うのはありえません、健康管理が大事なのです。

健康管理は貴方がする事です、そこで気づかなければ病院へ行っても細かく診察もしないでしょう。

亡くなったのは残念ですが、15年間飼っていながらこれら犬の変化(兆候)に気づかないのも問題だと言う事です。

守ってほしい5か条

1.動物の習性等を正しく理解し、最後まで責任をもって飼いましょう飼い始める前から正しい飼い方などの知識を持ち、飼い始めたら、動物の種類に応じた適切な飼い方をして健康・安全に気を配り、最後まで責任をもって飼いましょう。

2.人に危害を加えたり、近隣に迷惑をかけることのないようにしましょう糞尿や毛、羽毛などで近隣の生活環境を悪化させたり、公共の場所を汚さないようにしましょう。また、動物の種類に応じてしつけや訓練をして、人に危害を加えたり、鳴き声などで近隣に迷惑をかけることのないようにしましょう。

3.むやみに繁殖させないようにしましょう動物にかけられる手間、時間、空間には限りがあります。きちんと管理できる数を超えないようにしましょう。また、生まれる命に責任が持てないのであれば、不妊去勢手術などの繁殖制限措置を行いましょう。

4.動物による感染症の知識を持ちましょう動物と人の双方に感染する病気(人と動物の共通感染症)について、正しい知識を持ち、自分や他の人への感染を防ぎましょう。

5.盗難や迷子を防ぐため、所有者を明らかにしましょう飼っている動物が自分のものであることを示す、マイクロチップ、名札、脚環などの標識をつけましょう。

※犬の飼う為の知識 病気に関する知識 これらを飼う人は勉強しなければならない。

腎盂炎の兆候

※ぐったりして元気がない
※食欲不振
※発熱
※水をたくさん飲む
※尿の回数が増える
※尿がにごる
※尿のにおいが強くなる

心臓疾患の兆候

心臓の機能が低下してくると、いろいろな症状が現れ、それを放置しておくと心不全に移行してしまいます。心不全は心臓病の末期の症状で、どういう犬でも目に見えて症状が悪化してきます。この状態に到る前に、少しでも早く発見するには、心臓病の症状を見逃さないようにしなければなりません。

心臓病には特徴的な3大症状があります。咳が出る、運動をしたがらない、失神など。咳は心臓病の重要なサインで、特に中型犬以上の犬が咳をしている場合は、心臓病にかかっているケースが非常に多く見られます。小型犬の咳はどちらかと言えば、気管の障害が原因である場合が多いのですが、それでも高齢になれば、同時に心臓病を疑う必要があります。

心臓病の咳には特徴があります。喉に魚の骨でも刺さったように、喉の奥からその骨を吐き出すような咳をします(これを喉詰まりと間違える飼い主さんがよくいます)。咳が出る時間帯は夜間や明け方に多いのが特徴です。愛犬がこのような咳をしたら、心臓病が疑われますから、動物病院で診察してもらってください。

尿路結石の兆候

犬の尿路結石の症状は、おおむね人間と同じです。しかし、犬は口をきけないし、自らの不調を訴えることもできないため、人間の側が注意してみなければなりません。

一番ポピュラーな症状としては、膀胱炎を起こして血尿が出るというものがあります。その前兆としてトイレが頻繁になったり、一回ごとの尿の量が少ない、小便の時にいつもと違ったしぐさをする(痛がるなど)の兆候があります。

尿がまったく出ない場合は、結石が出来てどこかに詰まっている可能性があります。この場合は、2日以内に対処しなければ命に関わります。

※拡張型心筋症※

初期段階では時折の失神がみられることもありますが、特に目立った症状はありません。進行すると肺水腫を生じ、咳や呼吸困難などが見られるようになります。不整脈を起こした場合には、ふらついたり、意識を失ったり、元気がなくなりボーっとする、といった症状が見られ、最悪の場合には突然死することがあります。>お悔やみ申し上げます。

私もヤブ医者に骨肉腫を5ヶ月間も捻挫と誤診され、こちらから部位を指定してレントゲンを撮りようやく判明しました。
獣医には気が遠くなるようなレベルの者がいるということを知るのが遅すぎました。
知識や技術がないだけならしょうがないのですが、獣医としての姿勢がまったくなっていなかった。
それにも関わらず、ヤブ医者にかからせた私が殺したようなものです。

もうその獣医には関わりたくないので意識から存在を消しています。>

いつも回答ありがとうございます。
獣医様ということでとても安心しております。

いつも回答ありがとうございます。
獣医様ということでとても安心しております。
いつも回答ありがとうございます。
獣医様ということでとても安心しております。
シーズー2匹最愛の宝です去年介護の半年家で点滴をしておりましたが不治の病で亡くしてしまい。
その子もALKP3000数値でその子のやはりクッシングを疑われその子はACTHでグレーゾーンデキサメゾンでは大丈夫でした。
最後亡くなる前CRP炎症反応が15と数値があがり多機能不全か検査はやはりしておりませんが内臓にいくつか腫瘍が腎臓以外にあったので腸管にも問題があったのではといわれております最後は激やせでした。
延命した自分を責めたこともありクッシング診断はわからいことがたくさんありまよね?それから慎重になってる自分がいてます本当いつもありがとうございます。
またアドバイスお願いします。

ALP(ALKP)が高くなる原因はいくらでもありますからね。
それだけでクッシングを疑うのはどうも・・・。
クッシングを疑う時の最重要項目は多飲(1日体重1kg当たり100ml以上)、多尿(朝も夜も尿比重1.015以下)と皮膚異常(脱毛、皮膚脆弱化など)、腹囲膨満です。
クッシングは”症候群”ですから、その症候が出ていない限りは疑うことはまずありません。
血液検査でのALP高値はクッシングでは参考程度の情報にしかなりません。
ALP高値でまず疑うのは胆嚢疾患や膵臓疾患、骨疾患、そして炎症性疾患です。

病院で末端肥大症の検査をしました。
血液検査とMRIをとったんですが、どちらにも異…

病院で末端肥大症の検査をしました。
血液検査とMRIをとったんですが、どちらにも異常が見られなかったです。
でもクッシング病や末端肥大症の症状項目が全て当たってるので、まだ信用できずにいます。
医者にそのことをいったら笑いながら否定しました。
(恐らく、まだ信用してねーのか的な感じで)僕の勘違いですか?それとも他の病院でもう一度受けた方がよいですか?

何病院の何先生に診て貰っているのかしらないので、わかりませんが。
今のところ、緊急性がないのですから、根気よく検査を順番で受けて行くしか有りません。
焦る必要などありません。
最終的な結果が出たら、主治医から理解できるまで質問攻めにして、しっかりと認識することです。

ネコの皮膚病。
正式な病名。
原因は何でしょうか?感染しますか?

ネコの皮膚病。
正式な病名。
原因は何でしょうか?感染しますか?

猫の皮膚病といっても色々あるので思いつくものを↓・真菌症/猫真菌(皮膚糸状菌というカビの一種が原因の皮膚炎 人にも猫にも感染するので隔離が必要)・猫疥癬(猫小穿孔ヒゼンダニというダニが皮膚に寄生することが原因の皮膚炎 人にも猫にも感染するので隔離が必要)・ノミによる皮膚炎その1、「ノミ刺症」(ネコノミが皮膚を吸血することで起きる皮膚炎 ネコノミは人にも猫にも感染します)・ノミによる皮膚炎その2、「ノミアレルギー」(一度ネコノミに刺されたことがあるネコがノミの唾液に過剰反応をおこし皮膚炎を起こします)・猫の心因性皮膚病(神経性皮膚病)(ストレスや環境の変化により生ずる皮膚炎 何度も繰り返し同じ場所を舐めてしまうことで炎症を起こしてしまう 感染はしません)・猫の食物アレルギー性皮膚炎(食事の中のアレルゲン物質が原因で起こるアレルギー性皮膚炎 感染はしません)・猫のアトピー性皮膚炎(ハウスダストや花粉、胞子などが原因で起こるアレルギー性の皮膚炎 感染はしません)・猫のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)(副腎皮質ホルモン(コルチゾール)が過剰に分泌される事で起こり、皮膚全体が薄くなり症状のひとつとして脱毛などが見られることがある 感染はしません)ノミダニ関係や菌関係が原因のものは感染するものがほとんどなので、ケージなどに隔離して治療します。
(きちんと治療を受ければ治る皮膚炎です)アレルギー関係の皮膚炎の場合、原因(アレルゲン)を特定できないとなかなかよくなりません。
特定できれば原因を除去することで、皮膚炎も治まっていきます。

それは気持ち悪い飼い主様に対する拒否反応でございますよフヒヒ
本能なので病名はありません
はよ汚染された福島にでも捨ててこい>

犬の震え

犬の震えもうすぐ11歳になるメスのコーギーです。
クッシングを患っていて薬を飲んでいますが、最近急に元気がなくなって、散歩もあまりしたくないようです。
そして、頻繁に足がガクガク震えることが多くなりました。
クッシングは薬で多飲多尿はコントロールできていますが、他に何か病気があるのでしょうか。
同じような症状を知ってる方がいらしたら教えてください

コーギーで11歳のメスです。
うちの子は細菌性の皮膚病を発症しており、軽いステロイド剤と抗生物質と皮膚にいいサプリメントを服用しています。
痒みがあるので、カラーを付けています。
状態はあまり変わりませんが、少しよくなってるかな?程度ですね。
一年くらい前から、後ろ脚の片方に振るえが始まりました。
レントゲンでは異常がありませんでいしたが、詳しくはMRIをしないと判らないとの事でした。
脚の震えはグリコフレックスⅢというサプリメントでよくなりました。
老犬になると脚の振るえはよくある事で、皮膚の方は気長にみないとだめみたいですね。
あと、元気はなくはないですが、やはり寝てる方が多いですね。

ステロイドについて教えてください。

ステロイドについて教えてください。
3月8日に難聴と診断され、ベタメタゾン錠0.5mgを1週間分処方されました。
最初の3日間は1回2錠を1日3回、残りの4日間は1回2錠を1日2回 飲んで下さいと言われたのですが、飲み始めて3日経った頃から顔のむくみ、気分の落ち込み等の症状が出てきました。
また、飲み始めて1週間経つとむくみが悪化し、自殺願望まで出てきました。
今は薬が無くなったので飲んでいません。
このまま薬を勝手にやめるのはやはりよくないでしょうか?また、このような短期間の服用でもここまでひどい副作用が出ることはあるのでしょうか?回答よろしくお願い致します。

個人差大ですが、ベタメタゾンはステロイドでも強い作用がある反面、副作用も現れやすい薬です。
副作用の出現と思われますので、主治医を受診し相談されますことをお勧めいたします。
《ご参考》ベタメタゾン錠0.5mg(成分がベタメタゾン、リンデロン錠の後発薬):合成副腎皮質ホルモン剤(長時間型の強力なステロイド薬)。
通常、成人はベタメタゾンとして1日0.5~8mgを1~4回に分割経口服用。
主な副作用として、過敏症、発疹、月経異常、クッシング症候群様症状、下痢、悪心、嘔吐、胃痛、胸やけ、腹部膨満感、口渇などが報告。
起こる可能性のある重大な副作用として、誘発感染症、感染症増悪、B型肝炎ウイルス増殖による肝炎、続発性副腎皮質機能不全、糖尿病、消化管潰瘍、消化管穿孔、膵炎、精神変調、うつ状態、痙攣、骨粗鬆症、大腿骨頭無菌性壊死、骨頭無菌性壊死、上腕骨頭無菌性壊死、ミオパシー、緑内障、後嚢白内障、眼圧亢進、血栓症などが報告。

短期間でも副作用が出る人はいると思います。

1週間以内であれば急にやめたからって具合悪くなることはあまりないとは思いますが、難聴について再診は必要だと思います。>

犬の血糖値がさがりません。

犬の血糖値がさがりません。
今年の9月に糖尿病と診断された、11歳の犬のオスです。
(体重10㎏) それ以来、一週間~10日の割合で血液検査に通いインスリンの量を調整していますが、いまだに血糖値が下がらず(ほぼ5+)インスリンの量が増え続けています。
(開始時一日一回5単位。
現在一日二回18単位) このところ 増えていくばかりのインスリンの量に不安になってきています。
血糖値とは、下げるのにこんなに日数がかかるものなのでしょうか? また、同じような経験をされたかた血糖値をさげるために何かアドバイスなどありましたら、よろしくお願いいたします。
(補足)*糖尿病の他に、心臓疾患があります (一日、ベトメディン3錠・フォルテコール2.5錠 飲んでいます) *クッシングの検査は陰性でした *ケトン体はでていません。
*インスリンはノボリンNです。
・自宅では検査紙で、尿糖・ケトン体・pH・蛋白・潜血を毎日チェックしています。

獣医師ではありません心臓のお薬を飲んでいるので血糖値が下がらないのでは臓器特に腎臓に対する影響も心配ですよねインスリンが効きすぎると低血糖になりこれも怖いです薬の量を決めるのは難しいのかもしれませんが人間ならインスリン注以外にインスリン抵抗性の改善薬もあわせて服用することが多く比較的早い時期に下がると効いていますインスリンを打っている人は低血糖担った時のためにブドウ糖を持っているとも効いています最近 インクレチン療法(錠剤と注射薬)もありますインクレチンなどで検索すればこの薬の効き方が書かれていると思います犬の事でなくすみません一度 糖尿病を得意とする専門医を探してみてセカンドオピニオンを受けるのも一つではないでしょうか経験のある医師 得意とする分野の医師でと今の医師とでは血糖値コントロールが違うかもしれません

インスリン治療が必要な糖尿病の犬においてインスリン治療が上手くいかない場合、以下のような対処方法が挙げられます。

1)飼主によるインスリン注射が適切かどうか確認:この場合、獣医師による注射が行われ血糖値が適切に下がるかどうか確認されます。獣医師による注射で下がる場合、飼主の注射は適切に行われていないと判断され注射方法を再指導します。

2)インスリンの増量

3)投与するインスリンの種類を変更

4)食事管理の徹底

5)インスリン抵抗性を示す疾患がないかどうかを調べる(クッシング症候群など)

当初からノボリンを使用している状況なのであれば、インスリンの変更が検討されるべきでしょう。>

子犬の飲む水の量について

子犬の飲む水の量についてトイプードル、もうすぐ4ヶ月(2.5キロ)の女の子がいます。
ここ半月程、水を飲む量が増え続け100cc前後だったのが190cc前後まで増えてしまいました。
元気で食欲もあり体重も順調に増えていたので、「フードをふやかすのをやめたから飲む量が増えた」位に思っていたのですが、血液検査ででカリウムが「5.4」といわれました。
糖尿はないと言われたのですが、夜中にも50ccほど飲んでいる様子を見ると心配でなりません。
2週間後に腎臓の超音波検査をしましょうと言われている状況です。
考えられる病気はあるのでしょうか。
また治療可能なものでしょうか?教えていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
補足gon_moku_mika様、色々教えていただきありがとうございました。
血液検査のほかの値は「BUN 16.3 / CRE 0.85 /リン 7.2 」でした。

多飲多尿だけならクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)も考えられますが どちらかというと低カりウム血症です。
高カリウム血症なら 腎不全、副腎皮質機能低下症(アジソン)です。
普通 多飲多尿なら低カリウムの事が多いのですが 高カリウムだとすると腎不全がやはり可能性が高いかもしれません。
そのような場合は 通常 BUN、Cre、リンが上昇することが多いですが・・・その他 高カリウム血症の原因としてはカリウムを多く含む食品の過剰摂取が高カリウム血症の原因としてもっとも多くアシドーシス(とくに呼吸性アシドーシス)カロリー摂取量の不足、発熱や感染症、消耗性疾患血管内での溶血消化管出血(消化管内に出た血球が破壊し、血球内のカリウムが遊離して吸収されるため)採血時の溶血による偽性高カリウム血症の可能性採血後に血清分離せずに長い時間、放置しておくと血球からカリウムが遊離し、結果として検体のカリウム濃度が上昇などがあります。
BUNCreリンの数値からは腎不全の兆候はないですね。
犬の正常な1日の飲水量は20~70ml/kg多飲は100ml/kg以上とされています。
犬の多飲多尿の原因となる 最も多い疾患は・腎不全・副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)、プレドニゾロン等のグルココルチコイドの投与・糖尿病・子宮蓄膿症・高カルシウム血症・副腎機能低下症(アジソン)・肝不全また あまり多くはないですが ・尿崩症(中枢性、腎性)・多飲症(原発性・心因性) などもあります腎機能の検査(エコーや尿たんぱく・クレアチニン比など)をしてみて 問題がなければ 100ml/kgは超えてませんし 少し様子をみてもよいかもしれませんね。
あまりご心配でしたら 大学病院などを受診なさってはどうですか?

適切な回答は出来ませんが、
初めて飼った子が肝臓に?水がたまり8歳で亡くなりました。

色んな話があるのでどれが正しいか私もわかりません。
でも、犬は1日に500mlも飲むことはほとんどないそうです。
ウエットフードか、ドライフードでも飲む量は違います。

たぶん、早い段階で気づかれたと思うので大丈夫でしょうが、
骨が出てきているのに、
やたらとお腹だけ大きくなったりはありませんか?

うちの子はそうだったんですが、
手遅れだったのと、高齢ということで手術はせずに薬治療でしました。
効果がなく薬を飲み始め1ヶ月もしない程度でなくなりました。

まだ若いのもあるので治療も出来ると思います。
手術というてもあると思いますので、
飼い主さんも一緒に頑張ってくださいね。
話がずれてしまい、すみません。>クッシング症候群とかありますよ。
この場合お腹がポコンと出ていたり毛が抜けだしたり皮膚に張りがなくなったりします。
治療は薬治療です。>

ダイエットと糖尿病治療

ダイエットと糖尿病治療出産してから母乳で育てばやせると思っていましたが私は逆に急激に太りました。
運動してもちっとも体重は減らず・・食事は和中心で間食はほとんどしません。
体中がきつくて いつもより疲れやすくなりました。
糖尿病ではありませんが とにかく痩せたい一心でただ きついのがイラつくので痩せた健康な体を取り戻したいのです糖尿病の治療方法で痩せることはできますか?また 痩せさせる病院があれば教えてください。
(福岡・久留米です)

内科医です。
糖尿病の治療は、まずカロリー制限からスタートします。
身長、活動量にもよりますが、1400~1600Kcalをまずはめざしてはいかがでしょうか?食べているものが多くはなくても高カロリーのものを摂取していないか、、糖尿病薬の使用では痩せることはできません。
太る原因として、摂取カロリー - 消費カロリーが +となれば 当然体重は増えます。
もちろん、ホルモン性疾患が隠れている可能性は否定できません。
例えば甲状腺機能低下症、クッシング病などチェックする必要があるかもしれません。
一度内分泌内科を受診されてはいかがでしょうか?痩せさせる病院は、大半が美容外科系です。
あまりお勧めできません。

急いでいます、犬の原因不明の皮膚病・脱毛について皮膚科専門医を探しています!

急いでいます、犬の原因不明の皮膚病・脱毛について皮膚科専門医を探しています!原因不明の、皮膚病(膿皮症)のような症状で今まで約3ヶ月治療し病理検査もしました。
最近、皮膚病理検査で悪い病変はみつからず安心しておりますが、背中がほとんど脱毛(痒み)をともなうのでカラーをつけています。
皮膚がん、膿皮症ではないとするとどんな病気が考えられますか?こちらは埼玉県在住で、皮膚科専門の動物病院を探しています。
アレルギー、クッシングを疑っていますが原因がわからないので埼玉県、足立区で良い皮膚科がある動物病院を教えて下さい。

よろしくお願い致します。

知り合いのシーズー3頭飼いのお宅で、8年以上原因がつきとめられない皮膚病(アレルギー?)に悩んでいた方がいます。
3回クリニックを変えたのですが、どこもステロイドの軟膏やステロイド剤で症状を押し込める治療が続き、その度に薬のリバウンドでまたかきむしる状態。
何回もアレルギーテストをして、その度にアレルギーの可能性があるものを排除したそうです。
それでも病名も無く、アレルギーが原因と言われていたそうです。
私自身も多頭飼いで、アメリカの獣医さんが使用しているアレルギー用のサプリを飲ませたら(うちのはそこまでひどくなかったです。
)キレイに治ったのでその方に分けて差し上げたところ、3日目で赤みがひいて、1週間ほどでかなり回復されたそうです。
獣医さんはステロイドが入っている!と騒がれたそうですが、その獣医さんが成分を調べた結果、実際の成分は漢方と肌に良いビタミン、善玉菌だけでした。
ペットサプリのヘルシースキンというものです。
いろいろな獣医さんに診てもらって、それでも症状がおさまらない場合には、試してみる価値アリだと思います!

