糖分の摂り過ぎによる、吐き気ってありますか?立ち仕事をずっとして…副甲状腺機能亢進症

メールで失礼します、大変助かってます。
病名甲状腺亢進症・PTH-INTACT…

メールで失礼します、大変助かってます。
病名甲状腺亢進症・PTH-INTACT/CLEIA・・111と少しずつあがってます。
甲状腺の血液検査は今までしてなく、レントゲンのみ(のど)。
甲状腺と副甲状線同じと思ってました。
当方富士市ですが、先生にお会い出来ないでしょうか?宜しくお願いします。
補足有難う御座います。
担当医は大学に帰るそうです。
急きょ22日に受診する予定です。
診断の誤り?(診断書)来月には甲状腺(血液)の初めての検査が如何してか予約に成ってます。
検査表あります。
自分で管理してます。
病名は疑いですむと良いですが。

>当方富士市ですが、先生にお会い出来ないでしょうか?私は薬剤師です。
また、現在家族の仕事の都合で海外におります。
このサイトは素朴な疑問の解決には有用ですが、個人的な細かい病気に対する判断は、主治医に任せるべきです。
全てのご自身の検査値の推移を把握されていますか?甲状腺と副甲状腺の区別ができていなかった事実はまだ主治医へ確認すべき事を意味しています。
最初に書きましたが、レグパラは二次性副甲状腺機能亢進症治療薬で透析中の方が服用される事がほとんどです。
それ以外の服用例を私は知りません。
質問者様が服用されているとすれば、それに対する説明がより細かく行われるべきと感じています。
まずは、甲状腺亢進症のみが診断された或いは疑われる病名かどうか、から主治医とよくご相談をお勧めします。
お大事に。

なぜ、腎不全では、二次的に甲状腺の機能が亢進するのですか?

なぜ、腎不全では、二次的に甲状腺の機能が亢進するのですか?

血液中のカルシウムはPTHという副甲状腺のホルモンと腎臓で作られるビタミンDによって保たれてます。
なので腎不全→ビタミンD低下→カルシウム低下→PTH増加となり続発性副甲状腺機能こう進症となります。
甲状腺ではなく副甲状腺の見間違いではないですか?

腎不全の場合は、二次的に副甲状腺機能が亢進します。
甲状腺と副甲状腺をお間違えではないでしょうか?

低カルシウム血症が続くことで二次的にPTH分泌が亢進します。

課題
①腎臓の機能
②腎臓のホルモン3つ
③カルシウムの吸収経路
④副甲状腺の機能

この4つの課題をクリアできれば、自分でも説明できるようになりますよ。
がんばってください。

<模範解答>
腎不全→活性型VitD3が作れない→腸管からのカルシウムの吸収が低下→低カルシウム血症→PTH増加となり続発性副甲状腺機能>

甲状腺機能障害で手術すべきか否か迷っています。
数値はいいときは薬でも大丈夫で…

甲状腺機能障害で手術すべきか否か迷っています。
数値はいいときは薬でも大丈夫ですが、悪いときは何も出来ず最悪です。
助言してください。

手術しないほうがいいです。
薬で副作用が出ない人は,薬で治すべきです。
術後甲状腺機能低下症になることがあり,「こんなことなら,亢進症のほうが良かった。
」という人すら,います。
違法銀行スルガと闘う被害者の会VAIBSの回答でした。

看護学生です。

看護学生です。
甲状腺機能亢進症では低カルシウム血症は起こらないのでしょうか?カルシトニンの分泌が過剰になり、それにより血中カルシウム値が低下すると思ったのですが、文献を見てもそのような事は書いてなく、副甲状腺機能低下症による低カルシウム血症しか出てこないです。
どなたかご回答宜しくお願いします。

まず甲状腺ホルモンについて少し。
甲状腺ホルモンのうちT3T4はTSH(甲状腺刺激ホルモン)により分泌の制御がなされています。
一方カルシトニンはTSHではなく血中のカルシウムの量によって分泌するか否かを決定しています。
次に甲状腺機能亢進症についてですが、代表的な疾患であるバセドウ病ではTSH受容体に対する抗体がTSHのような甲状腺を刺激する働きをしてしまうため亢進症となります。
しかしT3・T4のみの増加となりますのでカルシウム値には変化が出ないのです。

