医療保険の保障額について質問です。 第一生命のブライトウェイに加入…クッシング病

健康診断で血圧を測ったら146/94でした。
少し高いと言われました。

健康診断で血圧を測ったら146/94でした。
少し高いと言われました。
何か対策を教えて下さい。
21才(男)

若い方の高血圧ということで詳しくご説明申し上げます。
まず健康診断で一回の血圧を信用してはいけません。
特に白衣高血圧症という病名もあり病院の雰囲気に緊張し、血圧が一過性に上がる可能性があります。
血圧は何度か測定することに意義があります。
余力があれば自宅の血圧計で何度か測定してください。
(なければ病院の待合室や大きい電器屋の血圧計で)それでも血圧が高い場合もご説明します。
21歳という若さでの高血圧は、違う病気が原因でおこる高血圧の可能性をまず考えます。
普通の高血圧は生活習慣や高血圧の薬で治しますが違う病気による高血圧は、病気そのものを治さないと治りません。
例えば、腎血管性高血圧、褐色細胞腫、クッシング病、アルドステロン症などの非常にめずらしい病気が隠れていることがあります。
一般の町医者では診断はできず、名医でないとこれらの病気は診断が難しいです。
いきなり大病院も気がひけますが、思い切って受診した方がよいです。
もしもそれらの病気が否定され普通の高血圧と診断されれば生活習慣を正すことが治療になります。
具体的には塩分控えめ(7g/日以下)、カロリー控えめ、毎日か1日おきの運動、禁煙、ダイエット(適正体重の維持)、アルコールの制限です。
それでもダメであれば薬による治療が必要になります。
放置しても基本的に無症状ですが、20年~30年の経過で心臓や脳に合併症を起こし老後の健康状態に影響を及ぼすと言われます。
参考までにお願いします。

犬の膿皮症に良いシャンプーはマラセブシャンプーとクロルヘキシジンシャンプーの…

犬の膿皮症に良いシャンプーはマラセブシャンプーとクロルヘキシジンシャンプーの、どちらが良いのでしょうか?どなたか、教えていただけるとありがたいです☆よろしくお願いします。

膿皮症は、一括りこの治療法が効果があるというものではありません。
皮膚に常在している菌のひとつ黄色ブドウ球菌が異常繁殖し、発心や痒みなどが起こった状態を膿皮症と総称します。
膿皮症の初期段階では皮膚の浅い部分にできる表面性膿皮症、毛の根元に達した浅在性膿皮症、皮下組織にまで進行した深在性膿皮症と進行の段階別に分類されます。
食物アレルギー、アトピー、脂漏症、糖尿病、肝臓病、クッシング症候群、甲状腺機能低下といった皮膚に影響を与える基礎疾患が膿皮症をひき起こしている場合や、ニキビダニ、疥癬等の皮膚の寄生虫疾患が膿皮症を二次的に起こしている場合もあります。
シャンプー療法に関しては、獣医師さんの指導を受けられてください。
お大事になさってください。

尿中TP/CREについて。

尿中TP/CREについて。
基礎疾患に糖尿病がありインシュリン治療中の8歳の犬です。
BUN、Creともに基準より少し高めですが、尿中TP/CREは0.36で腎臓は十分に働いているといわれました。
腎臓は十分に働いているのに腎不全なんでしょうか。
クッシングではないかと医師は言います。
ALPが700くらいあり、ウルソを開始しました。
腎不全の治療方法として皮下点滴や吸着剤、ACE阻害剤は有効でしょうか。
また、完治する可能性はありますか?補足血圧が220/150でACE阻害剤を開始しました。