犬猫皮膚科クリニック つるおか動物病院です。
http://www.hifu-ah.com/

近そうなので紹介しましたが、私の犬が診察してもらったことは無いので一切の責任が持てません。
早く良くなりますように…>

愛犬の変な症状について もうすぐ9才になるオスのミニチュアダックスを飼っていま…

愛犬の変な症状について もうすぐ9才になるオスのミニチュアダックスを飼っています。
昨日から水を飲む回数が急に増え、尿の回数が増えました。
シートから普通に漏れるぐらいの量です。
尿をしたあとすぐにまた水を飲む時もあります。
今日に至ってはメスの様に尿をしていました。
特に元気がないような事はなく、食欲はいつもと変わらないです。
明日病院に行くつもりですが、この症状からどんな事が考えられるでしょうか?心配でたまりません。
宜しくお願いします。

糖尿病、クッシング症候群、甲状腺、腎不全、メスなら子宮膿腫と心配な病気が多いですよ。
まだ元気があるうちに病院へ行かれた方がいいですよ。
体力が有れば治療ができます。
犬は体調不良をギリギリまで隠そうとしますから明日は病院行ってあげてほしいです。
元気があると、ついつい様子見になってしまいますが多飲多尿は心配です。

他には何も症状がないですか?
うちは、アジソン病です。
多飲多尿、震えです。
悪くなると一気に悪くなります。
寒いのもいけません。
早く病院に行けば、投薬で健康状態を保てます。
一生治る事はありませんが、うちは全く元気です。
病院で、電解質の血液検査をして下さい。
すぐに、わかると思います。>9歳で、突然多飲多尿になった場合は
糖尿病かクッシング症候群でしょうかね。
お大事に。>

愛犬のはく(チワワ9歳)がクッシング症候群と診断されました。
現在の係りつけの医者で…

愛犬のはく(チワワ9歳)がクッシング症候群と診断されました。
現在の係りつけの医者では投薬治療ではリスクがあるため様子をみようとのことです。
現在の症状としては若干の腹部のふくらみがありますが日常生活は元気で変わりありません。
尿中コルチゾール/クレアチニン比 4.03×10-5です。
投薬治療の必要性について判断のアドバイスをお願いします。

乞食の飲んだくれ循環器医ですが、本日もたくさん飲んでいます。
無視してくださいクッシング症候群は、難病で下垂体にACTHを産生する小さな腫瘍が考えられます。
コルチゾールが多く分泌されますので、糖尿病、高血圧、骨粗鬆症などが発生することがあります。
肺炎や敗血症によってなくなることもありますので、注意が必要です。
当方はステロロイド、やミトタン、やデソパンのの投与しか思いつきませんので、専門医の受診をお勧めいたします。

札幌で犬の内分泌疾患(特にクッシング症候群・脳下垂体)に詳しい

札幌で犬の内分泌疾患(特にクッシング症候群・脳下垂体)に詳しい動物病院をどなたかご存知の方教えて下さい。
よろしくお願いいたします。
土日に通院できる病院が希望です。
大学病院は、土日の診療がお休みで、仕事上通院が難しいです。

こちらはいかがですか?えのもと動物病院http://www.vet-enomoto.com/index.html獣医神経病学会の理事を務めたこともありますし、この学会は内分泌系・神経系に詳しい先生方がいらっしゃいますからそれなりの実績もお持ちでしょう。

こんにちは。
医療について詳しい方、もしくは同じ症状になった事がある方が居まし…

こんにちは。
医療について詳しい方、もしくは同じ症状になった事がある方が居ましたら教えて下さい。
一年ほど前から彼氏が急速に太り出し、全体的に丸くなったなと思っていましたが、特に変調は無く健康でした。
特にお腹がぽっこりと妊婦のようでしたが、急にこの一か月位でヘソから膿が出始め、ヘソの尾が繋がっていた部分が細菌に感染する病気だという事が分かりました。
投薬でなかなか治らないので、もしかするとお腹に溜まった膿を出す手術になるかもしれないらしいです。
私がヘソの掃除をしたために感染したのではないかと思うので、手術費を出すべきだと考えていますが、一体いくら位するのか不安です。
まだ抗生物質での治療に止まっていますが、なかなか膿が止まりません。
ご存じの方が居ましたら、手術の内容なども教えて下さい。

尿膜管(にょうまくかん)というものに感染したのだと思います。
これはお母さんのお腹の中にいる赤ちゃんのとき、体をつくるためにあった管が、生まれてからも閉じずに残ってしまったものです。
たまに見られます。
放置してかまわないのですが、ごく稀に、彼氏さんのように感染をおこしたり、もっと稀にがんが発生することがあります。
確かにへそ掃除はきっかけになりますが、あなたがお金を出すようなことではないと思います。
いつ感染を起こしたのか、本当にあなたのへそ掃除が原因なのか、誰にもわからないわけですから。
手術は泌尿器科ですることになると思います。
お金は、手術自体の代金が9350点つまり93500円(保険でその三割を自己負担することになります)ですが、それ以外にも膿が広がっていたらお腹を開いたりしてもっと違う手術を追加することになります。
また、へそを形成するような手術も同時にすることがあり、別料金になると思います。
入院費用や検査代は別です。
彼氏さんがかけておられる生命保険や入院保険が使えるかもしれないので、確認してみてください。
それはそれとして、気になるのは急に太りだしたとか腹が飛び出たという症状です。
尿膜管に感染しただけではそうはなりません。
クッシング病とかいう病気はかったのでしょうか?そうだとすれば、感染しやすくなったのも納得がいきます。
急に太ったことについて、診断がついているのか、彼氏さんに聞いてみてください。

我が家の愛犬ミニチュアダックスフンドの首にしこりがあります。

我が家の愛犬ミニチュアダックスフンドの首にしこりがあります。
三年前、クッシング症候群と診断され、少し治療に通ってましたが、全然良くならないし、先生も初めてらしく手探りな感じだったし、少しも良くならないのでやめてしまいました。
その年の夏に初めてしこりを見つけて一番暑い頃は起きててもイビキをかいてましたが、秋になったら小さくなって寒くなる頃には触診では分からないくらいになりました。
去年の夏もやはり腫れましたが、また冬には分からなくなりました。
今年は、少し前、急に暖かくなったときいきなり大きくなりましたが、この一週間少し気温が下がったらまた小さくなりました。
病院に行けばいいのは分かってるんですが、今、私自身が闘病中で経済的に厳しいので、とりあえず予備知識を入れて余計な検査などの出費を回避したいので、どなたかお知恵を貸してください。
知りたいのは、これがクッシング症候群の症状のひとつなのか。
検査はどのような方法があるのか。
考えられる病名は何なのか。
検査などはいくらくらいかかるのか。
です。
よろしくお願いします。

こんにちは。
先日、奥歯が虫歯というか歯周病で炎症を起こしてしまい、眼下が腫れてきて、急いで病院に連れて行きました。
もちろん、抜歯しか選択肢はなかったのですが、その際に、もう12才にもなるので全身麻酔に耐えられるか、まず血液検査したところ副腎に関する値が悪くエコーで副腎など診ても腫れもなく問題なさそうだったので、クッシング症候群ではないでしょうとのことで、手術は滞りなく行われ、眼下の腫れも膿など掃除してもらい完治いたしました。
その時の診断で先生に言われたのですが、炎症が血液検査に影響して副腎に関する値が悪かったりもするので、抜歯が完治したら、血液検査してみてください。
と言われ、行ったところ、健康な値に戻っていました。
しこりですが、ウチの子も腿の付け根あたりに大豆サイズくらいのがあります。
唇の下にも3mm程度のできものも。
大きくもならず、もう7年以上経つと思います。
先生には急に大きくなったり変形したりしなければ心配ないといわれました。
肉芽腫や癌などの心配です。
検査は病理検査(病理組織検査)というカンタンな方法で良性か悪性か分かります。
数千円程度だったと思います。
ただ、質問を拝見すると大きくなったり小さくなったりとなので、医者も症状がない時に診断できないので、調べられるのでしたら見つけた時に病理検査していただいてはいかがでしょうか。
的確にお答えできず、すいません。
お大事にしてください。

ロコイドクリームの使用方法について。

ロコイドクリームの使用方法について。
医者から処方され、毎日、朝・夜の2回顔の炎症部に塗るように言われました。
注意書きにて、化粧下に使用しないようにと記載があったのですが、化粧下とは下地として、ということでしょうか?その場合、ロコイドクリームを使用してどのくらい時間を空ければ化粧をしても良いのでしょうか?毎朝ファンデーションなどの化粧をして仕事に向かうのですが、どのタイミングで塗れば良いのかわかりません。
そもそも、ロコイドクリーム使用期間中はファンデーションなど控えるべきなのでしょうか。
ご使用経験のある方、ご存知の方、いらっしゃいましたらご回答お願いします。

ロコイドクリームは中程度(1~5群に分けて 4群の強さ:1は一番強く・5は一番弱い)強さは:クリーム剤 < 軟膏剤顔などデリケートな患部、子供、赤ちゃんも使用出来るステロイド剤で、1~2週間使う程度でしたら ほとんど副作用はないステロイド剤です。
顔面に数ヶ月以上、年単位で連用すると、酒さ様皮膚炎が出る副作用はあるので 長期連用はしない方が良いクリ-ム剤です。
(長期大量とは数ヶ月以上毎日10gチューブを使い続けるような量です。
)副作用として:*接触皮膚炎・皮膚萎縮(皮膚が白く薄くなり静脈が透けて見える)*ステロイド皮膚症..皮膚が白くなる、萎縮し薄くなる、てかてか光る、しわ、潮紅、毛細血管拡張、乾燥肌、酒さ様皮膚炎(赤ら顔)、紫斑、ニキビ、多毛。
*長期大量使用による副腎障害など全身症状.副腎皮質機能抑制、糖尿病、高血圧、骨粗しょう症、緑内障、後嚢白内障、感染症、成長障害、クッシング症候群など★化粧下地に使用はしない方が良いでしょう。
顔に薄く少量塗って(ベタベタ厚塗りは良くない) 少し時間をおいてから ベースクリームをつけて 化粧をして下さい。
薬剤師ロコイドクリーム添付書www.info.pmda.go.jp/go/pack/2646717M1096_1_04

犬の副腎機能亢進症(クッシング)について

犬の副腎機能亢進症(クッシング)について愛犬が乳腺腫瘍の手術前検査で別の病気も分かりました。
副腎機能亢進症という病気です。
こちらは根とで調べるとかなり高額なお薬と書かれていましたが大体で結構ですので月にいくらくらいかかるのか教えていただけませんか?検査の結果(ACTH検査)COR-pre → 10.4COR-post1 → 21.1です。
あと、もし治療を拒否した場合はどのような症状が起こってきますか?

ミトタンは細胞を破壊して治療する方法です。
なので、投与しすぎた場合にはクッシングと逆の現象が生じます。
つまり副腎皮質機能低下症(アジソン病)です。
このホームページに書かれているプレドニゾロンの投薬はミトタンの投薬のためにアジソンになってしまったために副腎皮質ホルモンであるステロイド剤のプレドニゾロンが処方されているのです。
ミトタンのメリットは細胞が破壊されるので、ずっと飲み続けることがないこと。
ですが、量の決定が困難であり、アジソンクリーゼによる死亡も少なくないです。
そのため、現在ではトリロスタンというホルモンの合成を阻害する治療がほとんどです。
理由は、可逆性だからです。
低用量が使用すれば、ほとんど過剰投与になることもありませんし、過剰投与になったとしてもちゃんとコルチゾールの値で確認するので投与量を減らせば問題になることはほぼありません。
休薬すれば元通り、ということです。
トリロスタンの薬価が非常に高いので、治療が高額になると書かれているものが多いのだと思います。
日本ではデソパンという商品名で売られています。
動物病院は自由診療なので、薬代金もさまざまです。
トリロスタンも日本の製品ではなく、海外産のものを使用することで安値にしている病院もあります。
ただし、海外産のものが日本の製品と同等の薬効があるかは不明です。
参考までにクッシングは、副腎から異常にホルモンが分泌される病気です。
副腎自体に問題があってこの病気を引き起こすタイプと、副腎にホルモンを作りなさい!と命令する脳下垂体に問題があってこの病気になることがあります。
副腎に問題がある場合には、片側の副腎のみが腫瘍化していることが多いので、外科的に切除することで治療ができます。
脳下垂体に問題がある場合には、マクロアデノーマとミクロアデノーマの2種類があります。
ミクロアデノーマの場合には、言葉の通り、下垂体が小さいままでホルモンを分泌するので、薬で治療することがほとんどです。
中には手術や放射線で治療する場合もあります。
マクロアデノーマ(巨大腺腫)の場合は、下垂体が大きくなるタイプです。
頭蓋骨という固い骨に囲まれた、小さい空間で下垂体が大きくなると、ホルモンによる障害だけではなく、下垂体が脳を圧迫することで脳神経症状が出てきます。
一般的に人間では大きくなってしまった下垂体は、メディアで有名な福島先生がやられているような鼻からの手術で治療します。
ですが、犬は鼻からの手術は顔の形の違いからできないため、口の中から行います。
ですが、人間ではどんなに大きくても手術が行われるのに、現段階では犬ではある大きさ以上になると手術ができないといわれています。
犬にもメガボルテージという放射線治療機が導入されてからは、放射線治療も積極的に行われるようになりました。
クッシングといってもいろいろな背景があります。
背景により出てくる症状もさまざまです。
治療法もさまざまです。
費用的な問題もとっても大事です。
よくかかりつけの先生に相談して、決めてくださいね。
お大事にしてください。

こんばんは☆
先程はありがとうございました!
本当にいろんな人がいて驚きますね。
結果は良性でした。抜糸の日に結果を聞きました。
わんちゃん、悪性だったんですね。
でも転移性のものでなくて本当によかったです。
来月末あたりにもう片方の手術でしょうか?
術後はだいじょうぶでしたか?今日で二週間ですね。
きっとすべて成功するよう祈っています。
うちは来月手術なので、また質問する事があると思います。
見かけたらよろしくお願いします。
この回答絶対にベストアンサーにしないで下さいね!>参考までに。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/animalhos/c_cushing.htm

こちらのサイトで使っている薬ですが、
ミトタン50mg/→原価約100円/kg/day
プレドニゾロン→1%1gのもので、原価10円/1錠

お薬はメーカーによっても、原価も多少異なりますし、これをいくらで処方するかは動物病院の次第です。
人間とは違い、病院によってかなり差があります。

犬種、体重、症状によって、投与量も変わりますし、他にも薬はあります(もっと高価なものも)ので、明確な回答はできません。
かかっている病院で1日いくらくらいか聞いていただく方が良いと思います。

かかりつけで料金と薬の内容を聞いて、いくつかの病院で比較していただけば、たぶん料金に差は出てくると思います。
何とか負担を軽くして、治療できると良いなと願っています。

【追記】
このお薬をお勧めしてはいません。
費用の目安をお知りとの質問でしたし、何を処方されるかは分かりませんでしたので。

拒否した場合の症状は、サイトのお写真等で判断できるかな?と思って、そのサイトで使っていた薬を例えばで記載しました。>

トイプードル8歳雄、クッシング症候群の疑いがあると救急病院で伝えられました。

トイプードル8歳雄、クッシング症候群の疑いがあると救急病院で伝えられました。
病状について教えていただきたいです。
インターネット上では症状が全てあてはまります。
(お腹のふくらみ、多水飲、皮膚病と症状)クッシング症候群の場合、どれくらい延命出来ますか?また、痛がったり、苦しむ事になるのでしょうか?余生を穏やかなものにあいてあげたいです。
わが子同然、命の恩人(犬)なので、一緒に病気と闘いたいと思っています。
どなたか、ご経験や知識のある方がいらっしゃったら、ご回答をお願い致します。

こんにちは まだ可能性の段階ですので、検査を受けて下さい。
検査は色々ありますが(ホルモン検査、エコー検査、尿検査まれにCTMRI)、たまにはっきりしないパターンもあります。
その場合、日をあけて再検査になることもあります。
基本はコルチゾールという数値で判断することが多いです。
受診する前に1日当たり、必ず!水を飲む量を測定して下さい。
3日間ほど測るとよいでしょう。
それを獣医に告げて下さい。
クッシング症状が出た場合、それが副腎腫瘍からなのか、脳にある下垂体からの問題なのかで大きく治療が変わります。
今回はプードルに多い下垂体のパターンで記載します。
もし、クッシングと分かった場合、治療をするかどうかは、コルチゾールの値で判断するのではなく、症状の有無によって変わります。
症状が軽い場合は治療しない場合もよくあります。
症状がない・軽いにも拘らず、治療したことにより、寿命を縮めてしまうこともあります。
症状が中等度以上ならば、治療をしますが、比較的費用のかかる治療になります。
(以前はかなり高額でしたが、今はまだマシです。
)基本は内科で治療ですが、最近では外科手術する場合もあります。
外科治療が一番と言われてますが、手術ができる病院がかなり限られますので、その理由でしない場合も多くあります。
クッシングに関しては不思議な病気で、クッシングに対して、治療しても、しなくても平均寿命は変わらなかったというデータが出ております。
平均約3年の寿命と言われています(平均ですのでそれ以上というのも多々います)。
しかし、症状がひどいのならば、治療した方が、寿命は伸びなくても、クッシングによる2次疾患(糖尿病や皮膚病、腎臓病etc)がコントロールしやすくなるので、飼い易くなります。
まずは診断ありきです。
あなたの犬の症状はクッシング以外の病気もありうりますので。
頑張ってください。

命の恩犬でもある愛犬の病気、驚かれたことでしょう。
しかし、まだ初期ではないですか?
初期なら、充分普通の生活が送れると思います。
まだこれから検査をたくさんする事になると思いますが、腫瘍からの症状でなければ、投薬での治療となると思います。
うちのワンコはアジソン病です。
やはり投薬が治療で、絶対に切らす事は出来ません。
一生の付き合いです。
わんちゃんまだ8歳ですし、余生や延命なんて先の事ではないですか。
私もアジソンとわかった時は、後何年生きられるのか…とか考えました。
でも、治療のかいあって、全く病気には見えませんし、とても元気で今では病気をほぼ忘れかけてます(笑)
悪く考えてしまいがちですが、何事も前向きに、わんちゃんの幸せを考えて、頑張りすぎないように、お互い頑張りましょう。
病気も悪い事ばかりではありません。
ネットで検索すると、クッシングのわんちゃんのブログがたくさんでてきます。
参考にされるのも良いかも知れません。>

中二です!私は太っています…

中二です!私は太っています…中一では身長146 体重49 胸78アンダー70 ウエスト68でした。
そして中二になって身長148 体重53 胸88(アンダーは変わってないです) ウエスト72 です。
昔から太ってますが、中二なのにこの体重とかはやばいですか?病院へ行って検査など受けた方がいいんですか?私は太りすぎてるのが本当に怖いです…三週間前は48キロ胸80cmだったのにいきなり増えました健康とかもよくないですか?健康とかがよくなかったら痩せようと思います。
矛盾?していますが、私はなるべく高校生になってから痩せたいです、理由はモデル体型になりやすいと聞いたからです胸が大きく、引き締まった体になりやすいそうです(私の母がそうです)優しく注意してくださる方など回答お願いします(>_<)今すぐにでも痩せた方がいいですか?この体重では健康によくないですか?こんな私は恋愛対象外ですか?高校でもいじめられちゃいますか?お願いしますm(_ _)m補足皆さん回答して頂きありがとうございます!回答者さんがかいていたクッシング症候群というのを調べてみたんですがすごくあてはまっています手足は骨がぼこってしてて細いですコンパスでやったみたいに丸顔で風邪引いてる?て聞かれるぐらい顔赤いですお腹もでてます、でもあざっぽい線は腹ではなく胸に…生理が二、三週間ぐらい遅れました(関係ありますかね?)一度病院へ行くべきですか?やはり三週間で五キロは異常なんですよね…

思春期という太りやすい時期、食習慣や運動習慣が重なった結果ですただし、クッシング症候群、橋本病、ステロイドやドグマチールやパキシルなど精神病の治療薬の副作用で太ることもあります 3週間で5キロ太るのは異常です過食でなければクッシング症候群手足が細く、腹が出る、腹に妊娠線のような線が出る、高血圧、血糖値が高い、異常な丸顔(ムーンフェイス)橋本病脈が50未満、低血圧、貧血、むくみ、食欲低下、だるさ、便秘、太るどちらも女に多い病気です。
病気なら治療すれば本来なるべき体重になります生活習慣が原因なら運動で減らしてくださいあと8キロ減らすといい感じです。
頑張ってください可能性は高いですね。
まずは病院で検査してください

普通は、中2女子は身長が150cm以上ないと成長がしっかり出来ていない状態です。体重が49kgと言うと、160?162cmの人の体重です。150cmくらいの人の体重は41?42kgが標準ですよ!
身長を伸ばすには、伸びや、縄跳びなどがいいと思いますよ。
痩せたいなら、体を柔らかくするといいです。お風呂上がりにストレッチをすると柔らかくなりやすいですよ!!ストレッチ方法は、検索するといろいろな方法が出てきますよ。
頑張って下さい!>健康などの面から言ってヤバいというほどではないのですが、太りぎみなのは確かですよね。
ダイエットは身体が出来上がってからというのは分からなくもないですが、今の生活のし方、特に食生活に太る原因となることがあるのは確かなので、そういうのは早めに改善しておいた方がいいのではないかと思います。

たとえば
早食い、よく噛まないで飲み込む、水分で飲み下すなどの食べ方をしている
カレー、ラーメン、チャーハン、スパゲティ、丼ものなど、炭水化物に偏った一品料理が多い
味の濃いものが好き
マヨネーズやソースが欠かせない
間食を2回以上する
夜更かしをよくする
めんどくさがり

思い当たるものがありましたら、こういうことを辞めるだけでも違うものですよ。
ダイエットというと食事を制限して運動する、と考える方は多いですが、太る原因を見つけて改善するだけでもダイエットになりますよ。
引き締まった身体になるには運動は必要ですし、そういうのは高校に入ってからでも良いけど、今からできることはしておいた方がいいのではないかと個人的には思います。>BMIの場合標準が22であなたは23、87です(標準は48、84)

なのでBMIからみればそんなに太っていないと思います。

でも、私的には中学生でBMIは早いと思っています。

まぁ49kgに戻ったほうがいいと思います。>痩せたいなら朝、昼は普通に食べて夜はサラダをたべたら。もちろんドレッシングは0カロリー。どうしてもジュースがのみたくなったら0コーラでものんだら。スポーツしても痩せません。でも筋肉をつけたほうがやせやすいよ。だから毎日適度な運動をしたほうがいいよ。あと明るくふるまってたらイジメはされないよ。でも恋愛は難しいかな。あなたもぽっちゃりした人と付き合いたくないでしょ。男もだいたいの人はやせてる人と付き合いたいと思うよ。でもそれはあなたが頑張ればすべてこの質問は解消されるよ。だからあきらめちゃだめだよ。頑張って( ^ω^ )>

フルコートって言う軟膏は、使いすぎると良くないのですか?