海外サプリメント

海外サプリメント甲状腺機能亢進症に2年ほど、かかっており、メルカゾールを服用しています。
現在は、2日に半錠になりましたが、副作用で抜け毛が治りません。
そこで、色々ネットから情報を得まして、いきついたのが、月見草オイルのサプリメントが良さそうだ。
と言うことで、飲んで見たいのですが日本のメーカーからは発売していないみたいで、検索しても海外ものしかヒットしません。
海外サプリメントは服用したことないので正直、不安です。
しかも海外製は、日本製より濃度が高いため、副作用があるかたもいるとありました。
おすすめ、海外サプリメントメーカー、信頼できるメーカーを教えて頂きたいと思います。
月見草オイルのサプリメントのお勧めメーカーもありましたら、宜しくお願いします。

Now Foodsというブランドは質もよく、信頼性高いですよ。
これなんかが大容量でお得だと思います。
http://www.iherb.com/Now-Foods-Evening-Primrose-Oil-500-mg-250-Soft…その他ブランドはSource NaturalsCountry LifeNatural Factors Nature’s WayTwinlabこんなことろだと思います。
iherbというサイトだと、輸入代行業者を通さないのでとても安くておすすめです。
品数も豊富だし、取扱い商品もそれなりに信頼できるメジャーブランドばかりです。
私も輸入サプリ長年飲んでいます。
月見草油は試したことありませんが・・というか、市場に出回っているものならそう悪いものはないはずです。
アメリカにはサプリを監視する機関があり、チェックが厳しく問題があったら即排除、らしいです。
何十年も民間で使用されているし、使い方を間違わなければ大丈夫だと思います。
http://orthomolecular.blog82.fc2.com/blog-entry-5.html>しかも海外製は、日本製より濃度が高いため、副作用があるかも結構そういうイメージをも持たれているようですが、日本のサプリは含有量に○mg以上○mg以内という規制があって、「一日の摂取量」を元に決められているのですが、それが必ずしも「効果の期待できる量」とは限らないのであまり当てになりません。
その他のサプリも海外ものがおすすめです。
予断でうすが・・月見草油だけで甲状腺亢進症が治るかはわかりません。
血液検査によってもうちょと総合的に体の状態を診断してくれるクリニックがありますので、よろしかったら参考に。
なるべく薬に頼らず、栄養素で根本治療を目指すというコンセプトです。
http://orthomolecular.blog82.fc2.com/blog-category-15.html

今朝、産婦人科で更年期障害の検査(血液検査)を受けました。
4年前からほぼ毎日…

今朝、産婦人科で更年期障害の検査(血液検査)を受けました。
4年前からほぼ毎日頭痛に悩まされています。
初めの2年は市販薬で治まっていましたが、日増しに痛みが激しくなり薬も効かなくなりました。
薬物性頭痛もあると知り、内科・精神科・神経科・心療内科と病院を渡り歩きました。
去年5月に薬が効く病院に出会い、鬱も兼ねた緊張型頭痛と診断され月1で通院しています。
ここまでが前置きです。
先月19~21日に短い月経。
今月2~5日、おりものシートで済む程度の不正出血。
独自で調べると更年期障害の前兆でもあると書いていて、検査を受ける事にしました。
頭痛薬と抗鬱剤を服用して来ました。
家庭不和で自分も鬱だと思っていましたし、医師もそれと診断されたので私は精神からの頭痛だと思って来ました。
(過去形ですが、今もそう思っている所はあります)更年期テストしてみると鬱と更年期の症状は殆んど同じ。
チェック項目も似通っています。
今の状態→肩こり、頭痛、イライラ、不眠、愛犬との死別など、情緒不安定が更年期によるものならホルモン療法を受ければ、これらは緩和されていくでしょうか。
更年期とは別に緊張型頭痛があるのだとしたら、ホルモン療法+頭痛薬も服用しなければならないのでは?と結果が出る前から混乱しています。
更年期と緊張型頭痛が別物か、同じ所から来ているのかは何で見分ければ良いのでしょうか。
とにかく毎日の様に来る拍動性の激痛さえ来なければそれだけで良いです・・。
脳CT・血圧は異常なしです。
看護師から「更年期は肩こりも酷いし、それによって頭痛も起こる」と言われました。
症状は当てはまっています。
検査だけを受けたくて近所の病院に行きましたが、そこに通院するつもりはありません^^;小さく古い病院で、お爺さん医師。
耳が遠く大声で話さないと何度も聞き返されるという状態で・・失礼ながら不安です。
頭痛が起こっている時に大声を出すのは苦痛でした。
陽性なら別の婦人科で痛みの経過観察をした方が良いのか。
通院中の神経科医に更年期を伝え、薬を変えてもらった方が良いのか。
婦人科と神経科両方が良いのか、分かりません。
『月1度のホルモン注射』を打てば更年期は治るとお爺さん医師に言われました。
教育TVで漢方薬治療もあると知りました。
副作用が少なく優しい治療法はどちらでしょうか。
回答・アドバイス、どうぞよろしくお願いいたします。
痛みは右側の肩、首と頭の付け根(耳の後ろ辺り)だけです。
痛みが来ると体の向きを換えるだけでも辛いです。
補足ピピさまの副作用のお話を読むと、怖いですね・・。
やっぱりホルモン注射は気が進みません・・。
今よりさらに落ち込みや突然の出血等が度々起こるようになるといつも生理用品を持ち歩かなくてはなりませんね 次々、心身共に起こる苦痛の連鎖、いい加減断ち切りたい思いです。