こんにちは。
うちの腎不全の子も尿中タンパクとクレアチニン比の数値はとても低く正常です。
BUN、CREAの数値が基準より少し高めということですが具体的にどのくらいの数字なのでしょうか?BUNは腎不全でなくても他の臓器の影響で高くなる事はありますが、CREAは腎不全を表す一番重要な手がかりです。
CREAの数値が高いという事は既に腎臓の機能の4分の3を失っている状態と解釈します。
一般的にはです。
腎臓が機能していると、獣医さんが仰ったのは残りの25パーセントがある程度機能しているという事ではないでしょうか?腎不全は末期でない限り延命は出来ます。
個体によって、長さは違います。
皮下点滴、吸着剤、ACE阻害剤は有効です。
※皮下点滴は補液する事で体内の毒素を尿から排出させます。
脱水を防いで尿毒症を予防します。
※吸着剤(ネフガードですか?)も有効ですが、リンの数値が正常であれば必要ありません。
カルナール2などのサプリメントで良いと思います。
※ACE阻害剤は血圧コントロールに有効です。
ALPにつきましてはウルソ+肝臓保護のサプリで改善されると思います。
残念ながら腎不全に完治はありません。
機能が残っている25パーセント以下の働きをする腎臓をいかに長持ちさせるかどうかにかかっています。
飼主さんの頑張りが必要ですね。
タンパク質、塩分、リンは制限されますように。
腎臓療法食が有効ですが、他の病気もありますので、獣医さんとご相談されて下さいね。
お大事にしてください。

猫のクッシング症候群について教えて下さい。

猫のクッシング症候群について教えて下さい。
我が家には18歳の猫♀がいます。
ここ数か月で、後ろ足が弱ってうまく歩けなくなり、皮や毛が落ちて何もしていないのに脚から出血するようになりました。
脱毛は脚のみです。
色々調べていたところ、「猫のクッシング症候群」という病気を知りました。
水をたくさん飲む、おしっこの量が増える(たくさん飲んで水のようなおしっこを大量にします)、食欲が異常に増す、皮膚がうすくなる、脱毛するといった症状がとても似ています。
原因はステロイド剤の投与が原因の一つとか。
2年ほど前から口内炎を患っており、高齢のため歯を抜いてしまうという治療はできず、月に1~2回のステロイド剤の注射をしています。
ステロイド剤を打たないと、食事もできません。
猫はステロイド剤には耐性があるので、クッシング症候群にはなりにくいとかいてありましたが、そうなのでしょうか。
獣医師の診断は、血液検査の結果から「糖尿病」で、そのためたくさん水を飲む、皮膚は加齢のため、とのこと。
クッシング症候群のことは聞いてみませんでした。
(先生は評判もよく、信頼しています)結構食べているのに体重はここ最近は1.8kgぐらい、ガリガリでおしりや背中の骨がごつごつと出て、本当にかわいそうです。
何か改善する方法はないでしょうか。
民間療法でもサプリでもなんでもかまいません。
この子を助けて下さい。
お願いします。

すいません クッシングのことは詳しくないんですけど、 ネコの場合は稀であることと、 イヌとはちがって 血液検査や尿検査・機能検査を行っても 確実に判定できないことから、 医者による 『診断』 にかかる部分が大きいと 聞いたことがあります。
つまり 見逃す医者も いるのかも?まずは 医者に クッシングの可能性はないのか 聞いてみることが 最初だと思います。
病名が確実じゃなければ もしかしたら サプリでさえ 害になる可能性もあります。
医者に意見するのは 気が とがめるのかもしれませんが ネコちゃんのために がんばってください。

クッシング症候群は、脳内の脳下垂体に腫瘍が出来たり、皮膚病などでステロイド(副腎皮質ホルモン)を毎日のように長期間に渡り服用させているとなる病気です。口内炎の治療で使用されているステロイドの使用頻度だけを考えると考えにくいですが、脳下垂体に腫瘍ということも考えられるので、現状かかっている病院で、可能性としてないのかを直接きいてみた方がよいと思われます。