フルコートって言う軟膏は、使いすぎると良くないのですか?

長く使い過ぎるのは、よくありませんフルコート軟膏の副作用です外用薬ですので、1~2週間使う程度でしたら ほとんど副作用はありません。
まれに接触皮膚炎(かぶれ)を起こすことがありますので、しばらく続けても少しもよくならないときや、かえって悪化するときは早めに受診してください。
症状が改善しないまま、漫然と続けることは好ましくありません。
顔面、ことに目の周囲に使用する場合は、緑内障に念のため注意が必要です。
目に大量に入ると、眼圧が上昇し緑内障を引き起こすおそれがあります。
なお、アトピー性皮膚炎に合併するアトピー白内障は、目をこするなどの外傷により生じることが多く、ステロイド外用薬の影響は少ないと考えられています。
【長く続けていると、ステロイド特有の皮膚症状がでることがあります。
なかでも多いのが皮膚萎縮です。
皮膚が白く薄くなり静脈が透けて見える、てかてか光る、へこんだ感じ、しわができるといった症状です。
とくに肌がデリケートな顔や首、また皮膚代謝が衰えている高齢の人に起こりがちです。
ほかにも、人によっては赤ニキビや白ニキビのようなものができたり、うぶ毛が濃くなることがあります。
ただ、これらは可逆性で治療が終われば徐々に元に戻ります。
さらに、顔面に数ヶ月以上、年単位で連用することにより生じるのが酒さ様皮膚炎です。
顔の潮紅、小さな赤いぶつぶつ、毛細血管の拡張、皮膚萎縮などをともない、まるでお酒飲みの赤ら顔のような感じになります。
アトピー性皮膚炎などが混在していることも多く対処が少し難しいのですが、中止または適切な処置により少しずつ回復しますので、気になるときは医師とよく相談してください。
タクロリムス(プロトピック軟膏)への変更も一案です。
】ステロイドには抗炎症作用の裏返しとして、微生物に対する抵抗力を弱める性質があります。
細菌やウイルス、真菌などが増殖しやすくなり、それらによる皮膚感染症が発現したり悪化するおそれがあるのです。
具体的には、黄色ブドウ球菌感染による膿痂疹(とびひ)、ウィルス感染による単純疱疹(ヘルペス)や伝染性軟属腫(水いぼ)、真菌によるカンジダ症や白癬(水虫)などです。
また、ステロイドにより抑えられていた症状が、急な中止により悪化・顕在化することもありえます。
その重症例として考えられるのが、中止後に急激に発症するカポジ水痘様発疹症(単純疱疹の一種)です。
長期連用中に自己判断で急に止めてはいけません。
飲み薬のような全身性の副作用はまずありませんが、長期にわたり大量に用いている場合など、まったくないとはいえません。
使用部位や使用法にもよりますが、長期大量とは数ヶ月以上毎日10gチューブを使い続けるような量です。
とくに顔面使用時や広範な密封法(ODT)において要注意。
きわめてまれなケースとして、大人では糖尿病や高血圧、骨粗しょう症、後嚢白内障の誘発や悪化、また赤ちゃんや子供では副腎抑制にともなう感染症や成長障害、クッシング症候群などが起こりえます。
多くは不適切な長期大量使用にもとづくものですが、治療上やむおえないときは定期的に副腎などの検査を実施するようにします。
適正に使用するかぎり問題ないでしょう。
【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください目の重い症状(緑内障、白内障など)..見えにくい、かすんで見える、まぶしい、視力低下、目の痛み、頭痛、吐き気。
【その他】過敏症、接触皮膚炎(かぶれ)..発疹、発赤、かゆみ、刺激感、かえって症状が悪化。
ステロイド皮膚症..皮膚が白くなる、萎縮し薄くなる、てかてか光る、しわ、潮紅、毛細血管拡張、乾燥肌、酒さ様皮膚炎(赤ら顔)、紫斑、ニキビ、多毛。
皮膚感染症の誘発・悪化..発赤、かゆみ、痛み、腫れ物、できもの、水ぶくれ、じゅくじゅく、黄色いかさぶた、赤黒いかさぶた。
長期大量使用による副腎障害など全身症状..副腎皮質機能抑制、糖尿病、高血圧、骨粗しょう症、緑内障、後嚢白内障、感染症、成長障害、クッシング症候群など。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se26/se2647707.html

基礎体温測定

基礎体温測定2週間前に、生理不順で、婦人科を受診したところ基礎体温測定を勧められました。
毎朝同じ時間に起きて測るのですが、専門学校に通っているので試験が続いたり実習たり、朝起きる時間がバラバラになってしまったり、ベッドではないところで寝てしまう事も多々あります。
なので、ベッドで寝て、いつもと同じ時間に起きることができた日のみ測定しているのですが、やはり毎日計測したいと思っています。
体温測定において、同じ時間(私の場合は6:30)に測ることが重要なのか、起床直後に測ることが重要なのかどちらでしょうか?また、何か他に良い方法はありますか?

★基礎体温測定に関して★*大切な事は、起床時に(安静時)測る事が大切です。
*測り忘れた場合は、2時間位安静にした後に検温して下さい。
●参考に「月経不順」を記します。
● [月経周期]「月経の周期」月経は、およそ1ヶ月周期の壊死した子宮内膜の膣からの排泄で女性の生殖期間を通して起きる。
出血性の排泄は月経、生活空間では生理と言っている。
月経の最初の日は月経周期の第一日目になる。
平均的な月経期間は5(+-2)日である。
平均的な月経周期の長さは28日であるが、正確に28日の長さの周期は全体のわずか10~15%だけである。
排卵の周期の正常な範囲はだいたい25~36日である。
一般的に、初経後や閉経前の無排卵周期が起こりがちな時期に、周期の変化は最大となり月経間の間隔も最長となる。
月経毎の血液損失は平均130ml(13~300ml)で、通常は第2日目が最も多い。
月経用パットやタンポンは20~30ml位吸収する。
通常月経出血は凝固しないが(出血がそれほどひどくない限り)、おそらくフィブリノリジンや他の因子が凝固を抑制するからであろうと考えます。
月経周期は内分泌活動ををもとに、3つの段階に分けられる。
「卵胞(排卵前)期」卵胞期は出血の初日から排卵前のLHサージ(黄体形成ホルモン)の前日までである。
その長さは3つの段階中最も変化に富む。
卵胞期の前半はFSH(卵胞刺激ホルモン)の分泌がわずかに増加し、前の月経の終了期に成長が加速していた3~30個の一群の卵胞の成長を促す。
FSHのレベルが下がると、これらの卵胞群の内の1個が排卵へ向けて選択される。
選ばれた卵胞は成熟し、他の卵胞は卵胞閉鎖となる。
循環するLHのレベルはFSHの増加の1~2日後から、ゆっくりと上昇し始める。
卵巣からのエストロゲンとプロゲステロンの分泌は比較的一定で、この期間中低く保たれる。
LHサージのおよそ7~8日前に選ばれた卵胞による卵巣からのエストロゲン、特にエストラジオール の分泌が、初めはゆっくりと次第に加速され増加し一般にLHサージの前日にピークとなる。
エストロゲンの上昇につれて、ゆっくりだが一定したLHレベルの上昇とFSHレベルの相違は、FSHの分泌がエストロゲンによって(LHの分泌に比べて)選択的に抑制され、特にインヒビンによって抑制されるためである。
LHサージの直前にプロゲステロンのレベルもまた顕著に上昇し始める。
[排卵期]排卵期には一連の複雑な内分泌活動が最高潮に達し、LHサージー下垂体による多量のLHの排卵前放出ーが起こる。
LHサージは部分的にはエストロゲンの正のフィードバックの結果である。
FSH分泌のわずかな増加も同時にに生じるが、その意味は分かっていない。
LHレベルの上昇に伴いエストラジオールのレベルは下降するが、プロゲステロンのレベルは上昇し続ける。
LHサージは通常36~48時間続き、パルス状のLHの大量放出がその間に多数起こる。
LHサージは卵胞成熟完了の結果で排卵ー成熟したグラーフ卵胞からの卵子の放出ーに必要である。
排卵は通常LHサージの開始から16~32時間後に起こる。
排卵のメカニズムははっきりしていない。
LHサージの間に卵胞は卵巣表層上皮上を押し上げるように膨らむ。
無血管の斑である卵巣斑が卵胞表面に現れる。
卵巣斑で小胞が形成され、小胞が破れ、卵丘の塊(卵子や卵子を取り囲む下顆粒膜細胞)が排出される。
LHとFSHの制御下での卵胞によるプロスタグランジンの産生が、おそらく排卵には不可欠である。
顆粒膜細胞や排卵前の卵胞を覆う上皮細胞の蛋白分解酵素、局所成長の諸要素、サイトカインなどが重要な役割を果たすようである。
卵子はLHサージの後まで減数分裂期に留まっている。
LHサージ後36時間以内に卵子は第一減数分裂を終わらせるが、その時各細胞はもとの46のうちから23の染色体しか受け入れず、最初の極体が排出される。
第二減数分裂では各各の染色体が縦に分裂し対になるが、卵子が精子によって貫通されるまでは分裂は完了せず、二番目の極体も排出されない。
[黄体期(排卵後)]黄体期には卵胞を形成する顆粒膜細胞と莢膜細胞は再生されて、この期間の長さはもっとも変化が少なく、妊娠がなければ平均14日間で、月経が始まる第一日目で終わる。
この期間の長さは黄体の機能的な寿命に相当し黄体はプロゲステロンとエストラジオールをおよそ14日間分泌し、妊娠しない限りその後は退行する。
黄体はLHサージ後の6~8日のピーク時にはおよそ25mg/日と、量を増やしながらプロゲステロンを分泌し受精卵の着床を助ける。
プロゲステロンはまた発熱作用を持っているので、黄体期には基礎体温は0.5度C上昇し、月経まで上昇したままである。
黄体の寿命制御はほとんど分かっていないが、プロスタグランジンやインスリン様成長因子Ⅱが関わっているかもしれない。
受精が起こると受精卵から出るヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)は胎児胎盤部位が内分泌的に自らを養う事が出来るようになるまで、黄体を養う。
hCGは構造的、機能的にLHに似ている。
しかし妊娠検査で通常用いられる抗体は、hCGのβサブユニットには特異的に反応するが、LHには殆ど、あってもごくわずかしか交差反応しない。
黄体期の殆どにおいて、循環するLHとFSHのレベルは減少し低くなるが、次の月経(次の周期)とともに増加し始めます。
●3カ月以上月経がない:続発性無月経卵巣機能低下症下垂体炎下垂体前葉機能低下症無月経・乳汁分泌症候群高プロラクチン血症先端巨大症甲状腺機能低下症クッシング症候群摂食障害体重減少精神的ストレス●:[周期が長い:稀発月経]卵巣機能低下症下垂体炎下垂体前葉機能低下症無月経・乳汁分泌症候群高プロラクチン血症先端巨大症甲状腺機能低下症クッシング症候群摂食障害体重減少精神的ストレス●[周期が長い:稀発月経]無月経のうち、処女膜閉鎖、鎖陰、腟欠損、腟中隔など子宮性無月経を除いた病気●[周期が短い:頻発月経]黄体機能不全卵胞期短縮症思春期や更年期の生理的なもの●[月経血量が多い:過多月経]子宮筋腫子宮内膜炎子宮内膜増殖症子宮内膜ポリープ子宮腺筋症甲状腺機能低下症クッシング症候群特発性血小板減少性紫斑病性ホルモンの分泌過剰●[月経血量が少ない:過少月経]黄体機能不全子宮発育不全症高プロラクチン血症甲状腺機能低下症クッシング症候群ホルモンの分泌不全精神的ストレス以上を参考にして下さい。
お大事にして下さい
ね。
三島

我が家の犬が多飲多尿です。

我が家の犬が多飲多尿です。
先週尿検査をした所、尿比重が1.018と低い数値が出ました。
糖尿病ではないことはわかったのですが、クッシング症候群や腫瘍が考えられるかもしれないので再度検査をしてもらうことになり、今日、尿検査、レントゲン、エコー検査をしてもらいました。
結果、尿比重は1.040と平常値が出ました。
他も異常は見られないとのことで、先生に、レントゲンとエコー検査は必要ないかもと言われました。
しかし多飲多尿は相変わらずなので、心配をぬぐい去るためにも検査をしてもらいました。
結果をまとめると、・胆泥がたまり始めているが、今はまだ様子をみていて大丈夫。
・片方の副腎がやや大きめ(6.?cm)だがこれも今は影響ない。
・あとは異常なし。
とのことで、今後も飲水量のチェックと定期的に検査をするようにということでした。
私はクッシング症候群を疑っていたのですが、以上の結果だけでクッシング症候群ではないと言い切れるのでしょうか?うちの子はMダックス(4.5~4.8㎏)で一日に水を平均350ml程飲んでいます。
チェックし始めて2週間程ですが、500ml飲んだ日が1回だけあります。
おしっこもい1日10回前後します。
このような状況で、『様子を見る』という診断は妥当なのでしょうか?担当の先生が眼科が得意分野のようなのですが、内分泌系を得意とする先生に見てもらった方が良いのでしょうか?先生を疑ってしまって気がひけますが、アドバイスをお願い致します。

水分がおしっことして排泄されすぎる(なんらかの疾患によって)から、結果的に飲水量が増える、として糖尿病や腎臓病が真っ先に疑われますよね。
女の子で避妊手術をしていなければ子宮蓄膿症も疑われます。
腫瘍については、犬には腫瘍マーカーがないので、なんらかの症状が出るか、大きくなって目に見える状態になるまで発見できませんので、「様子見」となりますよね。
ワンちゃんの全体状態はいかがなのでしょうか?元気で食欲があってまったく普通なのか、なんとなく覇気がない、痩せてきた、などが見られるのか。
それによって、様子見でいくのか、紹介状をもらって大学病院でのさらに詳しい検査を受けるかどうか、判断の目安になるかと思います。

うちのわんこも質問者さんのわんこと同じく
多飲多尿の症状があり、尿比重も同じくらいしかありませんでした。
で、オシッコから雑菌が検出され膀胱炎と診断されました。
で、膀胱炎が治り、しばらくしたらまた
多飲多尿の症状がでて、検査してもらったところ
膀胱炎ではない、でも血液検査も異常なし
それと多飲多尿の他にこれといった症状がでていないので
心因性の多飲多尿なのではとの診断
そこで、言われたのが気温の上昇による多飲→多尿になる
もしくは、ご飯が足りなくて水でお腹を満たしているのでは
と言われ、しばらく様子見となりました。

ちなみに、うちのわんこの一日に飲んだ水の量は
多飲と思っていたころは、1.6L多い時で1.8L飲んでました
体重は11kgです。
最近は、1L以内です。

あと、わんこの一日の飲む量の計算は
132×体重の0.75乗

もしくは
体重g×0.05~0.07で求められます

質問者さんのわんこの体重(4.5kg)で計算すると

132×4.5×0.75=445
132×4.8×0.75=475

4500×0.05~0.07=225~315
4800×0.05~0.07=240~336となるので

4.5kgの場合225~445であれば範囲内
4.8kgの場合240~475が範囲内

ただし、これは一日に必要な水分摂取量です
どんなフードをあげているか、気温がどうか
運動量はどうかなどで、水を飲む量も変わってきます。

それと、多飲は体重1kgにたいして100ml以上飲む場合は
多飲とされているようです。
多尿は体重1kgにつき50ml以上の排尿が多尿とされています。

4.5kgであれば450ml以上が多飲
225ml以上が多尿になります。

上記でも書いたように、運動をよくしたとか
今の季節、室内の温度が高くて喉が渇くなどがある場合は
よく飲む可能性もありえますし、その分よく排出される
ことも考えられます。

クッシング症候群の検査については
こちらのサイトを参考にどうぞ!!

http://www.ipet-ins.com/oshiete/archives/1118>

M・シュナウザー♂10歳 胆嚢摘出後のケアについて

M・シュナウザー♂10歳 胆嚢摘出後のケアについて昨年8月、症状はまだ出ていませんでしたが2か所の病院で検査をして頂き、クッシング病と診断を受けました。
ミトタンで具合いが悪くなり二日でそのお薬は中止し、胆汁の流れを良くするお薬(抗生剤1/2錠 レプター100・1錠 名前のわからない薬1/4錠)を頂き毎月血液検査の上、投薬を続けて来ました。
そして、先月2日、急にご飯を全く食べなくなりその日の朝晩、点滴を受け、3日~6日は、いつもと変わりなく元気になり安心していたのですが、7日以降食欲不振と一日数度の嘔吐で半日の点滴に毎日通っていました。
黄疸も出始め、12日、大学病院で急遽、胆嚢摘手術を受けました。
手術は成功したものの、肝生検の結果、肝臓内の胆管に胆汁が詰まっていると言われました。
22日まで入院し、24時間の点滴を受け頑張ってきましたが、ビリルビン値も肝臓の数値も悪化し、最後はお家で・・・と退院しました。
入院中も2~3日は、ご飯を食べていたようですが、殆ど食べなくなり、入院前は8キロあった体重も退院時には、6.5キロまで減りました。
今は、ずっと飲んでいたお薬(抗生剤1/2錠 レプター100・1錠 名前のわからない薬1/4錠)を続けています。
食欲は、まったく無いわけではなく、赤ちゃんボーロのみ、喜んで食べます。
先生には、食べるものなら何でも与えて下さいと言われましたが、フードをふやかしてみたり考えられる事はネットを見たり色々試してみました。
お肉・お魚・今まで大好きだったジャガイモ・さつまいも・かぼちゃ・・・全く食べません。
茹でたブロッコリーや生の人参(茹でたり、すったものは食べません)は、時々ガツガツ食べ、しばらくすると嘔吐してしまいます。
もう一頭♀のシュナウザーがいるので、散歩には、一緒に出たがり、朝晩抱いて出かけています。
時々歩いておしっこをしたりうんち(下痢気味)もします。
黄疸も出ていますが、まだまだ、頑張って生きていけるのではないかと思っています。
医療・食べ物・・・何でもかまいません。
出来ることがありましたら、教えて下さい。
よろしくお願いします。

先ず、生人参は止めましょう。
赤ちゃんボーロを食べるのなら、それを砕いてフードに混ぜると食い付くかもしれません。
体力が落ちているので、いつものとこ1/3の量から始めてみると良いと思います。
具合が悪い時は食後に胃がもたれるでしょ。
無理せず、少量から様子をみましょう。
お大事に。

血液学的検査について、HbA1cと末梢血液一般検査を行う場合の病名は何が妥当でし…

血液学的検査について、HbA1cと末梢血液一般検査を行う場合の病名は何が妥当でしょうか?糖尿病以外では何が該当するのでしょうか。

HbA1c数値が高値を示す場合、内分泌疾患、先端巨大症、クッシング症候群、甲状腺機能亢進症、褐色細胞腫などがありますし、低値の場合はインスリノーマ(膵臓に生ずるインスリン分泌内分泌腫瘍)、ほかには、HbA1cの生成はHbと関係しているので、溶血性の貧血など。

解剖生理学の問題

解剖生理学の問題解剖生理学の問題で分からない問題がいくつかあったので、分かる方ご解答お願いします!!出来れば解説も付けて下さると嬉しいです。
①副交感神経線維を含有しない神経は次のどれか。
動眼神経、顔面神経、舌咽神経、舌下神経、迷走神経②誤ってる組み合わせはどれか。
クレチン病ー甲状腺ホルモン、クッシング症候群ー副腎皮質ホルモン、糖尿病ー上皮小体ホルモン末端肥大症ー下垂体前葉ホルモン、尿崩症ー下垂体後葉ホルモン

①は舌下神経ですね。
これは運動性のみで構成されています。
副交感神経はいわゆるリラックス状態を表していると記憶されていると思われますが動眼神経は瞳孔収縮とレンズの厚みを調節して、顔面神経は唾液腺(顎下腺、舌下腺)と涙腺を支配、舌咽神経は唾液腺の耳下腺を支配。
迷走神経は胸腹部の内蔵を支配しています。
ですが舌下神経は舌筋の運動だけです。
副交感神経でのリラックス状態とは関係ありません②は糖尿病―上体小皮ホルモンです。
糖尿病はインスリン不足による糖代謝障害の結果起こる疾患です。
インスリンは膵臓のβ細胞から分泌されるために膵臓ホルモンです。
そして上体小皮ホルモンですが別名で副甲状腺ホルモンといいます。
主な代表はPTHです

①舌下神経でしょう。運動神経のみで構成されてますから
②糖尿病ー上皮小体ホルモンが間違いでしょう。
糖尿病は、膵臓のβ細胞が産生するインスリンと関係ありますから、
上皮小体とは関係ありません。

クッシング病は副腎皮質ステロイドの副作用でもあります。

末端肥大症は、下垂体前葉からでるGHの過剰によるものです。

尿崩症は、下垂体後葉から出るバゾプレシンなどと関係があります。>

大至急!病気。
アクロメガリーについて。
病院の内分泌科で末端肥大の検査をしまし…

大至急!病気。
アクロメガリーについて。
病院の内分泌科で末端肥大の検査をしましたが、何も異常ないといわれました。
でも顔や体には末端肥大の症状がもろあらわれてます。
末端肥大でなくても末端肥大に似たクッシング病を疑ってもう一度検査したほうがよいですか?

必要ないです。
医療費の無駄遣いになります。
内分泌内科の先生なら、クッシングもアクロメガリーも何人も見ています。
疑わしい人はたいていわかります。
以前に飲まれていた怪しげなアミノ酸の影響はあるかもしれません。
そのことをちゃんと話した上で検査を受けましたか?