うつ病と、更年期障害や甲状腺機能亢進症などの症状は似ています。
しかし、治療は全く違います。
ちゃんとした疾病があるなら、その専門治療をした方がいいですよ。
精神科医は、その辺の知識が少ないこともありますから…。

甲状腺の病気について

甲状腺の病気について甲状腺の検査をした法がいいと言われたので検査をしようと思いますが甲状腺という病気は怖い病気なのでしょうか?20代の女性に多い病気ではないと聞いていますが。


心配で検査も怖くて悩んでいます。

知っている人がいたら教えてください

どのような経緯で甲状腺の検査をしなければならなくなったのでしょうか?おそらく一般的にはなんらかの自覚症状があって採血をする流れだと思いますが・・・もう採血はされましたか?まず、第一段階として甲状腺データ採血(T3・T4・TSH)をすることになります。
この採血データは一般では表示されませんので、『甲状腺の検査をしたい』と外来で話せば、特殊検査として追加してくれます。
(採血は一般と一緒にとります) そこで出された結果によって甲状腺機能亢進or低下の初期診断がつきます。
もしもここで低下(橋本病)と診断された場合は、ホルモン補充療法として内服治療が始まると思います。
(この薬は副作用が少なく定期通院で対応できると聞いています) 逆に亢進と診断された場合は、さらに追加検査が必要になります。
その理由としては、亢進の中には、直接的な治療を必要としない『無痛性甲状腺炎』と長期的に内服治療が必要となる『バセドウ病』かが、採血データだけでは診断できないからと聞いています。
追加検査としては、①甲状腺追加採血(TRAb)②甲状腺エコー③甲状腺シンチグラフィがあります。
これらの追加検査はひとつだけだはなくすべて行ったほうが良いとおもいます。
半端な検査によって安心または不安になったり必要のない治療が始まってしまうことも考えられます。
また、これらの検査を適切に診断できる『専門医』がいる病院をオススメします。
初期診断の採血だけ個人病院でしてもらい、紹介状をかいてもらうのもひとつの方法です。
ちなみに甲状腺検査すべてを行うと4~5万(保険適応後の自費)くらいになると思いますが、命には代えられないのでしっかりみてもらってください。
甲状腺の働きについてはインタネットで調べていただけるとより重要な臓器であると認識できますよ。
病気はどんな小さなものでもほうっておいてはいけません。
最後に一般的に女性に多いのは低下症(橋本病)といわれています。

原発性副甲状腺機能亢進症の病気で先月甲状腺の手術をしました。

原発性副甲状腺機能亢進症の病気で先月甲状腺の手術をしました。
それから3キロも体重が増えましたが、ホルモンのかんけいでしょうか・・。
体重おとしたいです(悲)

ホルモンの関係はあると思いますが、病気の辛さで体を動かせなかったのもあるのでは?体のダルさも取れたら、健康的なダイエットを始めれば良いでしょうが、慎重に少しずつですよ!お大事にね。

掌蹠膿疱症についてです。

掌蹠膿疱症についてです。
足の裏が2年ほど前から水虫なのかと思っていましたが、日常生活に支障がないため放置していました。
先日気になって調べたところ、掌蹠膿疱症と全く同じ症状でした。
軽傷ですんでいますが、過去にアトピーで辛い思いをしているので、早めに治したいと考えています。
調べたところ、ビオチン、ミヤリサンを飲めば良いというのを知りました。
ビオチン、ミヤリサンというのは2つ同時に飲み続けなければ意味がないのでしょうか?どちらかだけでも効果はあるのでしょうか?