治療に関しては、いま行っている病院で納得できないのであれば、他の病院で相談してみるなどして、まず質問者さまが十分納得された上でおこなったほうがよいです。>

クッシング症候群について教えて下さい。

クッシング症候群について教えて下さい。
シーズー♀8歳4ヶ月・避妊手術はしていません。
フードはヒルズz/dウルトラアレルゲンフリー・オヤツはヒルズトリーツのみ。
(長文になります、すみません)毎年春、フィラリア検査の採血をする際に、一緒に他に異常が無いか調べてもらっています。
ALPの数値が一昨年(304)去年(305)今年(2189)私自身、気管支喘息・パニック障害を患っている事もあり、心配で先生に再検査をお願いしたのですが、1・多飲多尿の症状が無い2・肝臓腎臓の数値が正常3・脱毛なし・お腹も普通・元気も有り便も良い4・去年秋に2週間程皮膚の湿疹の為ステロイド剤投与という事からか、「ストレス」で済まされてしまいました。
その後、引越しをしたらマンションの目の前が動物病院だったので、転院。
血液検査・皮膚・結膜炎ではないか診て頂きました。
夏(8/7)血液検査でのALP数値は(1016)。
ここでも、ストレスでは・・・と。
そして、9月1・(9/15)に血がついていて生理かと思ったら1日のみ。
2・(10/9)から(11/17)まで生理。
←前回までは2週間程度だった。
3・その後生理ではないのに、たまにお漏らし。
4・(11/19頃)から多飲多尿が目立つようになってきました。
5・(11/21)から食欲不振(オヤツは食べるのでハンストの確率が高い)。
(11/24)に病院へ。
採血でALP数値(1121)で、やはりストレスだと言われました。
ただ、多飲多尿だったのでACTHの検査もお願いしました。
昨日(11/26)の夕方電話があり「クッシング症候群」と診断されました。
今日(11/27)病院へ行き検査結果がコルチゾールPre(12.3)・Post(47.8)だと解りました。
現段階では、薬を取り寄せている状況です。
先生はあまり詳しくないようです。
ここで質問なのですが、1・本当にクッシング症候群なのでしょうか?2・アジソン病の可能性は低いでしょうか(ACTHの数値も含め)?(CT・MRIを勧められませんでした。
薬を処方するから・・・で話が終わってしまったのですが、脳下垂体or副腎どちらが悪いのか解りません。
)3・きちんと検査を受けた方が良いのでしょうか?癌かどうかも分かりません。
4・専門医にかかった方が良いでしょうか?ネットで調べれば調べる程、今現在の診療の方向性が全く分かりません。
私に出来る最善の方法があれば教えて下さい。
どうか宜しくお願いします。

1)ホルモン検査結果や症状の発現がみられることからクッシング症候群の可能性があります。
2)アジソン病は副腎機能の低下であり、今回の結果はそれに該当しません。
3)クッシングであった場合、他のホルモン検査や腹部の超音波検査などで「下垂体性」か「副腎腫瘍性」か判別可能です。
当然ながら、その診断無くして治療方針は決定しません。
「下垂体性」であれば、現在はトリロスタンによる内科療法が主体、「副腎腫瘍性」であれば、外科手術が検討されます。
4)記載された事実を読む限り、その方が良いでしょう。

1.それはそれだけの情報ではわかりません。ACTH刺激試験だけではクッシングとは断定できません。
2.何を根拠にアジソン病だと?そう疑うような内容は一つもありません。
3.心配なら検査をどうぞ。
4.心配ならそうすべきでしょう。

一言いわせてもらえれば、ALPが1000を超えていてストレスで済ますような病院はどうかと思います。>ネットで調べれば調べる程。ブヒ。>

球技を毎週5日以上で2時間以上している人がいます。

球技を毎週5日以上で2時間以上している人がいます。
その人が糖尿病になることはありますか。
ちなみに球技はゴルフやゲートボールなどではなく野球、サッカー、バスケなどの割と身体を動かすスポーツです。

あるよ一型糖尿病重い肝臓病重い膵臓病ある種の病気 内分泌とか クッシング病 先端肥大症 その他?糖尿病には、運動とか体重が関係あるものと、それらが、関係ないものとがあるから