犬の病気について詳しい方、回答お願い致します。

犬の病気について詳しい方、回答お願い致します。
我が家の犬(雑種・12歳・オス)についてですが、最近気になる事があります。
普段からあまり水分を取らないほうだったのですが、最近ものすごく水をがぶ飲みしています。
1日に何回も水を飲みに玄関まで行きます。
(室内で飼っています)今までにない行動なので気になります。
水をよく飲むようになったのは、何が原因でしょうか?やはり何かの病気でしょうか?宜しくお願い致します。

こんばんは多飲は、ストレスなどの生理的反応や病気などで生じます。
糖尿病、クッシング症候群、腎不全、尿崩症、発熱(炎症)などが多飲多尿の原因になりえます。
(因みにストレスでの多飲は軽度です)飲水量が体重1Kg当たり60cc~100cc(3Kgであれば180cc~300cc)になっていると明らか~病的な多飲です。
一度、飲水量を正確に測定し、明らかな多飲であれば病院で調べてもらった方が良いかと思います。
お大事になさってください

他には、どんな症状がありますか?

糖尿病、膀胱炎、腎不全、ホルモン分泌の異常…などです。
一度、病院に行かれることをオススメします。>

犬の多飲多尿の症状で、真っ先に疑うべき病気は何ですか?

犬の多飲多尿の症状で、真っ先に疑うべき病気は何ですか?

糖尿病、子宮蓄膿症、クッシング

腎不全。。。>多飲ってどのくらい?
多尿ってどのくらい?
飲水量の測定や飲水量のチェックは、犬の体格・運動量・気温、湿度の環境などで、変わりますので、病気か、どうか、わかりません。
普通常識では、尿比重・尿蛋白・尿糖・尿沈渣などの尿検査をして、病気か、どうか、判断します。>

アゴが長いんですが、何科の病院に行った方がいいんですか?

アゴが長いんですが、何科の病院に行った方がいいんですか?歯並びはいいんですが噛み合わせが悪く、開閉時に音が鳴り顎関節症っぽいんでそれも原因かと……あと調べてみたらクッシング病や末端肥大の可能性もあるんで………

お近くの口腔外科などへの受診でよいですよ。
末端肥大症も口腔外科でも見つかることもあります。
その場合ですと脳神経外科などへ紹介もしてくださいますよ。

4月から糖尿病の治療を受けています。
初診時、血糖値219、A1C9.7、血圧200-100。

4月から糖尿病の治療を受けています。
初診時、血糖値219、A1C9.7、血圧200-100。
2年前までの健康診断の数値は正常でした。
最初はブロプレス12mg、アクトス30、ベイスンOD錠0.2mg、を処方されました。
1ヵ月後の検査では血糖値137、A1C9.0、血圧140-90。
薬はブロプレス12mg、アクトス30、ベイスンOD錠0.2mg、にアマリール錠1mgが加わりました。
現在薬を飲み始めて2ヶ月近くになりますが、ふらつきと、むくみが出てきました。
特に気になるのは体重の増加です。
食生活に気をつけているにもかかわらずこの2ヶ月で4~5キロ増えています。
主治医はむくみが出てるからかなと言いブロプレスを12mg→ 8mgへ変更し、アマリール錠をやめて様子を見ることなりました。
体重の増加が気になり自分なりに調べてみたら、クッシング症候群という病気の症状が当てはまることに気付き心配になりました。
高血糖、高血圧、むくみ、髪が薄くなる、疲れやすいなどなど・・でもこれらの症状は単なる薬の副作用でしょうか?今の主治医は内分泌の専門医ではないようです。
私は甲状腺に腺腫を持っています。
それも原因でしょうか?クッシング症候群を調べたけれどあまり詳しいことは解かりません。
解かる方がいらっしゃれば教えていただけませんか?それと内分泌の専門医のいる病院に替えたほうが良いでしょうか?これは早くしないといけないでしょうか?アドバイスよろしくお願いします。
補足内分泌科のある別の総合病院に行ってきましたが、紹介状なしでは診察できないとのこと。
そこで主治医に紹介状をお願いしましたが、書けないとのこと。
そしてこの病院にも内分泌の専門医がいると言ってそちらに廻されました。
この医師は心臓と腎臓の検査後、異常がなかったので、アクトスの副作用であると認め、ルプラック8mg、グラクティブ50mgを1週間分処方されました。
不信感が残ります。
このままこの病院でよいでしょうか?

クッシング症候群の場合、典型症状として「満月様顔貌」や「血中コルチゾールの増加」が現れますので、病歴や投薬歴等を検討すれば、比較的気が付き易いものです。
ですので、体重増加や浮腫については、現在投薬されている「アクトス」の副作用を疑う方が先かと思います。
正直なところ、糖尿病の病状は個人差が非常に大きいため、治療を始めてみないと上手く成果があがるかどうか、副作用が出るかどうか分からない、という一面があります。
治療の成果で血糖値が下がり、当初発生していたと思われる糖毒状態は解消されていますが、ヘモグロビンA1cがさほど下がっていないので、血糖コントロールはあまり改善されていません。
(已然として糖尿病合併症の進行が危惧される水準です)病院を渡り歩くよりは、他の総合病院の糖尿内科でセカンドオピニオンを得る方が良いと存じます。

浮腫みの原因は様々ですが、急激に体重が増えた場合はネフローゼ症候群などの腎臓疾患も疑って下さい。>HbA1Cが高すぎますね…
内分泌の専門医のもとで治療を受けるべきです。
そのままだと、まずいです。ちなみに、その医師はあまりよくわかっていないのではないでしょうか?>アクトスの有名な副作用だと思います。主治医が「アクトスはむくむ」ということを知ってるか探ってください。知らないなら主治医を変えたほうが…>

クッシング症候群って何が原因で起きるもんなんですか?

クッシング症候群って何が原因で起きるもんなんですか? 生活習慣乱れてる人がなるんですか?

太ってくるので食べすぎによる肥満だとお考えでしたか?血液検査で血糖値が高くなるので糖尿病とお間違えでしたか?でも、この病気は生活習慣病ではありません。
実はそうではなく、この病気は頭の下垂体と言う部位の副腎皮質の良性腫瘍が主な原因となるのです。
この病気は、コルチゾールというホルモンが過剰になり、血糖値が上がったり、皮下脂肪が厚くなったりします。
成人女性が多く罹る病気です。
手術や放射線治療が行われます。
詳しくは下のページで見て下さい。
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec13/ch164/ch164c.html

家の犬(マルチーズ)が最近異様なほど水を飲む(500のペットボトル3本)のです…

家の犬(マルチーズ)が最近異様なほど水を飲む(500のペットボトル3本)のですが大丈夫でしょうか?飲んだだけ出ます。
今までは一日1本飲みきるか残すかでした。
よろしくお願いします

多飲多尿の症状が出るにはいろいろ病気があります。
特に、尿崩症・糖尿病・クッシング・腎臓病ですね。
私も尿崩症を患っていますが、点鼻薬をすることによって普通に生活できています。
頑張って検査してもらってください。
http://www.ogasawara-ah.com/info/?type=info&id=27

我が家の犬も同様のことがあり気になっていましたが、すい臓を悪くして出ていた症状のようでした。
もともと食いしん坊でしたが、異様に食べたがる、という症状もありました。
ただ、ほかは問題なく元気いっぱいだったので、あまり気にしていませんでしたが、
結果、悪化させてしまった経験があります。

これはあくまで体験談で、私も素人ですが、マルチーズちゃんならちょっと飲み過ぎな気が…

念のため、一度病院に行かれてはいかがでしょうか。>大丈夫なわけないでしょう
一刻も早く病院で検査してください>

犬の血糖値をみる血液検査の項目は何という項目をみるのですか?

犬の血糖値をみる血液検査の項目は何という項目をみるのですか?犬の場合は尿検査で診断するのですか?クッシングなんですが、フードやおやつやサプリメントとかで炭水化物や糖質が多いので気になりつつ療法食なので…よろしくお願いいたします。
補足血糖値をみる検査というのは特別な検査なのですか?いつも病院でする血液検査で例えば肝臓はALPとか腎臓はCREとか大体みる項目があると思うのですが。
普通の生化学検査では血糖値や糖尿の前兆とかはわからないのですか?

>犬の血糖値をみる血液検査の項目は何という項目をみるのですか?GLU(グルコース)という項目を見ます。
77~150が標準値。
血糖値は爪から出血させるだけの簡単な検査でも判ります。
糖尿病の前兆などは他の検査結果も踏まえて判断します。
人間ではグルコサミン摂取と糖尿病の関連が取り沙汰されていますね。
犬にも言えるかも知れません。

血糖値をみる血液検査?それが血糖値なんですけど?
質問の意味がよくわかりませんが・・・。

追記
普通の生化学検査で血糖値は測っているはずですよ。血糖値は血中グルコース濃度のことです。>

16キロくらいのワンチャンの飼い主さん、又はどうぶつ病院関係者の方、教えてく…

16キロくらいのワンチャンの飼い主さん、又はどうぶつ病院関係者の方、教えてください。
1日に何CCくらいお水を飲みますか?

夏は飲水量が増えますが、16kgであればせいぜい1?を超えないくらいでしょう。
犬で病的な多飲と判断されるのは一般的には、体重kg??100ccの飲水量を超える場合です。
つまり16kgのワンコなら1600ccということになります。
実際に糖尿病やクッシング症候群など多飲多尿で有名な病気では上記の量をはるかに上回る場合が多いです。
気になるようでしたら、1日の飲水量を測ってみると良いです。
ただし、1日だけではバラツキがあるので最低一週間は続けて、平均1日量をみるべきです。

こんばんは、私は22歳女です。

こんばんは、私は22歳女です。
現在、生理不順で困っています。
婦人科に行こうと思い今月4日から基礎体温を付け始めました。
まだ10日ほどしか経っていないのですが、何日間つけたらいいのかわかりません。
最低1か月くらいは必要ですか?心配なので早めに婦人科に行きたいと思っています。
どなたか回答をよろしくお願いいたします

●基礎体温表は1月以上あると良いですね。
●月経不順がどのような状態なのか分かりませんので全て、思い当たる症状別を全て記します。
♀[月経がおかしい]♀●18歳を過ぎても初経がない:原発性無月経処女膜鎖陰腟欠損腟中隔ターナー症候群性分化異常先端巨大症成長ホルモン分泌不全性低身長●3カ月以上月経がない:続発性無月経卵巣機能低下症下垂体炎下垂体前葉機能低下症無月経・乳汁分泌症候群高プロラクチン血症先端巨大症甲状腺機能低下症クッシング症候群摂食障害体重減少精神的ストレス●:[周期が長い:稀発月経]卵巣機能低下症下垂体炎下垂体前葉機能低下症無月経・乳汁分泌症候群高プロラクチン血症先端巨大症甲状腺機能低下症クッシング症候群摂食障害体重減少精神的ストレス●[周期が長い:稀発月経]無月経のうち、処女膜閉鎖、鎖陰、腟欠損、腟中隔など子宮性無月経を除いた病気●[頻発月経]月経周期が異常に短く24日以内で繰り返される月経で、排卵性頻発と無排卵性頻発があります。
排卵性は、卵胞期短縮と黄体機能不全があります。
無排卵性頻発では排卵誘発を行います。
●[月経血量が多い:過多月経]子宮筋腫子宮内膜炎子宮内膜増殖症子宮内膜ポリープ子宮腺筋症甲状腺機能低下症クッシング症候群特発性血小板減少性紫斑病性ホルモンの分泌過剰●[月経血量が少ない:過少月経]黄体機能不全子宮発育不全症高プロラクチン血症甲状腺機能低下症クッシング症候群ホルモンの分泌不全精神的ストレス● [月経周期]「月経の周期」月経は、およそ1ヶ月周期の壊死した子宮内膜の膣からの排泄で女性の生殖期間を通して起きる。
出血性の排泄は月経、生活空間では生理と言っている。
月経の最初の日は月経周期の第一日目になる。
以上を参考に、婦人科を受診して下さい。
お大事にして下さい。

初めまして。

初めまして。
12歳のミニチュアシュナウザーの雌を飼っています。
おしっこのことについて質問&相談させていただきます。
よろしくお願い致します。
今まで、おしっことうんちは、朝夕2回、散歩のときにさせていました。
元々、結石がたまりやすく、4歳の時に結石除去の手術をしてから、療養食を食べさせています。
(ヒルズc/d)最近、膵臓に炎症があり、さらに肝臓腎臓の検査もしましたが、数値が高く、水をひっきりなしに飲んでは、おしっこに行きたがったり、漏らしたりしてしまうので、一日4?5回、外へ連れ出さねばなりません。
どうにか家でおしっこシートにしてもらおうと、何ヶ月か前から、外でおしっこする時にコマンドを言い、おしっこをしたら褒めてオヤツをあげる、ということをしてきましたが、まったく変化というか、何も変わらない状況の中、突然の病気。
結石持ち、頻尿ということもあり、我慢させるのもダメだと思って、家のそこらじゅうにシートを敷いていますが、外に出るまで我慢するか、寝ている間に知らないうちに漏らしてしまうという状況です。
体も弱ってきて、これからの季節、灼熱の昼間に外を歩かせて体力を消耗させたくありません。
(心臓も少し弱ってきていて、薬ももらっています)こういう場合、家でシートにおしっこをさせるようにするにはどうしたらいいでしょうか。
愛犬の性格的には、頑固で我慢強いです。
居住空間は、皆がいるリビングダイニングに面して、広めのベランダがあります。
できれば、そこにシーツを敷いて、できるようにしたいですが、今まで天気のいい日はベランダに出して日向ぼっこをさせていたりしたので、「外」という認識はないような気がします。
今、外でおしっこをする時、シートをさっと敷いて、シートをおしっこする場所だと認識させようとしていますが、女の子なので、突然座り込みジャーとしてしまうので、シートを敷く間もなく、失敗続きです。
本当に何とかしたく、具体的なアドバイスを頂きたくて質問させていただきました。
足りない状況などありましたら、補足させていただきますので、よろしくお願い致します。
(かかりつけの獣医さんにも相談してみましたが、「一日何回も連れてったら??」程度で、親身にお話いただけませんでした…)

お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
実際は診てみないとなんともとは思うのですが、文面からの想像で書かせていただきます。
参考程度にお考えください。
シートの上でおしっこをするように躾ける方法というと、ケージ(あるいはサークル)の中全面にシーツをしき(ガムテープ等で固定し)、ケージの中に閉じ込め、そこでおしっこをしたらそのタイミングでご褒美(この子の場合c/d)を与え、これを何日か繰り返したら、少しずつペットシーツの面積を減らしてき、成功したらご褒美、失敗しても怒らないという行為を繰り返して徐々にシーツを一枚にできるようにしていく。
というのが一般的なのかもしれません。
ただ、ご質問の文面を拝見し、気になったのですが、この問題の重要な点は「どうやってシーツの上でおしっこをさせるか」ではなく「なぜ多飲多尿になったか?」ではないでしょうか。
この歳になってから水の飲む量が増え、トイレの回数が増えというのは不自然な話です。
この場合ホルモン疾患、腎不全、糖尿病、膀胱結石などの多飲多尿になる病気が併発しているのではないか、というあたりから疑います(膀胱結石は多飲にはならないですが)。
特に腎臓の数値がさほど高くなく(例えばBUNは高いけど、CREは正常値とか)、膵臓の値も高く、肝臓の数値が中途半端に高い場合、クッシング症候群などのホルモン疾患の可能性を強く疑います。
シーツでおしっこが出来るようにすることも必要なのかもしれませんが、なぜこの年齢になってから多飲多尿になってきたのか、それは病気ではないのかという部分が大事なのではないかと思われます。
検査をしていないのでクッシング症候群とは限りませんが、何らかの病気による多飲多尿であれば、その治療をしない限り多飲多尿はおさまらないのではないかと思われます。

他の動物病院に連れて行って、聞いてみるのはどうかと思います。

それか広めのベランダがあるのなら、やはりそこにシートを敷いといてあげればするんじゃないかな?とも思いますが・・・。>

ちょっと前から肺が苦しい?

ちょっと前から肺が苦しい?のですが突然来たので驚いてます死ぬほど息苦しいほどではないのですが大きく息を吸い込むと胸が締め付けられるような息苦しさになります当方タバコもお酒もやりませんこんなことは今までなかったので不安なのですが何か対処する方法などはありますでしょうか?また明日にでも病院に行ってみたいと思うのですが呼吸器内科でいいのでしょうか?

早朝の回答失礼します。
まず『免疫力の低下』で感染症にかかりやすくなってると思います。
免疫機能が低下していたら、感染症には細心の注意をはらってくださいね。
▼質問者さまの症状を見る限りではありますが、もしかすると‥【副腎不全(副腎クリーゼ)】という、大変重い副作用が起きている可能性もあります。
・全身の倦怠感・食欲不振・易疲労感(疲れやすい)・脱力感 ‥などが前兆として現れ、その後‥・吐き気・嘔吐・下痢・腹痛・発熱・脱水症状・血圧低下・心肺機能低下・脱力・意識障害・呼吸困難など重い症状へと進みます。
▼更には、【クッシング症候群】という副作用が出ている可能性否定出来ません。
これは、副腎皮質に腫瘍ができて、副腎皮質ホルモンのひとつ「コルチゾール」が増えすぎるために起こるものです。
症状は、手足が細くなって、お腹が太り、顔はむくんで赤ら顔になります。
また、腹部、太ももに赤紫色の皮膚の亀裂が生じることがあり、皮膚は軟らかく、あざができやすくなります。
この他、高血圧や糖尿病も合併します。
▼‥決して不安を煽るつもりではありませんが、これは適切に対処しなければ、命に関わる危険性を含んでいるかもしれません。
いずれの症状も、副腎疾患に特徴的な症状ではなく、お腹の病気と間違われることがありますので、◆念のため‥出来れば、大きな総合病院の【内分泌科】を受診されて、「息苦しいこと」を医師に告げ、『副腎の検査』を受けられてください。
場合によっては、緊急入院になる可能性もありますので、お身内の方に付き添いをお願いしましょう。
以上はあくまでも可能性の話ですが、重い症状であることに違いありませんので、◆念のため‥早い目に受診・検査を受けられてください。
検査で、重篤な異常がなければ、それで【安心】を得られますからね‥長文・駄文 失礼しました。
是非とも‥お大事になさってくださいね。

呼吸器科だと思いますが、今日は受診されましたか?

私にもあった症状なので一応回答します。

貴方には肩こり、首こり、姿勢の悪さ、背中の痛みや痺れ、顎関節症などはありませんか?

私には多くの症状があったのですが、一番つらいのは慢性的な「息苦しさ」でした。
精神科で精神的な問題であると診断され投薬治療をはじめるも、これが全く効かない。。

でもこれが奏功したのは間違いありません。
投薬で何か改善を感じるようなことがあれば、投薬重視に傾倒していたかもしれません。

結局自力で治す事に成功しましたが、問題は「体」でした。
もしかすると多くの同様の症状の方々の原因も体では無いかと思うようになっています。
それにしても体の症状について併発することが多いとCMで言っていながら親身に相談に乗ってくれる精神科医が居ないのは非常に不可解ですね。

一緒に治した症状は以下の通りです。
顎関節症とうつ病は併発しやすいなんてよくネットに出ていますが、そりゃそうですよね。同じ原因なら併発しやすいでしょう。

・顎関節症
・顔面と後頭部の痺れ
・顔面の歪みによる笑いにくさ
・唇が歪むような喋りにくさ
・飲み込み辛さ
・喉が押されたような苦しさ
・歯ぎしり
・日中のかみ締め
・食事中の片顎で食べる癖
・首こり
・肩こり
・腰痛
・立っていても座っていてもフラフラする感じ
・立っていても座っていても真っ直ぐになっていない感じ
・真っ直ぐ歩きにくい歩行障害
・息苦しさ
・不安感
・人と対面したときの著しい緊張感の高まり
・緊張したときの異常な口の渇き
・心臓辺りの痛み
・わき腹の痛み
・目のクマ
・眼精疲労
・頭痛
・食後の弱い吐き気
・集中力の低下
・記憶力の低下
・思考力の低下
・偏頭痛
・めまい

簡単に書きますと原因は「背中の歪み、またそれによる慢性的な呼吸困難、血行不良」でした。
当初からあった「背中の痛み」はこの始まりだったと今では理解しています。
これを治した事で全身にあった身体的症状や精神的症状は嘘のように緩和していきました。
気分障害の原因についてはよく自律神経の失調と言われていますが、これも慢性的な呼吸困難によるものと考えています。
体はしっかり呼吸をしているつもりが、物理的な要因によって呼吸が適切にできていない状態が継続すれば不調になるのも容易に推察できますよね。

また、腹式呼吸で自律神経が回復するのもこの考えに同調しているとみています。
要するに横方向に肺が広がらないから下方向(腹式)に広げて便宜的に呼吸をスムーズにするということです。
ただ、これは一時的な対応であって根本解決ではないとみています。

立っていて、真っ直ぐ立てていないようにフラフラすることはないでしょうか?
また、左右の肩の高さが違う状態になっていたり、どちらかの腕が挙げにくい状態になっていませんか?