掌蹠膿疱症は難治性の皮膚疾患ですが現在では完治まで導いて下さる医師が世界中で1人だけいらっしゃいます秋田県由利本荘市、本荘第一病院の前橋賢医師です難病とされていた掌蹠膿疱症性骨関節炎の研究をされ、その治療方法を確立された唯一の医師です掌蹠膿疱症の患者さんにはビオチンと言うビタミンB7が不足しており、その為、代謝障害となり、免疫の異常をひきおこし、発症する事を突き止めましたさらに、ミヤBMとシナールを一緒に服用する事により、ビオチンを体内から無くさない効果があることを研究の末、確認されておりますアトピー性皮膚炎、Iga腎症、全身性エリテマトーデス、強皮症、慢性甲状腺機能亢進症、Ⅰ型糖尿病、クローン病、シェーグレン症候群等、膠原病もビオチン不足が確認されています20年以上も前からビオチン治療が確立されているのに何故この治療方法が普及しないのかは治療費用が安価だから製薬会社が猛反発しているからです前橋医師の元には日本全国のみならず海外からも患者さんはいらっしゃいますビオチンは水溶性のビタミンで、副作用は無いとされていますが、にわか知識で自己治療は危険です何年、何十年と掌蹠膿疱症を患い、他の病院でドクターショッピングし、歯科金属の総入れ替えや扁桃腺の切除手術をし、やっと前橋医師に辿り着き、完治されている患者さんもいらっしゃいます秋田県は遠いかもしれませんが、前橋医師に診て頂くのが一番の近道ですよ「掌蹠膿疱症を完治して」というタイトルのアキタコマチさんのブログを観覧下さい、前橋医師も寄稿されていますこれが一番正しいサイトですから掌蹠膿疱症性骨関節炎に病状が進行すると、鎖骨、肋骨、胸骨、頸椎と皮膚由来の骨が肥大、石灰化し、破壊していきます軈て歩けなくなり車椅子生活となりますよ

知人の友達が足の裏の皮がベロベロに剥けてしまう症状に苦しんでいて、病院の薬でも改善されず苦しんでいたのですが、自然療法で実際に病院でもうダメですと言われたガン患者を何人も助けている先生が勧めてくれたサプリと治療方法を1週間続けたところ、新しいちゃんとした皮膚が剥けた後に出てきたそうです。紹介する事も出来ますので、ぜひ参考にしてみてください。>掌蹠膿疱症で、ビオチンを飲んでいます。
ビオチンとミヤリサンは、同時に飲み続けないといけないそうです。

ビオチンだけ飲んでも効果が出ないそうです。
私が参考にしてるサイトです。
http://blog.livedoor.jp/prar/archives/1405338.html

ミヤリサンを飲んでいる感想ですが、お通じも毎日きちんとあるようになりました。
前は、便秘気味だったり、下痢気味だったりと、お通じが不安定だったんです。

両方飲んでみてくださいね。>

糖分の摂り過ぎによる、吐き気ってありますか?立ち仕事をずっとしていると吐き気…

糖分の摂り過ぎによる、吐き気ってありますか?立ち仕事をずっとしていると吐き気がします。
胃のあたりの気分も悪くなります(空腹感?)夏に暑くて、アイスを3つ買って来て一晩で食べたり、箱アイスを一日で食べてしまったりしていました。
そんな生活を8月にしていたのですが、その頃から、バイトで立ち仕事をすると、胃の不快感を伴った吐き気が起こるようになりました。
病院に行ったら、全然診断してもらえず、血液検査をしたりほかに気になったことを医者に伝えていたら、バセドウ病だったことがわかりました。
バセドウ病の薬は飲んでいて、ほとんど症状はなくなりましたが、依然として吐き気だけ収まりません。
貧血の可能性はほとんどないです、血液は正常でした。
どうやら低血糖ではないかと自分では思うのですが。
砂糖を取りすぎています。
今の段階では、やせ型の家系で食べてもあんまり太らないんです。
だから子供の頃から甘いお菓子ばっかり大量に食べていました。
今一人暮らしなので、お菓子やアイス食べ放題です。
プリンペランという吐き気どめを飲んで、ちょっと効いていますが、苦しいです。
カラオケに行って熱唱してたら、マイクが歯にあたって、かけてしまったこともありました(部分的にです)補足詳しくありがとうございます。
しかし、メルカゾーるの服用前から吐き気があるんです。