糖尿病になる確率は下がるが、ゼロにはなりません。

遠泳の中断は原理的に不可能で、マラソンの中断は原理的には可能でも負けてしまうことがわかりきってるからこんな人は余り居ない。内蔵脂肪が邪魔をしている場合、減らすことを迫られる。
ですが、球技は割と体を動かすスポーツといっても、野球なら1分もしないうちにボールデッドになって全員が止まる。サッカーはボールインプレーでも無視して自分だけ突っ立っておくことが可能、内臓脂肪が邪魔をして1分以上走り続けることが困難なら適当に休憩を取ることが可能で、内臓脂肪をなくす必要性は必ずしもない。球技はあまり当てになりません。
運動で糖尿病は完全には予防できないということはどの運動でも変わりがありませんのでどうせ同じといってしまえば同じなのですが・・・>あると思います。
糖尿病には2種類あり、食べすぎ・肥満・運動不足等の原因で発症すると言われている2型糖尿病(生活習慣病と称される方)と、なんらかの原因で膵臓からインスリンと言われるホルモンが分泌されなくなり発症する1型糖尿病(やせている人が多いと言われたりします)があります。また、他の病気が原因で発症する場合もあります。
主な自覚症状では、喉が乾く・頻尿・疲れやすい・痩せる等があります。高血糖状態では食欲が増加する事もあるので、食べてるのに変に痩せていくようだと注意が必要ではないかと思います。>

以前アジソン病の事で質問させて頂いたものです!

以前アジソン病の事で質問させて頂いたものです!トリミングで眼球の怪我をして、8日間ステロイド服用・点眼の指示でしたが、5日目から下痢・嘔吐。
ステロイドの服用をすぐ中止と言われました。
その後も1ヶ月ほど血便・嘔吐を繰り返し、何日かおきに点滴・ステロイド注射・吐き気止め注射などの治療をして貰いました。
ACTH刺激の検査でアジソンと診断され14㎎のステロイドを毎日飲ませて体調は安定し、今では1日おきに28㎎のステロイドを飲ませています。
今は本当に元気で過ごしています。
最近大学病院の先生と知り合いふと今回の事を話したところセカンドオピニオンもいいかもねと話が進み…詳しく教えてほしいと言われて通院の記録・処方・検査結果をまとめていたので、メールで送ったところステロイド剤の過剰投与による《医原性クッシング症候群》では?と言われました…まだ診察したわけではないのにここまで言うのは詳しいメモのおかげです。
と言われて、後日そちらの大学病院へ診察の予約をする予定です。
そこで、予約までに何週間かあるので…自分なりにクッシングの症状を調べたのですが、抜け毛もなく確かにお水や尿の量・体重は多少増えていますがアジソンとクッシングを間違うことがあるんでしょうか??クッシング症候群も治らない病気でしょうか?今はアジソンのお薬が一ヶ月分で1000円もいかないくらいです。
生涯大切に育てて寿命をまっとうしてほしいと思っています。
セカンドオピニオンで診察するのは決めていますが、何か分かる方がいらっしゃれば色々な意見を教えていただきたく質問させて頂きました。
よろしくお願い致します!補足ACTH刺激検査の結果コルチゾールPre 0.7ug/dl参考値 1.0 – 7.8コルチゾールPost 1.3ug/dl血液検査の結果Na 145K 4.3CI 103 WBC 18400 RBC 717 HGB 17.0 HCT 47 MCV 68.3 MCH 23.7MCHC 34.7 PLT 44.1 TP 6.4II 0