これも「背中の歪み、コリ」の弊害だと推察できます。

背中のコリの正体は胸椎と肋骨を繋ぐ「肋椎関節」の何らかの障害と考えていますが、この部分が稼動不良になると息を吸う際の肺の膨張を阻害して息苦しさに直結するとみています。
大きく息を吸ったときに肩を上げないと吸えなくなっているようですと、この傾向があると考えています。

「こんなとこなんで問題になるの?」

とお考えかもしれませんが、これは現代人なら誰でも問題になる可能性がある内容だと考えています。
問題は「腕の上げすぎ」です。
日々、パソコンやスマホを持って操作すると腕や肩が疲れると思いますが、この胸椎付近もテンションがかかり、疲労が蓄積されやすいとみています。
ただ、この付近は肩や首などと違い「コリ」を感じにくいため、慢性化してこれを放置することで歪みや旋回が生じると推察しています。
また、残念ながらこの問題は整形外科では気づいてもらえないようです。
治せないから「問題ない」のかレントゲンの検出限界で「問題ない」のかは分かりません。

また、最近、昔何気なく抜歯した上顎の埋没した親知らずが首の歪みの原因であった可能性も見出しています。
それを原因としたあらゆる症状の発症プロセスは以下のように推測されます。

腰痛、歩行障害

胸椎、肋椎関節の歪み、旋回→肩甲骨のこり、腕の上げづらさ、肋間神経痛、【息苦しさ】

頚椎の歪み、旋回→首こり、肩こり、ストレートネック

☆上顎の親知らずによる第1頚椎の変位

顎の歪み→顔の歪み、噛み合わせ悪化、頭痛、頭部の慢性的な緊張、笑いにくさ

歯ぎしり、噛み締め

顎関節症

あらゆる可能性からご自分で最良の解決策を見出してくださいね。
なんとか私は治せたのできっとヒントはあると思っています。

共通する対策としては背中のストレッチが重要だと思っています。

・顎関節症はどこで治せば良いか 顎関節症の治し方 改善法
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n244419

・自律神経失調症の原因
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331

・自己整体で体のメンテナンスをするということ
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n361728>呼吸器科でいいと思います。>

最近、息が浅いというか苦しいというか、

最近、息が浅いというか苦しいというか、うまく表現できないのですが、呼吸が苦しいです。
日常でそうなるときが多いです。
病気でしょうか?以前もなったときがあって、検査しましたが、異常ありませんでした。
歌おうとすると肺活量がなく、声が続きません。

早朝の回答失礼します。
まず『免疫力の低下』で感染症にかかりやすくなってると思います。
免疫機能が低下していたら、感染症には細心の注意をはらってくださいね。
▼質問者さまの症状を見る限りではありますが、もしかすると‥【副腎不全(副腎クリーゼ)】という、大変重い副作用が起きている可能性もあります。
・全身の倦怠感・食欲不振・易疲労感(疲れやすい)・脱力感 ‥などが前兆として現れ、その後‥・吐き気・嘔吐・下痢・腹痛・発熱・脱水症状・血圧低下・心肺機能低下・脱力・意識障害・呼吸困難など重い症状へと進みます。
▼更には、【クッシング症候群】という副作用が出ている可能性否定出来ません。
これは、副腎皮質に腫瘍ができて、副腎皮質ホルモンのひとつ「コルチゾール」が増えすぎるために起こるものです。
症状は、手足が細くなって、お腹が太り、顔はむくんで赤ら顔になります。
また、腹部、太ももに赤紫色の皮膚の亀裂が生じることがあり、皮膚は軟らかく、あざができやすくなります。
この他、高血圧や糖尿病も合併します。
▼‥決して不安を煽るつもりではありませんが、これは適切に対処しなければ、命に関わる危険性を含んでいるかもしれません。
いずれの症状も、副腎疾患に特徴的な症状ではなく、お腹の病気と間違われることがありますので、◆念のため‥出来れば、大きな総合病院の【内分泌科】を受診されて、「息苦しいこと」を医師に告げ、『副腎の検査』を受けられてください。
場合によっては、緊急入院になる可能性もありますので、お身内の方に付き添いをお願いしましょう。
以上はあくまでも可能性の話ですが、重い症状であることに違いありませんので、◆念のため‥早い目に受診・検査を受けられてください。
検査で、重篤な異常がなければ、それで【安心】を得られますからね‥長文・駄文 失礼しました。
是非とも‥お大事になさってくださいね。

サニレックスについて

サニレックスについて恥ずかしながら、わたしはBMIが35以上の高度肥満です。
先日、ダイエット外来を受診したところ、サノレックスを処方してもらうことになりました。
そのとき、初診料等の保険適用の診療代とは別に、サノレック10錠の保険適応外の代金として4000円支払いました。
家に帰ってから、サノレックスのことを調べると、私のBMIだと保険適用になることがわかりました。
おかしいと思い、その病院に問い合わせたところ、他院のことはわからないがうちは基本的にサノレックスには、BMIがいくつであろうと保険がきかないと、一蹴されました。
保険適用が定められている医薬品代の保険適用、不適用は病院によって決めれるものなのでしょうか?もし、決められない場合は、差額は返金してもらえるのでしょうか?

たぶん、おそらく、もともと美容整形などの保険医療機関に指定されていない、自由診療の医療機関かもしれません。
「ダイエット外来」という名称自体が、医療広告ガイドラインで認められるかどうか怪しい領域のグレーゾーンかもしれません。
保険診療なら「肥満外来」という名称だと、クッシング症候群やホルモン異常など病的肥満を診療する科ということで認可される可能性があります。
「ダイエット」という名称では、健康人のヤセたい願望を満たすために、サプリメントの販売や運動・食事療法中心で、病気の治療という印象がないですね。
もともと、保険診療をやらない自由診療の医療機関かもしれません。
マジンドール(サノレックス)は、病的肥満のとき保険適用になりますが、他の糖尿病や内分泌異常などの病気による肥満の治療を優先してからになります。
(参考)医療広告ガイドライン・・・http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/kokokukisei/dl/shishin.pd…

わんちゃんのクッシング症候群について。

わんちゃんのクッシング症候群について。
昨年夏、自宅でカットした時に主人と私で同時に同じ箇所(腹部辺り)を直剃りにしてしまい、その後範囲は狭くなったものの一部だけ毛が生えてこず黒ずんできたので初めは日焼けでもしたのかと思っていたのですが、いつまで経っても毛は生えてこず引っ張ってみれば抜けて産毛程度しかないので皮膚病を疑い獣医に見せたところ、左右対象の脱毛とゆうのとでホルモンの検査をすることになりました。
そこでクッシング症候群の可能性があることがわかりました。
ただ、検査では一つの項目しか当てはまらなかったのと、(検査項目は後ほど補足させていただきます)まだ3歳前と若いこと、薬を飲み始めると一生続けないといけないこと、それも高額なので、夏になると自然と生える季節性の脱毛もありえるのでこの夏は様子を見ようということになりました。
今のところ多飲多食や多尿も見られず、散歩も喜んで行きます。
食欲旺盛なのは変わらず、むしろ毎年この時期になると少しだけフードを残すクセも健在です。
ただ気になる点もあるのは確かで、数ヶ月前ぐらいから肥満?と思える様な体型になってきたこと、ボールを追いかけてもこちらに戻ってくる前にへたってしまいコロリンと寝ころんでしまうとこ。
(以前は喜んで持って帰ってきてました)肥満体型に関してはちょうどその頃フードをアーテミスに変えたのでそのせいかな?とも思っていたのでが、体重的には変わりはないものの散歩中に何人ものご近所さんから太ったねー!と言われるので体型が変わったのは一目瞭然みたいです。
あと、遠吠えのような寂しそうな声で泣く回数が断然増えました。
お留守をしている時はたまにあったみたいですが私たちが居ても日に何回かは遠吠えはあります。
どちらかというとほとんど吠えない大人しく甘えたさんだったので、これが一番の気がかりです。
長くなってしまいましたが、色々調べた結果、低脂肪でタンパク質が多いフードがいいみたいなのでその様なフードをご存知の方、またクッシング症候群と診断されたことがある方、どの様に治療を進めていったのかどのくらいの費用がかかったのか教えて下さい。
よろしくお願いします。
ワンコはコッカーでこの5月で3歳になります。
今まで健康状態は良好で特に持病はなかった様に思います。
補足ACTH刺激試験、低容量デキサメンサゾン抑制試験(LDDST)の検査でACTH刺激前は正常、刺激後は6?18が正常に対して25.5とあり22でクッシングに合致を超えております。
その他、左右対称の脱毛、皮膚の色素沈着、肥満(?)が見られます。
総コレストロールが正常より高かったもののクッシングになると上記の数値と共に上がるアルカリフォスファターゼが正常値なため、しばらく様子をみての再検査となりました。

クッシングではないと思いますけど・・・基本的にクッシング症候群には2種類(医原性は含まず)あります。
下垂体腫瘍と副腎腫瘍です。
どちらも外科的あるいは内科的な治療方法があります。
現在はトリロスタンの内服治療が一般的です。
追記治療費は実例では1月に6000~50000円ぐらいの幅があります。
体重の差と合併症の有無でかなりの違いが出ます。
軽いものであればケトコナゾール(コルチゾール合成阻害作用がある)と強肝剤程度で済みますし、肝機能障害や高血圧症などの合併症があればそれらの薬も必要になってきます。
クッシング症候群では合併症の肝疾患、腎疾患、糖尿病にも考慮しなければいけません。
クッシングに良い食餌というより、その時々の身体の状況によって食餌を変えていくことが必要になると思います。
現時点で肥満、高コレステロールであるなら減量用食が好ましいでしょう。
療法食でいうとメタボリックスやCRWなどです。
ACTH刺激試験の詳細は28以上でクッシング症候群の疑いが強い、24~28はクッシングを疑い再検査、18~24はクッシングの可能性もあるので再検査、18以下はクッシングの可能性は低いという形かと思います。
(とある大学病院での基準)コルチゾールの値はストレスなどにより短時間に大きく上がってしまう上、他に病気があっても高い値になることもありますので、検査の正確性は80%程度と言われます。
クッシング症候群は症候群の名の通り症状の有無が重要で、腰部を中心にした左右対称脱毛、被毛粗造、全身皮膚の色素沈着、ラットテイル、多飲多尿(尿比重低下)、腹囲膨満、肝腫大、腹部皮膚の菲薄化(皮下血管がくっきり見える)、筋肉萎縮、呼吸速迫などが一般的にクッシングでよく見られる症状で、これらの複数は当てはまらないといくらコルチゾールが高くてもクッシング症候群とは診断できません。

猫のカリウム数値が低いんです。

猫のカリウム数値が低いんです。
ガンとの闘病中の13才のメスです。
抗がん剤点滴を一年ちょっと、自宅では内服薬抗がん剤とステロイドを1日置きに投与してます。
三週間に一回の抗がん剤点滴を今日もしてきました。
血液検査結果K(カリウム)の数値が2.9で低く、ステロイドの投与で低下してるので、他の原因ではないと言われました。
カリウムを多く含む点滴もしました。
通常の猫は3.4~5.1mEq/Lです。
もっと低くなると頭をあげたり出来ず、ふらついて歩くようになるそうですが今はまだそのような状態が出ていません。
カリウム低下での病気は何が考えてられますか?何を食べさせたら良いのですか?今はイノーバエボキャット缶をあげてます。
心配で仕方がありません。
どうか、みなさまのお力貸してください。
宜しくお願いします。

カリウムが低い場合考えられる原因といえば、・低カリウム溶液の過剰投与・下痢・嘔吐・腸内の閉塞・吸収不良・クッシング病クッシング病はステロイド剤の副作用としても見られます。
クッシング病http://www.petwell.jp/disease/cat/kusshingu.htmlカリウム値の低下の原因が、どのように影響するかは主治医に詳しく聞く必要があると思います。
あなたのネコはあなたしか守れませんので、わからないこと、不安なことは理解できるまで詳しく聞いておくことが大事です。
ここでわかることは、ひとつの可能性程度のことです。
また、獣医師によって診察も診断も治療法も違います。
あなたが納得いかないのでしたら、あなたが安心して愛するコを任せられる獣医師に出会うまで、病院を探すべきです。

メンタルケア心理士試験を受けようと

メンタルケア心理士試験を受けようとしているものです。
質問なんですが受験時間はどのくらいあるのでしょうか??実技の問題は400字ではなく800字程度の問題が出るのですか??よろしければ教えてください。

出題範囲とガイドライン 学科(20問) ( 1)精神解剖生理学 ◆生化学に関する基礎知識・染色体と遺伝子 タンパク質 酵素 脂肪 炭水化物◆解剖生理学に関する基礎知識・人体の組織:骨格、筋肉・人体の器官:消化器系、循環器系、呼吸器系、泌尿器系、生殖器系、感覚器系、 内分泌系、神経系◆薬についての基礎知識・薬理学:吸収、分布、代謝、排泄 薬の形状 (2)精神医科学 <DSM-Ⅳ分類法に準拠>◆精神障害に関する基礎知識・精神病:統合失調症:妄想性障害 気分障害:うつ病性障害 双極性障害・神経症:不安障害:パニック発作 広場恐怖 パニック障害 特定の恐怖 社会恐怖 強迫性障害 PTSD◆身体疾患と精神症状に関する基礎知識 腎不全 肝炎 脳卒中 パーキンソン病 認知症 糖尿病 クッシング症候群 更年期障害 甲状腺機能低下症 癌 ステロイド 梅毒◆薬剤に関する基礎知識・抗うつ薬(三環系(第1群)、四環系(第2群))・SSRI(第3群)・抗不安薬:ベンゾジアゼピン系・抗精神薬:フェノチアジン系 ベンザミド系、ブチロフェノン系・抗精神薬・睡眠薬系統等 (3)カウンセリング基本技法 ◆カウンセリングとは カウンセリングの目的 カウンセラーの存在 職域におけるカウンセリング◆カウンセリング倫理カウンセリングに関わる倫理◆カウンセリング概論インテーク面接 共感的理解 転移 適応機制 カタルシス 心理アセスメント◆カウンセリングと医療の関係チーム医療 地域精神医療 ケースカンファレンス◆心理療法基本 来談者中心療法 指示的カウンセリング 文章作成 形式:学科出題範囲及びガイドラインの事柄についての記述問題(総文字数800字程度)

クッシングの犬に出来ること

クッシングの犬に出来ることクッシングの犬について心配性な飼主から質問です。
雑種のオス9歳19キロ、半年前に十字靱帯断裂原因を調べたところクッシングが判明し、その後靱帯については手術で回復して元気に歩けるようになり、現在はクッシングの薬(たぶんデパソン錠)のみ続けてます。
ACTHの検査は3月に一度やって、それ以来してません。
検査の後、副腎が原因か脳下垂体が原因か検査結果では真ん中で分からなかったが、対症療法としてデパソン錠を飲んでおけばリスクは少ない、という説明を受けました。
(メモを取らなかったので、記憶違いがあったらすみません。
)今の所、毎日元気に散歩に出かけておりますがクッシングが進んだらどうしようとつい心配してしまいます。
ご飯はミキサーで野菜や肉、玄米をドロドロにしたものを食べさせてます。
クッシングの対策として、今の生活で、薬以外に何かやっておいたほうが良い事、気をつけたほうが良い事はあるのでしょうか。
後、脂肪腫(良性だといわれました)が肩にあり、結構大きくて邪魔そうなので手術でとりたいと考えているのですが高齢犬でもとって大丈夫なのでしょうか。
ちなみに通っている病院の先生からは「対策は別に無いです」「脂肪腫の手術のリスクは別に無いです。
とらなくても大丈夫だけど。
」ときっぱり言われました。
(苦笑)

確かにクッシングの子に特別出来る対策って思いつかないですが・・・強いて言うのであれば、食事面でしょうか。
クッシング症候群の症状として、糖尿病や、肥満化(筋肉が脂肪に変わる)がみられるので炭水化物を避け、低脂肪・高タンパクな食事に変えてあげる事も大切かと思います。
それと、多飲多尿の傾向がみられるようであれば、水分補給を常時出来るようにしてあげる事です。
ただ、栄養面に関しては、固体によって全然変わってくるみたいなので、その辺は獣医さんと相談・・・と言いたいところですが質問者様のワンちゃんをご担当されている獣医さんはあまり相談にのってくれなさそうですね・・・苦笑獣医さんって意外と、病気の事は分かってもフードや、栄養管理の事は分からないそうですよ。
(友人の獣医師がそう言っていました;)犬の栄養学は確率されていませんが、専門に研究されている方もいらっしゃいますので、そういった専門家に相談されるのもひとつかもしれません。
脂肪種のリスクについては手術自体にリスクは無くても、麻酔によるリスクはあると思います。
そういった点をきちんと相談する為にも獣医さんを変えてみられては?

犬の病気でアジソン病とクッシング症候群に詳しい方にお尋ねします。

犬の病気でアジソン病とクッシング症候群に詳しい方にお尋ねします。
7歳と10ヶ月になるミニチュアダックスフンド(オス)が1年半程前にアジソン病と診断されました。
最初の症状は、食欲が増えたり、飲む水の量が増え尿の回数も増えました。
あと、きれいだった毛質がぱさついたり何かにおびえたり震えたりで、心配になり何度も病院に連れて行きました。
血液検査の結果・コルチゾールの値027で基準値以下・皮下点滴後の値269で基準値以下エコーでも副腎が見えないぐらい小さいとの事でアジソン病だと解りました。
それから、1年4ヶ月の間、・ステロイド(Pre)5mg1/2錠・消炎剤フロリネフ15錠を毎日服用していましたが、今度は、お腹が膨れたり皮膚が赤黒くなったりでクッシング症候群になっているかもという事で検査をした所、薬を毎日飲ませていても前よりも悪くなっていて・コルチゾールの値033・皮下点滴後の値が032で皮下点滴をしても全く変わらかったそうです。
それで別の血液検査で・ACTHの値5で、もしかしたらクッシング症候群になっているのかもしれないという事でステロイドの種類を変え量を半分に減らし、心臓の薬を加え・ステロイド(Pre)5mg(NP)4/1錠・消炎剤フロリネフ15錠・カルグート1/4錠で今様子を見るしかないという状態です。
ステロイドを減らしてからはお腹の膨らみは良くなり、水の量も減り毛質も少し良くなり伸びてきました。
最初に飲ませていたステロイドは決して多くはないとの事ですが、コルチゾールの値はアジソン病なのに薬の量を減らしても大丈夫でしょうか?腎臓の数値(BUN)もどんどん悪くなるばかりで今、106で基準値をはるかに超えて腎不全の事も言われています。
今の所、愛犬はよく寝ますが病気を持っているとは思えないぐらい食欲もしっかりあり至って元気です。
アジソン病なのかクッシング症候群なのかもはっきり解らないし、この状態をどう捉えていいのか解りません。
このままの治療方法で大丈夫なのでしょうか?どうぞ宜しくお願い致します。
補足肝酵素の数値も悪いです。
ALP445です。

まずpreの用量ですがmg/kgでみないと多いか少ないかわかりません(2キロの犬もいれば30キロの犬もいるので)kgで換算するとpre 01~025mg/kg/dayが生理的必要量ですただし症状や状態により調節します

ステロイドについて。

ステロイドについて。
Mダックス2歳のことです。
内服で1日1回、2日間服用しました。
3日目に調子が悪くなり入院、検査結果、膵炎かも?と言われました服用量はゴマぐらいの大きさでした。
ステロイドの副作用でしょうか?

全ての薬に副作用があります。
副作用のない薬を探す方が難しいでしょう。
そういった中でステロイドは用法、用量を間違えなければ、比較的副作用の少ない穏やかな薬と考えられます。
ステロイドの副作用は、服用量や服用期間によって違います。
少量でしたら、長期に続けてもそれほど心配いりません。
けれど、量が多めになると、いろいろな副作用が出やすくなります。
使用期間や量を慎重に計算しませんと、重大な副作用が出ることも場合によっては考えられます。
治療が長くなる場合は、定期的に決められた検査を受ける方がいいお薬にはなります。
ステロイド服用で見られる副作用の代表的なものは、多飲多尿や食欲増進です。
動物病院で処方される時にも、このような症状は出るけど、それは順調に回復し、投薬の必要性がなくなれば、見られなくなるという説明を聞くことも多いです。
ステロイドの副作用で体に現れる症状は、・初期では、お腹がふくれ肝臓が肥大し、毛が抜け落ち、全体的に毛が薄くなる・中期では、皮膚が薄くなって乾燥し、ハリがなくなり、皮膚炎を起こしやすくなる・末期では、筋力が落ちて力がなくなる。
※クッシング病と言われているステロイドの副作用の末期症状であり、この症状が続くと確実に死に至る恐い病気になるただ、この場合の初期というのも、長期間の服用があることが前提になります。
単発で使う場合には、低用量、期間も短めにと獣医師が考えることは一般的です。
しかし、アトピー性皮膚炎、リウマチ、自己免疫性貧血、血小板減少症など、使用される病気の性格上、治療が長期に渡る必要のある疾病も存在しますが、副作用が心配だからということで中止してしまうと、結局、病気の症状でそのコを苦しめてしまいます。
副作用のリスクと、薬に薬効によるメリットとどちらを優先すべきかということで、使用を考えていくことになります。
人間でもステロイドの長期作用で副作用が問題視されることが多いです。
ステロイドは両刃の刃ですが、用法・用量をしっかり守って使えばとても有意義な面を持った薬です。
ステロイドはいわば、体の中に戒厳令を敷くためのホルモンです。
ストレスが体に加わっている時に、それに抵抗する状態を作り出す物です。
体の中の生産活動や軍隊の暴発を抑える状態にさせるようなものです。
利点としてはまず炎症を早く、強力に止めることがあげられます。
犬では抗ヒスタミン薬が効かないことが多く、アトピーなどの炎症疾患の特効薬です。
また抗ショック作用が強力で、ぐったりした状態などでは高用量のステロイドを投与しないと、助からない症例もしばしばあります。
またある種の腫瘍に対しても、抗腫瘍作用があるため一部の腫瘍で使用します。
欠点としては体の免疫力を低下させたり、ステロイド性肝腫大・肝炎を起こしたり、体のタンパク質を分解させて筋肉を萎縮させたり、長期間の使用によりクッシング症候群を起したりします。
ステロイドを使う場合には、大きく抗炎症量と抗免疫量とに分かれます。
低用量(<0.5mg/kg/day)では痒みを抑える作用が中心で、間欠的・低用量(できれば<0.2の隔日)な使用にすることにより、長期間の使用でも副作用の可能性を減らすことが出来ます。
自己免疫疾患や腫瘍疾患の場合には高用量(>1mg/kg/day)で使用することもありますが、この場合には副作用の出る可能性が高くなります。
病気によっては、副作用が出るのを覚悟の上で使用せざるを得ない場合もあります。
ステロイドは個体によって感受性が違い、同じ用量を使っていても副作用の出るコと出ないコがいます。
ぱっと見て分かる副作用の第一歩は、先に申し上げた多飲多尿です。
通常の飲水量は40~60ml/kg/dayですが、100ml/kg/dayを越えると明らかな多飲です。
副作用のない薬は存在しませんが、ステロイドは特に用法を間違えたり過量投与すると害が出てくることの多い薬です。
大切なのはむやみにおそれずに、きちんと知って利点と欠点を比べながら、利益のある方を選ぶことだと思います。
ステロイドを使う時には、はっきり「これはステロイドです」と伝えて使うようにしている病院は、ある意味信頼できるでしょう。
何か不明な点、疑問な点がありましたら、それは処方している獣医師にお尋ねになる方が、その時に罹患している疾病や、見せている症状、ステロイドの薬用量などから考えて、適切な答えをいただけるか、治療プログラムに反映してくれるとは思います。
ダックスでゴマくらいの量のステロイドということでは、それが1錠5mgの錠剤をカットしたものであるとすれば、一般的に考えれば低用量であることは考えらやすいでしょうか。
病気の種類やそのコの見せている症状によって、ステロイドを使う場合でも薬用量は違ってきますので、やはりそれを確認するのも、最終的にはホームドクターにということになってしまいますね。

ステロイド剤の副作用ですが・・
人間では、ステロイド量が多い場合の副作用として。
・免疫不全による易感染症(免疫力が↓肺炎等に感染しやすい)
・消化性潰瘍
・高血糖や糖尿病
・精神症状
・骨粗鬆症
・高血圧症
・高脂血症や動脈硬化
・骨とう壊死
・白内障、緑内障
などがあげられます。

しかし、これらは短期間に大量の場合や、少量でも長期間(何年も)の場合に出てくる副作用ですので、今回の件を考えてみますと、1日1回2日間服用との事ですので、ステロイドの副作用ではないと思われます。>下痢や嘔吐があって、腸の炎症を抑えるためにステロイドを投与したけれども、効果が十分でないため血液検査をしたら膵炎が判明したということだと思います。膵炎ですとステロイド投与ではなく、絶食と点滴が必要になりますから、そのために入院ということになったのでしょう。>

血液検査の中性脂肪は213ですが、問題がないでしょうか?