糖分の摂りすぎは、たしかにいいことではありませんが、夏の頃の話ですし、現在の症状との関連は薄いと思います。
バセドウ病の治療薬としてメルカゾールを服用しているとのことですが、この薬の副作用情報を見ると、http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2432001F1033_1_05/たしかに、再生不良性貧血や、インスリン自己免疫症候群(つまり糖尿病と同じ症状)が見られることがあるようです。
ただし>貧血の可能性はほとんどないです、血液は正常でした。
血液検査をしたのであれば、貧血項目(赤血球、血色素等)だけでなく、主治医は血糖値も見ているはずですから、指摘がなかったのであれば、低血糖の可能性も低いと思います。
>立ち仕事をずっとしていると吐き気がします。
胃のあたりの気分も悪くなります 低血糖の症状は、脱力感、手のふるえ、ふわふわとした脱力感などですから、この症状は違いますね。
起立性低血圧(いわゆる たちくらみ)か、あるいはメルカゾールの副作用ではないでしょうか? 甲状腺の機能亢進と、メルカゾールとがうまくバランスがとれていないと、下記のような副作用がみられます。
消化器関係 悪心・嘔吐、下痢、食欲不振等神経系関係 頭痛、めまい、末梢神経異常等過敏症 発疹、蕁麻疹、発熱等

補足 糖尿も今のところ何jも医師から言われていないので、異常が無いのでしょう。しかし空腹感などは、血糖値の上下動によるもので、糖分を沢山食べると血糖上昇の後、低血糖に入ります。どちらにしても、糖尿病は・(要注意)・と言えます。パセドウ病も薬を飲んで症状が無くなりましたとありますが、依然として、薬飲んでいるのであれば、・・薬は症状だけ抑える・・ものが多いので治ってはいないのです。(風邪で表現すれば咳は止まったが風邪の菌は元気)と言う事です。だからこれも・(要注意)・です。歯が欠けたと言いますが、今骨がどのような状態か知りませんが、骨がもろくなると、腰痛の椎間板ヘルニアや膝関節の痛みなどにつながります。・(要注意)・です。このようによう注意を3点抱えての生活に無理があります。少しずつ改善してください。薬はどの薬もその病気の症状にはいいですが、副作用があるので注意してください。下記ネット検索引用です。メルカゾールの副作用です。

副作用
副作用として、発疹、蕁麻疹、発熱などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。・めまい、鼻血、耳鳴り、歯ぐきの出血、動悸、息切れ、あおあざができる、出血しやすい [汎血球減少] ・めまい、鼻血、歯ぐきの出血、動悸、息切れ、階段や坂を上る時の動悸や息切れ、あおあざができる、出血が止まりにくい [再生不良性貧血] ・発熱、のどの痛み、からだがだるい [無顆粒球症、白血球減少] ・鼻血、歯ぐきの出血、あおあざができる、皮下出血、出血しやすい、出血が止まりにくい [低プロトロンビン血症、第VII因子欠乏症、血小板減少、血小板減少性紫斑病] ・皮膚や白目が黄色くなる、尿が黄色い、尿が褐色になる、嘔吐、吐き気、食欲不振、かゆみ、からだがだるい [肝機能障害、黄疸] ・顔に蝶型の赤い斑点、発熱、筋肉の痛み、関節の痛み、リンパ節のはれ、からだがだるい、上腹部の痛み [SLE様症状] ・冷や汗、空腹感、動悸、頭痛、手足のふるえ、ふらつき、めまい [インスリン自己免疫症候群] ・頭痛、息苦しい、発熱、から咳 [間質性肺炎] ・血尿、鼻みず、鼻づまり、咳、のどの痛み、発熱、あおあざができる、皮下出血によるあざ、皮膚の潰瘍 [抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎症候群] ・手足のこわばり、足のしびれ、脱力感、筋肉の痛み、赤褐色尿 [横紋筋融解症] 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

糖分の摂り過ぎは、めまい、だるさ、吐き気が出るようです。また肩こり、記憶力が悪くなる、不眠、頭痛、反射神経悪化、便泌、またカルシウム不足になり骨が弱くなり、腰痛椎間板ヘルニア、イライラしたりします。とり過ぎはいいことないです。適度だと脳の栄養になります。>