チエリアンではありませんが気になったので書き込みさせていただきます。
1、アジソンとクッシングを間違うことがあるか?あります。
アジソンはご存知の通り副腎皮質機能低下を意味し、クッシングは副腎機能亢進を意味します。
なのになぜ間違えることがあるかですが、検査の前にステロイドを投与していることがポイントになります。
副腎皮質機能亢進症には医原性副腎皮質機能亢進症(医原性クッシング)があります。
医原性は、グルココルチコイド(いわゆるステロイド)の過剰長期投与によって血中のACTH(副腎皮質刺激ホルモン)を抑制するため副腎皮質の萎縮を起こします。
(簡単に説明すると、ステロイドをたくさん飲んで血液中にいっぱいあるので体は、あるからいらないと思ってしまい副腎皮質からステロイドを出さなくなってしまう。
結果働かないので皮質が縮んでしまう。
)結果的にホルモンは減少し分泌しなくなります。
なので医原性副腎皮質機能亢進症(医原性クッシング)の場合ACTH刺激試験をしてもpre post共に低い値となります。
つまり医原性の場合、臨床症状は亢進症に一致しACTH刺激試験は低下症と一致します。
なので臨床症状を無視してACTH刺激試験の結果だけを評価すると間違えます。
2、クッシング症候群はなおるか?基本的になおりませんが、医原性なら可能性はあります。
あと血液検査の結果についてですが、これだけですか?通常もう少しの項目を調べると思いますしアジソンなら最低でもあと血糖値を調べているはずですが、、、ご存知だと思いますがアジソンは簡単に言えば、グルココルチコイドとミネラルコルチコイドの欠乏です。
グルココルチコイドは血糖値にミネラルコルチコイドはNa K Clに関係してます。
検査の結果と時期、投与歴もふまえて記入していただくともっと判断の基準が増えていいと思います。
非定型副腎皮質機能低下症の場合、血糖値のみの場合もあります。
それにしても、ステロイドの容量多いですね。
前の質問でみましたが体重5.6kgですよね。
アジソンでは普通0.25mg/kg 1日2回から始めて減量していきます。
1.4mg 2.8mgの間違いでは?日本で売ってるプレドニゾロンは一錠5mgです。
もちろん中には多く必要な場合もあるとは思いますが。
大学病院の先生は、記載いただいてる範囲で考えるとまず最初に治療してステロイドを投与していたこと、ステロイド中止後具合が悪くなっていること、下痢、嘔吐があったもののその後何度かステロイドを使っていること、ACTH刺激試験がステロイド投与しているときに行われていること、尿量、体重の増加などから、上述に記載したことを考慮しクッシング(医原性)の可能性もありますよとおっしゃったのではと思います。
しかし、これだけで医原性クッシングとも言えませんし、アジソンも否定はさすがにこれだけで判断できないと思います。
ただ、ステロイド投与量が多いだけかもしれません。
いくつかの検査をしなければ判断できません。
検査費用結構かかるとおもいますけどね。
ただ、一つ言えることはセカンドオピニオンは必要と思われます。
ぜひ、いい機会なので診察を受けてください。
もし可能なら大学の先生に連絡して診察までの間どうすればいいか聞いてみてもいいのではないでしょうか?何はともあれワンちゃん大切にしてあげてください。
(通りすがりの者で失礼しました。

突発性難聴になっていないのに、

突発性難聴になっていないのに、プレドニン錠を飲むとどうなりますか??回答お願いします<(..)>

ステロイドは諸刃の剣です。
(有効性が高い反面、副作用も高頻度です)安易に服用する事は止めたほうが良いと思います。
以下に理由を記載させて頂きます。
(Wikipediaの記述をまとめた物です)プレドニンは、合成副腎皮質ホルモン製剤でステロイド剤と呼ばれます。
ステロイドは、抗炎症作用や免疫抑制作用などの薬理作用を有しており、さまざまな疾患の治療に幅広く用いられています。
炎症反応を抑制し、炎症のすべての過程において有効です。
使用される疾患は急性炎症、慢性炎症、自己免疫疾患、アレルギー性疾患、ショック、痛風、メニエール病、突発性難聴、急性白血病、ネフローゼ症候群、移植片拒絶反応などです。
しかし副作用も多彩で、免疫機能低下およびそれによる感染症、副腎皮質機能不全、クッシング症候群、胃潰瘍、神経症状、精神症状、骨粗鬆症、白内障、Na及び体液貯留(むくみ)、食欲増進、脂肪の異常沈着、ムーンフェイス、傷の治りが悪い、いらいら感、不眠などです。
数え切れないほどの多数の疾患に非常に良く効くことと、多彩な副作用は表裏一体です。
長期間プレドニゾロンを使用した場合、急に止めるとさまざまな離脱症状があるため、時間をかけて徐々に減薬していかねればなりません。