血液検査の中性脂肪は213ですが、問題がないでしょうか?

高すぎますね中性脂肪値が高値を示す人の大半は、肥満や食べすぎ、運動不足、飲酒によるものです。
この状態が続くと、心筋梗塞、脳血管障害など、動脈硬化症の病気の原因になりますので、中性脂肪を家庭でコントロールすることが大切です。
飲酒している人は禁酒するか、週2回程度に節酒します。
肥満や運動不足の人は、運動する習慣をつけ、脂肪や糖質(炭水化物)の多い食事を控えるなどといった努力で、たいてい改善できます。
正しい食事療法を行なうだけでも、中性脂肪を約30%も減らすことができますので、頑張りましょう。
異常な場合に疑われる病気高値…脂質異常症、糖尿病、甲状腺機能低下症、クッシング症候群、肥満、肝障害など低値…甲状腺機能亢進症、肝臓病、アジソン病、栄養障害など

アルギニンやホルモン分泌するアミノ酸を摂取すると末端肥大症やクッシング病にな…

アルギニンやホルモン分泌するアミノ酸を摂取すると末端肥大症やクッシング病になりますか?

アミノ酸摂取を避けるのは無理です。
人体に必須のものです。

右手薬指の爪に2mmほどの縦線ができました。

右手薬指の爪に2mmほどの縦線ができました。
これって悪性の爪の癌と言うことがありますか

恐らく爪甲色素線条でしょう爪甲色素線条とは、爪(つめ)の甲の根元から縦方向に、黒色や褐色の線状、または帯状の色素沈着が生じた状態。
爪は、爪の甲と、爪の根元の皮下にあって爪を作り出している爪母、爪の甲を下で支える爪床から成り立っています。
このうち爪母や爪母付近に何らかの病変があると、まず爪の甲の根元の表面に爪甲色素線条が現れ、爪が伸びるのに伴って、その直線状の色素沈着が次第に爪先へと移行します。
爪母や爪母付近にある病変としては、メラニンという皮膚の色を濃くする色素が異常に増加したほくろや、あざなどの色素性母斑(ぼはん)があり、爪母に色素性母斑が生じた後に、爪に爪甲色素線条が現れます。
粘液嚢腫(のうしゅ)やグロムス腫瘍(しゅよう)などの良性の腫瘍、爪部悪性黒色腫(爪メラノーマ)や基底細胞がんやボーエン病など悪性の腫瘍が爪母に生じた後にも、爪に爪甲色素線条が現れます。
また、扁平苔癬(へんぺいたいせん)や線状苔癬のなど皮膚疾患、アジソン病やクッシング症候群などの内分泌異常、ポルフィリン症や栄養失調などの代謝異常、ポイツ・イエーガー症候群や妊娠などの全身疾患、細菌や真菌の感染症、抗がん剤などの薬剤の内服、手指への放射線治療や紫外線療法、靴あるいはギターの演奏などによる繰り返す外的刺激が、爪母や爪母付近に病変を及ぼした後にも、爪に爪甲色素線条が現れます。
一般に、爪の根元に現れた爪甲色素線条は横幅1ミリ程度で始まり、次第に拡大して、その色調も濃くなります。
時には爪の甲全体に拡大するばかりか、爪の根元の皮膚を覆っている後爪廓(こうそうかく)の皮膚にも色素斑がみられることもあります。
多くの爪に帯状の爪甲色素線条が現れた場合は、全身疾患や薬剤の内服が原因です。
手の爪に現れる爪甲色素線条は、親指に生じることが多く、次いで人差し指や薬指です。
足の爪に現れる爪甲色素線条は、親指(第一趾)がほとんどです。
新生児や幼児に生じた色素線条は、一時的に広がったりすることもありますが、いずれ思春期ころまでに自然消失することが多いものです。
成人になってから生じた爪甲色素線条で、直線状の色素沈着が淡く、輪郭がぼんやりしていれば、ほくろや、あざなどの色素性母斑が原因の可能性が高く、そのまま放置してかまいません。
しかし、爪甲色素線条の横幅が6センチ以上で、黒褐色の色調に不規則な濃淡がみられるか真黒色、20歳以後、特に中高齢者になって発生したもの、色素線条が爪の表面を越えて皮膚の部分にまで及んでいる状態であれば、爪部悪性黒色腫(爪メラノーマ)かもしれません。
がん化したメラニン細胞が増えるにつれて、色素線条が増えるだけでなく太くなっていき、長さも伸びていきます。
やがて、爪全体が黒くなります。
進行すると、爪が変形したり破壊されてしまいます。
爪部悪性黒色腫は、がんの中でも繁殖しやすいタイプです。
そのため、爪から全身に転移していくというデメリットもあります。
短期間で転移してしまうため、爪の症状の変化に気付いたら、すぐに皮膚科、ないし皮膚泌尿器科を受診することが勧められます。
爪甲色素線条の検査と診断と治療 皮膚科、皮膚泌尿器科の医師による診断では、問診、視診、触診を行い、続いてダーモスコピー検査を行います。
ダーモスコピー検査は、病変部に超音波検査用のジェルを塗布してから、ダーモスコープという特殊な拡大鏡を皮膚面に当て、皮膚に分布するメラニンや毛細血管の状態を調べ、デジタルカメラで記録するだけの簡単なもので、痛みは全くありません。
すべての指の爪に爪甲色素線条がみられた時は、原因となり得る疾患があるか否かを検査します。
また、爪部悪性黒色腫(爪メラノーマ)が疑われる場合に生検を行います。
通常は色の濃い増殖部分全体を切除し、顕微鏡で病理学的に調べます。
もし爪部悪性黒色腫だった場合、がんが完全に切除されたかどうかを確認します。
一方、爪部悪性黒色腫の周囲組織を切り取ると、がん細胞が刺激されて転移を起こすことが考えられるため、生検をせずに視診と触診などで診断する医師もいます。
確定診断に至ったら、ほかの部位への転移の有無を調べるためのCT(コンピュータ断層撮影)検査、MRI(磁気共鳴画像撮影)検査、PET(陽電子放射断層撮影)検査、X線(レントゲン)検査、超音波(エコー)検査などの画像検査や、心機能、肺機能、腎機能などを調べる検査を行います。
皮膚科、皮膚泌尿器科の医師による治療は原則的に、爪部悪性黒色腫の部位を外科手術によって円形に切除します。
手術が成功するかどうかは、皮膚のどの程度の深さにまで爪部悪性黒色腫が侵入しているかによって決まります。
初期段階で最も浅い爪部悪性黒色腫であれば、ほぼ100パーセントは手術で治りますので、周囲の皮膚を腫瘍の縁から最低でも約1センチメートルは一緒に切除します。
皮膚の中に約0・8ミリメートル以上侵入している爪部悪性黒色腫の場合、リンパ管と血管を通じて転移する可能性が非常に高くなります。
転移した爪部悪性黒色腫は致死的なものになることがしばしばあり、抗がん剤による化学療法を行いますが、治療の効果はあまりなく余命が9カ月を切る場合もあります。
とはいえ、このがんの進行の仕方には幅がありますし、発症者の体の免疫防御能によっても差がありますので、化学療法、インターフェロンによる免疫療法、および放射線療法などいろいろな手段を組み合わせた集学的治療を行い、たとえ爪部悪性黒色腫が転移しても健康を保って何年も生存する人もいます。
一度、爪部悪性黒色腫を発症した人は、再発するリスクが高くなります。
そのため、発症者は毎年皮膚科、皮膚泌尿器科で検査を受けるべきです。
良性の腫瘍による爪甲色素線条の場合は、放置して経過を観察します。
皮膚疾患、内分泌異常、代謝異常、全身疾患、細菌や真菌の感染症などによる爪甲色素線条の場合は、原因を除去すれば数年後には色素沈着が消失します。
薬剤の内服による爪甲色素線条の場合は、内服を中止すると色素沈着は消失します。
http://ksj3691.hatenablog.com/entry/2015/12/13/230139より

栄養不良で出ることがあります。

ガンの心配はないと思いますが皮膚科へ行けば安心できます。>

愛犬に脳腫瘍の疑い・・・家族として何をすべきでしょうか?

愛犬に脳腫瘍の疑い・・・家族として何をすべきでしょうか?1年ほど前にクッシング症候群と診断された我が家のアイドルはミニチュアダックス8歳と6ヶ月。
8.2キロあった体重は6.6キロにまで減少して、がりがりに痩せてしまいました。
体毛は顔と手足を除き全て抜け落ち、つるつるな状態です。
現在ではトリロスタンと尿放症の目薬で治療を進めていますが、あまりにも体調が良くないため、トリロスタンは休薬中です。
思えばこの1年間は彼にとって辛い日々だったと思います。
皮膚の石灰化が進み、むずがゆいのか3回にわたり自分の皮膚を食い破っては化膿させたり、1日4~5リットルの水をのみ、風船のようなお腹になり、それでも水を飲んで吐いてみたり、食事も満足に取れなくなって寝てばかりいたり・・・・・検査と投薬量の調整を何度も何度も繰り返しここ2ヶ月くらいはトリロスタンは朝晩10mgづつ。
目薬は朝晩両眼1滴づつに落ち着いています。
しかし概ね元気と食欲はなく、自分のベットで寝てすごす事が多くなりました。
飲水量は治療の甲斐あってか、1日1リットル程度に落ち着き、それなりに穏やかな症状にも見えました。
ところが数日前、しばらく休薬していたトリロスタンを再開して2日めの夜のこと、意識が朦朧として自分で起き上がることができなくなり、再び休薬。
抱きかかえられることを異様に嫌がり、特に下半身を触ろうとすると、うなり声をあげるようになりました。
レントゲン検査の結果は特に異常なく、血液検査の結果も、心配していたアジソン病の兆候は見られませんでした。
今は休薬していますのでそれなりに低レベルではありますが元気にしています。
相変わらず寝ていることが多く、下半身を触られるのを嫌がりますしが・・・病院の先生の見解としては、脳に腫瘍など何らかの異常がある可能性が否定できないが、MRI等で詳しい検査をしてみなければ何ともいえないとのことでした。
但しもしも検査の結果腫瘍が見つかったとしても出来ることは限られており、手術か放射線治療くらいしかありません。
とのことでした。
お金の事を言うのはどうかとも思いますが、MRIの検査等で約10万円位、放射線治療は数回にわたるので個体差があるようですが40万とも50万とも・・・・・・・・我家は母子家庭で私の給料はそれほど多くはありません。
クッシングの治療もかなり高額で尿放症の目薬や検査費用等々、月に4万~5万円の出費になります。
正直かなり厳しいことは確かですがなんとかやりくりしてしのいでいます。
ただ来年息子が進学という節目を向かえ、本人も志望校を明確にして頑張っていますので何とか進学させてあげたいと考えています。
普通に考えれば諦めなくてはいけないのかなあ・・・・と思ってみたりローンで支払ができるようだから・・・・と考えてみたり・・・・・・・・・・・。
とこれだけだとただの愚痴にしかなりませんが、ここから本題に入りたいと思います。
結論から言えばお金のことはなんとかなるので心配はしないことにしました。
ただ自分の中でどうしても答えが見つからない疑問があります。
それはこの子にとって何が一番幸せな選択かということです。
現状でもとても体調が良くない日々が続く中、検査や手術、治療はとても体に負担がかかります。
実は私も十数年前がんを患い現在に至りますが、そのときの治療の苦痛は経験済みですので、息子には今度再発したら治療したくないと伝えてあります。
もしも私がこの子だったら、もしも言葉が話せたらきっと、お母さんもうやめて。
もういいよ。
そう言ったに違いないのです。
時折見せる幸せそうな穏やかな表情を見ると、辛い思いをもうさせたくないと強く思います。
元気だったころには戻れなくても、少しでもこの子らしく、少しでも穏やかに過ごさせてあげたいと願うだけなのです。
自分ひとりで悩んでいてもなかなか答えが見つからずぐるぐる同じところを廻ってしまいますので、同じ悩みを抱えられている方、経験談等良きアドバイスをお願いいたします。
補足説明不足のようで申し訳ありませんでした。
脳腫瘍の疑いと書きましたが、正しくは脳下垂体腫瘍です。
また椎間板ヘルニアの疑いとのご指摘ももちろん頂いてはおりましたが、レントゲン検査の結果背中の椎間板が少し薄くなっているように見えるが、今のところ問題になるレベルとは考えにくいとのことでした。

クッシング症候群の時点で下垂体腫瘍ということは聞かなかったのですか?というか文章中の症状的には椎間板ヘルニアの疑いもあると思いますけど。
診断がしっかりつかなければ正しい治療はできないと思います。
追記椎間板ヘルニアは単純レントゲンでは診断できません。
造影レントゲンかCT、MRが必須です。

普通のいびきと脳梗塞のいびきの違いと

普通のいびきと脳梗塞のいびきの違いと クッシングと先端巨大病?の違いを教えてください

普通のいびきであれば、少し揺り動かしたりすれば止みますが、脳梗塞の場合昏睡状態に陥って舌が落ちているために起こるいびきなので、いびきの音が大きく、また違って聞こえます。
ちょっと違うな?と思ったらいびきをかいている人を揺り動かしてみてください。
クッシング症候群は腎臓の上にある臓器、副腎の腫瘍が原因のことが多いです。
脳の下垂体に腫瘍がありそれが原因になることもあります。
満月様顔貌(ムーンフェイス)、身体に異常なほど脂肪がつく、高血圧などが見られます。
先端巨大症と言うのは末端肥大症とも呼ばれます。
こちらは脳の下垂体の前側から分泌されるホルモンが過剰になっていることが原因で、たとえば指の関節が異常なほど太くなったり、いわゆる巨人症もこれの一つです。
どちらも脳下垂体が原因となりますが、クッシング症候群は脳の良性腫瘍、先端巨大症はホルモンの過剰分泌が原因です。
どれも脳関係の疾患なので、詳しくは脳神経内科のお医者様へ聞いてみてくださいね。

先月の15日程から犬の毛が抜け出しました。それは毎年ある事なのでいいのですが、今…

先月の15日程から犬の毛が抜け出しました。それは毎年ある事なのでいいのですが、今回はお腹の毛がきれいさっぱり無くなりました。
毛がないのはお腹だけで他は普通にあります。
ブラッシングは二日に一回するのですが、お腹は痛がるのでやっていません。
原因はどんなことが考えられますか?もしかして病気ですか?

クッシング症候群というホルモンの病気か、疥癬症のような皮膚病か、いずれにしても放置はせずに病院に連れて行ってあげてください。

大至急!!クッシング病や末端肥大症は生活習慣改善で治りますか?

大至急!!クッシング病や末端肥大症は生活習慣改善で治りますか?ネットで調べたとこどうやら上記のどちらかにかかっていることは事実なんですが……… 20歳にも満たないのに色んな病気がついてきてもう嫌だ

治りません。
ネットで調べた…とありますが、此方の病気は診断に非常に時間のかかる病気です。
また判断も難しいのです。
まずは病院へ。
確定診断さえつけば、それ相応の対応が出来ますから。

ホルモンについての質問です。

ホルモンについての質問です。
( )が多量の( )を作るため、副腎皮質が異常に活発となり( )ホルモンの分泌も増加する。
( )の中にあてはまる言葉教えてください(; 😉

1.問題が脳下垂体のACTH生産腫瘍に関する問題の場合は(脳下垂体)が多量の(副腎皮質刺激ホルモン(ACTH))を作るため副腎皮質が異常に活発となり(副腎皮質)ホルモンの分泌も増加する。
が妥当な回答と思います。
2.クッシング病に関する問題の場合はa12241355さんの回答が妥当な回答と思います

下垂体腺腫が原因のクッシング病の問題でしょうか?
もしそうだと仮定すれば、こんな感じになります。

(下垂体腺腫)が多量の(副腎皮質刺激ホルモン)を作るため、副腎皮質が異常に活発となり(副腎皮質)ホルモンの分泌も増加する。>

158cmで50kgって太ってますか?

158cmで50kgって太ってますか?運動部で運動してるはずなのに、体重は増えるばかりで…ふくらはぎと太ももが太いんです。
どうすれば痩せますか?

普通です。
ちなみに標準体重は55kgです病気でもない限り運動してるのに太るのは食べすぎだからでしょう。
摂取カロリーが消費カロリーを上回れば太ります。
小食だと思っても、ちょこちょこお菓子とかをつまんでませんか?あとは筋肉で太った可能性もありますバレーだと太ももが、長距離だとふくらはぎがたくましくなります。
ちなみにカロリーを大してとってないのに太る病気は、クッシング病・甲状腺機能低下症が代表的です

筋肉じゃないんですかね。>

ごはんを30分早く用意したら、お宅の犬はどうなりますか?

ごはんを30分早く用意したら、お宅の犬はどうなりますか?ワンルームで14歳になるめす犬(避妊済み)と暮らしています。
最近、諸事情あり、犬のごはん(ドライフード)を30分ぐらい早めに準備して、ごはんの上にキッチンペーパーを置き、食事時間になったら、与えます。
太っているので(おやつはあげず、朝夕毎日散歩に出ます)フードは少なめにやります。
多くやると、便がよろしくなくなります。
食事を待つ間、犬はじっと座って尻尾を振り続けたり、私の膝に前足を何回か乗せてきたりします。
いままでは、ごはんの10分前に用意していました。
そのときは、のんびり待っています。
待たせすぎたのがいけないのでしょうか?それとも、病気などの可能性もありますか?ただ、ひたすらに食べたいだけですか?人間の食べ物は、パンやのりまき、弁当には反応せず、ローソンのからあげのみ欲しがります。
(もちろんあげません)30分も待たせたせいで、食欲旺盛に思えるのでしょうか?水は、多少規定値よりやや多めに飲みますが、多飲多尿はまったくありません。
クッシング、糖尿病、など調べましたが、素人考えですが、違うかなと思います。
10年間診てくれていた獣医さんがやめられてしまい、説明が難しい院長先生と、頼りない女医さんしかいなく、診察に行くのも、ためらってしまいます。
一応病院に電話したら、「一週間ぐらい様子を見てください」と言われました。
あんまり食事を待たされると、正常な犬でもおかしくなってしまうのでしょうか?

ワンは30分とかの時間感覚がないので、香りがするのにまだくれないの?いつまで待てばいいの!私のなんかご飯貰えないような悪いことした?あー!やっと貰えた!早く食べちゃえ!って感じかしら?

そんな意地悪はしたことがない。
しようとも思わない。

ごはんを与える時間自体は都合で数時間前後したりするし、
目の前にごはんを置かなければ催促することもありません。
ごはんの準備をしたら、座らせて待たせてなどの手順を踏んで与えます。

準備をして目の前に持ってくれば、貰えるものと期待します。
それをずっと見せびらかしながらじらすとか、
中国人観光客が奈良の鹿にやってる事と変わらないですよね。
あれで、鹿が人を噛む事故が急増しました。

盲導犬は訓練で10分待たせるそうですし、
犬の性格によっては忍耐力の鍛錬で済むかもしれないけど、
犬の性格によっては性格をゆがめたり不信感や攻撃性を養いかねないので、
長時間のお預けは無用なストレスを与える行為として否定的な見方もあります。

30分てかなり意地悪ですよね。>ごはんを30分前に用意するの問には、やったことがない(怖いから)ので、?です。病気の事は、知りませんが、態度は、普通の犬の行動に思えます。犬は、物事を関連付けしますから、今まで、準備して、10分後に与えていたのが、急に変わったのなら、関連性を再確認しますよ。一連の行動は、見た通りです。飼い主側が、準備して与えているのですが、犬は、何事も、自分が行った行動の結果(積み重ね)で、良い事(ご飯が食べられる)が起こると思っています。なので、早く食べたいので、過去の飼い主が動いた時のパターンを試しているのでは。あと、調理していないドライフードは、空気中に放置するのは、あまりお薦めしません。愛犬の急な体調不良には、ならないと思いますが、私個人は、湿気たら危険と思っていますので、一度開けたフード袋には、脱酸素剤を入れて密閉し、早め消費を心がけています。出したフードは、残ったら数分で破棄しています。諸事情はあると思いますが、ご参考に。>彼と二人で飼っています。今は私が一日家にいるのである程度ご飯の時間は決まっていますが、共働きの時は前後していました。それでも体調が悪くなることはありませんでしたし、いつでもおいしそうにがっついていました。あまり気にしすぎないでも大丈夫だと思いますよ。>

私は長年色々な症状で体調不良に悩まされてました。

私は長年色々な症状で体調不良に悩まされてました。
親指の付け根の痛み、ひどい肩凝り、骨折、骨粗しょう症、むくみ、うちみ、3度の蜂窩織炎…。
近くの整形兼内科に症状が出るたびにかかっていましたがそのつど対処療法でくすりや注射を受ける治療を何年もしていました。
最終的に腕がしびれ上がらなくなり別に通っていた整骨院で病院を変えてみてもらった方がいいとの勧めで他院を受診すると緊急で大きな病院に回されました。
そこで頚椎すべり症と診断されこのままでは手が麻痺してしまうと言うことですぐにオペをしました。
しかも、オペ前の問診や既往歴などに合わせ私自身の様子があまりに気にかかると退院してすぐにさらなる大きな病院で詳しくみてもらうようにと紹介されました。
すると今までの体調不良の症状がすべてヒットするクッシング病だと判明しました。
そこではなぜここまで放置したのか?と言われましたがあまりに具合が悪かったこともあり毎週のように最初の整形兼内科にはかかっていました。
頚椎のオペは辛いものでしたがそのおかげで病院を変えたことにより本当の病気が判明しその治療法が確立するまでは致死率が5年以内に50%というほどの危険な病気で最悪は死んでいるところでした。
長きに渡り治療にかからなかったせいでクッシングの術後(原因である脳下垂体腺腫を摘出)も1年経った今も頚椎や親指の後遺症が解決せず仕事もろくに出来ない状態です。
特に私はひとり親としてふたりの娘を育てており生活出来ないため実家に身を寄せている現状です。
こんな体になってしまい苦しい毎日なのですが何度考えてもなぜここまでの症状を訴え通院していたのに最初から見ていた先生がクッシングまでは分からなかったにしても次の手を打ってくれなかったのか、あまりにも無責任な診療で危うく命を落としていたかも、そして社会復帰がままならずまだまだ子供を養って行かないといけないのに先が不安で悔やまれて悔やまれて恨みが募ります。
その整形兼内科の先生に慰謝料など何かしらの責任を少し被ってもらう訴えは出来るでしょうか?貯蓄も底をつき大っぴらに訴訟を起こすなどの財力はありません。
何かいい方法があるならどなたかアドバイスが頂きたいです。

こんにちは。
大変でしたね。
5年前に私も同じ経験をしています。
病名は違いますが、もしずっとあの病院に通院していたら・・・と。
テレビ局等に手紙?を送ろうかとも思いましたが後の事を考えると不利だな・・・と思い、やめました。
何が不利なのか…それはカルテの改ざんはやろうと思えばどうにでもなるように思ったからです。
産まれてからずっとそこに通院していたのがいけなかったのかもしれません。
医師からすると他に行く所はない…という考え。
いざ変わろうと思って紹介状を書いてもらおうとしてもダメでした。
あと、カルテがなくなった・・・とか。
その後ネット等でその病院を調べてみると、研究が主だということがわかりました。
大きな病院でしたが、逆に追い出されて良かったかと今では思っています。

「大変でしたね。」と言う心からのお言葉、同じ様な体験の方から頂きとてもありがたく思います。
これから2人の子供をかかえ途方に暮れており市や国も難病の医療費以外に援助してもらえる手段はなく日本中ではちょぽけなたった一人ですが子供たちには私しか頼れるものはありません。
このまま、いい加減な医師が何も考え直すことなく何事もなくスルーされるのは患者を何と思ってるんだ!と憤りを感じます。

質問に対して考えて回答下さり本当にありがとうございました。>

柴犬(9歳♂虚勢済み、ベスト体重10kg台後半・現在8kg台)の病気について。

柴犬(9歳♂虚勢済み、ベスト体重10kg台後半・現在8kg台)の病気について。
1歳になる前から外耳炎や痒みによる皮膚炎(軽度)を繰り返し、1歳半頃にアレルギーと診断されステロイドを服用しています。
アレルギーは年々重くなってきており、昔は夏だけ服用していたのが、少しずつ投与量・期間が長くなっています。
基本冬は(年々期間が短くなってましたが)完全休薬が出来ていましたが、この間の冬は休薬出来ませんでした。
出来なかったと言っても、まだ休薬日は挟めていましたが・・・。
(症状によって1/6錠や1/3錠、1/2錠で調節しており、痒みを完全に無くすのではなく皮膚を掻き壊さない程度を目処に服用しており、1日最大量でも1/2錠まででした)この間の冬からステロイドを完全休薬出来なかったのも変化なのですが、いつもなら夏場に作ったハゲが冬に生えてくるという年間サイクルで過ごしていたのですが、少しずつハゲが広がり始めました。
そして年末頃から体重も減り始めました。
年明けの今年1月頃はほぼ全身ハゲな状態でしたが、甲状腺機能低下症が見つかり、チラージンの服用を始めました。
チラージンの服用開始のタイミングで、覿面に多飲多尿になりました。
(飲水量1200ml~1800ml/日)体重は、食餌量を毎月1割程増量しても減り続けていて、腎機能が弱いとの事で、3月からステロイド1/2錠と1錠を毎日交互に飲ませるようになりました。
その効果か、4月にやっと8.46kgで減り止まりました。
5月は8.64kgと微増です。
ステロイド長期服用での代表的な副作用として、クッシングや糖尿病があると思います。
体重減少を受けて、私はこれらの心配をしましたが、先生はこれらを口にしたことがありません。
(これらに関する検査項目なのかわかりませんが、血液検査は複数項目をしています)そして実際にT4値が低く、暖房を付けていてもブルブル震えていたのがチラージン服用から和らぎましたし、部分的には毛が生えた所もあります。
が、甲状腺機能低下症だと、一般的には体重は増えるんですよね?ステロイドを飲み続けられるかの指針として、昔から毎月ALT値を見ていますが、ほぼ常に10以下です。
先生は正常範囲の値ではないが、大丈夫だと言います。
いろんな事が交差して複合的な状況になっているのだと思うのですが、今の状況がどういう状態なのか、混乱して整理付かない状態です。
これらの事から考えられる状況、先生の対応への考察など、なにか思うところがあれば教えてください。

薬を使わずに食事とシャンプーで治療する動物病院のサイトをみてみて下さい。
tp://www.cdb.jp/medical/allergy.phpこの↑サイトの話では、食べる油と皮膚の脂に気をつければ皮膚トラブルは改善するようです。
なので、皮膚のバリア機能やアブラについてしっかりと勉強すれば、通院せずとも自分で治す事が出来るかもです。
お大事に♪

ステロイドは正しく服用すればとても良い薬ですが、長期間服用する薬ではないと思います。痒みや炎症を一時的に抑えることは出来ても根本的な治療にはなりません。
皮膚を掻き壊さない程度を目処に服用←これは獣医の指示なんでしょうか? なんだかなぁ…という感じです。

うちの柴犬(♀)はアトピーですが昨年の夏頃に可哀想な姿になってしまいました。手足、お腹、お尻、自慢のフサフサ尻尾まで脱毛してしまいました。
その頃から現在お世話になっている動物病院へ通い始めたのですが、まずはステロイドと抗生物質で症状を緩和し、その後免疫抑制剤(アトピカ)の服用に切り替えました。今ではアトピーなのが嘘のようなフサフサ柴犬に戻っています。
ちなみにALTは26です。(膀胱炎などで抗生物質を服用することが度々あります)
ワンちゃんのためにもセカンドオピニオンを受けるのが一番だと思います。

※参考までに…
うちの犬は鯖、米はNGです。

【追記】獣医さんの指示でシャンプーはノルバサンに変えました。>細かい数字の事は分らないのですが、セカンドオピニオンとして皮フ関係に強い獣医を捜した方が良いのでは?ステロイドの長期服用・依存はすべきでないですし、それだけに
>痒みを完全に無くすのではなく皮膚を掻き壊さない程度を目処に服用
>ステロイド1/2錠と1錠を毎日交互に飲ませるようになりました
のような使用って疑問に思うのですけど・・・ 人間のアトピーでも副作用を恐れて必要量を使わず悪化させる事があると聞きましたし…

我家の柴♀も他の柴飼いさんも、アレルギー・アトピーを経験している方が多いのですが、大体魚中心の食餌に切り替えることによって治っていますし再発もしていません。私の友人の獣医の言う事には原因となるものは口から取り入れられている、つまり食べ物なんだそうです。毎日摂取しているわけですからね。だから、ステロイド自体は悪い薬じゃないけれど、依存は避けなければならないし、その為にはまず食餌を見直すことと言ってますね。ドッグフードやオヤツって、鶏肉の使用が多いと思うのですけど、どうもこれが日本犬には体質的に合わないようですよ。知り合いの紀州は皮フトラブルと体重が増えないことが悩みだったのですが、鯖&ご飯中心の食餌で劇的に改善しています。ドライフードなら、ナチュラルチョイスやプロステージが魚と米を使ったフードを出してます。>

犬の皮膚病について。

犬の皮膚病について。
犬の皮膚病には、人間にうつるものもあると聞きました。
犬から犬へうつったりもしますか?うちには7ヶ月の犬がいます。
仲の良い友達の家に皮膚病の犬がいてるのですが、本で皮膚病はうつると書いてた気がするので遊ばせて良いか迷ってます。
一度会わせた事があり「一緒に散歩に行こう」と誘われていますが本当に大丈夫か不安です。
「皮膚病だから嫌」と言うのも申し訳ないので…わかる方、対処法などもあればご回答よろしくお願いしますm(__)m補足ご回答ありがとうございます。
病名はわからないそうです…病院で原因がわからないと言われたそうです。
普通、原因がわからないなら、うつる可能性もあるわけですし獣医さんは言いますよね?やはり極力近付かない方がいいんでしょうか?

その病気の名前はわかりますか?クッシングやエリテマトーデスなど、自己免疫疾患ならばうつることはありません。
マラセチアや疥癬など、菌やカビ、ダニやノミなんかだと犬にも人にもうつる可能性はあります。
---捕足ありがとうございます。
病名が分からないと何とも言えませんが…獣医さんが何も言わなかった理由は、なんとなく予想をしているかもしれないし、変な風に心配させすぎてもいけないと思ったのかもしれないし、それは分かりません。
感染する菌やダニなどは普通にいるものがほとんどなのですが、犬種や免疫力によって発症しやすい子もいます。
フロントラインなんかで予防できることはしっかりやるのが理想ですが、やはり原因が分からない場合は極力近づかない方が良いでしょう。
少なくとも一緒の部屋でじゃれあったりするのは避けるべきだと思います。
どちらにしよ友達のわんちゃん、他の病院でも良いのでちゃんと検査してもらった方が良いと伝えるべきだと思います。

妻が30キロも太りました。
痩せるアドバイスをお願いします。
37歳です。

妻が30キロも太りました。
痩せるアドバイスをお願いします。
37歳です。

結果には原因があるはずです。
30kg体重が増えたという”結果”に対して何らかの”原因”があるはずで、それが”対策”の第一歩です。
出産、体調不良、精神的ストレス、ただのグータラ(?)、いろいろと考えられますよね。
”ダイエット”をインターネットで調べるといろいろと出てきますよね。
DVDとかサプリメントとか、中にはうさん臭いものも多くありますが、基本的には30kg太る前の生活に戻すことが、結果的には一番いい方法だと思いますよ。
新しい事を始めるのではなくて、以前やってきた事をまたやるだけですから。
注意したいのは、急いで結果を求めるのではなく、例えば奥様が3年間かけて30kg太ったのであれば、3年かけて痩せる努力をします。
以前の生活ができるのであれば、決して無理ではないと思います。
ただしこれは奥様が健康体であることが条件で、例えば甲状腺機能低下症とかクッシング病とか、疾病による肥満なんかも考えられるので思い当たる節があれば診察してもらいましょう。
女性の場合、更年期に急に太るかたもいらっしゃるみたいですよ。

太る原因は「食べ過ぎ」だけです。
30kg増量する前の食生活に戻せば、いずれは体重も元通りに
なります。>炭水化物の摂取を抑える。ビール、日本酒は絶対飲まない。今までと違った食生活をする。生活に於いても、運動時間を取り入れること。

1日の摂取カロリーを1600カロリーにするのが一番かな?週4日以上、40分間の有酸素運動ですね!>

生理が突然なくなりました。

生理が突然なくなりました。
27年前にクッシング病(脳下垂体腫瘍)で、生理が来なくなり、下垂体手術をうけました。
完治はしませんでしたが、生理も月いちでくるようになり、クッシング病も、二年に一度の検査入院でチェックしています。
多少の異常はありますが、生活に支障ないるべるでした。
いまの年齢は、50成り立てです。
昨年、12月までは、月いちで定期的に生理がありました。
それ以来、生理が来なくなりました。
持病と、生理が来なくなったことの切り分けがしたいです。
婦人科などで、生理があがってるなどは、検査でわかるなど、わかるものでしょうか。

婦人科で血中ホルモン量より閉経か否かを判断できます。
受診しましょう。

ミニチュアシュナウザー、13歳、雌 が、クッシング病と診断されました。
まだ、、初…

ミニチュアシュナウザー、13歳、雌 が、クッシング病と診断されました。
まだ、、初期で水分の多飲・多尿以外には症状はほとんどありません。
薬物療法以外に、食事療法では、高タンパク、低脂肪、高カロリー食を与えなければなりませんが、市販のドッグフードではどれが良いのでしょうか。
また、手作りのドッグフードでお手軽にできるものはありますか。

高たんぱく、低脂肪は、牛や馬ではなく鹿肉らしいですよ。

犬の食事が少なかった…。

犬の食事が少なかった…。
雑種、雄、7歳。
3ヶ月で2キロ近く太り15キロ。
原因は恐らく先日診断されたクッシング病です。
糖尿病になるのが恐く、食事を変えるのを検討しています。
療法食など。
ただ、現在はサイエンスダイエットのアダルト肥満用。
の輸入品…。
おやつはそんなにたくさんあげてません。
犬用ボーロを5粒あげるかあげないか。
これで充分だったかもしれませんが…。
問題はエサの量です上記のドッグフード朝晩80グラムずつ。
袋の指示量よりかなり少ない量をあげていました。
今更ながら…勘違いしていました…でも、ガリガリではなくちょっと太りぎみでした。
これを今後、朝昼晩にわけダイエット仕様にするつもりです。
このまま少ない量で行くべきでしょうか?

獣医師です。
クッシングと診断を受けているのですね?つまり、かかりつけの先生がおられるのですね?それなら、先生に相談すべきですよ。
太りすぎとか、痩せてきたとかといったことをまず第一に気にする状況ではないと思います。
病気の治療をどうしようかと考えなければならないと思いますし、それに付随して、食事を「治療として」考えなければならないかもしれません。
説明受けられたと思いますが、簡単に解説します。
クッシング病は内分泌疾患ですから、病気が思いっきり代謝に影響を与えている病態です。
なお、クッシング病なのですね?(クッシング症候群では無くて?)クッシング病とは、副腎と言われる腎臓近くの内分泌器官が腫瘍化して、異常な量のホルモン(この場合は副腎ステロイド)を分泌し続けている病気です。
症状は、そのホルモンによって引き起こされています。
多くは、多尿となり、その結果喉が渇くため、水を一杯飲んでしまいます。
(多飲多尿)多食もよく見られます。
(ガツガツ食べたがる)筋肉量が落ち、脂肪が蓄積しがちになる。
お腹の臓器、特に肝臓が大きくなり、腹筋が衰えていることもあり、人間でいうビール腹のような体型になる。
ナドナドです。
(他にもいろいろありますが、専門書のようになっていくのでさし控えます。
)クッシング病の治療方針がどうなっているのかによりますが、体型も必要カロリー量も、先生の指示に従った方がいいと思います。
私が主治医であれば、相談してほしいと考えます。

下垂体腫瘍

下垂体腫瘍 ↓クッシング病 ↓ 糖尿病 ?? ??腎不全 肺炎 ↓ うっ血性心不全発生機序はあってますか?肺炎からうっ血性心不全の間の機序がわかりません、うっ血性心不全から症状も理解できません治療→心電図、ハンプ、輸液ポンプ〈シリンジ〉、膀胱留置カテーテル日常→車椅子やベッドで生活してます補足関連図を書こうとしてます

’1)糖尿病では免疫が下がるので、肺炎がおこる場合があります。
(2)うっ血性心不全は 二つの原因が ありえます。
糖尿病が原因で心不全になる場合 腎不全で 尿の排泄がとどこおり、体内の水分量が増加し 心不全が おこる場合 がありえます。

心臓病、気管虚脱、クッシングを患っている8歳のチワワと暮らしています。
室温に…

心臓病、気管虚脱、クッシングを患っている8歳のチワワと暮らしています。
室温には気をつけていて、ずっとエアコンを付けていたのですが3週間程前から咳が出始め止まらなくなりました。
咳止めシロップでやっと抑えても薬が切れるとまた咳込みだす・・・の繰り返しでした。
どうしようかと思っていたときに、たまたま涼しかった日にエアコンを付けずに一日過ごしてみたら、あんなにひどかった咳が出ませんでした。
早朝や水を飲んだ直後、興奮した時は多少でますが、1、2回で治まります。
その後、加湿器を置いたりと何度か試しましたが、エアコンを付けると咳が出やすくなるみたいです。
咳の為にはエアコンは付けない方がいいのでしょうか?まだまだ暑い日が続きますのでお留守番のときなど熱中症がとても心配です。
ちなみに、半年前に引っ越す前はすごく田舎だったのでエアコンはほぼ使っていませんでした。
都会でエアコン付けっぱなしの夏は初めてです。

エアコンの中に有るフィルター(と言うのでしょうか?)のホコリを掃除機で吸い取るだけでは気管支が弱い場合はダメだと思います。
洗剤をつけて優しくゴシゴシ洗うのを一週間に一回位すると良いと思います。
エアコンの風が当たる場所に水で濡らしたバスタオルを掛ける(タオル正面に風が当たる様にする)と、エアコンの中から出てきた菌がタオルに付くので喉に良いそうです。
そのタオルは一度使ったら洗濯機で洗わないとダメだそうです。
風がタオルに当たるので不経済な気もしますが、実際にやったみて喉に良かったです。
人間でも一人暮らしでエアコンをつけっぱなしにすると健康な人でも咳が出てきたりする事が有るので、留守番の時の暑い時間以外は、暑くても扇風機の方が喉には良いと思います。
自動的に掃除するエアコンとかマイナスイオンが出るエアコンとか色々有りますが、自然の風が喉には一番良いと思います。
でも花粉症で窓が開けられない場合は別だと思います。
空気清浄機も効果が有ると思います。

エアコンによる真菌性過敏性気道炎でしょうね。エアコンフィルター掃除してますか?
もし真菌が原因ならプラズマクラスターなどの空気清浄機をおくとかなり改善されると思います。>エアコンの除湿程度で病状が悪化するとは考えにくいと思います。人間の病院でも普通にエアコンを入れてるはずです。エアコンの影響でハウスダストが出たり、舞い上がってるのではないですか?(アレルギー)

部屋の掃除や絨毯の交換、エアコンの洗浄を一度試してみてはどうでしょうか。>

私は今23歳ですが、今年の1月にクッシング病((脳)下垂体腺腫)と血液検査で分かり…

私は今23歳ですが、今年の1月にクッシング病((脳)下垂体腺腫)と血液検査で分かり、3月末に手術をしました。
病状が進んでいたらしく、皮膚に妊娠線のような皮膚が切れた後が体中に残り(体中…腕、脇、胸、お腹、お尻、太股、ふくらはぎetc)、体重も43kgから64kgになりました。
水着も着たいし、可愛い洋服もオシャレもしたいです。
しかし、着たい洋服も着れず(サイズが合わないこと、着ても似合わないこと)、周りから見ればただのデブで…悔しくて仕方ありません。
大学院にも頑張って通っているのですが、手術をした=治ったと考えられています。
家族もそうです。
電車で体調が悪くなっても、見た目が普通なせいかサラリーマンが優先席を占領して、寝ています。
なんでこんな病気になってしまったんだろう。
とは思いますが、それは仕方ないので…どういう気持ちでいれば(頑張れば、自分を言い聞かせたら)良いのでしょうか?悔しくて仕方ありません。
宜しくお願いします。
補足私も手術を終えてからは、下垂体機能低下症(間脳下垂体機能障害)で、コートリルを服用しています。
どちらの方も同様に辛い思いをしているのに頑張っているんだな…と勇気づけられました。

下垂体機能低下症の患者です。
下垂体の病気は他人からは症状が見えづらいことが、最も苦しいことかもしれません。
わたしは 精神障害者として、自宅療養生活を送っています。
まず、保健所へ行きましょう。
クッシング症候群は特定疾患に指定されています。
具体的に、どのような支援を受けられるか、聞いてみましょう。
難病情報センター : http://www.nanbyou.or.jp/同 制度ナビゲーション : http://system.nanbyou.or.jp/seidonavi/次に、病院を変えましょう。
どちらに お住まいか わかりませんが、症例(治療実績)が多い病院に転院しましょう。
クッシング症候群 : http://caloo.jp/dpc/disease/1184下垂体機能異常症 : http://caloo.jp/dpc/code/100260特に、内分泌科が ある病院が 病気を理解してくれる傾向にあります。
これらをヒントに病院を探してみてください。
わたしの場合は、まったく同じ患者の人が全国に患者が数千人もいません。
特に春と秋は疲労が激しく、起き上がることすら しんどいです。
しかし、同じ病気の人がテレビで活躍しています。
その方の活躍を見ていると、「そこまではいかなくても、少しだけ、ほんの少しだけ がんばろう」と思えます。
間脳下垂体機能障害の患者の会、下垂会の理事、はむろ さんのブログです。
チェックしていれば、いい情報を捕まえることができるかもしれません。
HAMUの、先端巨大症って何とかならんか! : http://toubyouki.sub.jp/blog/がんばりましょうね!