この前、健康診断の結果が返ってきました。

この前、健康診断の結果が返ってきました。
脂質のところで 総コレステロールが218 中性脂肪が35 HDLコレステロールが96でした。
BMIは16.1です。
なぜ、総コレステロールだけが高いのですか?補足血圧は 上が85 下が62でした。

血圧はどうですか?血圧も高ければ食事を見直しましょう。
生理的日差変動が大きく、健常者でも約20の幅が総コレステロールにあります。
総コレステロールの高めの原因は家族性高コレステロール血症、複合型高脂血症ネフローゼ症候群、甲状腺機能低下症、クッシング症候群、末端肥大症、肝炎、胆汁性肝硬変、糖尿病などです。
HDL、では薬物投与、先天性異常、コレステロールの異化亢進、肝細胞障害などによる合成能低下中性脂肪では肝硬変、慢性肝炎、肝不全、吸収不良症候群、アジソン病など。
痩せ過ぎだと体が飢餓状態になっているので吸収しやすいのです。
低いですね。
そういう事なら動脈硬化が原因ではなさそうですね。
その時の血液がたまたまそういう血液だったのか、食事をしてから3時間未満の採血だったのかですね。

例えばマヨネーズなどの脂質だけが異常に多く含まれる食品を好んで食べまくっていたら痩せていても脂質異常症になります。
私の友人にそういう人がいます。

ただし結果を見るとHDLコレステロール(善玉と呼ばれる)が多いですね。
※これは良いことです
そのために総コレステロールが高いと考えれます。

これからも脂質の過剰摂取に気を付けて今のきれいな数字を続けてください。>

医療保険の保障額について質問です。

医療保険の保障額について質問です。
第一生命のブライトウェイに加入しています。
今回、出産で帝王切開になり、給付金が降りることになりました。
入院日数10日間です。
『医療、介護への備え』病気による入院 日額10000円それに加え、1回の入院ごとの一時金30000円さらに女性に多い病気による入院 日額10000円病気、ケガによる手術(入院中)20万円です。
帝王切開は病気による入院の対象になるのでしょうか?その場合、単純に、病気による入院10日分100000円+一時金30000円+さらに女性に多い病気による入院10日分100000円+手術200000円とゆう形で合計43万おりるという計算でしょうか?

帝王切開の場合は異常分娩にあたりますので病気扱いになり、女性特有の病気にも該当します。
ですので、ご質問に記載の通り受け取れます。
ちなみに女性特有の病気は悪性新生物子宮がん・乳がん・胃がん・直腸がん・肝臓がん・肺がん・骨肉腫・白血病など女性がかかる悪性新生物のすべて特定の良性新生物子宮筋腫・良性新生物(乳房/子宮/卵巣/腎/腎盂/尿管/膀胱/甲状腺)などその他の特定疾病甲状腺腫・クッシング症候群・卵巣機能障害・鉄欠乏性貧血・紫斑病・血小板機能障害・低血圧症・慢性リウマチ性心疾患・胆石症・胆のう障害・ネフローゼ症候群・慢性腎不全・膀胱炎・腎結石・尿管結石・乳房の障害・女性生殖器の障害・流産・妊娠の合併症・分娩の合併症・産褥の合併症・リウマチ性多発筋痛・慢性関節リウマチなど以上が該当します。