辛かったね。まだ、20代ですからやりたい事が沢山あるでしょう。趣味を増やしてみたらどうですか^-^?
私も、生まれつき心臓病と口蓋裂で今は30歳だけど、13歳の時…水頭症が見つかり何度も手術したのよ。丸坊主し3~4回くらい手術しました。私も女性です。女性でも丸坊主するのも恥ずかしいけど、家族が居るから頑張れると思うの。そうだと思わない^^?
補足
水頭症の後遺症で、高熱で10日続いていた為、感音性難聴&進行性難聴で聴覚障害4級に入っています。
聞こえが失っても…目が見えるだけでも幸せだなと思いますよ
自分の病気を受け入れて、体を大事にしましょう^^>

急激に太る方は何の病気になりがちでしょうか?

急激に太る方は何の病気になりがちでしょうか?先日、昔の仲間と会う機会があったのですがその中の一人がびっくりするくらいに太っていました。
みにくい四角い箱のようになっていました。
本人は、「太り過ぎて合う服がない」とこぼしていました。
このような人は、どんな病気になりがちでしょうか?教えてください。
よろしくお願い申し上げます。

薬にドグマチールというのがありますが、これは人によっては、太ります。
また、ホルモンバランスが崩れるから。
ドグマチール 統合失調症、うつ病などの治療に用いる向精神剤ですが、胃粘膜の血液循環をよくする、胃粘膜におこった障害を修復する、胃液の分泌を促す胃酸やガストリンの分泌を抑えるといった作用があるので、消化性潰瘍(かいよう)(胃・十二指腸潰瘍)の治療にも用いられています。
太る病気と言って思いつくのは、甲状腺疾患の中で、甲状腺機能低下症(ちなみに亢進するとバセドウ病といい痩せます)。
クッシング病という副腎皮質ホルモンが過分泌される病気。
糖尿病のある種の状態。
腎臓の機能が落ちて太るというか、むくんでくる状態、、等々でしょう。
「かっては乙女、今は太目です」

下垂体に腫瘍が出来てから、ひどいくらいテッカテカの脂性になりました。

下垂体に腫瘍が出来てから、ひどいくらいテッカテカの脂性になりました。
下垂体の腫瘍と、皮脂の過剰な分泌は、関係ありますか?20代 女

クッシング病なのかな?糖質コルチコイドの過剰作用や男性ホルモンの過剰作用が影響しているかもしれませんです

回答ありがとうございます。

下垂体腺腫(プロラクチン)です。

クッシング病ではないのですが、
男性ホルモンが多く、症状が似ています。>

ここ1年で驚くほどに顔が変わりショックを受けています。

ここ1年で驚くほどに顔が変わりショックを受けています。
周りの人から顔がだいぶ変わったねと言われます。
キリっとした顔でさわやかだったのに自分はなんでこんな顔になってしまったのか鏡を見ては落ち込んでいます。
そして眠りが浅く熟睡できません。
暇な時があればパソコンや携帯で毎回、先端巨人症や下垂体腫瘍について詳しく調べて自分はこれなんじゃないかと疑っています。
早く原因は何なのかを突き止めたいです。
また突き止めるにはどうすればいいのか。
助けてください。
何でもいいので教えてください。
早く自分の顔を取り戻したいです。
お願いします。

クッシング病や巨人症なら顔見れば一目でわかりますけどね。
病気じゃないかもしれなし。
原因がわからないためなんともいえません。

それは 食べ物が原因ですね

運動も 毎日 ジョギング40分は しないとダメですね

食べ物は キャベツの千切りを筆頭に こんにゃくの煮つけ

レバーに煮つけ、 ひじきの煮つけ、 豆料理、豚肉の生姜焼き

鍋もの、 すき焼き、いりこの味噌汁、納豆、里いもの煮っ転がし

を うまいことローテーションしてバランスよく食べて

まず ピザやハンバーガー、ケンタッキー、タコス、 クレープとか

食べてたら 元には戻れません

飲み物も コカコーラはダメで ゼロコーラならいいです

ジュースはだめですね

爽健美茶や 十六茶が あるので それで良いと思います

どうですか? やれそうですか?

ジョギング等で 人間、キツイ事やれば 良い顔になれますよ

それか 食べ物は 牛乳をかけるコーンフレークで玄米フレークが

あるから 挑戦してダイエットするか…>

去年から20キロ近く太り、なにか病気なのではと思いインターネットで調べていたら…

去年から20キロ近く太り、なにか病気なのではと思いインターネットで調べていたら、偶然クッシング病という病気の症状に一致していることがわかりました。
病院を受診したいと思っているのですが、診察の時クッシング病の症状に一致しているということは伝えた方がいいのでしょうか?

それは言わなくても,云ってもどちらでも。
この頃変わってきた様子を日にち順に正確に伝えることが重要です。
下書きメモに書いていって落ち着いてゆっくり話しましょう。

犬のクッシング症候群、アジソン病についての質問です。

犬のクッシング症候群、アジソン病についての質問です。
6才のオスのトイプードル、5キロです。
里親として引き取り1年が経ちます。
別の処置で全身麻酔をした際、副作用が大きく出たため未去勢です。
引き取った直後は心配になるほど水を飲みませんでしたが、冬になってからよく水を飲むようになり、また秋頃からは抜け毛もあり背中の毛が少し薄くなりました。
(よく見ないと分からない程度の薄毛です。
)飲水量をはかりましたが、現在も24時間で300ml飲むか飲まないかです。
体重1キロに対して100ml以上が病的多飲と聞いたことがあるのですが、体重が5キロなのでまだ病的多飲とは思っておりません。
ですが、引き取った直後よりは確実に量が増えています。
また、少しですが体重の減少が見られたため副腎皮質または甲状腺のホルモンの病気を疑い病院で検査をしました。
検査内容は、血液検査、甲状腺のホルモンの検査、尿検査です。
血液検査と甲状腺は全て異常なく、ALPの値も正常だったので副腎の方もたぶん大丈夫、副腎のホルモン検査は時間もかかるので気になるようであればまた次回にしましょうということになりました。
尿検査は、少しの潜血とタンパクが出てしまいましたが、中高齢期の犬は健康でも出てしまうことがあり、潜血も多少なので問題ないでしょうとのことでした。
体重が減少した理由は、寒いので体温を保つためエネルギーを使ってしまっているかららしく服を着せフードを増やし現在は徐々に戻ってきました。
ですが、薄毛と飲水量が増えたことについては解決しておらず心配なので副腎の検査を8日に受けることになりました。
以上のことを踏まえ、質問があります。
病的多飲ではないが飲水量が増えた、ALPの値が正常だった場合でもクッシング症候群、またはアジソン病の可能性はありますか?また、クッシング症候群、アジソン病で無かった場合、多飲と背中の薄毛の原因はどのようなものが考えられますか?詳しい方、回答よろしくおねがいします。

それは副腎の検査を受けないと分からないです。
後は脳の異常ですね。

下垂体系の疾患は甲状腺腫脹などの身体所見は出るのでしょうか?

下垂体系の疾患は甲状腺腫脹などの身体所見は出るのでしょうか?

ものによりますがでなくはないです。
例ACTH産生下垂体腺腫→ACTH過剰→クッシング病→満月様顔貌、色素沈着、皮膚線状PRL産生下垂体腺腫→PRL過剰→乳汁分泌など

臨床栄養学の分野です。

臨床栄養学の分野です。
クッシング病・症候群について素人でも分かるように説明をお願いします。

クッシング症候群とは副腎皮質ホルモン(ステロイド)が体の中で異常に多く産生されるために生じる病気の総称です。
クッシング症候群の原因には副腎皮質に癌ができたり、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が体の中で異常に多く産生されるために副腎皮質が刺激されて(副腎過形成)、副腎皮質ホルモン(ステロイド)が異常に多く産生される場合があります。
副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)は本来脳下垂体から産生されるものですが、体の別の組織(多くは胸腺や肺、腹腔内の腫瘍)から産生される(異所性ACTH産生腫瘍)こともあります。
脳下垂体にできもの(腫瘍)ができてそこから過剰に副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が分泌されるために起こる病気を特別にクッシング病といいます。

クッシング症候群とはどんな病気ですか

クッシング症候群とはどんな病気ですかクッシング症候群かもしれない高校生の女です。
顔が真っ赤になり微熱になります。
むくんでいます。
太ももとふくらはぎに赤紫の線があります今年になって10㌔以上(身長172cmで50㌔から64㌔)は太りました。
ぽっこりお腹です。
理由は食べ過ぎと運動不足です。
口になにかないと寂しい気持ちになりますコーヒーをよく飲みます便秘も酷くて今日は下痢になりました集中力もなくて1時間ほどしか持たず、よく気持ちが沈んだりしますよく死にたいと思ったりもします。
人と接することが苦手ですやっぱりクッシング症候群なのでしょうか。
クッシング症候群だったら手術とかするんですか?その他心当たりのある病気がありましたら教えてください。

クッシング病は十分疑われます。
ただし、ただの食べ過ぎによる急速な肥満も考えられます。
この二つの区別は大切です。
あと質問者様はお若く食べ過ぎを自覚しているそうですが、食べてから吐いたりしていませんか?その場合、神経性大食症も考えられます。
ぜひ一度内科を受診してください。
ちなみにクッシング病の治療は手術が基本です。

カテゴリーマスターの方が恐ろしい事をおっしゃっているので追記します。
心臓血管外科でなくまず内科をぜひ受診して下さい。
質問者様の年齢、職業で静脈瘤は稀ですし、あったとしてもボコボコの蛇状の血管が太ももから浮いてきます。Googleで調べてみて下さい。
赤紫皮膚線状はクッシングか肥満でみられます。
また顔面のむくみがは所謂ムーンフェイスが疑われます。
便秘、下痢と仰いましたがクッシングの低カリウム血症が疑われます。
上記から十分質問者様が心配されているクッシング症候群は考えられます!
なので可能ならすぐにでも「内科」受診してください。>貴女は当てはまらないようですが。
一応病気として、
クッシング病(公費対象)
病気の解説
この病気は、間脳下垂体機能障害に含まれる公費負担の対象疾患(7疾患)のうちの1つです。
公費負担の対象疾患には認定基準があります。この病気の認定基準には、前提として「異所性ホルモン産生腫瘍、間脳下垂体機能障害の無い患者に対して手術や医薬品の使用等により間脳下垂体機能障害を来した場合は、ここで言う間脳下垂体機能障害には含まれない。」という間脳下垂体機能障害の疾患概念がございますので、ご留意ください。

1.クッシング病

副腎皮質ステロイドホルモンの1つであるコルチゾールというホルモンが過剰に分泌され、特徴的な身体所見を示す病気をクッシング症候群といいます。このコルチゾールは生きて行くのに不可欠なホルモンで、下垂体から出てくるACTHというホルモンの命令を受けています。一方ACTHは、さらに上位の脳にある視床下部から出るCRF(またはCRH)の調節を受けています。この視床下部CRF-下垂体ACTH-副腎コルチゾール系の中で、直接または間接的に副腎のコルチゾールが過剰に産生・分泌され特異的な症状を示す状態をクッシング症候群といいます。この中でACTHが過剰に分泌され、その結果コルチゾールが増える状態をACTH依存性クッシング症候群といいます。さらにこの中で下垂体に原因がありACTHを過剰に出す病気をクッシング病、下垂体以外からACTHが過剰に分泌される病気を異所性ACTH症候群といいます。一方副腎が原因でコルチゾールを過剰に分泌する状態をACTH非依存性クッシング症候群または副腎性クッシング症候群といいます。

2.この病気の患者さんの頻度

1965~86年にかけて行われた全国調査では、平均して年に約100症例の新たなクッシング症候群が発症し、そのうち副腎性が50%、クッシング病が40%程度と考えられています。

3. この病気はどのような人に多いか。

前記調査では、中年の女性に多くみられ、男女比は約1:4といわれています。

4. この病気の原因。

現在クッシング病のほとんどは、下垂体にACTHを産生する小さな腫瘍ができることによると考えられています。

5. この病気は遺伝するか。

ほとんどは遺伝しません。ごく稀にですが家族性に発症することがあります。

6. この病気ではどのような症状、
コルチゾールが増える状態が続くと比較的初期には糖尿病や高血圧、骨粗鬆症などの生活習慣病からみつかることがあります。この状態が長く続きますと、今度は特徴的な症状が出てきます。それは前腕や下肢の皮膚が薄くなり、皮下の毛細血管が透けて見えてピンクのまだら模様になります。やがておなかが出ている割に大腿部が細くなってきます。さらにぶつけた後が皮下出血しやすくなり、顔もむくんだ赤ら顔になります。さらには多毛、にきび、腹部や臀部に赤い筋ができます。子供で発症すると背が伸びなくなります。うつ傾向もでてきます。ACTHが多くなると、皮膚のこすれるところや関節部の皮膚が黒っぽくなります。病気が進行すると感染に弱くなり、敗血症で亡くなることがあるので注意が必要です。

7. この病気にはどのような治療法。

原因のほとんどは下垂体腫瘍ですので、それを手術で取ってしまうのが最も良い方法です。しかし腫瘍が小さいことが多いので見つかりにくいこともあります。現在のところ確実に腫瘍を小さくしたり、ACTHが作られるのを抑える薬がほとんど無いのが現状です。その場合は副腎のステロイドホルモンを抑える薬を使って様子を見ることになります。また腫瘍が見つかって手術をしても再発することがあり、その場合は放射線療法も考えられます。下垂体に放射線をかけると、後に下垂体機能低下症になることがありますので、その可能性も考慮することが必要です。

8. この病気はどういう経過は。

治療をしない場合、高血圧、糖尿病、骨粗鬆症などの悪化のみならず、感染による敗血症で死に至る危険性があります。一方、下垂体手術で腫瘍が全部取れた場合、下垂体の腫瘍以外の正常な部分は、手術前のコルチゾールの影響で抑制されており、それが回復するのに通常は1年近くかかります。

9. この病気は日常生活でどのような注意が必要か。

糖尿病、高血圧、骨粗鬆症などを合併することが多いので、それらの治療が必要です。筋力が落ちますので、転倒による骨折の予防や、うつ傾向になりますので自殺予防、さらに感染に弱くなりますので人ごみを避け、肺炎などにならないよう気をつけてください。と記載されていますが。

太腿が紫色ならおそらく静脈瘤という症状です。

専門科は「心臓血管外科」になるようです。>

太り始めて止まりません。

太り始めて止まりません。
食事も減らし、運動もしているのに、ここ2ヶ月で2キロ太りました。
ここ2年で8キロぐらい。


食べ過ぎ、運動不足以外で太る原因(病気など)あるでしょうか?

色々あります。
以前テレビで見たクッシング病のような珍しいのもあります。
下記の肥満を起こす主な病の項目で。
http://medical.itp.ne.jp/byouki/shoujou/futotta/

ストレスとか
たまってませんか?>

ルービックキューブ・中古ですが買いました。
3×3×3です。
私は、障害者です、齢は6…

ルービックキューブ・中古ですが買いました。
3×3×3です。
私は、障害者です、齢は66歳(男)クッシング病という脳腫瘍の病気で2度手術をし、その後2度脳出血を起こし、現在、リハビリに励んでおります。
手の機能は健常者にくらべ右半身40%、左半身50%の機能しかありませんが、そんな私が、遅くてもいいから6面揃えてみたいのです。
体と〝喧嘩しいしい”になるとおもいますが、どんな風な、取り組みをしたらいいのか?、何がおもしろいのか、どなたか、聞かせてくださいませんか? 一応検索でみてみるのですが、一面が揃っているのがスタートになっているイラストレッスンの1番目の9面が揃っているのがそもそもできません。
補足なんとも、とりとめのない質問ですが?1つ補足しておきますと、手の機能のリハビリに楽しみながら取り組めるかな~とも思っています。

20代の私ですが、回答させていただきます。
幼い頃ルービックキューブで遊び途中で諦め、最近になってまた始めました。
まあ、何も見ないで揃えるとIQ130らしいので凡人には無理ですね(笑)今はネットで解き方を見てすぐに6面揃えられるようになりましたがそうなると単なる記憶力と判断力のパズルだと感じます。
幼い頃はネットなんてありませんでしたから、何回も挑戦して1面揃えるのがやっとでした。
今に思えば子供の頃の方が一生懸命考えて取り組んでいたと思います。
最初から一気に揃えようとするのではなくて、取りあえず色を決めて1面だけ揃えることに挑戦してみてはどうでしょうか?側面の色はバラバラでも良いです。
ただ闇雲に回すのではなくて、一つ一つ確認して考えながらゆっくり進めて下さい。
イメージ通りに進まなくても逆の手順を踏めば元に戻ります。
そこからまた考え直して下さい。
何も手掛かりにせずに1面揃えられるようになったら、何だか自信がつきますよ。
少なくとも私はそうでした(笑)両手を同時に使いますから、リハビリにはとても良いと思います。
回しやすくなるようにプラスチック対応の潤滑スプレーをキューブの隙間につけてみてください。
それだけでとても回しやすくなるので楽しくなりますよ。
長文失礼しました。

看護学生です。
夏休みの課題で糖尿病と高血圧と脳梗塞についてレポートを書かなく…

看護学生です。
夏休みの課題で糖尿病と高血圧と脳梗塞についてレポートを書かなくてはいけないのですが、この疾病に対しての「生理・解剖」とは何を指すのでしょうか?

おはようございます、左近将監兼光です。
たまたま貴女の質問を見つけましたので回答いたします。
解剖とは、「体の形状」を学ぶ学問であり、生理とは「体の仕組み」を学ぶ学問である事を前提にすれば、自然と正解が見えてくると思います。
糖尿病における解剖とは、インスリンを作る臓器である膵臓の話であり、クッシング病などとの関連性をかんがえれば、副腎の構造も係ってきます。
また、インスリンや糖質コルチコイドなどが血糖値にどのように作用するかという部分は、まさに生理学そのものです。
高血圧は肺や腎臓、心臓や血管などを解剖学的見地から考察を行い、そのメカニズムを説明すればよいかと思います。
(本態性高血圧、腎性高血圧、肺高血圧と絡めれば良いのではないでしょうか)脳梗塞は脳と脳血管の形状と発生の仕組みを説明すればレポートになります。
このような発想からレポートを書けば、おそらく良い内容が書けるのではと思います。
また、病理学の教科書には多くの解説がありますので、そちらも参考にしましょう。
ご質問者様が課題をクリアするヒントになれば嬉しく思います。
夏本番ですが、暑さに負けず勉強に頑張ってください。

お久しぶりでございます。いつもわかりやすいご回答ありがとうございます。そうやって考えればいいのですね。あとは私の腕次第にはなりますがとてもいいレポートが書けそうです。左近将監兼光さまもどうか体調にはお気をつけ下さい。>糖尿病?膵臓 高血圧?血管 脳梗塞?脳 の解剖生理プラス病気の発生機序。>糖尿病に付随する合併症です。>

去年の12月ごろから20キロ近く太りました。

去年の12月ごろから20キロ近く太りました。
体に異常があると思って病院に行っても異常なしと言われます。
おかしいと思うのですが、どんな病院に行ったら詳しくみてもらえるのでしょうか?

クッシング病?なにか、あるかもしれませんね。
内分泌系のものかな?よく分かりませんが、大学病院の受け付け窓口に電話して相談してみては?「20kg太ったのですが、異常がないか調べてもらいたいのですが、何科にかかればいいですか?町医者の紹介状など必要ですか?」そのような事を聞いてみては?

他の部分は痩せているのに、お腹だけが腫れたように出ています。

他の部分は痩せているのに、お腹だけが腫れたように出ています。
私はどちらかというと痩せ型なのですが、お腹(より上の方?)からポコっと出ていてまるで飢餓で苦しむアフリカの難民のようです。
栄養失調なのでしょうか?原因はなんでしょうか?また、治す方法があったら知りたいです。
腹筋を鍛えれば治るのでしょうか?よろしくお願いいたします。

アフリカの難民の子はクワシオルコルと言われる病気で、タンパク質不足によりなります。
現代の、こと日本においてはそのようなことはまずあり得ません。
そのぽっこりお腹がどの程度なのかはわかりませんが、クッシング病、便秘、腹水、脂肪など原因は様々考慮されます。
原因によって対応が異なります。

子宮筋腫の場合もありますよ。生理痛はひどくないですか?そうじゃなければ腹筋が無くて内蔵でぽっこりお腹の場合もあります>胃下垂じゃないのかな、>

副腎を片方摘出しました。
術前からあった腹痛が、治まらないのてすが。
他の方もそ…

副腎を片方摘出しました。
術前からあった腹痛が、治まらないのてすが。
他の方もそうでしょうか?

副腎の病気でしたのでしょうか?機能性の副腎関係ですか?クッシング病とか何かでしたのですか?私も副腎に30.5mmの腫瘍が非機能性の為現在経過観察中です。
少し腹痛は有りますが?胃ではないかと思っています。